七林中学

テーマ:

船橋市内の超名門「七林中学野球部」

学区内の少年野球も盛んで、競合チームがいくつかある。

そんな野球少年が、毎年七林に進学し、野球部は伝統的に強い。

(出身選手)

・和田貴範選手

 昨年までかずさマジックでプレーしていたスラッガー

 拓大紅陵から明治に進学し、大学ではベストナインを獲得している。

 中学の頃対戦したことあるが、ぼこぼこにされた。

・林昌範選手

 元ジャイアンツの投手。

・高山俊選手

 日大三の優勝メンバー。明治大学では1年よりレギュラー獲得し春のリーグ打率NO2

 (首位打者は慶應の阿加多選手)


ネットサーフィンしていたら、この中学の外部指導者に若生智男(元プロ野球選手)さんいた。

九国大付の若生監督のお兄さんである。


やっぱこういう指導者がそだてるんだな。


しかし、公立中学で伝統的に強い野球部ってかっこいい。

AD

テーマ:
憧れのプロ野球選手である大野雄次さんのお店で集まった。
大将からジョッキを頂いた。
「このジョッキで最高金賞のプレモル飲んじゃいますよ!」
大将笑ってた。

また来週もくる。

photo:01





iPhoneからの投稿
AD

右肩回旋腱板症候群

テーマ:
右肩の検査。
菅谷先生であったが、超オーラがあった。
2人助手のような先生がついていた。
レントゲンを見ながら、ストレッチの確認。

「からだ硬いね~」

PCに向かう生活で、肩周りの筋肉が硬くなっていた。
股関節から上半身までの体の硬さが、肩関節に負荷をかけていた。

リハビリルームで柔軟を教えて頂く
①ストレッチベンチ10秒×10セット
②広背筋ストレッチ10秒×10セット
③スリーパーストレッチ10秒×10セット
④内転筋ストレッチ10秒×10セット
⑤割座×10秒×10セット

継続は力なり。
毎日空き時間にすこしずつ・・・
会社でもできる運動だ。

病院でみてもらおう

テーマ:
練習試合@昭和島野球場
対ピンヘッズ様
4-1勝ち
2回投げた。
肩の調子が良くないながらも、球は悪くなかったかなと。
寒くなってきたこともあり、アップは入念にやらないと。

オフに入ったらちゃんと病院に行って精密検査してもらおうと思う。
船橋整形外科の菅谷先生(肩関節・肘関節専門)は有名らしい。*完全予約制
日大三高の選手も、毎週トレーニングの一環で検査・リハビリを受けているようだ。

オフはいいチャンスと考えていつでも完投できる肩をつくりたい。
photo:01



渋谷の大会も3連覇がかかっているので、あと3試合確実に勝ちたい。

iPhoneからの投稿