虎之介のインドア流

ゲーム、野球、お笑い、マンガなど趣味のインドア系について
語ります


テーマ:

どうも~。

何を測ってるのか、通行人を座ってカチカチカウントしてるのがキライな虎之介です。

我が家にもVITAが届きませり。
印象としては…
画面がキレイ。
それほど重くない。
ボタンの押しやすさも思ったほど悪くはない。
設定などはタッチ操作がメインでビビる。
以上です(^^;;

えーとゲームはみんゴル6だけで、安定シリーズでゲーム性も変わるものではないので、あまりどうということもなく、面白いです、ハイ。

それより虎が注目したのはPSPゲームをどうやってVITAに移行するのか。
画面はキレイになるのか、右スティックはどうなのか、です。

「UMDパスポート」

と言って現行UMD版のゲームで、ダウンロード版にも対応してるゲームは格安でDLできるというもの。

VITAはUMDを廃止してるので、苦肉の作ですな。

わざわざ金を払うのもどうかと思いますが、これでVITAでできるなら仕方ないですね。

価格はソフトによってマチマチ(500円~1500円くらい?)で、対応してるタイトルも限られてます。

虎が最近買ったディスガイア2の場合。

photo:01


まずPSPでパスポートのアプリケーションをDL。
これを起動してディスクを入れて◯ボタンを押すだけ。
すると勝手に登録されます。
そしてVITAでPSストアに行くと
photo:02


あった!たったの500円でしたd(^_^o)

これをDL。

でもセーブデータも別で移動できないと意味がありません。

photo:03


これはPS3のセーブデータ管理というところでやります。
PSPをUSBでPS3に認識させて、写真の場所でセーブデータをPS3にコピー。
これをVITAに最度コピーさせます。

photo:04


この画面で移行します。

するとやっとできました!

photo:05


上がVITA。
発色の違いが出てますね!
さすが有機EL液晶です。

あとVITAの画面を長押しすると
photo:06


右スティックの割り当てができます。
これを写真のように十字キーにすると、モンハンやゴッドイーターの時に右スティックカメラ移動ができます。
右スティックは、やや感度が良すぎる感じがしますので、感度調整できれば良かったですね。


今回は時代の流れか、本体におよそ説明書らしきものが半ペラしかなく、ソフトに至っては説明書がなく、カードだけ入ってるだけ。

Webのマニュアルを見ろってことなんでしょうけど、もう少しやさしくしてほしいなぁ。

という思いも込めて記事にしました。

誰かが検索してこの駄文を参考にしてくれれば幸いです。









iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(16)
PR
同じテーマ 「ゲーム」 の記事

[PR]気になるキーワード