信頼の188BET 公式ブログ

188BET公式ブログ

主にスポーツ記事を中心に、幅広くお届けしていきます!

188BET公式サイトはコチラ:https://goo.gl/uRi89Y


テーマ:

写真=スポニチ

 

 

9月27日、AFCチャンピオンズリーグ2017準決勝、第1戦が行なわれ、浦和レッズが上海上港とアウェイでの対戦。

 

開始早々から上海上港が攻め込むシーンが多く見られ、元ブラジル代表のフッキや同国出身のテクニシャン、オスカルなどを要する攻撃陣はさすがに個々のレベルが高い。

 

 

しかし、それは以前からわかっていたことで、浦和はその個々の能力をチーム力でいかに潰すことができるかが勝負の分け目となることは皆が理解していたことだろう。

 

しかしブラジル組の攻撃力は予想以上に高く、前半15分、鋭いドリブルで切り込んだフッキが浦和のネットを揺らす。

 

 

出典=Youtube

 

 

 

この時点で完全に攻め込まれており、大量失点で負ける可能性も見えなくはなかった。実際、試合終了後のシュート数を見てみると上海上港が21本、一方の浦和はわずか3本しか打てていない。

 

出典=Youtube

 

しかし、最悪の事態を避けたのはやはりあの男、柏木陽介だった。コンディションは良くなく、強行気味に出場した柏木が27分に同点打を叩き込む。

 

 

前に続き後ろも必死の守備でゴールを死守する浦和。エウケソン、オスカルのシュートをGK西川が好セーブで防ぎ、先制を決めたフッキには槙野が徹底して体を寄せ仕事をさせなかった。

 

 

 

後半に入ってもかなり攻め込まれ、オスカルの直接FKではポスト直撃、決定機も西川が体を張ってゴールを死守し、貴重なアウェイゴールを手に入れ10月18日の第2戦に臨む。

 

 

一方のアルヒラル(サウジアラビア)対ペルセポリス(イラン)は4-0でアルヒラルが圧勝。

 

 

 

浦和が決勝に進めば、相手はアルラヒルが濃厚そうだ。

 


テーマ:

今週末の海外サッカーをまとめました!

ピンク色は日本人所属チームです。

 

プレミア

 

9/23(土)

ウェストハム vs トッテナム

マンチェスター・C vs クリスタルパレス

サウサンプトン vs マンチェスター・U

ストーク・シティ vs チェルシー

バーンリー vs ハダースフィールド

エヴァートン vs AFCボーンマス

スォンジー vs ワトフォード

 

9/24(日)

レスター vs リヴァプール

アルビオン vs ニューカッスル

 

 

ラ・リーガ

 

 

9/23(土)

アトレティコ・マドリード vs セビージャ

アラベス vs レアル・マドリード

 

9/24(日)

マラガ vs アスレティック・ビルバオ

ジローナ vs バルセロナ

RCDエスパニョール vs デポルティーボ

ヘタフェ vs ビジャレアル

 

 

ブンデス・リーガ

 

 

9/23(土)

バイエルン・ミュンヘン vs ヴォルフスブルク

ホッフェンハイム vs シャルケ

ライプツィヒ vs フランクフルト

ブレーメン vs フライブルク

マインツ vs ヘルタ

シュトゥッツガルト vs アウクスブルク

 

9/24(日)

ドルトムント vs ボルシアM

ハノーファー vs ケルン


テーマ:

まずは現在のTOP5位から:

 

 

トップは2016-2017シーズンを3位で終えたマンチェスター・シティ、そしてルーニーが退団したマンチェスター・ユナイテッドが2位につけている。

 

そしてPK戦の末プレミアに昇格した小さな町のクラブチーム、ハダースフィールドが6位につけていることにも注目したい。

 

 

イングランド北部に本拠地を構えるハダースフィールドは、45年ぶりにプレミアに昇格したイギリスの小さな工場町にあるクラブだ。クラブハウスの芝生広場では、老人クラブがゲートボールを楽しみ、敷地内の食堂では一般の人も選手と同じスペースで食事ができ、シーズンチケットは1万4000円ほどと、プレミアのクラブではありえない環境だ。

 

そんなクラブのデイビット・ワーグナー監督は昇格を決めた後、『ハローっていうためにプレミアに昇格したんじゃない。』とコメントしていたが、その言葉通り、小さな巨人とばかりに5節を終えて6位につけており、最終節を終えたときの結果が楽しみでワクワクさせてくれる。

 

 

そして首位につけているマンチェスター・シティは、モナコから仏代表の左SBメンディー、右SBにはレアル・マドリードからダニーロとトッテナムからカイル・ウォーカー、そしてGKにベンフィカからモラレスを獲得と、守備の強化を重点的に行い今季に挑んでおり、その結果が出ているのか、ここまで失点は2点に抑えている。

 

 

2位のマンチェスター・ユナイテッドはルーニーが退団したが、代わりにエバートンからロメロ・ルカクを獲得。そしてそのルカクが現在アグエロと共に得点ランキング1位につけており、約110億円で獲得した価値は今のところあると言えるだろう。

 

一方そのルカクを引き抜かれたチェルシーは3位につけており、ルカクの代わりにレアル・マドリードから獲得したモラタは得点ランキング5位と、まずまずの成果を挙げている。

 

 

まだまだ始まったばかりの2017-2018シーズン、個人的にやはり気になるのはハダースフィールドだ。

 

最後にここまでのベストゴールをどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

写真=スポニチ


 

浦和レッズと川崎フロンターレの日本勢対決という、まさかの組み合わせとなったAFCチャンピオンズリーグ準々決勝。

 

 

1stレグ、川崎が3-1で勝利し、2点のリードという大きなアドバンテージを背負っての9月13日の対戦となる。勝つためには3点差が必用な浦和と、1失点までは逃げ切れる川崎の勝負。

 

 

点を取るしかない状況だった浦和だが、前線に偏りすぎて失点しては意味がない、そんな難しい状況の中、浦和は焦ってボールを蹴り込むことはせず、じっくりサイドから試合を組み立ていった。

 

 

しかし前半19分、川崎のエウシーニョが先制点を決め、点差はさらに3点に開く。完全に焦る状況だが、恐ろしいほど冷静に、本来のサッカーを続ける浦和。

 

 

35分、遂に興梠が待望の同点ゴールを奪うことに成功。しかし、この時点ではまだ振り出しに戻ったにすぎない。

 

 

ここで焦りが出たのか、川崎の車屋が際どい判定で退場処分になり、浦和にとって願ってもない数的有利な状況となった。

ここで一気に試合を決めにかかると思われた浦和だが、それでも本来のサッカーを崩さず、ボールを動かし獲物を狙う鷹のようにゴールの機会を窺っているようだった。

 

 

始まった後半、川崎の前からプレッシャーをかけにいくサッカーは見えず、守りを固めているように見えた。ここから徐々に浦和が動き出す。得意のサイド攻撃でCKを獲得していく浦和は70分、そのコーナキックから途中出場のズラタンが頭で合わせて点差は1点に。

 

 

この時点で残り20分、浦和サポーターの熱は一気に上がり、完全に浦和の舞台となっていた。ふと思った、最近どこかで見た光景だと。そう、あのバルセロナがチャンピオンズリーグにてPSG相手に奇跡の逆転を成し遂げたときの雰囲気だ。

 

 

84分、シルバが同点打を挙げると、さらにそのわずか2分後には高木が頭で叩き込んで奇跡の逆転に成功。日本中が沸いた瞬間だった。

 

出典=Twitter

 

 

浦和が準決勝で対戦するのは中国の上海上港。

広州恒大との対戦に勝利した上海上港だが、その対戦も凄まじかった。1stレグを4-0で勝利していた上海上港だったが、2ndレグでは1-5で同点に持ち込まれ、PK戦の末かろうじで逃げ切っている。

 

 

出典=Twitter

 

 

 

 

9月27日、この対照的な道のりで進出した2チームは、どんな戦いをみせてくれるのだろうか?

 

 

 

 

ハイライトこちら↓


テーマ:

前半に先制点を許したパチューカだったが、サイドで本田がボールを奪うと、そこから得点に繋がり同点へ。

 

本田CKは1分20秒辺りから。

 

そして迎えた後半66分、左サイドからのCKを任された本田が蹴ったボールは、綺麗な弧を描いてGKの飛び出しにくい位置に。

 

このボールをオマール・ゴンザレスが頭で合わせ、パチューカでの初アシストを記録した。

 

これが逆転弾となり、パチューカは3試合ぶりの白星を掴んだ。

 

『本田は日本に必要ない。』という世論を一蹴することはできるのだろうか?

 

今後の1プレー1プレーに注目したい。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。