なんで逆なの?

テーマ:
私は一日テレアポの仕事をしているんですが...。
今日は右手の中指の全体と付け根が痛いんです。
東京都なら4桁、それ以外なら10桁の数字をプッシュボタンでかけているので、一日平均450コール(留守も含めて)中指でタッチしてしまうんです。
ただそれだけならいいんですけど、電話のプッシュボタンを押すときに私はある種のストレスを感じているんです。
それは数字の配列!
以前キーパンチャーをしていた私は、電卓やパソコンの10キーの数字の配列を憶えこんでいて、この10キーなら、歌を歌おうが、おしゃべりをしていようが、目だけ打ち込むリストを見ていれば、手が動くんですよ。
でも!電話は数字の配列がさかさまなんです!(--)
おまけに0は真ん中についているし!

かけるたびにこのことが引っかかってしまうんです。無意識になると、10キーのようにボタンを押していて、全然違う番号に℡していたりして....。

で、思わず指に力が入って叩きつけるようにボタンを押してしまうみたいなんです。

あああ、なんで配列が逆なんですか?誰か教えて。

うーん、手が痛い....m--m
AD

草の乱

テーマ:
今朝の富士山は見事に真っ白!綺麗でした。
私は8時には車を走らせていて、バイパスから観ることが出来ました。
来月の大きなイベントのための子どもたちの集まりで、私の車には高校生、中学生、小学生を7人車に乗せていました。完全なスクールバス状態(^^;)


その会場に隣接しているホールで
「草の乱」 が上映されると言うので、ちょっとぬけだして見てきました


(↑このチケットもいいですよね)

120年前に秩父で実際にあった話。

私はこの地に住んでいながら、この事件を知りませんでした。
「秩父事件120周年記念作品」としてこの映画が生まれるまでに、長い月日が必要だったんだなって感じました。自由に物を言える時代ではなかった120年前、窮乏農民たちが愛する者のために、自分の信念のために、命をかけて立ち上がった戦い。生き延びた伝蔵の証言から、「暴動」から「事件」へと世の認識が変化します。

実行委員会形式で開催された上映会のようでしたが、1000人規模の会場がほぼ埋まる盛況ぶりにびっくりしました。

それにしても、映画の中の女性たちはみんな強かったなあ。生きて帰る望みはほとんどないのに、夫を励まして送り出すんですよねえ。私だったら、逃げてでも、愛する人には生きていてほしいと思ってしまうだろうなあ、なんて考えていました。


AD

イノセンス

テーマ:



タイトル: イノセンス スタンダード版
    私は変な習性というか、なんというか、一言で言えば「ずぼら」なんです。
好きな映画なんかもコレクションはあまりしないです。
スカパーとかで一生懸命にチェックして録画するのでもないし、観たくなったら、借りてくるっていう奴なんです。

何回も借りてきちゃう作品もあります。
買っちゃったほうがいいのになあって思うときもあるんですけど、
なんなんでしょうねえー。

今日もそのパターンで「イノセンス」を借りてしまいました。
映画でもみたのに....

でも、今日初めてレンタルビデオを観てびっくり。
本編が始まる前に15分ほどの「解説編」がついていた。
映画ではなかったので、これは「甲殻機動隊」を見ていなかった人でも言葉が理解できていいなあ、と思いました。

私はバトーが大好きなんですよね。
あのぶきっちょっぽいところ、シャイなところ....。
素子といるときにふっと見せるやさしさとか..いいなあ

それはそうと、トグサの声って山寺 宏一さんですよねー。
あの「おっはー」からは想像できない「色男」のいい声~(^^)

ああ、「また「甲殻機動隊」を観たくなってしまった」って私の中の「ゴースト」が言うんです。
またかりてこようかな




タイトル: GHOST IN THE SHELL~攻殻機動隊~
AD
  昨日はどうもお騒がせしました。
自分の未熟さにあきれながらも、コメントを寄せてくれるひとがいるって言う幸せを実感しました。

それから、「ありがとう」


さて、今日コンビニでチョコレートを見ていたときに、不意に懐かしい記憶がよみがえりました。
たしか森永ハイクラウン(実名出してもいいかしら?)に入っていたカードなんですけど、「フラワーフェアリー」って言う妖精の絵なんです。
私はこれが大好きで、これがほしくていつもハイクラウンを買ってました。

沢山集めたんだけど、どこにやってしまったのか...。

急に思い出して恋しくなっちゃった。
あの絵は画集があるのかなあ?
  

ブログとメール

テーマ:
どうも最近、自分がブログとメールにはまりすぎかなあって、今日はつくづく考えていた。
毎日、だいたい決まった時簡にもらうメールが来ないとき、不安になっている自分がいる。
昨日の「ほしのこえ」みたいに何光年ものかなたにいる相手ではないのだから、「書くことがない」とか、「忙しい」とか、何らかの理由でこないんだろうなあ。
でも、その理由の中に「嫌いになった」って言うのが相手にあったら...。なんて事をかんがえてしまう今日は「弱気」のnonなのです。

身に覚えあるから。

つまらないことで、自分のみにくい心をぶつけてしまった。
どんなに相手を信頼していても、してはいけなかったなあー。

後悔先に立たず。
(前に立ってよ!)

自己嫌悪のかたまり。

ごめんなさい

ほしのこえ

テーマ:
ビデオメーカー
「ほしのこえ」The voices of a distant star


前から見たいと思っていた 新海誠の「ほしのこえ」


思っていたよりしっかりとSFだったのでびっくりしました。

 
ひとりでパソコンで再生して見ていたのですが、

だんだん切なくなってボロボロ涙が出てきてしまいました。

 
いとしい人からのメールを待つ思い、それがどんなに時代が変わっても、


空間が変わっても、「いとしい」気持ちは変えようがないんですね。

 


けして手が届かない相手を思い焦がれたとき、人は何を決意するんだろう、


私ならどうするだろう、あとからあとから感情の波が押し寄せてきてしまいました。


映像がとても美しくて、機会があったら大きなスクリーンで観てみたい作品です。





   今日は「猫の日」なんだそうです。
ああ、我が家の猫をもっと大事にしてあげないといけないかも。
この間は、人の後をくっっついてお風呂掃除を覗き込み、まだ水の抜けきらない浴槽に落ちてあわやおぼれそうになるし、ベランダで洗濯物を干している私の後にくっついて出ているのを気がつかないで、寒空の中を締め出してしまっていたり....meiちゃん、ごめんなさい。
今夜のご飯には「おかか」まぶしてあげるねえ。

さてさて、猫はともかく、人間の私は今日熱を出してしまいました。
でも、締め日前で、休むわけに行かないので、ふわふわしながら出勤。
悪寒がずっと続いて参りましたが、午後徐々に回復しました。
熱の後遺症で間接がいたいのですが、ピークは通り越したみたい。

私の「特技?」熱があっても、食欲が落ちないんです。
やせないわけだよねえーm--m


 

  
仕事中に携帯が光って着信を知らせる。
いつもは休憩まで出ないのだが、娘からなので出る。
「家に入れない!」
どういうことかというと、勝手口の鍵を持たせているのだが、鍵穴になにか詰まっていて鍵を差し込めないとの事。
玄関の鍵は私と長男と夫しか持っていない。
末の子はランドセルを玄関のまえに(!)おきっぱなしにしてすでにどこかの家にいっているらしい。
娘も近くのクラスメイトの家にお世話になった。
急いで帰った私だが、家について、玄関の前で固まった。

「鍵がない!!!!」

そうだあー!昨日違うかばんを持っていたので、今朝入れ替えるときに入れ忘れてしまったー!自分が最後ではなかったのですっかり忘れてしまってた!

しばらく、どこか窓とか閉め忘れているところないかなあと家を一回りしてみるけど、今日に限って全部閉めている。

家の中で猫が人の姿を見て鳴いている。
窓のところに来てガラスを前足でかいている。

「ああ、猫の手を借りたい!」真剣に思ってしまった。

結局、子どもと一緒に隣の友人宅に寄せてもらった。
夕食の支度で忙しいのに、迷惑な隣人である。
暖かいココアとコーヒーを入れてくれた。

ありがたい。

結局、家に入れたのは8時少し前。

毎日鍵を忘れずに持とうと誓った。
それにしても、鍵穴に何が詰まってるんだろう?
鍵が入らない。
ひょっとして、「泥棒」?
後で考えてぞっとした

早く鍵をかえようっと

芸術鑑賞の一日

テーマ:
昨日はみぞれ交じりの雨に中、一日「美」を堪能いたしました。

まずは銀座の画廊で友人が「個展」を開いていたので、観にいきました。2年ぶりに再会したのですが、彼女の「絵」は前回よりも色が鮮やかになり、作品の中に温かみが備わっていました。
きっと彼女の生活が生き生きと充実していることが、この「絵」に表れているんだろうなあって思いました。
お茶をいただいて、差し入れのクッキーやチョコをいただきながら、しばし、話に花が咲きました。

つづいて、上野の東京都美術館で「ミュシャ展」を観にいきました。
あいにくのお天気にも関わらず、とても混んでいました。
(tさーん、平日の方がいいと思いますー)
大好きなミュシャですが、「生」で見る作品はどれも想像していたより美しかったです(感激!)大きなポスターも目の前で見ることができて...うれしいいー(^^)
残念ながら人の背中をかきわけて...と言う感じでしたので、ゆっくりじっくりとは鑑賞できなかったんですが、「悲願」が叶って(大げさ?)うれしかったです。

最後に、このブログのデザインにもつかわせてもらっている映画「オペラ座の怪人」を観ました。
私はミュージカルを見ていないんですが、本当に舞台を見ているようでした。
主人公の女性がとっても美しくて、声が綺麗で...、うっとりしてしまいます。
観終わってもずっと頭の中で、音楽がなっていました。
サントラ盤、ほしくなっちゃった。

すごーく寒かったけど、すごーく楽しい一日でした。



リプレイスメント

テーマ:



タイトル: リプレイスメント 特別版
今朝、テレビで「コンスタンティン」と言う映画の紹介をしていましたね。「マトリックス」で有名になったキアヌ・リーブス主演の映画です。
実は私は誘われファンで、キアヌの主演作品はほとんど観ているんです。
(美形に弱い?友人の影響で)
その中でも、この「リプレイスメント」は大好きな映画です。

かつて花形選手であったファルコ(キアヌ)は、土壇場のプレッシャーに弱く、大事な試合で痛恨のミスをするんです。それがトラウマとなって、フットボールの世界から遠ざかっていたのですが、ある日、ストライキ中の選手の「代理選手」(リプレイスメント)として試合に出ることに...

誰でも経験のある痛み、不安、自分との葛藤、いとしい人への思い、
切ないけれど、ラストの展開はもう、アドレナリン大放出ー!!!

元気をもらえる映画ですよ。
チアガールたちの愛嬌ある姿も、重要なスパイスになってます。
サントラもお薦め(^^)/

今日は自分のプレッシャーに勝てたような...そんな仕事をしてきて、(と勝手に自我自賛してます)ふと、この映画を思い出しました。