スカイコート賃貸センタースタッフブログ

首都圏約1万5千戸の賃貸マンションを管理☆
スカイコート賃貸センターのスタッフブログです♪
おススメ物件のご紹介や店舗スタッフのつぶやきをアップします☆


テーマ:

歴史は繰り返すのでしょうか



米国で、またもバブル崩壊の匂いが漂っているようです。



前回、「リーマンショック」の原因となった「サブプライム住宅ローン」・・。



今回は住宅ローンではなく、自動車ローンです。




「サブプライム自動車ローン」。




米国の銀行が、信用力のない人にも自動車購入のための費用をどんどん貸し出しています。


2015年の貸出額は、2000億米ドル(約24兆円)に達したとのこと。




なかなか結構な額です。




米国では、クレジットカード所持者の信用力を、通信簿のように格付けしております。




「クレジットスコア」といい、280点~850点まであります。



以下に、クレジットスコアの階層を示します。



<760-850> EXCELLENT
<725-759> VERY GOOD
<660-724> GOOD
<560-659> FAIR
<280-559> POOR



※Equifax「FICO® CREDIT SCORING MODEL」

http://www.equifax.com/



これらの格付けは、今までのカード使用状況や、現在の借入額等で決まります。



当然、延滞が多ければどんどんスコアが下がります。




そして、そのスコアは今後の社会生活について回ります。




ローンを組む時等にはもちろん、就職・転職、部屋を賃貸する時にも、



面接先の会社が情報機関から個人のクレジットスコアの情報を買っ



て、審査項目としています



ということは、クレジットスコアが悪ければ、就職も難しいわけです。




家も借りることができないのです。




さて、クレジットスコアが660点(GOOD)以上の成績を持つ人は問題はありません。




しかし、660点未満の人は信用力が弱く「サブプライム層」と呼ばれます。




リーマンショックの直前に、この660点未満の人達に平気で住宅ローンを貸し付けました。




そして、融資の焦げ付きリスクを回避するために、さっさと証券化して投資家に

売り飛ばしてしまいました。



しかも、実態をわかりにくくするために、色々な投資信託などに福袋のように混

ぜ込んで、サラッと販売していたわけです。




結局、多くのサブプライム層が返済不能となり、回収できず、大混乱となりました。




これに懲りず、今度は自動車ローンで同様のことを行っているわけです。




やはり、歴史は繰り返すのでしょうかね?




たくさん売りたい自動車メーカー。



好景気を演出したい政府。



融資手数料や金利を稼ぎたい金融機関。



信用力が無いのに、ついつい車を買ってしまうサブプライム層

(米国は車がないと生活が難しいのは分かるのですが・・)。



少しでも高い金利に目がくらむ投資家。




これらの人達が、そろいもそろって短期的な利益に走るからなのでしょうが、

もう少しなんとかならないのかと思ってしまいます。




思えば、今までは0金利。



これからはマイナス金利の時代に入り、自分の資産で金利を得るのが難しい時代になりました。




戦後、日本国株式会社は発展途上国から安い資源を輸入し、完成品を他の国に高値で輸出することで、莫大な利ザヤを上げました。



しかし、発展途上国が「新興国」という呼び名に変わった現在、資源も労働力も高くなってしまい、なかなか利ザヤが稼げません。



その結果、どうしても低成長になってしまいます。



同じようなジレンマは、他のほとんどの先進国が抱えている問題なのではないでしょうか?



成長を原動力に肥大してきた「資本主義」は、袋小路にぶち当たっている気がします。



袋小路を突破するには、「成長」以外にももっと重要なものがあるのかも知れません。




それが見つからなければ、歴史は繰り返す気がします。




なんとか成長を演出するために、第2、第3のサブプライムローンが仕掛けられ、数年おきにバブルが繰り返されることになりかねません。><:




横浜店   矢部




































AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

なまじ関係性が近いと、変な方向に誤解を生んでしまうことがよくあります。




恋人関係や夫婦間でもよくあることでしょう。




それは国と国の関係や、文化間の関係でも同じような気がします。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




油断一秒、怪我一生!




上記の標語は、工場内や工事現場などでよくみられます。




ちょっとの気の緩みが大事故を招き、一生傷を負ってしまうので気をつけましょう!



という意味なのはご存知だと思います。





しかしこの標語、実は中国語としても読むことができるようなのです。




それも、かなり完ぺきな中国語なのだそうです。





油断一秒、怪我一生!


(ィヨウ ドゥアン イー ミャオ、グァイ ウォ イーション)

(yóu duàn yī miăo guài wŏ yī shēng)



という感じで、発音は全く日本語と違いますね!(´Д`;)



しかし、その意味はさらに違います。



中国の人がこれを読むと、


「(もし私が)一秒でも油(燃料)を切らした場合、私を一生責めて下さい。」


という風な解釈になるそうです。



「油断一秒、怪我一生!」



油断一秒 → 油(燃料)を一秒でも切らす


怪 → 責める


我 → 私


一生 → 一生



となるそうです。




何十年も前に中国から使節団が日本に来て、近代化された日本の工場などを見学されたときに、この標語を見たらしいのです。



その時の使節団の人達は、かなりビックリしたそうです。



使節A

「日本の労働現場は凄い! 少しでもミスをして生産工程を停止させただけで、一生責め続けられるというのか!?」



使節B

「ぐぬぬぬ・・・さすがはいち早く近代化しただけあるじゃないか・・・!」



などと使節団の方々が言ったかどうかは不明ですが、そのような声が聞こえてくるようです。



このような誤解は、挙げ続ければ枚挙にいとまがありません。



なので、最後にもう一つだけ紹介させて下さい。




台湾に「高雄(Gāoxióng ガオシュン)」という地名があります。



台北に次ぐ、台湾第二の都市です。



台湾の南端付近にあり、フィリピンや香港、インドシナあたりに行くのには非常に交通の便がよく、貿易の拠点となっております。



今現在、北京語読みで高雄(Gāoxióng ガオシュン)と発音するのだそうですが、戦前の日本統治時代は高雄(たかお)と日本語読みで発音しておりました。



実は、日本が統治するより以前は、この高雄は(打狗 Táⁿ-káu, ターカウ)という具合に台湾語で発音されていたようです。



その後、日本が統治した時に「高雄(たかお)」という漢字をあてました。



さらに戦後、中国国民党の人達(外省人)が台湾に入ってきて、日本人のあてた「高雄」の漢字をそのまま北京語読みで(Gāoxióng ガオシュン)という発音にしてしまったそうです。



高雄の人達が、大国の力関係に振り回されていたという歴史が証明されてしまっているようで、ちょっと切ないのですが・・・。



昨今、外国籍の方々の入居申し込みを受ける機会が非常に増えてきております。



しかし、たくさんある国々の中で、未だに漢字を多用する国は日本と中国だけです。(台湾もそうですが、国連では国と認められていません。)



韓国・北朝鮮もほとんどハングル文字です。



ベトナムに至っては、かなり昔にアルファベットに変えてしまいました。





漢字が同じでもちょっと意味が違ったり、発音が違ったりするために、近い文化間なのに却って大きな誤解が生じるのは面白いです。



夫婦や恋人同志、あるいは会社の同僚や先輩後輩などで、仲が良いのにどうにもケンカが絶えない、小競り合いをよくしてしまうということがあるなら、たまにはこういう風に客観的に原因を分析してみるのも面白いかもしれません。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



なんだか、こういうのを考えていると、人間がいかに不完全な生きものかというのわかる気がします。



自分の不完全さを過度に悔いて、変な考えを起こすのはバカバカしいですね(^_^;)



横浜店  矢部


























AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

利き酒(ききざけ)という言葉があります。



いくつかの違う銘柄(通常3つくらい)の日本酒をそれぞれグラスに注ぎ、順番に飲んでいくことで違いを楽しむものです。お酒お酒お酒



元々は日本酒を出荷する前に、品質を確かめるための検品作業だったようです。



しかし、最近では単にお酒の違いを楽しむためのものとして使われています。




この「利き酒」、日本酒だけではなく梅酒にもあります。


(この前、新宿の某居酒屋で飲んできました。)




また、日本茶の世界でも「※闘茶(とうちゃ)」という飲み比べがあるようです。


※産地の違う日本茶をいくつか飲み比べ、産地を言い当てるという競技。室町時代からあるとのこと。





そこで、私は思うのです。




賃貸マンション・アパートの業界にも、「利き酒」ならぬ「利き部屋」というのがあったら面白いのにと・・・。




これは私事なのですが、今の住居に引っ越すまでに色々悩みました。



「どこの町に住むのが一番便利なのか?」



「この町は人気エリアだし、なるほどいいお店もたくさんある。しかし、毎日住んだ場合はどうなのか?」



「この物件は、国道に隣接しているからうるさいのかな? でも、我慢できるレベルかどうかは、一度見ただけではわからないな・・」



という感じで、東京中を歩き回りました。走る人




「色々な物件に、3か月くらいずつ住んでみることができるシステムがあればいいんだけどな~・・」



そんな感じで悩んだ末、「利き部屋(住み比べ)」というシステムを思いつきました。ひらめき電球





そこで、「利き部屋」のシステムをご紹介いたします。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



まず、東京都内(あるいは横浜等)のそれぞれ違う地域に、3カ月~半年くらいずつ住んでいただきます。




選べる地域は3つまでです。




空室がない場合は、ご希望に添えないこともございます。




全室家具・家電付きなので、スーツケース一つで次のお部屋に移動が可能です。




また、お荷物が大量に増えてしまった場合は、当社の提携引っ越し会社のご利用がお得です。



お家賃は通常の近隣物件よりも、多少高目に設定されます。



3物件全てを「利き部屋(住み比べ)」していただくことも可能ですが、途中でお気に入りのお部屋に出会った場合は、通常の賃貸借契約に切り替えることもできます。※


※この場合には、お家賃の協議・入居審査等が新たに必要となります。



さぁ、このシステムでご自分にピッタリの町、物件を見つけるのもいいでしょう。



また、色々な町に住んでみることで、話題の豊富な人になれると思います。


お申し込みは、当社窓口℡:00-0000-0000


または、○○旅行株式会社 ℡:00-0000-0000


までお問い合わせください。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




こんなシステムがあればいいなと思います。



しかし反面、賃貸業界のプロとしては、実際にこのシステムを実現させるには、かなりの障碍や苦難がありそうにも感じます。






横浜店   矢部











AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。




突然ですが、今年は激動ですね!



まだ14日しかたっておりません。



しかし、年初から大事件の連発です。



マイナンバー制度の開始。 イランとサウジアラビアの不和。



某国の核実験。爆弾  各地でのテロ。  連続株安。  空前の原油安。




お!このブログを書いている最中に、ジャカルタでのテロが発生したとのニュースが入ってきました・・・。∑(-x-;)




まさに激動の時代に突入のようです。



さて、今年は日本でも大きなイベントがあります。



選挙制度の改正です。




18歳以上の人達にも投票ができるようになりました。




これで、ようやく若い人たちの意見も国政に反映しやすくなりそうですね。




しかも、今年は7月10日に参議院選挙があります。




いよいよこの参議院選挙から、18歳~19歳の若者(約240万人)による投票が開始されるわけです。




楽しみですね!!




ワクワクしてきます!!





でも、ちょっと待って下さい。



3月23日以降に引っ越した人(他の市区町村に住民票を移した人)は、この参議院選での投票が難しくなります。



だから、お引っ越し(住民票移転)は、3月22日までに済ませましょう!




え!? なぜですかって?




ちょっと細かい話ですが、公職選挙法の21条という法律に、次のようにあります。



「選挙人名簿の登録は・・・・、当該市町村の区域内に住所を有する年齢満18年以上の日本国民の住民票が作成された日から引き続き三箇月以上登録市町村等の住民基本台帳に記録されている者について行う。」




なかなか小難しいですね・・・。叫び



私も読むのにちょっと苦労しましたが、どうやら以下のように書いてあるようです。




市区町村の有権者名簿(選挙権者名簿)に登録してもらうには条件がある。



①、18歳以上であること。


②、その市区町村の住民票に3カ月以上継続登録されている人



3か月以上という条件は、短いようで結構厳しいです。




夏の参院選挙は、公示が6月23日、投開票が7月10日です。



どうやら、この3カ月要件は「公示日」を基準に考えるようです。



するとやはり、3月22日までに引っ越し、住民票も移転しないと、今年の参院選には間に合いません。



間に合わなかった場合、どうしても投票したいというのであれば、以下の2つの方法があります。



①、お引っ越し前の市区町村まで投票に行く。(地元に帰って投票する)


②、不在者投票制度を利用し、お引っ越し前の自治体から投票用紙を郵送してもらう。



というどちらも面倒な手続きを利用しなければなりません。




というわけで皆様(特に18歳・19歳の方)、お引っ越しはお早めにしましょう!




私たちスタッフが、なるべくスムーズなご入居のお手伝いをいたします!




※現在、このような不備をなくすように、野党が働き掛けているようなので、もしかしたら上記のような不都合が解消される可能性もあります。あしからず。




矢部














いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます鏡餅





今年は暖冬のせいか、あまり冬らしくありませんが皆さんはいかがお過ごしでしたでしょうか?





今年もお正月は食べる・飲む⇒寝るの繰り返しとなってしまいました・・・





お正月休みが明けると、我々にとっては一番重要な繁忙期のシーズンとなります。





おかげさまで、仕事始めからお客様からのお問い合わせを多数いただき、すぐ休みボケも解消できましたDASH!





今年もオーナー様・ご入居者様・関係業者様に信頼できる不動産業者として尽力していきす。






何卒宜しくお願い致しますm(_ _ )m






スカイコート賃貸センター株式会社

社員一同

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。