オーラソーマで本当の自分で輝く人生を!

「私は誰なのか? なぜ生まれてきたんだろう?」忘れてしまっている大切なことを、思い出したい人へ…

★ オーラソーマ®コース・スケジュール ★

=== レベル1コース ===

2016年9月7日~12日
(wai-o-pipi 宮古島)

2016年10月10日~15日
(土屋真紀さん 宮古島)


=== レベル2コース ===

2016年9月16日~18日、23日~25日
(シェアリングスペース・レイ 北九州)

2016年12月12日~17日
(サロンロホ 大分県)


=== レベル3コース ===

2016年7月25日~30日
(wai-o-pipi  宮崎市)




【 お申し込みはコチラから→CLICK!! 】




随時リクエストお待ちしております!

NEW !
テーマ:
『裸の王さま』の感想を書きながら

虫の知らせで書いていたことと同じじゃないか?(笑)と思いました

結局、いつもいつもここに戻されます


ゴールド自己価値
存在価値のおはなし

王さまは、着飾ることでの存在価値

そして、それが失われたように思ったときに残るものはなにか

who am I?
わたしはだ〜れ?

立派な服がなくなったあなたは誰?


その前にも、この問いかけは起きています

『自分にふさわしくない仕事をしている人と、バカな人には透明で見えない布なのです。』

これを聞いた人たちは、怖くなります
自分が、それだとどうしようって

でも、これも問いかけです

自分がしている仕事がなくなった
あなたはだ〜れ?

賢くない自分は、いった何者?


ターコイズの問いかけです

わたしは、こういう者です

というプロフィールがなくなったあなたは誰?


仕事がなくなったら
自分を良く見せるものがなくなったら
自分がやってきたこと
自分の周りにいる人
自分が手に入れたもの

それがなくなった
あなたはだ〜れ?


それは、今まで

これがわたし!
これをやっているのがわたし!

と思ってきたけれど

Who am I ?

の答えではないです


それは、プロフィールであって
あなた自身ではない

プロフィールを並べても
それは、わたしではない


だからこの問いかけがきます

わたしはだれなんだろう


B83 ターコイズ/ゴールド

オープンセサミなんですよね


それがこの物語にも書かれているって感じがしました

多くのものを身につけていた王さま
立派に見られるように
みんなに認めてもらえるように

その人が裸(あるがまま)になっちゃった

一番恥ずかしい恰好で人前にでちゃった(笑)


なんてオープンセサミ(ひらけゴマ!)なんでしょう

あるがままの姿でパレードをする王さま


そしてこの物語の最後

「王さまははだかだぞ!」ついに一人残らずこうさけぶようになってしまいました。

と書いてあります

どこにも、裸であることを笑われたとか
バカにされたとか
怒られたとか

書いてないです

わたしは、王様は最終的に
みんなにバカにされた!

と思っていたのですが
違いました

みんなは、ほんとのことを言っただけ

裸だよ!って

あらためて読んで、な〜んだ!って感じでした


わたしたちが、自分のほんとの価値に気づくこと

その価値でみんなの前に出ること

それまでの葛藤や不安

自分を信頼できない居心地の悪さなどなど


そして、あるがままでみんなの前に出てはみたけれど

やっぱりそれは、恥ずかしくて

でも、もうその自分のまんまで生きるしかない(笑)

ひらけ〜ゴマ!

そんなことを教えてくれている絵本だったんだな〜!

{3E65B460-498E-4252-9095-D4BA43E1F8C3}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『裸の王さま』の物語は

誰かのものさしで生きること

それの危うさと滑稽さを教えてくれています


バカだと思われたくない


賢いことは価値があること

賢いとはこういうことである

もし、そうでなければバカである

バカであることは、価値がない


この物語では、詐欺師がものさしを決めてます

『自分にふさわしくない仕事をしている人と、バカな人には透明で見えない布なのです。』

この言葉を聞いた人たちは

このものさしに、あてはまらなければ!と怖くなりました


そして、そのものさしに、あてはまらない自分に気づいたときに

どうにか取り繕うとします


完全に自己不信状態です


物語を読んでいるときには、それを笑うことができます

バカだなー!って言えます


でも、実際自分がこの立場になったら

バカだと思われたくない!

多くの人がこの価値観を持っています

だから、怒りを感じるひとつに

バカにされた!というのがあるのだと思います


バカにされたくない!

という強い思いを持っている人もたくさんいます


バカにされないために・・・選択していることも

いっぱいあるかもしれませんね


それくらい、バカだと思われたくないし

バカと思われたらいけないんですね

わたしたち・・・(笑)


これを持っていると

簡単に他人のものさしに、はまってしまいます


他者が示すものさし

それに、自分をあてはめようとします


そうすることは、一時的に安心します

自己不信感でいっぱいですけど


でも、『裸の王様』の中でも

全員が、ほんとは正解を知っていました


ただ、それは不正解だと信じていただけです

自分のものさしは、間違っていると信じてしまっていただけです


物語の最後

子供が『王様はだかだよ!』と言ったことによって

みんなから『王様ははだかだぞ!』って言われたときの王様


王様は、大弱りでした
王様だって、みんなの言うことが正しいと思ったからです。


自分のものさしが、正解だった


きっと、わたしたちが

自分のものさしで、生きるということは

バカにされるかもしれない!

バカにされることもあるだろうという勇気ですね


{3FD36D1F-2749-4728-A7F9-6ED0FF370E27}
☆誰がなんと言おうが(笑)☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつも着飾って、自分が立派だということを

周りに見せつけることが、なによりも大切なことだった王さま


誰よりも着飾ることで
誰よりもすごいんだぞ!
と思えることができていた王さま


その王さまが
騙されたとは言え裸(あるがまま)になった

ほんとにこれ大丈夫?
なんにも着ていないよね?
裸(あるがまま)だよね

そんな姿で、みんなの前でパレードをした王さま


わたしは、これを読んで

ほんとの姿の上に着飾ったもの(着ぐるみ)

わたしは、こういうキャラだから!
わたしは、こういう性格だから!
わたしは、◯◯なタイプだから!


と自分を覆っているもの

それを脱いでいくまでのプロセスにも見えました


ゴールドという色には
根拠がないものに自信を持つ色です


豪華な服を着ているから自信がある
玉座に座っているから自信がある
王冠を被っているから

それは、根拠のある自信です


ゴールドは、根拠のない自信です

そう見えなかったとしても
そう思えなかったとしても
価値をもつこと

それがゴールドです


王さまにとってのピッカピカの服は
自分を良く見せるために、装っているものです

自分が価値ある人間のように思えるものです

人によっては、それが
仕事であったり
資格であったり
ポジションだったり
お金だったり
パートナーだったり
持ち物だったり
がんばっているなにかだったり

いろいろあります

それがあるから!これがあるから!大丈夫と思っているもの

でも、それは簡単に失うことがあります

裸の王さまのように


それらが無くなると
自分に価値がなくなるように信じているもの

ほんとは、それが無くなったとしても
自分という価値は、変わらないんだってことを

それらを覆う前から
もともと最初から
貴重な存在だったんだってことを言っているのがゴールドです


裸でパレードしていたとしても
それをみんなにバカにされたとしても(笑)

{64D772D9-2CC5-4196-810D-CF05BEBB5C32}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。