1919-1208さんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
おはようございます!

先日ですが、週末の梅田事務所で疲れ果てながら、ダラダラと締めの計算をしていると梅田事務所の扉が突然開いてインパルスさんが入ってきました。
その後、ホーリンさんが入ってきました。
本当に突然の出来事だったので、何事かと思ったら、1人きりで遅くまで仕事をしている僕を哀れんで梅田まで来てくれたのです。
週末とはいえ、気合の入った何人かの熟女な方々は稼げずに営業終了になってしまい、1人きりのしんどさと精神的なしんどさで生気を失いかけてたので、2人の優しさが身に染みました。
2人とも僕をなんだか優しく慰めてくれました。

なんとか締めを終えてからほーりんさんの運転する車で、高津事務所に売り上げ等を持って行き、ホーリンさんとインパルスさんが車の中で、3人でご飯食べたら神戸の福原へ行こうと言い出しました。、僕は本当に疲れきっていたのと、明日の仕事も、明日の出勤する女の子的にも不安要素が多数あったので、ご飯食べたら丁重にお断りして、うまくフェードアウトしようと内心考えてました。車の中でも僕はご飯だけってずっと言ってました。

難波に着いて車を停めて、いつもの焼肉屋さんに行きました。僕は本当に帰る気でいたので、普通にお酒を飲み、普通に焼肉を食べて、ホーリンさんごちそうさま~って、帰ろうとしたのに、2人がかなりしつこく、更に西成の飛田新地にしようと妥協案まで出してきて、僕はお金無いしとか色々言って、とりあえず見学だけって言うので、渋々しゃあなしで行くことにしました。

西成に着いてから新地付近の駐車場に車を停めて、とりあえず実物ではありますが、パネル見学と言う事で3人で歩いて回りました。基本的に、おばちゃんが「お兄ちゃんら、遊んでって~や。」って、歩いて回ってるお客さんに声を掛けて、気に入った女の子がいればそこに入って行くという仕組みになっているようで、僕らは初めてと言う事もあり、かなり広範囲でパネ見しまくってました。
新地の女の子は殆どが若い子で、ルックスのレベルもそこそこ高い子ばかりで衝撃的でした。
そして、女の子は僕らが前を通る度に100万ドルの笑顔に変わります。プロ意識が高いなぁ~って思いながらも、僕らが通り過ぎた後の素の顔をなんとなく想像してしまいました。

2周目くらいからそろそろ入ろうかって話になり、お金無いしフェードアウトしようと思っていたら、若くて可愛い子のお店の前で、僕が1番最初に入ってって2人に言われて、お金ないからって言ったらホーリンさんが、1万円を渡してきて、コレでって熱く言われたので、正直ちょっとビビッてたのと、お金出してもらうの悪いと思ったのですが、女の子は可愛いかったし突入を決めました。

トイレに行きたかったので、最初にトイレを借りて放尿してから、薄暗い赤い照明の付いた和室の部屋に通されました。
女の子は、一旦、部屋を出て行きました。それからすぐに戻ってきて、「服脱ごうか。」と感情のこもってない笑顔で言われて、お互い服を脱ぎ始めました。
女の子は、「疲れてる?お酒飲んでる?イケそう?」などと言いながら、チュパチュパっとしてきて、チュパチュパっとしながら、インの時にすでに帽子を被せてありました。
すげ~と関心してたら、すぐにインが始まり、機械的に上下させながら「イケそう?」っと先ほどと同じ台詞を繰り返し、もうそんな接客にルックスの良さと本番では補いきれないくらいの残念なサービスで、僕のアレはHPが0になってしまい、そのままアウトコール的な放送が流れて終了になりました。
時間にして、およそ10分。体感的には5分。
風俗に関しては、大阪に来てからは特に、職業柄なのかなり慎重派で大きい失敗の無かった僕ですが、久々にハズレ感満載の風俗体験となりました。

出たらすぐにインパルスさんTELしました。もう、僕は彼らに一刻も早く内情を説明して、危険さを分かってもらおう。潜入を考え直させようと思っていたので、時間的に、まだ最中か、むしろ決めかねてる状態やろうなって思っていたのでTELしました。案の定、まだお金を降ろしに行っててほーりんさんもインパルスさんもまだ潜入してませんでした。

ゆっくりじっくりと内容と流れを二人に説明し、なんとか二人とも考え直してくれました。特にイチャイチャ恋人プレイが好きなインパルスさんには、飛田の内容は刻過ぎると思っていたので、二人は考え直し、他の風俗に行く事になりました。

僕はそのまま送ってもらいました。二人は他の風俗で楽しんでくれって思いながら、バイバイしました。

飛田新地は貴重な経験にはなりましたが、僕は2度と行くことはないでしょう。

同じ風俗でも、本番なしでも基本的なサービスがあってもうちょっと会話も楽しめるヘルスの方が何倍もマシやなぁって思いました。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。   

おわり



1919-1208さんのブログ-DSC_0028.jpg 1919-1208さんのブログ-DSC_0029.jpg 1919-1208さんのブログ-DSC_0030.jpg





AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
ひたすら引きこもり、寝たり起きたりしながら、ダラダラ時間を過ごし、洗濯など後回しにして、やるべきこともやらずに朝に見終わったDVDをTUTAYAの返却BOXに入れてきて、コンビニ寄って帰宅で只今、放置プレイのブログ更新しております。。(※カップ焼きそばジャンジャンのポテトチップスWコンソメパンチ味はおいしーですよ☆ビールにも合いますよ☆)

昨日は悪夢のような梅田の事務所から戻り、堺のインパルスさんと遊びに行く約束をしていたので、堺から大阪までインパルスさんが来るのを、高津事務所でワッキーさんとべんさんと話ながら待っていました。
ダラダラと僕がおらんかった間の話とかを楽しくしてる間に、インパルスさんが難波に到着したTELがかかってきたので、日本一の交差点あたりで合流する為に僕は高津事務所を出ました。

インパルスさんと7番出口付近で合流してからご飯食べに行こうってなったので、とりあえず難波方面に行こうってなったので、向かいました。
インパルスさんは最初、寿司食べに行こうって言ってたのですが、僕は確かやってる所が心斎橋で割高な場所で1件くらいしかなかったと思ってそれをインパルスさんに言ったんですが、多分他にもあるはずとインパルスさんが言ったので、やってる寿司屋を探したのですが、やはりやってる所はなかったので、もうなんでもよくなった僕らは危うく金龍ラーメンに入ろうとしましたが、たまたま近くに前に1度だけ僕とワッキーさんで行った居酒屋があったので、そこにはいりました。

当初、僕より年上なのにスーパー絶倫でしかも超健康体のスーパーパワーのインパルスさんと一緒やから風俗はほぼ確定で行くと思っていたので、お酒はビールぐらいにしておこうかと思いましたが、後から、アル中組のワッキーさんとべんさんが居酒屋で合流になったので、そんな事は忘れて普通に飲んでしまいました。
べんさんは今現在兵庫県民で、そこから大阪まで来てるので最初は来ない予定だったのですが、ワッキーささんにオゴリならええやろって言われて来ることになったそうで、4人で楽しく飲む事が出来ました。
配車係りの歴史も、僕はホーリンさんとインパルスさんの混血(やや、インパルスさんが強い)なんですが、インパルスさん→僕→わださんと高津事務所の伝統が代々引き継がれているなぁと、インパルスさんの北斗の拳の一子相伝に例えて話していたのを思い出して、確かになぁって思いました。

居酒屋で多分4000円ちょっと~割り勘で支払ってから出た僕らは、案の定風俗に行くことになり、兵庫県民のべんさんは電車で帰って行きましたが、僕ら3人は難波中のホテル街の方に向かいました。
ワッキーさんとインパルスさんは居酒屋から携帯で調べ済みの謎のお店に決めてたらしく、インパルスさんが、お客さんに話すような感じのやたら丁寧な受け答えでTELで場所を聞きながら歩いてました。

ようやく怪しい狭いビルの3Fに着いてパネルを見ましたが、案内までに時間がかかる上にバラバラな感じなので、それなら僕はそのとき現金をおろさなきゃ手持ちがなかったし、ワッキーさんに至ってはお金が全くなくて、パネル見に来ただけとか言い出して、でもインパルスさんの強い説得(悪魔の囁き)で、僕がお金を貸して、某有名若せんのグループの難波店を見に行こうってなりました。

ちょっと歩いてコンビニに行ってワッキーさんに30000円を貸して、某有名グループ店へ行きました。スマホマスターのワッキーさんに調べてもらって、すぐに見つかり入りました。
☆1個の3人が、ちょうど同じ位の案内時間らしくて、その3人で即決しました。好み云々はインパルスさんが1番好みに近かったのかな~って思いました。僕とワッキーさんは妥協点があったかもしれませんでしたが、まあ普通に可愛いっぽかったのと、ハズレじゃなきゃ良いと思っていたのと、僕の中の経験上、某有名グループ店の場合は、大体普通よりちょっと可愛いくらいの細めの子に☆1つ付ける(全てではないと思うが…)感じだと思っていたので決めました。

某有名グループ店は、待ち時間はあるので漫画を読んで待合で待っていると、僕が1番に呼ばれていきました。
まあ普通の流れで、普通のプレイ内容で、基盤なしで、45パーセントパネマジの良くも悪くもない子が来て、大体予想通りの内容でした。お湯でローションが暖めてあったり、某有名グループ店だけに女の子の教育はまぁまぁかなって感じでした。

僕が1番なのでおそらく1番先に出てきてファミマで立ち読みして時間を潰してましたが、飽きてきて近くを探検してたら、インパルスさんから連絡が来て合流しました。
ワッキーさんは連絡がつかずにいたので、帰ったと思って放置しました。

そして、その日の夜から堺で仕事があるはずのインパルスさんが、次は何する??と、相変わらずのスーパーパワーっぷりで言ってきて、難波の馬券買う所が近かったので、1000円だけ買おうかって事になり、馬券買う所に行きました。僕は競馬童貞だったので、かなりイモってましたが、インパルスさんもそんなには来た事がないみたいで、突然怪しげな人(多分怖い人)にTELしだして、色々詳しく聞いてました。僕は、ほんまに何もわからんから、単純におもろい名前と疲れて鈍った直感のみで判断して買いました。インパルスさんも似たような感じで買ってました。結果は、ビギナーズラックもなくやっぱりギャンブル向いてないなぁって感じでかすりもせずに終了でした。

それから、ちょっとお腹空いてきたなぁ~なんて話しながら歩いていたら日本橋の電気街の方に来ていて可愛らしい女の子に突然声を掛けられました。
どうやら、メイド喫茶のキャッチらしく、僕はちょっと興味もあったし、インパルスさんも乗り気で、料金も3000円くらいやからって言われたので行こうと思いましたが、僕は店の階段近くまで来て、そういえばもうちょっと向こうに他にも沢山あるし、この子メイドの格好してないし、他もあたってみたいと言ったら、その子が、めっちゃ寒いから入らせてって、ちょっと強引な言い方で、僕より更に、情に脆いインパルスさんが、可愛そうやからと入る事にしました。

店内は、ログハウスみたいな造りなのにアニメのポスターだらけで、ぬいぐるみがソファーにいっぱいで、ちょっと異様な光景でした。
先ほどの、キャッチの子が接客してくれるらしく、僕らはコーヒーを頼んで、なんか女の子が飲み物を準備してる間にインパルスさんがメニューを見ながら話しかけてきました。
女の子のドリンク1杯1000円~やって!!めっちゃ高いなぁ~。
僕が、キャバと変わらないと言ったら
でも、1杯は飲ましてやろう。」とか、インパルスさんが言うので、1番安いやつならまぁいいかって思い、承諾しました。
悪夢の始まりでした。
女の子はプロらしく上手に情に脆い(特にインパルスさん)僕らを見抜き、3000円のドリンクを頼み、僕の3日後の誕生日を理由にケーキを頼み、負けず嫌いの僕とゲームでイカサマ(と僕は負けた事が納得いかないので思ってる)で勝って、なんか頼んで、時間と内容を考えたら、キャバ以上のボッタクリで13000円ちょっととられました…(ノω・、) ウゥ・・・

インパルスさんはどう思っていたのかわかりませんが、僕はもう本当に悔しかったので、この子はルックスはこの店の中ではかなり高いほうやし、何かとにかく少しでも収穫がないとボッタクられ損やと思い、やられっぱなしでいられるかと、店を出てお見送りの時にTEL番号教えてって言ったら、紙ないかとか、ペンはないかと言われて、そんなん持ってないわって言って(実は、僕は仕事が終わってそのまま遊んでるから紙ならカバンに入ってたましたが、気が付かなかった)電話を持って番号は?ってもう1回聞いたら、番号覚えてない。今度来たら教えるってうまいことあしらわれて店を出ました…゚ ゚∑( Д ノ)ノ彡そんな!!

その後は、僕らはちっとも懲りずにオタロード歩き回って、ちゃんとメイド服を着たメイドに何回も声を変えられたりしながらウロウロしてましたが、さっきの子ほど強引なキャッチはいないし、普通に歩き回って、難波に戻ってラーメン屋でラーメンを食べました。
ちょうどラーメン食べてたら風俗の後、行方不明で家に帰ったと思って放置してたワッキーさんからインパルスさんにTELがあって、風俗の後にパチ屋に行ってたらしく、その時確か、16:00くらいだったので、ワッキーさんも夜から仕事やったので、大丈夫かよって思いながらラーメンを食べて、夕方、仕事なので堺に戻るインパルスさんと難波でバイバイして、自宅に帰りました。。。

また久しぶりに散財をしたお話でした(´;ω;`)ウゥゥ


 ※あの女の子のメイド喫茶には、後日リベンジで必ず行きたいと考えてます。あの子は次回は必ず僕にTEL番号を教えなければならないので、TELだけ聞きに行きます。行く時は、もちろんインパルスさんと行く可能性が高いのですが、入店の際に僕がインパルスさんの財布を一時的に預かり、インパルスさんはお金を持ってきてない使えない事にさせて、僕が支払いの主導権を握り、チャージのお金のみ僕の財布に入れておいて最低価格でTEL番号をGETしに行きます。なんなら、聞いたら用事出来たと帰ろうかと考えてます。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日の事ですが、仕事中に突然電話が鳴りました。
画面を見てみると『○○ちゃん』と表示されていて、僕は『○○ちゃん』が僕の携帯に登録はされてますが、一体どこの誰なのか思い出せずにいて、電話に出るか出ないか迷っていましたが、隣にいた金融屋先輩に「出ろ!出ろ!」と煽られて、渋々電話に出てみました。
すると、○○ちゃんはどうやら僕を飲みに誘っているらしく、当然僕は仕事をしている最中ですし、飲みに行けるはずもなく、ちょっと怖かったので話を合わせながら、知ったかぶりをしながらやんわりとお断りしました。

しかし、断ったものの電話番号もメールアドレスも登録されている○○ちゃん…、
「面倒くさがりのアナタが番号もメアドも聞いているなんて○○ちゃんは絶対に可愛い子に違いない!!」
と言うハンバーグさんの後押しもあり、仕事終わりは朝なので、その日の夜に行けそうなら誘ってみようと思い、メールをしてみました。紳士的にがっつかないニュアンスでメールをしました。

メールの返信は洗濯やら何やらで忘れていた頃に来ました。
彼女の正体は以前はミナミのお店で働いていて、僕がずっと前に集団で飲みに行った際に電話番号を聞いた可愛い(多分…)子でした。今は梅田の高いお店で働いているようで、仕事終わりなら大丈夫だと言っていて、彼女の行きつけのbarに飲みに行くことが決まりました。

多少、警戒しつつもちょっとルンルンで仕事終わりの彼女との合流を楽しみにしていました。夜も更け、○○ちゃんから連絡がやっときました。○まるちゃん行きつけのbarはミナミのちょっとはずれにありました。
お店の人に言っておくから先に行っておいてと言われたので、僕は言われるがままにそのbarに行きました。店内に入ろうとすると、入り口で爽やかな笑顔のお兄さんに声をかけられましたが、フルシカトで階段を登ろうとすると「○○ちゃんの…?」と言われて、なんとそこの店員さんでした。なので、お店に一緒に行くとお店には誰もおらず、とても不安になりました。
爽やかなお兄さんから奥の席を勧められてそこに座りました。
しばらくは、爽やかなお兄さんと○○ちゃんの事や日常的な当たり障りのない話をしていました。

30分くらいしてから店の扉が開き、○○ちゃんが登場しました。
○○ちゃんは、細くて小さい顔に、整った顔立ちで、さらにそこそこ背も高くて、モデルさんみたいに綺麗な女の子でした。
まだ20歳になったばかりとは思えないくらい綺麗な雰囲気の女の子ですが、しゃべりがおばちゃんっぽくてちょっと幻滅しました。

しばらくは店員さんや○○ちゃんと中身の無いくだらない会話をし続けて、店員さんが、
「○○ちゃんって誕生日いつやったかな?」と聞いて、○○ちゃんの誕生日が7/8の日だったらしく、僕はこのつまらない空気に多少苛立ってたのも手伝い、調子に乗って
「誕生日なら何でもしてやるよ!!」と言ったら、
○○ちゃんは「シャンパンが飲みたい。」
と言うので、
今後行くかどうかもわからないお店でボトルを卸した挙句、シャンパンまでも空けてしまい、しかも来店した時から今まで僕らしか居てないお店でやってもーたかも…
と内心思いつつも何だか酔ってるし、わけわかめになってきて、
最後、朝方になってきたら、梅田での慣れない上品な接客で日々ストレスの溜まっている○○ちゃんのウップンの極みとばかりに、カラオケラッシュが始まり、午前起きの○○ちゃんの予定に合わせて、お開きになりました。

そして、運命の会計の瞬間…

小さな伝票の紙切れには、『¥38400』と書かれていました…。
僕の財布の中には¥25000しかありませんでした。
「あといくら足りないのー?」
と金銭感覚の麻痺した北新地で働く綺麗な酔っ払いが足りない分を払ってくれました♪

非常に格好悪い僕ですが、むしろ¥25000が痛すぎて、何よりマジでつまらなかった!!ので、
今回は相殺されるどころか、僕はマイナスとしか思いませんでした。可愛い女の子はすごくいいけど、やっぱりまだ風俗の方がいいなって思ってしまうのです…。
今度の新人スタッフが主催の合コンでは、
いい人と出逢えたらいいなって思いました☆(・ω<)てへぺろ


PS
新人スタッフが元ミナミのbarに勤めていたので、○○ちゃんと行った時に店員にもらった名刺を見せたら「ここボッタクリの所とちゃいます?」と言われました!(笑)
嵌められたのでしょうか?!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。