オーラソーマで本当の自分で輝く人生を!

「私は誰なのか? なぜ生まれてきたんだろう?」忘れてしまっている大切なことを、思い出したい人へ…

★ オーラソーマ®コース・スケジュール ★

=== レベル1コース ===

2016年11月19、20、23、24、26、27日
(wai-o-pipi 宮崎市)




=== レベル2コース ===

2016年12月12日~17日
(サロンロホ 大分県)

2017年1月11日~16日
(ワイオピピ 宮崎市)


=== レベル3コース ===

2017年3月(計画中)
(シェアリングスペースレイ 北九州)


=== エッセンシャルズコース ===

2017年1月7日~9日
(横浜)




【 お申し込みはコチラから→CLICK!! 】




随時リクエストお待ちしております!
NEW !
テーマ:
一昨日は、テレビで
『千と千尋の神隠し』をやっていました

これまた信仰と繋がるなって思います


この作品は、、観るたびにいろんなことを考えたり、想ったりします

観るたびに、いろいろ発見があるのも面白いです


毎回、思うのです


なぜ今まで、このシーンに疑問を持たなかったんだろう?

なぜこのキーワードに気づかなかったんだろう?って

毎回です(笑)毎回思うのです(笑)


不思議な世界へと入り込んだ、千尋の家族

八百万の神々が、疲れを癒しにくる『湯屋』

でも、看板は『油屋』となっているんですよねー


『湯』ではなくて『油』
なぜなんだろう

湯と油
水と油
相反するもの

その2つで1つの場所を表しているということも面白いな〜と

オーラソーマのカラーボトルみたいですね
水と油で2層になっているボトル

{723315AD-71EF-4CD1-BAAE-4466C08B1324}


『湯屋』であり『油屋」は、お湯で神様を洗い流す
癒し清める場所

マグダラのマリアが、キリストの足に香油を注ぎ髪の毛で、それを拭った

それをなんだか思い出しました

それとか
救世主=油を注がれし者
とも言われます

湯で洗う
油で洗う

イエス・キリストが浮かんできました

そして
『湯屋』『油屋』

数ヶ月前に、やたら書いていた『ユダ』のことも思い出しました


ユダのことを書いていた時
きっと湯田さんという名前の人もいるよねー!
もしこのブログを読んだら、イヤな気持ちになるかもしれないなーと思ったりしていました


そしたら、山口に招待されて行った場所が
『湯田温泉』でした(笑)

土地名にあったか⁈とびっくり


湯田温泉とユダ
『湯屋』『油屋』


あと千尋が電車に乗っているシーン

電車には、中道と書いてありますね
真ん中の道

中道とは、仏教語

仏教の実践についての基本的な考えで
対立または矛盾しあう両極端の立場を離れ
両極端のどれにも偏らない中正な立場を貫くこと。

だそうです


千尋を見ていると
中道だな〜って思います

わたしたちは、不安になればなるほど
心配になればなるほど
怖くなればなるほど

真ん中にいるのが難しくなります
偏りたくなります


真ん中って、良いも悪いもない道

良いでも
悪いでもない道

中道

わたしたちは、良い道を行きたがります
悪い道を避けたがります

安心な道を生きたがります
不安な道を避けたがります


いつもいつも、どちらがいい?
どちらが正しい?

わたしたちは、いつもいつも分けたがります

どっち派?とか
好き?嫌い?とか
いいと思う?悪いと思う?とか

千尋は、その真ん中を歩いていました

どちらでもなく真ん中

その真ん中の道は、心に従う道なのだなって思います


ちょっとつづくかも

{334B1B39-55FF-4FE7-87F1-39FE8EC01AB0}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
書きたいことが、たくさんあるのですが・・・

神奈川でのコースのことも
宮崎でのコースのことも

そして、謎解き隊のことも(笑)

んーーーーー

このことを少しだけ書いてみます


信仰について


この数ヶ月

毎日、毎日、毎日

隠れキリシタンの人たちのことについてのお話がやってきます


隠れキリシタン
そして
潜伏キリシタン

宣教師の人たちのこと
そして
幕府の想いと動き

信仰と弾圧


命よりも信仰を選択する道


少し前にふと思いました

わたしが、行かせてもらっている土地って・・・

『もしかして???』


オーガナイザーさんたちに

『ここの土地で、隠れキリシタンの伝説とかある?』

と聞いてみました


みごとに、そういう土地ばかりに、どうやらわたしは、行っているみたいです


なぜ?

なのかは、さっぱり分からないのですが


そして、そういう土地は

たくさんの人が、弾圧を受けていたり

多くの人が、殉教していたり

そして、隠れつづけたり


殉教とは

自分の信じる教え(宗教)のために
命を捨てること


信仰とは、いったいなんだろう


隠れキリシタンのことが、次々とやってきていて

こんなに、やってくるって流行ってると?と思っていました


そしたら、映画『沈黙』

今日から公開ですね


やっぱり流行っていたのか・・・?

観ようかどうしようか迷っています


信仰とは、なんだろう

そして、このキーワードが、今メッセージとして、なぜきているのだろう

{CB8A1F0E-BAB2-4A59-9C48-4518F719F9CB}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、ちょっと強烈な夢を見ました

連日、オーラソーマのコース中に、心のこと

ハートの繊細さについて、みんなで話したり、探求したりしているからもありますし

ブログでもターコイズのことを書いているからかもしれません


夢の中で、話していた相手が、とつぜん玄関の鏡だったか窓ガラスだったかを

ゴルフクラブで、バーーーン!て割ったんです

それを見た、わたしは怖くてビックリしました


目が覚めて、ガラスを割るって、この数日、心のことばかり言っているから

ガラスと心が、なにか関係しているんじゃないか?

心を割るってこと?

って考えていました


ある見方をすると

心を割る!心を割って話すということかもしれません

たしかに夢の中で、わたしが言いたいことを言っていて、相手はどう言い返してもダメだって感じて、ガラスを割るというビックリする行動にでました(笑)

ガラスを割ることで、伝えたいことがあったとも言えます


そうですね、ビックリする行動を取る人や取るときの中には

強い伝えたい想いが伝わらなくて、届かないから

ギョッとする行動をすることってあります

だから、ガラスを割るという行為は、なにか強烈に伝えたかったのかもしれないですね


ガラスの心という表現があります

ハートブレイクという表現もありますね


ガラスのように繊細で壊れやすいのが心
心が砕かれた

パリーンって音を立てて、心が粉々になったかのよう


昨日の夢で感じたのは

ガラスを目の前で割られると、すごくショックだということ

すごく怖いということ


ということは

目の前の誰かが、わたしのひとことや

わたしのなにかがきっかけで

心が粉々になったように感じることを見るのが

パリーンと心の音を聴くことが、とっても怖いんだなって思いました


ターコイズは、自分の繊細な心の動きと繋がる色です

喜びであれ、恐怖であれ、自分の様々な心の中の動きに敏感な色です


それと同時に

ターコイズは、人の心の動きにも敏感なんですよね

人の心がどう反応しているか、どう感じているかにも、とっても敏感


だからこそ

自分の心の奥に触れることを避けたり

人の心の奥に触れることも避けたくなることがあります


なにか繋がりたい想いがあったとしても

もういいよ〜!と軽くいようとすることもあると思います


心の奥からやってくるものが

わたしをビビらせるものだったらどうしよう


あの人の心の奥にあるものが

わたしの心を壊してしまうかもしれない


だから

もういいよ〜!

と、心の中にあるものを感じないように、気にしないようにすることが、あるんだろうな〜って思います


ターコイズの敏感さ
ターコイズの繊細さ

まだまだ、ここに意識が思いっきり向いています(笑)


繊細すぎて、痛々しくて、聴いていられない


{B6DB81C3-FDA2-4286-9B24-1047A1CD9ED7}
☆トイレットペーパーが、粉々に(笑)
やられたー!にゃんこ先生が粉々について教えてくれようとしてるのか?(笑)☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。