頂点に立つためにはどうすればいいか?

こんなヒントはどうですか?

2012年のロンドンオリンピックで
実に28年ぶりとなるメダル獲得をもたらした
「火の鳥NIPPON」こと、全日本女子バレーボールチーム。


現在、全日本チームの主将を務める木村沙織選手をはじめ、
荒木絵里香選手、大山加奈選手など、
数々の日本代表選手を輩出してきた名将がいます。


高校女子バレー界の名門・下北沢成徳高校で
30年以上にわたりチームを率いている小川良樹監督、58歳。


かつては弱小だったというチームを
いかにして全国屈指の強豪へと育て上げたのでしょうか――。


※対談のお相手は、高校女子バスケットボール界で
前人未到の54度の全国優勝記録を誇っている
桜花学園高等学校の井上眞一監督です。


井上 小川先生にとっての転機は、先ほどおっしゃっていた
33歳の時にスパルタから指導法を変えられたことだと思うんです。


そこからどのようにチームが変わっていったか、
お話しいただけますか。


小川 実はうちも練習に制約がありましてね。


成徳の体育館は狭い上に一面しかなく、
バレー部が使えるのは火木土の週3日だけなんです。


加えて、東京には八王子実践高校や中村高校といった
強豪が揃っていましたので、
優秀な選手はそういう上位チームに集まっていました。


そういう状況の中で、
日本一になるためにはどうしたらいいか、
そのことだけを四六時中考えていました。


当時はどこの学校のバレー部も
厳しい練習が徹底されていたんですけど、
強豪と同じ練習を追求しても、
選手の能力に差がある以上、敵わないだろうと。


それにやっぱりしごきの形だと
放課後練習に行くのが嫌になるんですね。


そこでまず、選手たちが嬉々として
練習できる環境をつくろうと。


要はどうやってバレーを好きにさせるか、
バレーの練習を自分から積極的にやるようにするか。


やらされている意識ではなく、
早くバレーの練習がしたいと思ってくれたら、
もしかすると強豪を逆転できるんじゃないかと考えました。


井上 選手たちの自主性を育むことに着眼された。


小川 それで、井上先生と同じように
部員の上下関係をなくしましたし、練習方法も変えました。


バレーボールは「できるまで」っていう練習が
すごく多かったんですね。


例えば、10本レシーブが上がるまでとか、
アタックが10本決まるまでとか。


ところが、バスケットやラグビーなど、
他のスポーツの練習を見に行くと、
そういう形じゃなくて時間制にしていると。
この発想が私にはなかった。


練習を時間で区切る。
あるいは、数字をしっかり記録して、
昨日よりきょうのパーセンテージが上がるようにする。


そうやって成果を目に見えるようにすることで、
選手たちのモチベーションを高めていったんです。


周りの監督からは、


「そんな甘い練習はダメだ」
「何でできるまでやらせないんだ」


って随分言われましたけど、
それを繰り返しやって精度を高めていくことで、
少しずつ勝てるようになりました。


井上 実際にチームが変わっていかれたわけですね。


小川 インターハイ準優勝や春高バレー3位など、
日本一を狙える位置につくようになりました。


そんな中、2000年4月に大山加奈や荒木絵里香といった
優秀な選手たちがゴソっと入部してきたんです。


大山は身長187センチ、成徳の付属中学で
全国優勝したエースでしたし、
荒木もバレーの経験は少なかったものの、
186センチと高い身体能力を持っていました。


これほどの選手は当時日本中を見回してもいませんでしたし、
日本のバレー界にとって大きな宝でしたので、
この子たちを潰してはいけないと。
指導者としての責任をものすごく感じました。


それまでは「俺が、俺が」っていう気持ちがすごく強くて、
自分が上から選手を引っ張るんだと思っていたんですけど、
彼女たちが入ってきた頃から、
逆に自分は下から選手を支えようという考え方に変わりました。


そして2002年、大山と荒木が3年生の時に
春高、インターハイ、国体で優勝し、
三冠を達成することができたんです。


この時、私は多くのことを選手から教わりました。


選手が主体的に取り組んでいたり、
選手たちだけで上手くチームが回っている時には、
監督は口を出すべきではないと。


井上 ああ、選手の邪魔をしない。


小川 もちろんすべて選手たちだけではできないので、
私は常にコートに立って選手を観察します。


ただ、教え過ぎない、押しつけないということをしながら、
選手たちが自分で工夫する環境をつくっていくようにしているんです。


やっぱりコートで戦う選手自身が
自立しないと頂点には立てない。


自分で自分のスイッチを入れられない、
常に監督からスイッチを入れられて頑張るという状態では、
本当の意味で強くならないのだと思います。


小川良樹(下北沢成徳高等学校バレーボール部監督)

『致知』2014年8月号から

ひとことのヒント

自立しなければ頂点には立てない

石井ゆきお選
AD

感謝していますか?

テーマ:
感謝していますか?

こんな言葉はどうですか


成長するために、
感謝の心は必要不可欠なんだ。

日本代表サッカー選手 長友佑都著
『日本男児』


いまイタリアのプロサッカー強豪チームで活躍する長友佑都選手は、
ポジティブ思考をモットーにしています。

「どんなにハードなトレーニングも、これを達成すれば、
前進出来ると思えるから頑張れる。わずかな一歩であっても嬉しい。

小さな幸せを意識するからこそ、努力も継続できる。

幸せを感じれば、気持ちも自然とポジティブになる。

『ありがたいな』と思う気持ち、感謝の心を持つことは、
そういう小さな幸せを手にするチャンスをたくさん作ってくれる」



大学時代はベンチにも入れなかった体の小さな長友選手が
日本代表にも選ばれ、
イタリアの強豪チームに入って活躍できるようになったのは、
なぜでしょう。


それは目標をもって、常に自分を成長させてきたからでしょう。

彼は、同じチームの仲間や監督やコーチなど、
そして丈夫な体に生んで育ててくれた
お母さんへの感謝の気持ちを忘れません。

そういう感謝の気持ちは、
小さな成長と小さな幸せを生み出します。

そして、もう少し、もっとがんばっていこうという
やる気につながるのです。



私たちの仕事にも、感謝の心は良い影響をもたらします。

与えられ仕事が小さなものであっても、

「ありがとうございます。一生懸命がんばります」

という姿勢で取り組む人には、

その仕事といっしょに幸運もまわってきます。


そういう前向きな人は少しミスがあって

「ここ、ちょっとダメじゃないの」と叱られても、

「はい、申し訳ありません。この次は注意してやります」

と謝り、

「ご指摘いただきありがとうございます」

という姿勢を忘れません。


いっしょに仕事をするのなら、
そういう人としたくなりますよね。

ですから、前向きで感謝ができる人には、
つぎつぎとチャンスがやってきます。

そして、いつのまにかどんどん運が開けてくるのです。



仕事以外の場面でも

まわりの人に小さなことでも感謝できる人は、
いつのまにか運がよくなります。

自分がしてあげたほんの些細なことに
「ありがとう」って感謝されると、
やはりうれしいものです。

すると、その人が喜ぶようなことを
またしてあげたくなります。

人間も神さまも・・・

ですから、「ありがとう」ってよく感謝する人は、

まわりの人に好かれて、助けらえて、

いつのまにかどんどん運が開けてくるのです。

【出典】
長友佑都著『日本男児』

メルマガ
心の糧・きっとよくなる!いい言葉 
2014.6.16 Vo960
発行 作家 中井俊已から

ひとことキーワード

小さなことに感謝できる人が大きく運が開ける

石井ゆきお選
AD
まわりの人から学んでますか?

こんな言葉はどうですか


我以外皆我師(われいがい みなわがし)

                 吉川英治
(1892~1962)
作家

『宮本武蔵』『新平家物語』などの国民的文学作品で有名な作家、
吉川英治の座右の銘と言われている言葉です。 

吉川英治は、少年時代からの苦労人でした。
 
お父さんが事業で失敗し、病気で倒れ、小学校を中退すると、
大勢の弟や妹のためにも、丁稚奉公に出されました。

彼のわずかな給金とお母さんの針仕事の賃金が
一家の生活の支えだったのです。



十代のころ、英治は職を六、七回変えました。

丁稚奉公、土方、船のさび落とし、給仕、行商、事務員など。

新しい職の交渉には、履歴書を出さねばなりませんでした。



そのときの相手の目に浮かんださげすみの色を
忘れることができなかったそうです

なぜなら、英治の履歴書には次の二行しかなかったからです。

一、小学校中退 
一、賞罰なし



そういう人が世の中で成功するには、
勉強して自分を高めていく以外にありませんでした。


本が好きでむさぼるように読みました。

19歳のころから、百科事典をなんと50回は読んだそうです。

それだけでなく、体験したこと、出会った人からも
学びました。


「我以外皆我師」(われいがい みなわがし)

学校に通えなかった彼には、すべてが先生だったのです。


このような謙虚な姿勢と前向きな向学心がある人は、強いです。

誰からでも、尊敬できない人からも学び、
進歩していけます。

どんな状況でも、手痛い失敗からも学び、
向上していけます。


まわりの人から教えていただこう・・・

そんな謙虚で前向きな姿勢を忘れないようにしたいものです。

「まわりの人から教えていただく」

【出典】扇谷正造著『君よ 朝の来ない夜はない』


メルマガ

心の糧・きっとよくなる!いい言葉 
2014.6.2 Vol.956
発行 作家 中井俊已から

ひとことキーワード

まわりの人から謙虚に学ぶ。

石井ゆきお選
AD