京都連盟14NJ特別委員会発行の「14NJニュース第6号」より抜粋してお届けいたします。

1)派遣隊予算は、地区共通で一人当たり7000円で予算組。地区からの補助金は自由裁量ですが、地区外よりの参加も可能性があるため、参加費のみで予算組、執行していただきたい。
2)派遣隊の隊番号は、2月下旬には配属先が決定されてから、附番する。
3)予備申込み取り消しに伴う予納金は、地区をまたがっての交代者は免除(スカウト・奉仕要員とも前任者
が予納金を負担)同一地区の場合は地区で判断。
4)日本連盟・確定金の納付は、3月末京連納付。21,000円。納付後の参加取止めは返金できない(氏名の変更は可能)
5)京都連盟・参加費の納付は、地区より5月末京連納付。納付後の参加取止めは返金できない(氏名の変更は可能)スカウト36,000円奉仕要員29,000円

6)14NJの予定
京都連盟・資材の搬出7/23(日)午前中、梅小路コンテナヤード(日本通運の5トンコンテナ・3台)
京都連盟・派遣団壮行会7/23(日)15時から京都アスニー4Fホール(白樺地区も含め全派遣隊参加)
京都連盟・先発隊出発7/31(月)夜行バスでSHQ/JHQ要員出発
京都連盟・派遣隊出発8/2(水)現地到着は、午後の予定
日本ジャンボリー8/3(木)-8/7(月)
京都連盟・派遣隊/奉仕要員退出8/8(火)午前、京都着は夜の予定
京都連盟・資材の搬入8月中旬予定 梅小路コンテナヤード

AD

京都連盟14NJ特別委員会発行の「14NJニュース第5号」より抜粋してお届けいたします。

1)派遣参加隊数の確定
桂川(2個隊)洛桜(2個隊)洛星(2個隊)北星(2個隊)平安(1個隊)白樺(1個隊)の計10個隊。
2)参加費は、62,000円
3)派遣隊指導者は
、ほぼ内定。ただし、全期間参加が絶対条件です。奉仕要員も1地区あたり15名で内定中。
4)ベンチャー奉仕隊24名の定員に70名以上が応募したため、面接の上、選考します。
5)京都連盟の派遣隊が滞在する6SC・7SCのサイトは、フラットな土地なので「日陰対策を」
6)派遣隊指導者集会の予定 1/29(日)13-17時京都連盟事務局 4/22(土)-23(日)現地下見会(宿泊:国立のと青年の家)参加費3000円予定。
7)地区での団委員長・ボーイ隊長への説明会を開催の予定。

AD

京都連盟14NJ特別委員会発行の「14NJニュース第4号」より抜粋してお届けいたします。


1)京都連盟からの参加隊数は、10個隊に決定
桂川地区2個隊、洛桜地区2個隊、洛星地区2個隊、北星地区2個隊、
平安地区1個隊、白樺地区1個隊の合計10個隊で進めていくことになりました。
京都連盟の見通し
今後は、地区ごとに「団委員長・BS隊長」を対象に「地区14NJ説明会」が開催されます。そこであたらめて、14NJ派遣に関する共通理解と今後の対応について理解を得る場を設けていきます。また参加スカウトの選考も進め、スカウト数についての精査(確実な数字)をしていきます。
(参考)
14NJのスカウトの参加資格(基本実施要綱より)
参加スカウト及び指導者は、会期中のキャンプ生活に耐えうる健康とキャンプ技能を有する者から、県連盟ならびに各団が責任を持って選抜する。
(1)ボーイスカウト
①平成18年4月1日現在、2級以上に進級している者
②心身強健であり、14NJの参加者としての自覚とキャンプ技能を有していると認められる者
(解説)
平成17年3月31日現在/京都連盟数
ボーイスカウト687人→14NJ参加350人(ボーイスカウトの1.96人にひとりが参加)(日連平均2.44人にひとり)
ベンチャースカウト459人→14NJ参加24人(ベンチャースカウトの19人にひとりが参加)(日連平均14人にひとり)
隊指導者1,115人団委員860人計1,975人→14NJ参加約120人(成人の16.45人にひとりは参加)(日連平均14人にひとり)


2)スカウトの参加費用は、62,000円
地区隊活動費(7,000円)を含めて、62,000円となりました。今回の京都連盟の派遣に当たっては、各派遣隊とも地区隊活動費を統一することになりました。11月上旬には、予納金(\5,000)の納付を予定しています。なお、参加費の納付後に参加を取り止めた場合には、参加費は返金されません。他の交代参加スカウトが見つからない限り参加費の返金は無いためご注意ください。なおこの金額は14NJの奉仕要員・隊指導者も同額ですが、ジャンボリー終了後に補助金を出す予定があります。


3)京都連盟が担当する6SCのサイトが決定
9月下旬の日本連盟・14NJ実行委員会において、6SCサイトは過去の配布資料の「№9」サイトに決定しました。


4)ベンチャー奉仕隊の参加者も募集中
ベンチャー奉仕隊のスカウト推薦22名も募集中ですが、定員オーバーの場合には、選考を行います。ベンチャースカウトは14NJには奉仕隊への参加と、ボーイスカウト参加隊の準指導者(上級班長・隊付)としての参加ができますが、今回は「ベンチャー奉仕隊」参加者の募集ですので、お間違いのないように。応募締め切りは、10月24日(月)(期日厳守で書類提出願います)。
(注意事項)
大会前日までに20歳となる場合には「ベンチャースカウト」としての参加はできません(RSとしての参加は可能)

(参考)
14NJのスカウトの参加資格(基本実施要綱より)
参加スカウト及び指導者は、会期中のキャンプ生活に耐えうる健康とキャンプ技能を有する者から、県連盟ならびに各団が責任を持って選抜する。
(2)ベンチャースカウト
①ジャンボリー開催時までにベンチャー章に進級している者
②ベンチャースカウトとして、自ら進んでSHQならびにJHQの準備及び運営に積極的に協力・奉仕する意欲のある者


5)地区での活動が本格化します
今後、地区でスカウトと奉仕要員の選考がすすんでいきます。
県連盟コミッショナー・チームから事前訓練について指針が表明されています。BS参加隊の活動は、平成18年3月下旬頃から開始となっていきます。「薪」「かまど」についての研究や資料の提供が必要となっています。参加隊の隊長会議は平成18年3月・6月に予定。派遣団壮行会は7月23日(日)・京都アスニーにて予定。14NJ会場への往復の交通はバス輸送を予定。

(参考)
石川県連の環日本海大会のオフィシャルサイト
http://www.scout-ishikawa.jp/10kannihonkaitaikai/kannihonkaitaikai.html
2005.8.3-6まで14NJのプレ大会として、「風の不思議を突っ走れ!」~ Scouts Wave 100 ~という14NJと同じテーマの下に開催されました。プログラムや献立メニューなど参考になります。また、大会ニュースも読めるので参加隊の気分に。日付別の写真を拝見していると、活動ぶりがありありと伝わってきます。

岐阜県連の環日本海大会の活動写真
http://railtomo.jdyn.cc/bs/bs_gifu/
8/3-8/5の写真が多数掲載されています。かまどの写真がとても興味を引きます。今回の14NJにおいてもかまどでの薪を使った炊事がありますから、参加隊は、必見です。いろんなたちかまどがあります。


6)奉仕要員も募集中
現在、各団へ奉仕要員の推薦をお願いする文章を配布して、募集を行っています。ベンチャー奉仕隊と同様に10月24日(月)締め切り。1地区あたり15名の確保をお願いしておりますが、派遣隊の指導者の確保もありますので、参加希望者は地区関係者へのご連絡もお願いします。なお、京都連盟への応募者は、締め切り後に地区へお知らせをします。
(参考)
14NJのスカウトの参加資格(基本実施要綱より)
参加スカウト及び指導者は、会期中のキャンプ生活に耐えうる健康とキャンプ技能を有する者から、県連盟ならびに各団が責任を持って選抜する。
(3)参加隊の指導者等
①隊長 25歳以上で、WB研修所のBS課程修了者
②副長 20歳以上で、WB研修所修了者が望ましい
③副長補 18歳以上で、指導者講習会修了者
④隊付 18歳以下で、指導力を有する1級以上のスカウト
⑤上級班長 18歳以下で、指導力を有する1級以上のスカウトであり、班長・次長として6か月以上の経験を有する者
(4)ベンチャー奉仕隊の指導者等
①隊長 25歳以上で、WB研修所のBS課程修了者
②副長 20歳以上で、WB研修所修了者が望ましい
(5)SHQ要員・JHQ要員
①18歳以上のローバースカウト、指導者


7)14NJ特別委員会のメンバーです。

一部、委員の交代がありました。実行委員会メンバーにご意見とご要望をお伝えください。
委員長  奥村 光伸(京都5)
副委員長 吉川 敬一(城陽1)浅川栄治郎(京都81)
桂川地区 清水 裕貴(京都88)濱上 眞治(京都23)
洛桜地区 森川 勇一(京都12)八幡 高明(京都3)
洛星地区 西渕 雅之(城陽1) 上月健太朗(京都55)
北星地区 長谷川綉二(京都47)井上 宗之(京都42)
平安地区 中島  齊(亀岡1) 平岡  勉(京都58)
白樺地区 荻野 宗男(綾部2) 井上 啓徳(与謝1)
相談役  羽生田寂裕(京都77)篠田 常生(京都7)



AD

京都連盟14NJ特別委員会発行の「14NJニュース第3号」より抜粋してお届けいたします。
1)参加スカウト希望数は、調査中
→(9/27現在、その後の調整が進み)各地区からの希望隊数は、北星、洛星、洛桜、桂川が2個隊、平安、白樺が1個隊の計10個隊で日連に要望、再調整。


2)参加奉仕要員は、90名体制を予定
各地区において15名程度を予定。それに伴い、参加費も各地区15名の補助を負担していただきます。奉仕要員を募集するが、全期間奉仕できる方でお願いします。参加隊指導者を最優先で選任して、地区での人選を確保願います。


3)スカウトの参加費は、京都連盟で統一
地区隊活動費を含めて、京都連盟での参加費とします(過去には地区ごとに活動費がまちまちであった)なお、参加費の納付後に参加を取り止めても返金はできません(氏名の変更は可能)。11月上旬には、予納金(¥5,000)の納付を予定しています。


4)京都連盟からのベンチャー奉仕隊は、JHQ奉仕に決定
1個隊で22名が参加できる。参加希望者数を地区で調査、特別委員会で決定していきます。


京都連盟14NJ特別委員会発行の「14NJニュース第2号」より抜粋してお届けします。

1)VS奉仕隊数は近畿ブロックで11個隊
増隊の可能性もあり。大阪(5隊)兵庫(2隊)奈良(1隊)滋賀(1隊)和歌山(1隊)京都(1隊)
※京都・兵庫の各1個隊は『JHQ』奉仕(奉仕先未定)に内定。


2)京都連盟の担当SCは6SC
近畿ブロックでは滋賀・兵庫・京都の3県連で6SC(野営長は山本滋賀連盟理事長を予定)を、
大阪・和歌山・奈良の3県連で、7SC(野営長は別所大阪連盟・理事長を予定)の2つのSCを担当します。
SCサイトの決定は、本年9月の現地での第2回日連14NJ実行委員会で決まる見込み。

○京都連盟で奉仕しなければならない業務(あくまで見通し、最終は7/16近畿ブロック会議で決定)は、
・副野営長 ・SC野営本部長(追加部署)・副部長・施設資材班長・配給班長・施設管理係長   ・資材係長 ・配給係長 ・食堂係長 及び各係員 総勢約40名

組織図


3)参加人数の希望調査が未提出のところはすみやかに
BS参加隊人数・VS奉仕隊参加人数・RS・奉仕要員の調査中。特にBS隊参加隊数(8個隊)の割り当ての増減の回答を日本連盟に6月末までに行わねばならないため、まだ未提出の団については、早々にご回答をお願いします。


4)京都連盟14NJ実行委員会メンバーにご意見とご要望をお伝えください。
委員長 奥村光伸(京都5)
副委員長 吉川敬一(城陽1)・浅川栄治郎(京都81)
委員 桂川地区 清水 裕貴(京都88)・濱上 眞治(京都23)
    洛桜地区 森川 勇一(京都12)・八幡 高明(京都3)
    洛星地区 西渕 雅之(城陽1)・ 上月健太朗(京都55)
    北星地区 長谷川綉二(京都47)・山本 朋広(京都72)
    平安地区 安江 俊之(京都77)・浅野 庫司(亀岡1)
    白樺地区 荻野 宗男(綾部2)・ 藤川 直樹(舞鶴3)
相談役 羽生田寂裕(京都77)・篠田 常生(京都7)

4年に一度開催される「日本ジャンボリー」が開催されます。


今回の14NJ会場は能登半島の北端にある石川県・珠洲市で、美しい海が近くにあり、いままでの大会とはまた違った雰囲気で開催されます。
期間:2006年(平成18年)8月3日(木)~7日(月)  テーマ:「風のふしぎを突っ走れ」-ScoutsWave100-
会場:石川県珠洲市蛸島町「りふれっしゅ鉢が埼」  参加規模:22000人を予定



京都連盟における参加見通し
前回の13NJ(2002.8大阪・舞洲スポーツアイランド) では、京都連盟から約500名のボーイスカウトが参加しました。前回参加されたスカウトの中にも、4年後の今回、ベンチャースカウトの奉仕隊や派遣隊や奉仕要員として参加される方もいらっしゃるのではないかと思います。現在、想定されている京都連盟からの派遣計画は次の通りです。

期間:8/1(火)に出発(奉仕要員は7/31出発)、8/3-7大会、8/8(火)に帰着。
参加資格:日本連盟の参加基準は、ボーイスカウト(2級以上)ベンチャースカウト(ベンチャー章以上)ですが、京都連盟では団より推薦のあったスカウトを選考して混成隊を編成します。(7-9ヶ隊)
奉仕要員:団より推薦のあったRS以上のものを選考して隊指導者、奉仕要員に任命していきます。(JHQ,SHQ,派遣団本部要員)奉仕隊(1-2ヶ隊)
参加費:日連参加費26,000円+京連参加費未定

これらの参加人数については、6/1締め切りで現在、京都連盟の各団あてに希望数の調査を行なっています。ご協力をお願いいたします。