マサコテン

下杉正子絵日記

NEW !
テーマ:


アンパンマン、子供がくいいるように見る。

すごいなぁと思う。

再放送を夕方していたとき、私はよくみていた。
とても体調が悪かったころ。
特に印象に残っているのはアンパンマンのマーチ。

心に響く歌。

たまたまその時間に友達から電話があったときがあって、アンパンマン見てるの?
と、笑われたときがあった。

とても深い。

なんのために生まれてきた?

そんな問いかけは、私の心をつかんではなさなかった。



『アンパンマンのマーチ』

作詞 やなせたかし 作曲 三木たかし

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから君は行くんだ微笑んで。

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえ胸の傷が痛んでも。

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為

何が君の幸せ 何をして喜ぶ
解らないまま終わる そんなのは嫌だ!

忘れないで夢を 零さないで涙
だから君は飛ぶんだ何処までも

そうだ!恐れないでみんなの為に
愛と勇気だけが友達さ

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為

時は早く過ぎる 光る星は消える
だから君は行くんだ微笑んで

そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
たとえどんな敵が相手でも

嗚呼アンパンマン優しい君は
行け!皆の夢守る為

______________




今日は、仕事の打ち合わせがあった。

打ち合わせはいつも緊張する。
歯を磨くと、いつもオェーとなってしまい、あらら。
と、思う。

こんな情けない自分も私なのだ。

編集の方が、真顔で、独特の世界観ですよね。
海外にいかれてたんですか?

ん?

スーパーの懸賞でフランスに当たっていったなぁ。

などと思いながら、生粋の日本人で生粋の日本育ちです。

そして、、、、

いつの夏のことだったか。。。

とんでもない格好で打ち合わせに行っていたようだ。

『あれ、今日は、普通の格好だね。』

ん?

『あのときは、地元でお祭りがあって、影響されてました。』

てきやみたいな格好と角刈りだった。

指摘されるまで、普通にてきやの格好で歩いていた。

わりとやらかしている。



なんのために生まれて何をしてよろこぶ?


私は、絵を描いて喜んでもらいたい。
たくさんの困難がふりかかっても、アンパンマンみたいにまけないで、人とつながりながら、自分を成長させたい。


つながりは力だ!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


私は、人生とはトンネルだらけだと思う。

そのトンネルにいることに気がつかないひとも多いかもしれない。

トンネルはかならず、ぬけられる。

それが、人間が元々持っている生きる力だ。

トンネルは思わぬ形であらわれて、私たちを動揺させる。

心が揺れることは、自分のなかの中心がぶれること。

それは、とても不安でとても、くるしい。

私はそれを何度も繰り返してきた。

姉が、ちょっと体調をくずした。
その事にどこまで気持ちを理解しようと思うか。
理解したいと思うか。

私は、今、トンネルをたくさんくぐったことに感謝した。

トネンルのなかにいたとき、姉もたくさん助けてくれた。

時にはひくつになり、おねーちゃんはいいよね!
などと、ひどいこともいった。


姉はどこまでも優しかった。


姉が苦しいときは、どんなことをしても私は助けたい。

命、そのものが変われるのならば。変わりたいと思った。

姉妹としてうまれ、たくさんのことを共有してきた。


姉が変わったとき、私も変わろうと決めた。

心のなかに決めたものを持っているひとは負けない。


私は姉を信じている。

理屈などない。

ただ、純粋に人間として大好きなひと。

トンネルをどんどんぬけていこう!

甥っ子は、まだまだ、ドンデル!
という。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


私は、たくさんのことに悩む。

悩むと言うことをシュレッターにかけて、切り刻んだら消えるだろうか。

私のなかの答えでは、消えない。

自分自身がどこかのかたすみで納得していないからだろう。

世の中はうまく生きていかないといけないことは知っている。

私は自分に正直すぎるところがある。

これは、いけないこと、これは、いいこと。

瞬間瞬間に無意識に判断している。

その自分のなかの判断に反したことをしたとき、私はどん底にいるような気持ちになる。

いけないとわかっているから。

こういうとき、自分をシュレッターにかけたいと思う。

うすーくなった紙のように。

バラバラになって誰も私だと気がつかないだろう。


タネコは、自分が猫だと思っていない様子で、どうやら私に発情している様子。

私がコンビニにいっただけでとんでもない声を出していたと聞いた。

私のことをオスネコ?とでも、おもっているのか。
むつごろうさんじゃないから、私はたねこさんになんにもしてない。


そんな飼い主いやだとおもう。


よくわからない。


動物はいつでも、一生懸命。

あきらめたりなどしない。

私はたねこさんがいる間は頑張ろうと思う。

命って素晴らしいな。
捨て猫とのたくさんのお見合いのなかでタネコと出会った。

なぜか、オスネコが人気らしい。

保護団体のおばさまたちからも、この子メスなのに、おすみたいな見た目よね。


私は、猫にまでそんなことを言うのか!
と、怒りを感じた。

でも、たねこさんがうちに来てくれたのは保護してくれた方々のおかげだ。

ありがたいです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


近くの交差点で、ものすごいええ声で絶叫している大荷物を持ったひとが、夕方3時から4時ころ出没すると言う話は前から聞いていた。



私は帰り道だった。


遠くの方から、、、

おねーさーん!!
おねーさーん!!

ん?
あの噂のか!

私は見に行った。

あれ!
学校で見たことある。
いくつかうえのひと。

ええ声だな。

響き渡る。

タクシーを止めようとしているけれど,,なぜか。。。。
おねーさーーん!!

おねえーさんらしきオフィスレディは、さけて通っていた。

決して危機感はない。


だから私は、タクシー。。止まるかなと心配し猫むらさんみたいにかげから見ていた。

止まらなすぎて、というか、止める場所が悪い。


絶叫、、おねーさーん!!
言い過ぎてうらがえりはじめた。

歌とかうまそうだな。。。
おねーさーーん!!絶叫しすぎ、水分が足りない。


思わずつぼに。

と、同時にタクシー止まって!と心で叫んだ。


タクシーが止まると。。。

おねーさーん!!
の絶叫、ピタリととまり、荷物をいれて、静かーにタクシーに乗り走り去った。


バスでいくときもあるようだ。

そういうとき同じになったりするけれど、私はそれほど気にならない。

そういう障害を持っているとおもうから。


障害をすべて批判したらこの世の中はどうなるのか。

かならず、命ある人に意味がある。
その人を知らず批判することには、私は違和感を持つ。

障害を持ちながら、苦しみながら全うにいきるひともたくさんいる。




犯罪をおかすのでは?

そんな声を聞いていた。
そんなひとばかりじゃないのに。
ニュースにとりあげられると、そういうめでみる世の中。

その人の何を知っているの?


私はひと目見てからこの人は違うと感じた。


私は私の心を信じていく。




タクシーが早く止まるといいな。
いつでも。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


人は、たくさんの出会いのなかで、
自分を見つけたり、見つけられなくなったり、いろんなことがある。


イラストの世界はとてもはなやかに見えるらしいが、すべて一人でやることで、時に孤独を感じる。

孤独、それは、決していけないことでもないと感じる。

悲しさや苦しさがなかったら、今の私はないし、すべてが思うようになった人は悲しいひとばかりだ。


思うようにいかないから、ひとのことを考える。
立ち止まり、人をおもう。


私を助けてくれたひとは、たくさんいる。
人が持っている力とは、心だと思う。

そういう方々に恩返しをしたいといままで苦手なことにも挑戦してきた。


私が毎年太っていくことを心配してくれるひと。

その人も太っている。。。。。


だからこそ心にしみた。


『しもすぎさん、来年の今ごろには僕みたいになってるよ!しもすぎさん、天才のまましんじゃだめ!』

天才??


そういうことをたまーにいってくれる人がいるけれど、私は、そんなことを思ったことはない。


『太るとね、心臓にふたんがかかるからね!』

と、いいながら、冬彦さんみたいにふるえていた。
時々冗談みたいで本気を込める。


はい。


『残される人の立場になって、かんがえてよ。いいイラストレーターだんだんなくなっちゃって。。。。』


私は、いつ自分が死んでもいいと思うということをつたえてしまった。


でも、本心から。

このかたからは、ゴッホなどのはなしをされた。
私は、ゴッホの絵を見ると心がゆれる。
涙が出る。
魂を感じる。


ゴッホはさ、もっと生きてえをみたかったよ。と。


私はゴッホはとても苦しかったと思うと話した。
純粋すぎたのかもしれない。
苦しみすぎたのかもしれない。
ゴッホにしかわからない。



生きることは時に辛くて、時に嬉しくて、言葉だけでは説明できなくて、辛いときは、消えたいと思ってしまう。

それが、人なのか、それが病のせいなのか。


私はいま、境界線にいる。

親族に言われたことがある。



あぶないけど、あぶないとわからないような境界線で生きたいと。


私は答えられなかった。私だからだ。



生きずらさとは。

ひとそれぞれに、何かあると思う。

それを、いろんなことでごまかしている。
時にはにげたり、やすんだり。
自分をせめすぎてはいけない。


辛いとき、辛いと言えたらどれだけ楽だろうか。

消えたいとき、消えたいと言えたらどれだけ楽だろうか。



言える頃は、乗り越えている。

その最中は誰にも言えないトンネル。

そういうことをすべて見えているように感じた。

そんな日だった。



残される人の立場の方がつらいんだよ。
どうやってそれからいきるの?



そんな問いかけを、心で受け止めた。


私は、大切に思うひとが突然いなくなったら、、、
と、考えて辛くなった。


だから、友達を悲しませないように生き抜きたいと思った。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://illustrator4s.blog.jp/archives/6582987.html

 

 




四人で提案しながら、メールマガジンを配信させていただいています。

向田れん
大久保かおり
たむろあゆむ


今回はポスター、フライヤーのイラストレーション

私は、おんがくのちから
と題しまして、描いてみました。

皆さん見ていただけると幸いです。

illustrator4s
フォーズ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


表参道のOPAギャラリーに行った。

平のゆきこさんの個展が行われていた。

プロレスざんまいの展示に圧倒された。
平のさんの絵はいつも圧倒される。

プロレス好きにはみえないけれど、個展での横にたって解説してくださる平のさんは、楽しく解説してくれて、見たくなってしまった。


イラストで表現をして解説して興味をもってもらうこと、イラストレーションが生きていた。

そして、それを、解説する平のさんも、生き生きしていた。

とても美人な方で、私は写真を撮るのが好きなので、カメラを持ち歩く確率が多いけれど、いつもとらせてくれない。

そして、目を見てくれなくて、私の肩の辺りをやたらと見ている。

なにか、平のさんには見えるのかなぁと時々つぼにはまり、大変になっていた。

個展会場での平のさんは、私の目を見てくれた。


あれ?

目を見てくれた!
と、思わずいってしまったら、とたんに肩の辺りを見たので、何がいますか?

と、聞いたら、、、、


今日は、いません。


と。


え?
いつもいるんですか?


本気で聞いてしまった。

よけい私の肩の辺りを見ていたので、肩凝りの原因はいろんなひとが乗っているのかも。

と、気になった。

そして、平のさんがなんと、カメラを持参していた。

あんなにいやがる平のさんが、チャンピオンベルトをして、とりましょう!

私がつけたら本当のレスラーになっちゃうよ。


と、困り果てていると、、、オーナーレスラー登場!

そして、ツーショット。

そして、平のさんともツーショット。


とんでもない顔をしながらとんでもないかたがたが、肩にたくさんのっていそう。


平のゆきこさん
個展

表参道OPAギャラリー

水曜まで。
最終日のため5時までです。

平のさん、かなり面白い方だと思います。
まだ、探り中です。

時々、霊媒師になっていたら、どうか何が見えますか?
と聞いてみてください。


オーナーさんから、ふとりすぎ!
とのご注意がありました。

やばいですね。
毎年夏太りして、いっこうにとまりません。
しろめしがうまくて、とまりません。

お腹がすくとねむれません。

平のさんは、なにをたべてるのかなぁ。
痩せているひとがうらやましい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


タネコさん。

甘え方を学習した。

寝ていても、時々起きてきて抱っこをせがむ。
なんとなくさびしくなるのだろうか。

肩にのぼる。
抱えて、おしりの辺りを軽くトントンして、頭や目の上を撫でるとゴロゴロと喉をならす。

満足すると、プイッといなくなる。


私が寝ていて自分だけ起きているのは嫌なようすで、誰かをおこしにいく。

私のことはなぜか、ほとんど起こさない。



私は、その日出かける予定があった。
甥っ子と姉が来ていた。

百均で紙風船となぜかトーマスのシールがあったので買っておいた。

ブリキのおもちゃもなぜか好きでネジを回して動かして大笑いしているし、紙風船もやけに喜んでくれた。

姉『古風なものが好きなんだね。』


タネコのことが相変わらず撫でたくて仕方なくて甥っ子はガシガシ追いかけていた。

うえのほうにのぼって届かないところへ逃走。

甥っ子が寝た。

支度をして私は出かけた。


その後、、、じいちゃんも寝てしまって、姉も甥っ子も寝ていたらしい。


タネコは、発情期のような声を大絶叫し、全員を起こしたらしい。


ビックリしすぎた甥っ子はおおなきしたらしい。


寝て起きたときに抱っこしてほしいタネコ。

さびしくなってへんな声だしたようす。

帰ってきて話を聞いて笑ってしまった。

手術したから、発情しないはずなのに。

なんで?



姉からメールがきた。

まっちゃんの怖い人形で遊んでたよ。
と。

そんなに怖いかな。

それを、人にあげようとしている私。
とても不安になる。

犬の木彫りは、姉が一番怖がる。
海外のたくさんひとを殺した殺人鬼みたいな顔の犬、、、こわーい。

と。

イラストの仕事は怖がれないのに、へんなものを作りたくなり、下手すぎて大笑いされる。

私はめちゃくちゃ真剣に作ってるのだけれど。


怖いか怖くないかはあなた次第。




タネコに聞いてみたら、こんなかおをして、困り眉に。



バレバレ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ふみきり。

カンカンカンカンー。

立ち止まる。

そのための踏み切り。


甥っ子は、みょうに踏み切りが好きで、カンカンカンカン言っている。

思わず踏み切りのおもちゃを買った。



私のなかの人生に多くの踏み切りがある。

その音はとっくのとおになりやんでいる。
それなのに、踏み切りにびびっている私。


これでは、新しい一歩も進めない。


進んでも、踏み切りはある。


そのたびに、今までのこと、記憶というのは時におそろしい。

私はそれを、ぶちやぶりたい。

踏み切りの記憶は、とても傷ついた記憶。

そういう記憶は、わりと残っている。

だからこそ、踏み切りを渡って、新しい道を探したい。


甥っ子はなんとなーく好きでやっていることかもしれないけれど、私は自分に重ねてしまう。


それを、甥っ子に押し付けたりなどしないと決めている。

ひとそれぞれ、失敗したりしながらでしか進めない道がある。

困ったときに相談相手にはなれる。
そのときはとことん話したい。


それまでは、よけいなことは言いたくない。



ウサギをさわれるところにいったと聞いた。
たねこはシャーっといったり、これ以上はだめ!

というけれど、ウサギはそんなに早く逃げられない。

ムギューと、ウサギをつかんでいたらしく、姉がいたいよいたいよ!

と、叫んだらしい。

ウサギなどはまえは、興味などなかったけれど、タネコのことをもーれつにさわりたがり、撫でられたときのご満悦がおはにんまり。

ふわふわっといった。


ほっぺたをくっつけたがっていたら逃げたタネコ。


足音がきっと怖いの。と、伝えると、、、

今は甥っ子はなんで?
というかおをしている。

はじめて発した言葉。。。
は、なんと。。。


たねちゃん。。。。。。


えーー!


おとーさんとか、おかーさんじゃないの??!!

ビックリした。


これから、甥っ子にも私にもたくさんの踏み切りがある。

カンカンカンカンを待ってわたろうね。


きっといいことだ。

前進あるのみ。

カンカンカンカン。



ドッグランの横で、犬のように走りまくる甥っ子画像。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


私の母、そうとうなてんねん。

そのことにあまり本人もまわりも気がついていないことが、私はおそろしい。

部分かつら。
で、やらかしまくった母。


しばらくの間、母とケンカをした。

昔はケンカすらしなかったから少しは仲良くなろうとしている証しかなぁ。

毎回、ひきこもるわたし。

昨晩の夜、風呂に入ると謎の丸い物体がやまのようにあった。
芋かな??

そんなに気にもせず、その日は風呂に入り眠った。

さきほど、キョーレツナにほいがして、かぎつけると、、、

水でなにかを、アライグマのように洗っていた。

なあーに?おかーさん?!

なにがよ!
銀杏!

えー?!
どーしたの?!

拾ってきた!

えー!
もう!おちてるの?!
っていうかひろってきたの??!

あんた!銀杏好きじゃない?!



なんで、、、キレてるの?!。。。。


ケンカをしたからか。。。。。。


キレながらギンナンヲ拾っている姿を想像したらそうとうな怖さを感じてぞわっとしてしまった。

そして、なお部分かつらをつけていたら。。。。。。。

などとよけいなことまで考えてしまった。

ビックリしすぎたカッパが、銀杏を拾っている。

幻。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。