おはようございます。
幸せ&真理の研究&実践家、ヒーリングルーム癒楽氣(ゆらぎ)のジョディです。
またの名を音楽大好き人間ジョディと言います(笑)

古い洋楽ロックやソウルミュージック、ブルースなどが好物なんですが、それに加え、ここ数年はすっかりジャズにハマってたりします。

そんなボクの音楽ライフの中で重要な位置を占めてるのが写真のスピーカー『JBL4312』



しかし、このスピーカーから音を出すのに必要なアンプが夏ごろ故障しまして・・・ここ数ヶ月はその隣りにある小さい子



アップにするとこんな感じの子なんですが・・・



大きいほうの子と同じJBLってメーカーが出してるパソコン用スピーカーで我慢して聴いてたんですね。

それが一週間ほど前でしょうか。壊れたアンプを物置から出し、大きいほうのスピーカーでジャズを聴いてる夢をみたんですよ。

まさかと思い、物置から数ヶ月ぶりにアンプを出して繋ぎなおしてみたんですが、故障時、バラして中身の清掃までしても鳴ることのなかったアンプ&スピーカーから音が出るじゃないですか(^-^)

おかげで今は自分の聴きたい音で久しぶりに音楽を満喫しております。

でもって、小さいほうの子からは以前のように屋久島の森の音と宮古島の海の音が。

何年か前にサウンドヒーリングをしてる友人のオススメで買ったCDブックがありまして・・・



このCDブックに入ってる屋久島や宮古島の音をiPodに入れ、24時間体制で鳴らしっぱなしにしてたんですよね。

それぞれ昼の音と夜の音が入ってて、朝の瞑想のときに昼の音を流しはじめ、夕方の瞑想のときに夜の音に切り替える。そうやって24時間、寝てるときはもちろん、外出時もずっと鳴らしっぱなしにしてたんですね(植物たちが喜ぶから)。それこそ、大きいスピーカーで音楽聴いてるときも同時に鳴らしてたし・・・。

これが復活したのはなかなか心地よいです。

特に屋久島のほうがお気に入りで・・・今のように屋久島にいろんな人が入るようになる前に録られた音なのだそうです。つまり、今となっては録れない自然音。癒されるわぁ。

興味のある方は部屋やサロンで流してみてください。
≫屋久島CDブックのAmazonページ≪

ではでは、今日も素敵な一日を♪
hallelujah♡


最後まで読んでいただき、ありがとうございます
下記のエンジェルの応援クリックをして頂くと
ハートにエンジェルからのLOVEエネルギーが届きま~す♡
$一期一会・一語一笑


【ご連絡はメールにて】
ブログや動画ブログに関するご意見、ご感想、質問や
「個人的にセッションをして欲しい」
「イベントでセッションをして欲しい」などありましたら
下記メールフォームより、
必要事項を記入のうえ、送信してください。
こちらのメールフォームより
AD
おはようございます。
幸せ&真理の研究&実践家、ヒーリングルーム癒楽氣(ゆらぎ)のジョディです。

先日、さとうみつろうさんの『神さまとのおしゃべり』をという本を読んでいたら、面白い話しを発見!

神さまとみつろうクンとの対話形式の本で、全ての願いを叶えてるのに叶えてなんかもらってないというみつとうクンに神さまが放った痛快の一撃が「なるほどー!」って納得!!

-------------

「青がほしい」、「赤がほしい」、「黄色がほしい」、「緑がほしい」とあなたたち人間は願った。ワシはその全ての条件を同時に満たした「ぐんじょう色」を手渡した。すると人間は「こんな色は願ってない」と目の前の現実に不満を言い始める。

-------------

どうです?面白いでしょ?

でも、実際、悩みや迷い、不満が起きてるときってこんな感じ。
ここだけ抜粋するとわかりにくいですが、本にはその具体例が出てますので、気になった方は買ってよんでみてください。


神さまとのおしゃべり

ということで、ここからが本題。

目の前の現実を、目の前の現実から辿って解決しようとすると、あっちを立てればこっちが立たずとか、あれが解決するとこれがおかしくなるってことが出てきます。

これって『ぐんじょう色』を『ぐんじょう色』のままなんとかしようとするからなんですよね。

ぐんじょう色をぐんじょう色のまま弄り回せば回すほど、どんどん色は混じりあい、ぐんじょう色として定着していく。

じゃあ、どうしたらいいか?

青や赤、黄色や緑にバラして処理し、欲しいものを欲しい形で受け取る。

しかし、私たちが普段使ってる毎秒134ビットの処理能力しかない顕在意識では、どうガンバってもぐんじょう色にしか見えません。

そこで毎秒1000万ビット、顕在意識の7万5千倍という処理能力をもつ潜在意識にそこをお願いするわけです。

ただし、潜在意識のネックは顕在意識のフタが閉じている(=顕在意識が活動している)とうまく活動できない(正確には活動結果を表に出せない)。

様々なヒーリングメソッドで言われるクリアリングとかクリーニング、浄化、あと瞑想も潜在意識に「ボクにはぐんじょう色としか見れないので私(=顕在意識)はサレンダーします(諦めて手を引きます)から、あとはすべてを委ね、お任せしまーす」と、顕在意識のフタを開く感じ(これだけではないけどね^^)

なので何かしら自分でしっくりくる潜在意識の活用法を見つけとくといいですよー。
その辺のお手伝いやもっと詳しく聞きたい方は遊びにきてくださーい♪(^-^)

ではでは、今日も素敵な一日を♪
hallelujah♡


【ご連絡はメールにて】
ブログや動画ブログに関するご意見、ご感想、質問や
「個人的にセッションをして欲しい」
「イベントでセッションをして欲しい」などありましたら
下記メールフォームより、
必要事項を記入のうえ、送信してください。
こちらのメールフォームより

AD
「何を話すかより、誰が話すかが重要」って話しをよく耳にします。
どんなに言葉の中身がよくても、その人の人間性がしっかりしていないと人は耳を貸さないというところに繋がっていく言葉。

この言葉に初めて触れたとき、ボク自身、確かに話しの内容を聴く前に相手を見て無意識に軽く聞いてしまったり、尊敬する人の言葉だといろいろ深読みするほど聴き込んでた自分に気づきました。

そこで「なるほどなぁー」と、自分磨きに専念すればいいだけなんだけど、そこは天邪鬼なボクなので・・・それとは違うベクトルに作用してしまいました。

それが・・・
「聞いた話しの内容を他の人から聴いたらどう感じる?」

例えば、敬愛する人から聴いた感銘した言葉を大嫌いなアイツから聴いたとき、どんな風に感じるか?とか、逆に大嫌いなアイツが話したつまんないと感じた言葉を敬愛する人から聴いたらどう感じるかを確認する。

これをすることでちゃんと内容が腑に落ちてるのかが確認できていいですよ。

冒頭の「誰が話すかが重要」というのは話し手として必要な言葉。
聴き手(学び手)としてはむしろ【重要なのは誰から聴いたかより、内容を自分のものに出来ているかどうか】ですから(^-^)

ではでは、今日も素敵な一日を♪
hallelujah♡


【ご連絡はメールにて】
ブログや動画ブログに関するご意見、ご感想、質問や
「個人的にセッションをして欲しい」
「イベントでセッションをして欲しい」などありましたら
下記メールフォームより、
必要事項を記入のうえ、送信してください。
こちらのメールフォームより

AD