やさいのほとり

アラフィフ離婚の再出発日記です。
40代元主婦がなんとか再就職して自活。
涙あり笑いありの慌ただしい毎日です^^

自称文芸好き。
多くの方に読んでいただけたら嬉しいです。


テーマ:

 食事命?の自分が、昨日今日はお昼5~6分で。

特に昨日は松本、穂高と掛け持ちで出掛けていたため、食べたのは2時半。

車の後部座席に隠れて(別に隠れなくても・・・)トイレ休憩の10分間で食べました。

 

今日は会社のパソコンに向かいながら10分。

な~んて、たまたま2日続いただけで、多くの日はちゃんと1時間近く取れているんですが。

いえ、新聞読むのを含めて45分くらいかな?

 

前職で10人ずつのグループに分かれ、ヒルナンデスを見ながらみんなでワイワイ賑やかに食べていた頃が懐かしい。でも不自由は感じていません。

今は、お互いの時間が合えばママ記者さんと2人で食べます。

 

前々職は夜が遅く、始業時間が10時半だったため、2時半が定刻の昼休みでした。

でもこれはほとんど守られず、多くが3時4時でした。

男性上司たちがカップめんの新製品を買った時など、みんなで回し食べしたのが懐かしい。

営業の出先で食べるタイミングを失うと、車所有後→運転しながら赤信号ごとにパンをかじる。

車購入前→駅のホームのベンチや、時にはローカル列車の席で食べる。

美味しくなさそうですが美味しいです^^

 

こうしてみると、会社によってお昼の過ごし方がまるで違うことがわかります。

でも最も極端で思い出したくもないのは、新卒で勤めた銀座の会社。

外食ランチ代に月々5万円平均かかっていましたが、最も孤独だった時代でした。

当時の様子は過去記事にも書いていますので、もし興味を持たれたら(そんな物好きな・・・笑)見てください。

タイトルやカテゴリーテーマは忘れましたが、2011年か2012年台に書いたものだと思います。

(って、範囲広過ぎるよ)

昨日は朝から晩まで取材で大変でしたが、一日で3本分のネタをゲットできたので貯金できた気分です。

今日も書きようによっては数本分・・・

家では爆睡の嵐です。

 

毎日、食べることと仕事ばっかのブログだ。

でもこれというのも、贅沢なほど毎日いろんな素敵な方にお会いできているので、

すっかり満足しちゃっているのだと思いま~す^^

山がステキ過ぎてワッと泣き出したくなる時があるんです。

肉眼で見ると100倍感動しますアップチョキ

AD
いいね!した人

テーマ:

今週も土日とも休めています。

土曜は寝不足を補い、思いきりゆるゆる過ごしました。

日曜は掃除洗濯、その他気に掛かっていたこと・・・

これぞ新しい1週間を「頑張るぞ~」となる理想の休日です。

 

が、喜んでばかりもいられません。

休日出勤は、それだけ大きなイベントや出来事があるか、

平日のみでは足りない記事ネタを補うためのものですが、

この時期は平日も休日もネタの枯渇期で・・・

少し前までは新年度にともなう出来事満載でネタに事欠かなかったんですが、

ここが業界紙の弱みです。

 

先週は苦しい1週間でした。

外の取材に出たのは1日だけ。

あとはホームページや広報誌をあさって、針の先ほどの出来事を電話取材で補足して書いていました。

これというのもビジネス人脈とかほぼ築けていないので。

(自分の一番苦手分野で、これから努力していかなければいけない部分。

仕事が絡むと急に社交性が死ぬんです。ふつうは社交性が無くても仕事のために頑張るものなのに。

プライベートでさえLINEやSNSをやっていないわたしにはハードル高い)

 

でも人脈を持った人たちでさえ、「参った~」と思うようなネタ涸れ期ってあるんですよ。それが先週でした。

 

ありゃりゃ、今日は「日常」のテーマで休日のことを少し膨らませて書くつもりが、

結局仕事のことを書いていました。

 

先週、母から常備菜や新鮮なホウレンソウをもらったのでなんとかパン以外のお昼を用意できました。

すごい雑ですがあせる

ていうか、白ご飯の上にバンバンおかずを積む(!)ことに抵抗を感じる人からすると、

耐え難いお弁当だと思います。はい。ゴメンナサ~イ

 

実家でクリスマスローズのブーケを作ってもらって・・・

今週は安曇野市をはじめ、先週よりは外に出ます。

やっぱり(休日以外は)外の取材が大好きダな~。

週末は力尽きてコレ(笑)

 

 

AD
いいね!した人

テーマ:

 

真央ちゃん゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 夜のニュースでやっと(会見)見られました。

会見を見ている間じゅう、

真央ちゃんの素晴らしさを表現する“言葉”が怒涛のように頭の中に溢れてきましたが、

真央ちゃんは「素敵」の一語に尽きるなぁと思いました。

感動でした。本当にお疲れ様でした。

 

 

先日のフラ発表会。

前職仲間が2人出場しました。全く違う一面が見られて新鮮なんですよ。

一緒に観賞したAさんと共同で花束を贈りました。

出場者が観客を送り出してくれる演出・・・壮観です。

 

前回(もう少し小規模な)発表を見に行ったとき、自分のベリーダンスの見学も兼ねていました。

1ヶ月無職だった1年前、申し込みしようと思っていて・・・その矢先に職が決まったんでした。

とてもベリーダンスどころではなくなってしまいましたが、

今でもベリーとソーラン踊りには強烈に惹かれてしまいます。

興味によってやりたいことの種類は違っても、「踊る」系はいいですね。

撮っていただいた写真はボケボケだけど

Fさんはこの日ドレスデビューでした。Fさん、痩せた気がする~(良い刺激になるのでしょうね)

わたしがポッチャリ過ぎなのか(自分、やたら嬉しそう)きれい

AD
いいね!した人

テーマ:

日頃不摂生食事の多いわたしに、母がバランスのとれた昼食を用意してくれました。

 

食事が義務化している父も、この日は食が進んでいました。

 

 

少しずつですが、彩りを持ち始めた実家庭。

 

ささやかな手土産。

 

 

庭先の父、母、のどかなひととき。

 

この後、フラ発表会に向かいました。

 

お家ご飯は良いですね☆

いいね!した人

テーマ:

(つづきです)

 

で、Mくんの悲劇というのは、

先日夜遠方の取材に出掛けたMくんが、会合場所施設に入ろうとすると玄関に施錠・・・。

裏口に回って扉を開けると、あっさり開いたものだから、とりあえず建物内に入ると・・・

途端にセキュリティが作動し、警備会社とパトカーが駆けつけた~。

不法侵入者扱いされたMくんは、尋問を受けるハメに・・・チャンチャン。

もちろん取材相手の不手際だったんですが。

 

わたしも営業職の時は「すっぽかし(SP)」も「門前払い(FO)」も「辿り着けず」も経験しましたし、

今の仕事でも危うく出禁?な感じを経験をしましたが、

(年明け早々、スリップ自損でレッカー引き揚げにもなったし)

パトが2台も出動する騒ぎに巻き込まれるだなんて・・・貴重な経験したよね、Mくん。

 

そんなこんなで気の毒なMくんでしたが、

最近自信が付いてきたのかだんだん朗らかさが出て来て、

まるで息子のように「良かった良かった」と見守っています。

 

Mくんが頑張るにつれ、みんなの休日出勤や夜の遠方仕事の負担も減っていますしね。

自己表現が下手でも、体当たりで頑張っていれば全然OKなもんですよね。

これは自分にも言い聞かせていますし、就活中の実息子にもエールを送りたい。

でもわたしも負けてられないです。頑張らなくちゃ。

ご存じの方も多いと思いますが、松代サービスエリアはトイレがめちゃ立派で、

暮らせるほどです(どんだけ?)

先日は優秀な音響で清音のジャズが流れていて、トイレにしておくのは勿体ないほどでした

(これは安曇野の定食屋さん。

お願いすれば卵焼きをその場で焼いてくださることを、周囲のお客さんの動きから知ることが出来て、

絶対に試してみたかったんです。

中身orトッピングが選べて、わたしはチーズ入りにしました。自分にはちょっとしょっぱかったかな。

気になっていたメニューは全部試せたのでこのお店はとりあえず卒業です。ありがとう~。

他には豚の味噌炒め、豚汁、豆ごはんです。毎回700~800円です)

 

そんなわけで、この週末も休みが取れてます。シアワセ

明日は実家にご飯を食べに行き、前職仲間と仲間のフラ発表を見てきま~す。

いいね!した人

テーマ:

12月末に入社した新人Mくんの進歩がめざましいです。

タイプ的には「おとなしい、朴訥、不器用」で、

若いのにノリ悪いし~と思う時もあれば、

ある時など、廊下ですれ違ってこちらがあいさつしているのに、

声で返さずにペコリと会釈だけで済ませたことが2回くらいあったので、

「これはさすがに注意しないと!」

(社会が怖くておどおどしていたわたしが、

とうとう後輩に注意しなくてはと義侠心?に駆られる日が来るだなんて、一体どうして想像できたでしょう)

と思ったほどでしたが、

「次にそういう態度を取ったら注意しよう」と決めているうちに、

まるで心を読み取られたように次からはちゃんとしていました。

(プライベートで結構大変な時期もあったので、悪気はなく、単にボーッとしていたのかもしれません)

 

相変わらず愛想や面白味はないですが、誠実な人柄はじゅうぶんに伝わるMくん。

たまに隣席から低音の呼び掛けが聞こえて来たかと思うと、

「すみません、これって・・・」と仕事の質問をして来たりします。

そんな時は、傍から見てイタいほどのオーバーアクションで張り切って教えてあげちゃいます。

 

そんなMくは「勢いがある」というのがピッタリな仕事ぶりで、

先輩風を吹かせていても、わたしなどあっという間に追い抜かされてしまいそう。

(ある意味、もう追い越されているかも)

でもイヤな感じはしません。

30代前半、転職直後の社会人男子の頑張りってこういうもんなんだ~と、新鮮な思いで眺めています。

(諏訪市の台湾料理店に飛び込む。その日の仕事はちょっと緊張するもので、食欲も無かったくせに、

「腹が減っては戦は出来ぬ(気持ちが負けてしまう)」ので、しっかり食べました。

でもしっかりにも程があるよ。醤油ラーメン、中華丼のどちらも多目の一人前。

坂城町の気に入りの店がチェーン店だったとは!

このボリュームで680円です。絶対リピートします!)

 

(字数オーバーで②につづきます)

いいね!した人

テーマ:

なぜにあの人はわたしに言う時だけキツい言葉を選び、口をとがらせ言うんだ~。

友好的で居ようとしている(つもりの)わたしにダメージを与えようとしているのがありありではないの。

男性陣への態度と違い過ぎるよ。ヅガレル・・・。

 

と、冒頭で吐き出させてもらい収まりました。

(いつもは帰宅時にはすっかり解消しているのに、今日はちょっと持ち越しちゃいました。すみませんm(__)m)

 

この疲労感は、ここ2日ほど法人の人事考課制・評価制について資料を読み過ぎたせいだな。

幸い自分の会社には導入されていませんが、あの社会人通知表的なものに対して拒絶感がハンパないです。

よその会社の話なのに。

自分では気付けなかった部分にそれとなく気付け、改善に向かえるメリットはあるかもしれませんが、

「職員の成長」とか「資質向上に」とか、そういう言葉に鳥肌がやまない自分。

ある意味社会不適合者なんだと思います。

 

やることさえきちんとやっていれば全く自由だったパラダイスみたいな前職にも、

株式会社化したある日、事務職パートにまでこの制度が持ち込まれたんです。

イヤでしたね。転職したのは収入不安が唯一の理由でしたが、

今思い返すとこの制度導入も一因だったかもしれません。

わたしの知る限り、低時給にかかわらず全パートが真面目な働き者だったので、

「なぜそんなものが必要?」と疑問が止みませんでした。

 

※評価する立場の人が最もつらいですよね。それは理解します

 

記事を書くため読み込んだ資料の複数法人は、この制度のことをむしろ誇らしく語っています。

中には「当初職員から拒絶反応があった」と正直に述べている法人もありますが、

「それは理解が得られなかったためで、説明を重ねているうちに理解を得られた」と・・・本当かな~?

(逆らえないと思い、黙ったのでは?)と疑ってしまう自分はやっぱりどこかはねっ返り。

それでも法人が誇りにしているからには、良い事項として取り上げなければです。

(逆宣伝になりそうと、むしろ取り上げずにいたい事項なんですが)

導入企業や法人は多いと聞きます。

多くの人が受け入れている(我慢できている)ものがなぜそんなにイヤかというと、

自主的に頑張ろうとしている気持ちに水を差されるようだからです。

いきなり「やらされ感」に変換されませんか?

良い評価を得るために頑張るみたいな・・・そういうのは自分にはなんか窮屈で・・・

※うまくモチベーションにつなげている賢い方もいると思います。

 

って、なんでこんなにムキになっているのでしょう。

もしも間違って自分の会社に導入されるようなことがあったら・・・

その時は辞める時かも~(女性のキツい態度には耐えても)

と思ってしまう自分はどこか社会不適合者な気がして、ちょっとビビッています。

パンパイナッポーアッポーパンですって♪(ビミョー)

明日は諏訪市に行ってきま~す

いいね!した人

テーマ:
 
アメブロのお遊び企画にて↓ 春からの自分の目標を書くんですって。で・・・↓
 
桜チョキ環境に左右されることのない本当の仕事の実力をつけるチョキ桜
 
↑なんか書くことが相変わらず仕事脳の男性脳で焦るあせる色気ナイ
それに対するエールが↓
 
 
あなたへのエールはどんな言葉!?
↑聞いたような言葉ですが、うんうんと納得。
次の扉は常に開けたいし、新しい景色は常に見たい50うん歳。
 
::::::::::::::::::::::::::::::::
 
報道番組のZEROで、忘れ物のことが特集に取り上げられていてタイムリーで驚きました。
返却の規則が変わったんですね。
わたしの問い合わせ先は警察ではなく民間の総合案内でしたが、
きっと日々の忘れ物量は似たり寄ったりで多くて困っているのでしょう。
 
忘れ物の特徴を細部まで語らせる代わりに、
本人に間違いないと確定できたらサクサクと返す方式みたいです。
どっちにしても落し物は迷惑が掛かるので気を付けたいです。
 
ニュースでは胸の痛む出来事が多くてつらいです。
栃木の雪崩事故も千葉の誘拐事件もまともに見ていられません。
県内事故としては、今日高速道の諏訪地域で多重事故が起きていました
おそろしく身近な出来事で、正直コワイです。
今日はGくんが諏訪に出掛けたし、わたしも木曜日に諏訪に行きます。
 
場所はどこにせよ、これまで以上に気を引き締めて行きたいと思います。
ホワイトルーとブラウンルーが新発想。
思いつきで作ったので、ビーフの無いビーフストロガノフ(^_^;)
でも美味しかったです。
いいね!した人

テーマ:

(つづきです)

 

Hさんを送って散会になってから、ママ記者さんとお茶をしました。

その時入ったスタバに、Hさんからの贈り物を早速に置いて来てしまったんですよね~。

(本当に失礼でおバカ)σ(^_^;)

 

翌日気が付いて駅ビル内の店舗に電話したところ、

申し訳無さそうに、わからないので・・・と、駅ビルの総合案内に聞いてみることを勧められました。

 

スタバにしか寄っていないので、あるわけないと思いながら駅ビルに問い合わせると、

わたしが説明した「花柄のエコバックに入っていて・・・」という説明に対して、

そのような体(てい)のものは全く無さそうな反応でありながら、

ものすご~く詳細まで落し物の説明をさせるんですよ。

「これ以上説明しても無いものは無いんですよね?」と疑問に思うほど細部までの説明を求められ、

すっかり諦めモードになったところで、

「ご説明の物らしき物があります」と言われました。

へ?

 

財布や宝石を落としたわけでもないんだけどな・・・

きっと嘘ついて、他人の落し物を自分の物のようにもらっちゃう人が居て、

それを防ぐための苦肉の策なんでしょうね。

 

それにしても「黒字に赤っぽい椿のような花柄のナイロンのエコバックに入っていて、

中身は黒い紙袋に入った、おそらくお菓子の箱です。いただき物なので、中身まではわかりませんが」

まで説明しているのに、

「花には葉っぱはありますか?」と聞かれた時は、

コントみたいにズコッとなって「そこまでは覚えてませ~ん」と答えました。

 

ちょっとイラっとする思いもしましたが、受取りに行くと優しいおじさんだったので、

よくよくお礼を言って帰って来ました。

それにスタバの椅子に引っ掛けた荷物を誰かが店舗か案内所に届けてくれたのですから、

感謝しないとです。

 

でも身分証明書の提示と、ちょっとした書類記入は必要でした。

落し物は疲れるので気を付けたいですね。(自分(^^ゞ

お洒落です。空き箱も何かに使っちゃいそうです☆

いいね!した人

テーマ:

大御所Hさんの送別会が天ぷらの美味しいお店で行われました。

ものすごく変わった人の多い会社ですが、ちゃんと大御所さんに礼を尽くした締めくくりになったので、

後からママ記者さんと「良かった良かった」と胸をなでおろしました。

社長も常務も良識のある優しい人ですからね。

 

会社からの大きな花束と全員で少額ずつ出し合った贈り物が渡されることは知っていましたが、

日中にHさんから一人ずつにお礼の品をいただいたので、

急きょその後外出予定のあったママ記者さんが買い物してくれて、さらに2人で共同の贈り物を渡しました。

 

送別会の席順は目の前が敵視子さんで、

周り全体誰に話し掛けてもまともな返事が返って来ないひじょうに厳しい席でしたが、

敵視子さんもいちおうわたしが話し掛けたことにはイヤイヤながらでも返答して、

お酌もしてくれました。

でも外づらでさえあんな態度を取っているようでは、

プライベートではどれだけ鬱々としているのだろうと勝手に失礼な想像をしていましたが、

Hさんが席を回って敵視子さんにも話しかけた内容を聞きかじると、

けっこう自分の世界を持っているようでした。

 

さわらぬ神に祟りなしで居ればいいのに、

ついつい「え~、そうなんだ、スゴイ!」とか話し掛けてしまう自分の悲しいサガ・・・。

絶対、うざいとか言われているに決まっているのにー。

(関係ないですが、きのうデパ地下で買ったおはぎ。くるみのが最高でした。ラストの1個でした)

 

(文字数オーバーにて②へつづきます)

いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。