いよいよはじまる!14NJ

テーマ:
昨日から、石川県・珠洲市に入って、開催の準備をしている。
京都連盟事務局を朝7時に出発して、えんえんバスに揺られること6時間。夏の日差しが厳しく照りつける会場にやってきた。
様々な知り合いに声をかけていくと、29日から、26日から、22日からとずいぶんと早くから現地入りして、開設に努力されている方々がいらっしゃることがよくわかる。出会う人の顔と腕は真っ黒に日焼けしている。

いよいよ8/3夜の開会式を皮切りに、日本全国から22000人のボーイスカウトを集めて、第14回日本ジャンボリーが開催される。ジャンボリーは世界中にスカウトがつながっていることを実感する機会だ。今回も37か国から数多くの海外スカウトが来訪するために、すでに国内の各地でホームスティやサイトシーイングをしている。

また、ジャンボリーではスカウト運動の活動の大きさを知ることができる。会場の内外で繰り広げられる様々なプログラムは、ボーイスカウトの可能性を示すと共に、外部の協力者によって多くの資源を提供していただいている。こうした活動を体験できることはとてもよいチャンスだ。

場所的に、思い立ってすぐにこれる場所ではないかもしれないが、参加できないスカウトも見学に来れる機会があれば、ぜひとも実際に会場で確かめて欲しい。また、インターネットで様々な活動ブログなどが立ち上がっているので、そうしたものを確かめて欲しい。今から石川県で起こる、ボーイスカウト最大の祭典、日本ジャンボリーのいぶきがつたわってくることだろう。

ジャンボリーの夕焼け
AD