新年あけましておめでとうございます。

お母さんと家族の幸せサポーター マザーズスマイルアンバサダー協会 河野郁代です。

 

2017年は、昨日のマザーズミーティングからスタート。

 

1月24日に開催する、高島大さん新春講演会に、

 

年明けから続々とお申込みが入っているので、その打ち合わせでした。

 

会場は、最大230席まで増席が可能なので、まだまだ余裕はありますが、

 

いつ満員御礼になるかわかりませんので、

 

お申込みがまだの方は、お早目にお申込みくださいね。

 

 

 

詳細はこちらから

お申込みもこちらから

 

 

さて、わたくし、この年末年始は、初のお姑さんという立場を体験いたしました照れ

 

そう、長男が、お嫁ちゃんを連れて、帰ってきてくれたのね。

 

しかも、お腹の中に赤ちゃんを連れて照れ

 

 

じっとしているより、動きたいおねがい

 

というお嫁ちゃん。

 

今年からおばあちゃんがおせち料理を引退する、というので、

 

私一人でできるか不安だったのもあり、一緒に手伝ってもらいました。

 

何せ、今までおせち料理を仕切ったことがないので

 

「お母さん、これ、どうしましょ?」

 

「そうやね~、クックパッド見てみようか~」

 

ってな感じで、なんとか乗り切りました(笑)

 

クックパッド、バンザイ!!

 

我ながら、なかなかの出来栄えになりましたよ。

 

写真は撮り忘れたけどね^^

 

 

そんなこんなで、今年は家族が一人増えて、

 

息子2、娘、おばあちゃんと、家族7人、笑顔でお正月を迎えられたことに感謝です。

 

今年も、お母さんと家族の幸せサポーターとして

 

精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

メモマザーズスマイル塾江坂教室のお知らせ

 

マザーズスマイル塾 江坂河野教室 1月11日(水)開講

隔週水曜日 12時~14時

お申込み、詳細はコチラ

 

 

 

AD
こんにちは!
お母さんと家族の幸せサポーター  マザーズスマイルアンバサダー協会 河野です。

『雑草のくらし』など、草花を描く絵本作家  甲斐信枝さんのことが

テレビで紹介されていて、お掃除の手が止まり、

目はクギッケになりました。

雑草ってすごい

っていうか、生きるって、こういうことか。

使命を生きるって、こういうことなんだな、と。


雑草は、戦国時代さながらに、領地合戦をしているけれど、

やられても決して腐らない

虎視眈々と自分の出番を待っている

出番になれば、誰よりも早く飛び出し、領地を奪い、勢力を伸ばす。

栄枯盛衰は自然の理。

そこから甲斐さんが学んだことは、

安住しなさい。

すべては時が解決してくれます。

だそう。

深い。

忘れないように書いておこう。
AD

子離れクリスマス

テーマ:
こんにちは!! お母さんと家族の幸せサポーター マザーズスマイルアンバサダー協会 河野です。


子離れクリスマス


今日、私は子離れしました(笑)


きっかけは、娘へのイライラ、モヤモヤから。


社会人になり、CAとしての勤務が始まった娘

国内線とはいえ、一旦出かけたら3〜4日は帰ってこなかったり

早朝暗いうちからでかけたりの

変則的な勤務形態に


体調管理も大変そうだな、

と、

私は、「母として」できるだけのことはしよう

娘を応援しよう


と、思っておりました。


その結果、

娘のスケジュールが気になり、

家にいるのかいないのか、

帰ってくるのか、来ないのか、

忘れっぽい私は、

しょっちゅう娘に聞いてました。


今度はいつ帰ってくるの?

今日は、ご飯家で食べるの?

何時に帰ってくるの?



それに対して

娘は、たいてい不機嫌な対応をしてくるのです。


私はそのたびに、いやーな気持ちになっていました。


何なの?その態度!!と。

感謝の気持ちが持てない娘にイラついておりました。



なんでこんな気持ちになるんかな?

母はこんなもんよ、という人もいるかもしれんけど、

私はイヤだ。


娘と、もっと普通に楽しく会話したいのに、なんでやろ??


ハタと、気づきました。


私は娘に、頼まれもしないのに、勝手に、

ご飯を作ったり、洗濯をしたり

していたんです。


頼まれもしないのに


勝手に、自分のスケジュールを娘に合わせたり

勝手に、帰りを待っていたんです。


社会人になった娘は、

責任感を持って生きています。

自分のことは自分でする覚悟をもったと思います。

だけど、私は、自分のことは自分でする、ということを、理解していませんでした。



娘に、彼女の身の回りの世話をすることの同意をとっておりませんでした。


お母ちゃんやから、という気持ちに甘えて

勝手に世話をしていました。


今日、娘に、こんなお母ちゃんの気持ちを話しました。


不覚にも、涙声でした。


情けないざんす。


子離れは、お母ちゃんの特権、勝手に世話焼きの終結宣言です。


ちょっこし寂しいざんす。


でも、それよりも、清々しい気持ちのほうが強いです。


自分の人生の再スタートです。


仕事に出かける娘に、


「今度いつ帰ってくるか忘れたけど

もし私になんかしてほしいことがあったら、

わざわざ言うてね。


言われなかったら、やらないから」


と、言うたら


娘は意味がわからん、といった感じで苦笑して、出かけました。

ええんです。

わかってもらえないかもしれへんけど、

これは、私の問題。


娘のことを心から応援できたり、

心から大好きでいるための

お母ちゃんの精神的儀式やったのかもしれません。



勝手に母ちゃん、終了です(^o^)/


メリークリスマスウインク

AD