「カウンセリング アイアム」の

受講案内をいたします。

 

この講座の内容は

今年の春に案内した同じ名前の講座の

3・4回目の内容を改訂してお知らせしています。

 

この講座を受けるにあたって

「いつくしみ」の呼吸法講座(全2回)

もしくは、ヒーリング講座で「いつくしみ」の呼吸法を

学んでいる必要があります。

 

 

「カウンセリング アイアム」とは

「私は・・・何を感じている?」、「どんなことをしたい?」など

自分で自分をカウンセリングしていくことを示しています。

 

ある意味難しいことでもありますが

それが可能になる手法を案内していくのが

このクラスの大きな目的です。

 

自分をカウンセリングしていくということは

日々の悩みや戸惑い、または未来の夢へ向けての

答えを自分で見いだしていくということでもあります。

 

そして、誰にも成しえないような

壮大な夢があったとしたら、それをも

実現することです。

 

 

私だったら

・会社を経営する

・海外で事業をする などです。

 

 

日常の些細なことから大きな夢の実現まで

それらを解決したり、叶えるための答えは

すべて自分自身の身体の中にあります。

 

それらの答えを導き出し、辿り着くために

「いつくしみ」の呼吸法を使っていきます。

 

例えば、誰かに何かを言われて

カチンと来た時、身体のどこかに

必ず感情の反応点があります。

 

その反応点こそが、実は答えを手繰り寄せる

ポイントになるのです。

 

丹念にその部分に「いつくしみ」の

エネルギーを流していくと、

 

いつのまにか、感情の動きは収まり

次のステップでは、感情が噴出してくる原因を見抜いて

癒していくことになります。

 

この工程が上手くいくと

同じようなことを言われても、

今までと同じように「カチン」という反応をしなくなるのです。

 

それだけではなく

そのウィークポイントとも思える弱い部分の裏側には

実は、みなさんの本質が隠されています。

 

それらは

本来の強さや特質、才能などです。

 

このような部分も

少しずつ見いだしていけるように案内していきます。

 

初めのステップでは

基本的な自分の指針を

日常の中から見いだしていけるように

「いつくしみ」の呼吸法の扱い方を案内していきます。

 

 

人生をより美しく、楽しく生きていくための

心からやりたいと思うことを実現するために

 

みなさんの受講を

心よりお待ちしています♪

 

 

 

 

「カウンセリング アイアム」☆

受講案内(全2回)中級編

 

時間 1回 3時間半 × 2回

 

受講費 34000円 

     1回 17000円 × 2回

 

 

1回目

・ハートの呼吸法と「いつくしみ」の呼吸法の復習

・「いつくしみ」の呼吸法を使った内面観察

‐身体を感じる呼吸法

‐感情の反応点をよく理解する

 どういう時に感情がわき出るか

 その感情は、どんなもの?孤独?悲しみ?寂しさ?

 その部分に、「いつくしみ」のエネルギーを流し

 整えながら客観的にチェックをする。

 

・なぜ感情がわき出るのか?

‐理由の説明

‐心と身体の仕組みと癒し方 実践案内

 

テーマになる宿題を出します♪

 

 

2回目

・ブレストーク

 呼吸法をして、体内を観察して反応をチェック

 問題が起こった時に、素早く解決できるように。

 

・日常の中にすべて答えがある

 人との関係性や仕事、事業、子育てなどの問題の解決

 トラウマを改善に導く

 

・人生の夢を叶え、勝ち取るにはどうしたらいいか?

  どういう生活をしていきたいか、望みを叶えるには?

 

➡身体の反応を捉え、そこにすべての答えがあることを学ぶ

‐身体の中にすべて、過去世から現在、未来までの

 情報や図案があることを知る。

 

・自分の内側にいる神様(内在神)と話をしていく

 

 

 

 

8月から、開催できます。

人数が集まり次第、随時開催します。

ご希望の方は、希望の曜日など記載の上

お問い合わせください。

 

日時や場所は、参加者に応じて

調整して決めます。

 

出張講座も行なえますので

ご希望の方は、ご連絡ください。

出張費・交通費は、別途となります。

(飛行機に乗っても行きます)

 

 

 

問い合わせ・連絡先
info@lionheart.in 

 

 

(セラピスト講座・企業カウンセリング・個人セッションなど)
 
(個人事業主・小さな会社を6か月間サポート)
 
 

問い合わせ・連絡先
info@lionheart.in 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

AD