第14回日本ジャンボリー基本情報


2006.8.3-7石川県珠洲市蛸島町 りふれっしゅ村鉢ヶ崎
テーマ:風の不思議を突っ走れ!-Scouts Wave 100-


北緯37度26分24秒・東経137度13分36秒、海抜平均5m、過去5年間の8月の気候は、平均気温25.3度(最高34.8度最低14.7度)平均降雨量94.7mm
日本海を臨む能登半島の最北端に位置する人口2万人の珠洲市の中心部より東に約5km。金沢の中心地からは能登有料道路を経由して、車で約2時間半。小松空港・富山空港から車で約3時間。能登空港から車で約1時間。
大自然をバックにグランドゴルフ場、オートキャンプ場、珠洲リゾートホテル等を備えたリゾート地「りふれっしゅ村」。レジャー入浴施設「すずの湯」は、人気が高い。9つ設けられるサブキャンプは、4-4.5万平方メートルの広さで、プログラムエリアとあわせておよそ110万平方メートル、およそ東京ドーム24個分の広大な面積をジャンホリー会場として使用する。

AD

今回は前回に引き続きの14NJの「サブキャンプ」について大会基本実施要綱から紹介します。


(3)SHQの任務
①SC内参加隊の生活管理(地割を含む)
SC内に野営区を設置することを奨励する
③参加隊への配給業務及びSHQ食堂の運営
④参加隊との連絡調整(隊長会議の主催と要望の反映)
⑤SC内の安全管理と救護所の運営
⑥SC内のプログラム等の自主活動の企画と運営
⑦ジャンボリーで実施するアワードの認定と交付及びコンクール等の実施
⑧全体行事への協力
⑨SC内参加者の信仰心の高揚への働きかけ
⑩その他14NJの運営に必要な事項     ※細部については「14NJ SC運営要領」に定める。


(2)SHQ要員は、そのSCを担当するブロックの協議により人選し、日本連盟が委嘱する。
(4)SHQ要員は、所定の場所でキャンプ生活をする。


[京都連盟の見通し]
前回の13NJに設置がなかったサブキャンプ内のSC救護所、SC食堂が設置されるためにSC要員も80人→120人に増員されています。特にSC救護所は「初診時の医師の判断によって、キャンプ地から通って治療できる患者を扱う。これ以上の傷病については、当該医師から、本部救護所に連絡し、両者の協議により治療のための処置を決定する」と位置づけられていますので、特に医療関係者の方の参加協力をお願いいたします。

AD

今回の14NJの「組織と運営」について大会基本実施要綱から紹介します。


1.運営組織
14NJは、JHQ、サブキャンプ(以下、SCと略す)と参加隊及び奉仕隊で組織し、JHQ→SHQ→参加隊の系統により運営する。


3.SHQの構成
(1)9個のSCを設置して、ジャンボリーの諸活動を展開する。
(2)SCは付表3の組織をもって構成し、14NJの運営と活動の単位とする。各SCはSHQの指示に基づき活動する。
(3)1個のSCの構成人員  各SCの構成人員の標準は次の通りとする。
参加隊(40人×44個隊=1760人)   奉仕隊(26人×2個隊=52人)  SHQ要員(120人) 県連盟派遣団本部要員・外国派遣団 ほか(238人)  計2,170人
※上記のほか、ガールスカウトの参加があれば適宜配置される。
(4)参加隊の配置は、参加スカウトがキャンプ生活を通して友情と相互理解を深めるため、原則として分散配置するが、その割合は各県連盟の実情と要望を考慮して弾力的に定める。


[京都連盟の見通し]
日本連盟には、県連盟の地域的な集まりとして、6つのブロックが設定されています。
京都連盟が属している「近畿ブロック」では9つのサブキャンプ(SC)のうち、2つのSCを担当します。近畿地方の北部の滋賀・兵庫・京都連盟で1つのSCを、残り1つを大阪・奈良・和歌山連盟で運営していくことになります。
全国的には、同様に関東ブロック・中部ブロックで2つずつのSCを、北海道・東北ブロック、中国・四国ブロック、九州・沖縄ブロックで1つずつのSCを担当されます。

AD

今回の14NJの「参加資格」について大会基本実施要綱から紹介します。


3.参加資格
参加スカウト及び指導者は、会期中のキャンプ生活に耐えうる健康とキャンプ技能を有する者から、県連盟ならびに各団が責任を持って選抜する。
(1)ボーイスカウト
①平成18年4月1日現在、2級以上に進級している者
②心身強健であり、14NJの参加者としての自覚とキャンプ技能を有していると認められる者
(2)ベンチャースカウト
①ジャンボリー開催時までにベンチャー章に進級している者
②ベンチャースカウトとして、自ら進んでSHQならびにJHQの準備及び運営に積極的に協力・奉仕する意欲のある者
(3)参加隊の指導者等
①隊長 25歳以上で、WB研修所のBS課程修了者
②副長 20歳以上で、WB研修所修了者が望ましい
③副長補 18歳以上で、指導者講習会修了者
④隊付 18歳以下で、指導力を有する1級以上のスカウト
⑤上級班長 18歳以下で、指導力を有する1級以上のスカウトであり、班長・次長として6か月以上の経験を有する者
[解説]参加隊
参加隊の標準編成は、40人
スカウト8人×4個班=32名、隊長1名副長2名副長補2名の5名、隊付2名上級班長1名の3名

(4)奉仕隊の指導者等
①隊長 25歳以上で、WB研修所のBS課程修了者
②副長 20歳以上で、WB研修所修了者が望ましい
[解説]奉仕隊
参加隊の標準編成は、26人
スカウト6人×4個班=24名、隊長1名副長1名の2名

(5)SHQ要員・JHQ要員
①18歳以上のローバースカウト、指導者


[京都連盟の見通し]
6月1日締め切りで希望数の調査を行うと同時に、参加隊数から参加人数を導き出します。それを元にして各地区に対して参加人数の割り当て確認を行います。その後、調整はありますが、決定後はその人数を維持する必要があります。前回の13NJにおいても地区への割り振りの結果、参加希望があるがいけない地区と欠員補充ができない地区(結局、他地区からスカウトを補充)がでました。
参加予定申し込みは、参加者が団を通じて予納金(5,000円)を添えて平成17年10月末日までに京都連盟に行います。京都連盟はそれに奉仕要員や輸送計画などを添えて平成17年11月末日までに日本連盟に提出します。
奉仕要員の割り当てと地区からの経費負担がアンバランスにならないように各地区に均等な要員と経費負担をお願いします。

今回の14NJの「参加者」について大会基本実施要綱から紹介します。


1.参加人員
(1)参加隊(ボーイスカウト及び関係指導者)40人×400隊=16,000人
(2)奉仕隊(ベンチャースカウト及び関係指導者)26人×50隊=1,300人
(3)県連盟派遣団本部要員 300人
(4)サブキャンプ(SC)本部要員 120人×9SC=1,080人
(5)ジャンボリー本部要員 1,500人
(6)外国派遣団・調整人数 1,820人   総計 22,000人
※障害スカウトは参加隊の中に積極的な参加を奨励、スカウトクラブ員の奉仕、ガールスカウトの参加と奉仕の歓迎、一般の青少年の体験参加を歓迎する。


2.参加人員の割り当て
(1)参加隊は、平成17年3月31日現在の、隊指導者を除く、ボーイスカウト部門の登録人員に比例して、参加隊数をもって各都道府県連盟(以下、県連盟と称す)に割り当てる。
(2)奉仕隊は、平成17年3月31日現在の、隊指導者を除く、ベンチャースカウト部門の登録人員に比例して、奉仕隊数をもって各ブロックに割り当てを示し、ブロック内県連盟ごとに協議して、参加者数を割り当てる。
(3)サブキャンプ本部(以下SHQと略す)要員、ジャンボリー本部(以下JHQと略す)要員は、日本連盟が加盟登録人数に比例した割合を示し、県連盟ごとに協議して、参加者数を割り当てる。
(4)県連盟派遣団本部要員については、別に定める。
※各県連盟は、割り当てられた人員数を責任をもって確保する。


[京都連盟の見通し]

京都連盟
京都連盟における平成17年3月31日現在の、ボーイスカウト部門のスカウト数は687名(70隊)でした(日本連盟全体で34,172名、前年より-1,288名)。
そこから推測される京都連盟からの参加予定人数は、


(1)参加隊(ボーイスカウト及び関係指導者)40人×8隊=320人(うちボーイスカウト約280人)
(2)奉仕隊(ベンチャースカウト及び関係指導者)26人×1隊=26人
(3)県連盟派遣団本部要員(4)サブキャンプ(SC)本部要員(5)ジャンボリー本部要員 約70人
合計約410名の規模になります。


もちろん、増隊増員は可能ですが、その場合に確保を必ず行うことが条件になります。参加隊のスカウトの募集は、団からの推薦によって地区を基本にして行っていきますが、地区によって参加費(地区隊活動費)が異なるために地区をまたがっての混成隊を編成する場合などに備えての調整を今後進めていく必要があります。なお、表示されている人員についてはあくまで標準的なものとしての試算であり、実際にはこの通りではありません。
これらの参加人数については、6/1締め切りで現在、京都連盟の各団あてに希望数の調査を行なっています。ご協力をお願いいたします。

隊指導者(参加隊は隊長1名副長2名副長補2名が標準、奉仕隊は隊長1名副長1名が標準)は標準に照らし合わせると42人が必要です。また、ジャンボリーに対しての奉仕要員は、必要数です。
これらにつきましては近年その確保が難しくなってきています。団からの推薦者のご準備をよろしくお願いいたします。


平成17年3月31日現在/京都連盟数
ボーイスカウト687人→14NJ参加280人(ボーイスカウトの2.45人にひとりが参加)(日連平均2.44人にひとり)
ベンチャースカウト459人→14NJ参加24人(ベンチャースカウトの19人にひとりが参加)(日連平均14人にひとり)
隊指導者1,115人団委員860人計1,975人→14NJ参加約112人(成人の17人にひとりは参加)(日連平均14人にひとり)

今回の14NJの開催の趣旨について大会基本実施要綱から紹介します。


日本ジャンボリーは、4年を周期に、海外からの参加者を交え全国の代表スカウトが一堂に集う我が国最大の国際野営大会である。

ボーイスカウト運動 は、1907年(明治40年)8月1日に創始者ベーデン・パウエル卿が英国のブラウンシー島で実施した小さな実験キャンプから始まり、今日では世界210の国と地域に2800万人の青少年が活動する世界規模の社会教育運動に発展した。


2006年(平成18年)は、まさに世界スカウト委員会によって「スカウティング創立の日」と宣言された「ブラウンシー島の実験キャンプ」の開催から100年目を迎える記念すべき年に当たり、2007年(平成19年)の「世界スカウト運動100周年記念事業」のスタートの年に当たる。


その年に開催する「第14回日本ジャンボリー」はスカウト運動が歩んできた100年の時の流れを振り返り「スカウト運動の原点」を再確認する大会であると位置づけ、次代を担う青少年が国内外のスカウト仲間との相互交流を通じ、第21回世界スカウトジャンボリー大会のテーマでもある「2007:ひとつの世界、ひとつのちかい」(2007:One World One Promise)  を実践する大会となる。


また、プログラムの実施に当たっては、野外生活を通じて平素培ったスカウト訓練を基盤にスカウトの自発活動を促し、キャンプ生活を通じて生きる力を育み、地域社会との共生をはかり、スカウト運動の一層の発展と躍動を期することを目的に開催する。


第14回日本ジャンボリー(略称:14NJ)の運営にあたっては、次の目標案件に留意して、今後の大会運営に反映させる。
(1)自発活動に基づくゆとりあるキャンプ生活の実践
(2)エネルギーなど環境を考えたキャンプ生活の展開
(3)国際交流プログラムを通じた国際理解・国際貢献・国際協力の実施
(4)奉仕活動を通じた地域社会との交流

今回の14NJの会場について大会基本実施要綱から紹介します。


会場:りふれっしゅ村 鉢ヶ崎
石川県珠洲市蛸島町「りふれっしゅ村 鉢ヶ崎 」北緯37度26分24秒・東経137度13分36秒 海抜5m


位置:金沢の中心地から能登有料道路を経由して、車で約2時間半。小松空港及び富山空港から車で約3時間。能登空港から車で約1時間。


地勢:日本海を臨む能登半島の最先端に位置する珠洲市の中心地より東へ約5kmに位置し、大自然に囲まれ、オートキャンプ場、ホテル等を備えたリゾート地「りふれっしゅ村 鉢ヶ崎」とその周辺を会場とする。


気候:過去5年間の8月の気候は、平均気温25.3度(最低14.7度、最高34.8度)、また平均降雨量は94.7mmであり、沿岸地特有の気候である。


下見に行かれた報告:海岸近くの会場は全体がコンパクトにまとめられており、全部のサブキャンプ予定地は平らなロケーションになります。おそらく派遣隊として使用できる隊サイトの広さは前回の13NJ(大阪)と同様となるだろうと予想され、あまり広くはないだろうとのことです。もともと砂地と農地の跡地らしく雨水の排水はそんなに悪くないようですが、海岸特有の強い風が吹き抜けるようです。
会場は民家や水泳場に近く、人里離れたイメージではありません。

今回の14NJのテーマについて大会基本実施要綱から紹介します。


テーマ:風の不思議を突っ走れ!-Scouts Wave 2000-
能登では、古く万葉の時代より海から吹く風を「東風」(あいの風)と呼び、この風に乗って大陸の文化や人々を珠洲の地に運んできたと言われており、古来よりこの風が能登の豊かな風土を育み、独自の文化を育んできた。


第14回日本ジャンボリーでは、この「あいの風」の吹く能登の地において、豊かな自然と文化に触れ、世界のスカウトたちと共に手を結び「世界スカウト運動100周年」を迎える大会として開催する。


第14回日本ジャンボリー(略称:14NJ)  14th NIPPON JAMBOREE