合格しました!(いきなり?


ほんっっっっっと良かったですううううううヽ(=´▽`=)ノ


雨の中、どうしよう……どうしよう……って

ずっと思ってたんですけどほんっとに良かったぁぁぁ。

っていうか、合格発表の掲示が意外としょぼk(以下略

だって私立の時は体育館に大きく掲示されてたんで

そういうイメージがあったんですもん!(ぁ


あー、これで受験勉強から解放されるんですね!!

(といっても、そんなにやってなかった)

……真剣に受験勉強してた人に失礼ですか、そうですか。


いや、それでも私なりに頑張ったんですよ!!

都立の試験の日に、速報を見て自己採点したんですけど

その時の数学の点数が悲惨なことになっていて。

泣きました。あぁ、私、マジで落ちるしかないわ。みたいな!!!

だって泣くしかないくらい悲惨な点数で……。

でも、ほんtttっとあんしんしましt(落ち着け


では! 報告でした!!



AD

どうも、みかんっす。

最近、受験が終わったらブログを移転してハンドルネームを

変えようかと思っています。関係ないけど(ぁ

でもなぁぁ……みかんって小5のときから使ってるしなぁぁ(ぁ

でも変えたいっちゃ、変えたい。うーむ、どうしよう……。

それにしても、パソコンが違うから顔文字が全く使えないです。関係ないけど。



あ、えっと本題に入ります。

昨日、第二志望の私立の高校を受けてきて

今日がその高校の合格発表でした!


無事、合格!!


あぁぁぁぁっ、本当によかったですすすう(落ち着け


最初は、学校に行って封筒をもらって確認するっていう

流れだと思っていたんで、いざ行って掲示だった時には

もう……マジで心臓がばっくばっくでしたよぉぉ。

そりゃぁ、封筒を開けるのもいやだけど……

掲示はなんというか、いやぁ……緊張するよね、あの空気(何

自分の番号を見つけた瞬間、キャーッって言っちゃいましたもん。

第一志望の高校もこの調子で頑張りたいです……!!


それにしても、私立が本命の人は今週大変ですよねー。

昨日、今日、明日、あさってと……連続の人も多いですもんね。

あぁぁ、とりあえず良かったです(ぁ


以上、報告でしたー♪



AD
あなたのオススメの一冊 ブログネタ:あなたのオススメの一冊 参加中

どうも、みかんです!そんなに久しぶりでもないですね、私にしては。(ぁ

今日は気分が乗ってたんで更新に来ましたー
そんなことしてる場合じゃないだろ、とかつっこまないでね(´Д⊂)

えっと、本題に入ります(何

一冊? 一冊かぁ……。
どうしよ、一冊って言われるとメチャメチャ悩むなぁー。

とりあえず、言わずと知れた東野圭吾さんの『手紙』は面白かったですよ。
強盗殺人犯を兄に持った弟の話です。
お母さんに借りて読んだんですけど、感動して泣きました・゜・(PД`q。)・゜・
めっちゃ切ないですよ。
読んでない人は読んでみる価値ありです。

あ、それと最近読み終えたのは『狐笛のかなた』です。
昔に買って、読み終える前につまんないんだとおもったんでしょうね。
本棚にしまわれていました(
だけど、最近見つけて読み始めたら意外に面白かったことが判明したんです(何
作者さんは『精霊の守り人』で有名な上橋菜穂子さんです。
この本の舞台は、昔の日本……かな? 和風ファンタジーみたいな感じです。

後、いまちょくちょく読んでいるのは『夜は短し歩けよ乙女』です。
この本は、最近(?)文庫化されてました。
一途な先輩とキュートな乙女のお話です、分かりませんね(ぁ
言葉の使い方が独特で、私には難しい言葉がよくでてきます。
辞書無しじゃ読めません(ぁ



って、結局一冊じゃぬぇえええええええええええΣ( ̄ロ ̄lll)


強いて言えば、私のオススメの一冊は『バカとテストと召還獣』です。
あえて説明はしません、思いっきり笑いたい人は読んでみる価値あり。


以上、オススメの数冊でした!(蹴



AD

入試結果ぁ


お久しぶりでごじゃりまするっ!!


みかんです、雲雀さんの夢小説を残したまま

唐突に更新ストップしてました、ですがそれがみかんクオリティです(爆


それで、早速本題です。

木曜日に私立の併願推薦の試験を受けてきたわけなんですが

おとといの金曜日に合格通知がきてまして。


結果から言わせてもらうと、第三志望の高校に合格いたしました!

ワーイ♪ゝ(´A`ゝ)(ノ´A`)ノワーイ♪


よく封筒が厚いか薄いかで合格かどうかが分かる

っていいますけど、私はすでに母に開封されていましたΣ( ̄ロ ̄lll)

机の上にぽつりと開封済みの封筒と、おめでとう的なメモ(by母)が

残されておりました。ふぁー……めっちゃ安心です(* ̄∇ ̄*)


これで高校生にはなれますねーヾ(*´∀`*)ノ


あ、それと私立の単願で受かった皆さんおめでとうっ!

もう受験が終わっちゃうなんて……なんだか不思議な気分です(ぁ


次は、都立の推薦ですねー。私は受けないけど、

都立第一志望の友達ほとんどの子が受けるみたいなんで

頑張ってほしいです!


ちなみに私の次の本番は私立の一般。第二志望です。

明日に願書を出しにいってきます。うぁー、迷ったらどーしよ(ぁ


相変わらずまとまりのない文章でスイマセン。

近況報告でした。





え、えーと、最近はっちゃけてます、みかんです!!!(ぁ

私はもう自重しませんっっ!!(ぇぇぇ

あ、でも普通のお題も書きますよ。

ってか、そろそろみかんのダラダラ日記をみかんのダラダラしょーせつに

変えたほうがいいんじゃないかな……。


ちなみに迷いに迷った挙句がらりとイメージをかえてみましたっ。

ためしていた途中にきてくださった皆さんすいませんっ(ぁ


今回のお題は【雲雀さん、階段にて】です。

先に言っておきます、長いです

あ、あと少し文体を変えてみました。いつもよりくだけてます!

お題の提供者はこんぽたさん……?っていうか、

私が一方的に書いただけかも(笑



【雲雀さん、階段にて】


そういや、今日の夕飯担当はあたしだった気がする。

「何作ろうかなぁ……ってあれ?」

あたしが足元に違和感を覚えて、目線を下に向けた時には既に遅くて――


ってうわぁ!! ちょ、ちょっとタイム!!

本来、次の階段についてるべき足が空中にあって。


――つまり、踏み外した。階段から、足を。

前のめりになって体が宙に浮く。落ちる、落ちる、落ちるーっ!!

覚悟して目をつむったその時、腕を、つかまれた。

そのままお腹の辺りに誰かの腕が回されて強く引き寄せられる。


「……君、大丈夫…じゃなさそうだね」


耳元で響いた、低くて甘い、聞き覚えのある声。


段々と状況を把握してきて、急に顔が熱くなった。

「ひ、雲雀さん……」

何で、こんなところに……かすれて言葉にならなかった。

「別に…ただ、通りかかっただけだから」

頭が回らない。大体、こんな状況で冷静でいられる方がおかしいよ。

だ、だって…つまり、あたしは雲雀さんにゆるーく

抱きしめられる形になっているわけで……。

体全部が心臓になってしまったみたいに鼓動がうるさいの。

彼の腕を伝わって、彼にまで聞こえてしまいそうな位。


「…君、いつまで僕にこうさせる気?」

「え…あっ!! す、すすすすいませんっ!!」

あたしが体勢を立て直すと、体から彼の温もりがスッと消えた。

何事もなかったかのように無言で立ち去ろうとする雲雀さん。


ってちょっと待った! まだお礼を言えてないっ!!


「ちょ、ちょっと待ってください!」

彼が振り返るのと同時に、彼のサラサラした黒髪が揺れた。


「あの、ありがとうございました!」

「…さっきも言ったけど、通りかかっただけだから…」


「そ、そのっ!!」

再び去っていこうとする彼を呼び止めていた。


えっ…あたし、何やってんの? 他に言う事なんてないじゃない。

あたしは混乱状態のまま、何か言わなきゃって必死で口にした。


「雲雀さんの好きな料理って何ですか?」

あたし、何言ってんの!?

「…何で、君に言わなきゃなんないの…?」

「そう…ですよね」

何も考えずにあんなことを言ってしまった過去の自分をねたみつつ、

どこかで答えてもらえるかもしれないって期待していた自分がいたことに気付く。

どことなく気まずい雰囲気の中、彼が先に口を開いた。


「……ハンバーグ」

「えっ…ハンバーグ…ですか?」

「……悪い?」

「そんなことないですよっ!!」

ただ、可愛いなって思っただなんて死んでもいえない。


「…じゃ、僕はこれで」

そう言って、何だかんだ言いつつ結局答えてくれた彼は

今度こそ本当に去っていった。

皆から恐れられている風紀委員長の意外な一面を見れて、

あたしはなんだか嬉しくなる。


「よし、今日はハンバーグでも作ろうかなっ」




なげえええええ!!

ちなみにこれ、全部学校で書きました!(ぇ

シュチュエーションはこんぽたさんから聞いたものを採用しましたぁ。

だって、思いつかなかったんだもん!(ぁ


ってか、骸さんのやつもこういう風にすればよかったあああ。

なんていうか、短いし、詩なんだかなんなんだか

よく分からない微妙なあれになっちゃったしorz

うん、今度リベンジしよ。



骸、教室にて


orz


題名がっ……。

えと、自重できませんでした、すいませんっっ!!!

いままでメッチャ普通だった(といっても二記事)おだいしょーせつ。の

イメージが一気にカオスに!!!(ぁ

でもでも書きたかったんです、バトンやってたらかきたくなっちゃったんだぁぁぁ(ぁ


っていうか、珍しく三日連続更新だ。私なにやってんだ(ぁ


題名どおり、今回のお題は【骸、教室にてございます!!

お題の提供者は私自身!!!(自重しろ



【骸、教室にて】


彼は、いつも口角を吊り上げて穏やかな微笑を浮かべている。

切れ長の、紅蓮の瞳と深海の瞳。それは、笑っているのにどこか虚ろで

景色だけを映しだすガラス玉のようにも見えてくる。

「あんた、どこ見てんの? あたしの話、ちゃんと聞いてた?」

頬がほてった。私、何考えてるんだろう。

いつの間にか、彼が転向してきた当初は驚いた、南国の果物を

思わせるあの髪型にも慣れていた。

っていうか、同い年とは思えない大人っぽさと

私より色気があるってところがむかつく。

不意に彼が振り向いて、目が合った。赤と、青の綺麗な瞳。

鼓動はどんどん速くなっていくばかりで……

「それでさぁ、あいつがね……。ってどうしたの!? 顔真っ赤じゃん!!」

「そ、そそそそんなことないよっ!!」

慌てふためく私を横目で見たあいつが笑っていた。

少しでもときめいた私の馬鹿ーっ!! って心の中で叫んだ。



……orz

なんなんだ、この恋愛風味小説もどきは(ぁ

いや、最初は骸様の容姿をかこうっって思って始めたんですけど

いつの間にかこんなことに……。

ってか、主人公の女の子!!

骸様を彼呼ばわりだの、あいつ呼ばわりだの、終いには

パイナップル頭呼ばわり!!!(ぁ

で、でも流石に同級生で様づけはまずいよってことになってこうなった。


……。

え、えと、こういうお題でも全然OKです!!(ぁ

シュチュエーションとかも言ってもらえれば助かります。

(これ考えるのにわりと時間がかかった)


ではではーっ、そろそろ勉強します。多分。



霜柱


ども、みかんです。


早速、おだいしょーせつ。のお題を出してくれた方が

いるので更新したいと思いますっ!

ぁ、お題がなくても更新します、私の書きたいものは多分更新します。

小説っていうよりも詩に近いのはあれです、私の文体です!!(ぇぇぇ

ってか、おだい詩ってなんか語呂が微妙だぁぁぁぁ(ぁ


ではっ、ぐだぐだしてないでさっさとスタートします!

今回のお題は【霜柱

今の季節にピッタリなmomochyさんからのお題ですっ♪



【霜柱】


手袋の隙間をかいくぐって入ってくる容赦のない冷風に思わず顔をしかめる。

考えつつキャベツ畑を通りすぎようとした時だった。

いつも殺風景な畑に、薄く氷が張っていた。

口の息どころか鼻の息まで白くなるこの季節、霜柱を見ると

何となく嬉しいのは私がまだ子供だからかもしれない。

不意に思い立って、それに足を踏み入れる。

それだけのことなのに何だか楽しくなって、

気付いたら畑の隅は、大きな足跡と小さな足跡でいっぱいになっていた。



むー、なんか出来てきには微妙……?

momochyさんごめんなさいっっ、霜柱らしさ(?)が出せませんでしたっっ。

ちなみに主人公(?)は、中高生あたりです、多分(何


さて、ここまでめっちゃくちゃ普通なテーマでしたが

次からは崩壊すると思われます(ぁ

ではっ、皆様あでゅーっ(誰






ばとんーーーーっっ

テーマ:

ども!! 久しぶりに久しぶりじゃない記事です!!


~妄想バトン~


こんぽたさんに回していただきましたぁっ!!

やらないと咬み殺されるんでやります!!(ぁ



指定『骸様+10

まさかの十年後ナッポーパイナップルですねっ!?


☆ある日『骸様+10』が自分の庭に生えていたらどうしますか?


なんか、骸様だったらありえそうだなぁなんて思っちゃうんですけど(ぇぇぇ

もちろん喜びますよ!!

爽やかに笑ってたらリアルに怖いんでちょっとムスッとしてるのが良いかも!(ぁ

むすっとしてる骸様って中々見れないじゃないですかぁっ。

いつも穏やかに微笑み浮かべてるし!!それもいいけど!w(ぁ

だから、ここはあえて「何で僕がこんなことに……(ぶつぶつ)」的な!!!(ぇぇぇ

むすっとしてる骸さん可愛いだろうなぁーv


あ、でも骸様は変態でなんぼです!!笑っててもいける!!



☆『骸様+10』が自分で家の庭から出てきました。すると上半身おろか下半身まで裸だったらどうしますか?


え、えええええええええええ!!!


とりあえず、錯乱(ぁ。

その後、もちろん服持ってきます!!

え、でも男物の服ってお父さんのしかないなぁ。うーん……何か良いののあったっけ?(ぇ


うーん……、とりあえず(お父さんの)スーツでも持ってくるかな!!!

だって絶対似合うよ、絶対に絶対に似合うよ!!!(大事なことだから二回言った


☆服を着た『骸様+10』が家に上がらせて欲しいと言ったら?


外にいるの寒いですものね!!
玄関に待っててもらって、すぐに家の状態を確認します!!

散らかってたら(多分散らかってる)神速で片付けてすぐに上がってもらいます!!!

とりあえずリビングにでも!!

☆『骸様+10』がお腹すいたようで何か作って欲しいと言ったら何を作る?



えええええっ、どうしよううう(ぁ)私料理できないですっっ(

と、とりあえずご飯炊いてお味噌汁でも作りますっっ!!(

うぁぁぁ、料理もっと勉強しておけばよかったぁぁぁぁっって後悔しつつorz


たとえ固いお米とかになっちゃっても、たとえお味噌汁の味が

濃すぎちゃったりとかしても、無理して「おいしいですよ」ってにこってしてもらいt(以下略

☆お腹がいっぱいになった『骸様+10』が少し眠りたいと言ってきました。どうする?

もちろんすぐに何か用意しますよ!

残念ながらベッドはないんで、布団でも敷きます!!

「やれやれ、布団ですか……」と愚痴をこぼしつつ、渋々寝てくれると良いです!!(意味不

☆ぐっすり眠っている『骸様+10』はどんな寝言言ってる?


「クフフ……ナッポー畑ですね。僕は幸せ者です」

ではなく。


何も言わないで苦しそうにうめいてると良いです!!(ぇぇぇ)きっとセクシーです!(えええ

悪夢にうなされてるてきなっ!! 辛い過去が夢となって……みたいな!




☆やっと起きた『骸様+10』はねぼけているのかあなたに抱きついてきましたどうしますか?


苦しそうな骸様を見ていて心配していたら突然手を伸ばしてきてみたいな!!!(ぁ

慌てふためきつつ、ちゃっかり抱きしめてもらいます(ぇ

骸様は、寝ぼけててまだ苦しそうな顔をしているんですっ。


それで、少し時間がたって

「み……か…ん……さ…ん……?」

って、まだ寝ぼけた感じのかすれた声で言ってもらえるとうれしい!(ぁ

☆『骸様+10』は寝ぼけたおわびに何でも一つ聞いてくれるそうです。どうする?


「堕ちろ、そして巡れ」

って、思いっきり感情こめて言ってもらいます!!!(ぁ

いや、でもしっぽを掴ませてもらうのも捨てがたいっっ(そこっ!?

いやいや、でもクーフーフーって歌ってもらうのも……。


うーーーんっっ、じゃぁもう一回抱きしめてもらいます!!(自重

その際に「クフフッ、可愛いですね」とかいってもらいt


☆『骸様+10』はそろそろかえらなくてはなりません。最後に一言何と残したと思う?

送り出そうとするも、中々笑顔で送り出せず渋る私に

ふっと少し切なげな微笑を浮かべて


「Arrivederci、また会いにきますよ」


かなっ!! 萌えます!(ぁ

☆お疲れ様でした。最後に5人の家のお庭にそれぞれ指定キャラを埋めて下さいね。


これってリボーンじゃなくてもOKですよねっ?

→リーナ様のお庭に「曽良君」をうめます

→邪ニス様のお庭に「骸様」をうめます


邪ニス様すいませんっっ、好きなキャラがよくわからんかったので

あえての骸様にしてしまいましたっっ!!!(ぇ


すいません、これ以上バトンを回せる方がいないので

後はやりたい方、自分でキャラを決めて勝手にどうぞっっ!!!(ぇぇぇぇぇ


えと、自重しませんでした!!!ww サーセン!!w(ぁ






りんご


久しぶりですが合言葉なみかんです!!

こんなダメブログに来てくださってありがとうござますっ。

えっと、今まで更新しなかった理由については特にありません。

みかんのダラダラ日記でよく見られる現象です(ぁ

というわけで、軽く流してもらえると嬉しいです!(ぇ


それはそうと、今回は新しいお題を作ってみましたぁぁっ。

【おだいしょーせつ。】ってやつです。平仮名なのは私の好みです!

このテーマでは、何か一つお題を決めてそれにそって

短編とまではいかないけど短い小説のようなものを書くというものです。

何でこんなことになったかっていうと、私の暇つぶしから

始まったものなのですが、それが意外にも面白かったからですっ。

とゆーわけで、ぼちぼち更新できたらいいなぁと思いつつも

この記事だけ終わってしまいそうな気もしています(ぇ


記念すべき最初のお題は【りんご

お母さんからもらったお題です。

では、ぐだぐだ言っていると皆さんが飽きてしまいそうなのですたぁとぉぉっ!


【りんご】


想像していた通りの心地よい重さ。時々粒があるものの滑らかな手触り。

それは、赤に少し黒を混ぜた絵の具で塗りつぶされたような色をしている。

冷んやりとしたりんごの皮の感触。酸味の利いた、甘い、独特の香り。

吸い寄せられるように歯を立てた。

それから零れ出る甘酸っぱい果汁。シャキ、と爽快な音を立てて裂ける果肉。

自分のかじった部分に目を向けると、淡い黄色の実があらわになっていた。



えっと、何か幻想的な感じを出したかったんです!!(ぇ


もしお題を出してくださる方がいたら、喜んで書きます!

いつになるかは分かりませんが……!!(ぇ

ちなみにお題は何でもいいです。物でも生物でもとにかくなんでもっ!

ではではー、最近キーボードのSのキーが

ききにくくなってきたみかんでしたぁぁっ











ばっとんばっとん

テーマ:

ご無沙汰してます。みかんです。


☆ルール☆
バトンを回したらその人に知らせる
5日以内に書くこと
5日以内に書かなければ罰ゲームあり
回した人はその人がルールを守られているかチェックしてください


☆名前は?
みかんですよー。由来はみかんが好きだから+なんとなく。


☆バトンを回す人を5人決めて♪
・momochy様

・リーナ様

・こんぽた様

・邪ニス様

・レイム様


まさかの全員被り!! ドンマイ★(ウザ


☆上記の人とはどんなきっかけで知り合った?
全員リア友ですよー。


momochy様は遠い昔に公園で。

リーナ様は小五の頃かな。リーナsが転向してきた時!

こんぽた様は仮入部の吹奏楽部で……(以下略 詳しくはこんぽた様のブログで♪)

あれ……でも正確にはクラスで会ってるっていうのかな……?

邪ニス様は中一の頃、美術部で知り合いました!

レイム様は小一の頃。でも、実際に仲良くなったのは小二からです!

ある意外な人をきっかけにして仲良くなったのです。


☆上記この中で1番に知り合った方は?
momochysですよー!!

ぶっちゃけその頃の記憶はもうありません(ぇーー


☆5人のいいところを書いてください
皆、サイコーだぜ★(うぜえええええええええええええええ


☆5人を色でたとえると

・momochy様→ピンクかな! 淡いぴんくいろー♪

・リーナ様→紫! 大人っぽい感じで。

・こんぽた様→明るい黄色★ 元気な感じ!

・邪ニス様→私も白かなっ。優しい雰囲気ーな感じで。

・レイム様→黄緑色かなぁー。


☆罰ゲームを決めてください♪
え……えーと……。


クロームさんとムクロ様を描いてほしいかな!!




ってか、被りまくりでごめん。スルーしておk。

久しぶりの記事がこれかよー! ってかんじでほんっとすいません。

急いでるんです!!(ぁ