Dizzy Sunfist ツアー24本目リポ

テーマ:

“Dizzy Beats” TOUR 2016

(cast)
Dizzy Sunfist
Free Kick
FULLSCRATCH

OPEN 18:00 START 18:30
ADV \2,500 DOOR \3,000 (+1DR \500)


今年の3月14日にリリースされた
Dizzy Beats/CAFFEINE BOMB RECORDS

¥2,484
Amazon.co.jp

ツアー24本目で大坂・堺に凱旋

と言っても

観るのは初めてでして・・・

同じインディーズを観ていても
ギターロックが中心で見ていると
メロディックパンク・
メロディックハードコアは
畑違いでして見るきっかけが
今まであまり無かったですね

Dizzy Sunfistを知るきっかけも
ボクが冬に行っている
鷲ヶ岳スキー場のゲレンデDJで
お客さんから教えて頂きました

大坂の

しかも堺のバンドを

岐阜のゲレンデで知ることになるとは

今、住んでいる場所が堺なのに・・・

これも何かの運命

LIVEハウス
中百舌鳥club massiveへ
観に行ってきました

しかも

チャリで

家からチャリンコで
10分で行ける距離


北海道からスカパンクの
Free Kick
それから大先輩の
FULLSCRATCH
の3マン

ヤバイヤバイ

メロコア・スカ・パンク
この界隈の縦の繋がりは半端なく強い

フェスもそうだし

動き出した時の熱量もスゲーし
行動範囲も半端じゃない

半端者が出来るジャンルじゃないね
常にガチンコ

3組ラストに登場した
Dizzy Sunfist
LIVEの熱量も半端じゃなかった

Dizzy Sunfistが登場すると
フロアが一気にヒートアップ

モッシュは始まるし
クラウドサーフを無理やりやろうとして
落ちている人いるし

フロアは
モッシュに参加する人しない人で
前と後ろ分かれていました

ボクは当然後ろ

アルバムの説明もほぼ皆無に
演奏を続けていく

知らない曲でも
踊らしたるわ

ついて来いと

言わんばかりに
次々に新曲を放り込んでくる


英詞だから
知らないからではなく
伝えるのは気持ち

熱い気持ち

その熱さがフロアに伝染し
熱気で蒸し風呂状態になっていく

アンコールが終了しても
お客さんは帰る気配はなく
ダブルアンコールへ突入

終了しても
物足りなさそうに帰る人達がほとんど

どんだけ欲しがりやねん

ツアーもまだまだ前半
ファイナルは10月29日大阪BIG CAT

全国各地で暴れまくり
ファイナルではどんなステージを見せてくれるのか?
中百舌鳥club massive以上のliveを見せてくれるに違いない
AD