PWF興行

プリキュアでプロレス団体を作ろう

DreamStars Weekend Night 2

 

 

 

 

PWF-EXTERAM級王座戦~

○“Code Breaker”キュアジェラート(ch)

(1526秒タップアウト)

Precuan Dragon”キュアサニー×

FACT OF LIFE

昨日に続き、竹刀、イス、トラッシュ缶の飛び交うハードコアマッチ。最後はジェラートのFOLとサニーのルベルロックの掛け合いからジェラートがエルボー連打からタップアウトを奪う。

 

 

PWF-IC王座戦~

 Agent Urtal”キュアハッピー(ch)withキュアビューティ×

(1557秒片エビ固め)

○“The Premier”キュアホイップwithキュアカスタード

※マイビジネス

ホイップがカスタードともに入場すると、ハッピーは危険なプロレスを蔓延させた張本人で、多くのプリキュアたちが外傷に苦しみ、人生を潰すだろうとこき下ろす。ハッピーがビューティとともに入場するとそのまま場外戦へ。ハッピーが鉄柵や看板などあらゆるものにホイップをぶつけるもホイップも持ち前の身体能力を武器にトペコンヒーロ、雪崩式フランケンシュタイナー、フィッシャーマンバスター、ペレキックと怒涛の反撃。最後はカスタードがハッピーへ薄力粉攻撃、ホイップのフラットライナーを決め、新IC王者になる。

ホイップはマイクを取ると「私が王者として輝くことで、プリキュア業界に蔓延する破壊衝動のようなプロレスは正される。この業界からチャンスを奪う脳震盪、痛み止めの乱闘を撲滅しよう。」と声高らかに宣言。

 

 

10cure Tag Cure Meyhem Warfare

○キュアマジカル&キュアミラクル&キュアプリンセス&双海亜美&双海真美

(3314秒体固め)

キュアドリーム&キュアフローラ&キュアトゥインクル&キュアマカロン&キュアショコラ×

※垂直落下式DDTwithスーパーキック

マジカルとミラクルが入場。ミラクルはマイクを取ると昨日の行動を「これは“愛”による答えであり、私のマジカルに対するすべてのパッションの表れである。死が2人を分かつとしても私たち2人は例外だ。」と宣言。マジカルも「真実はすべてここにある。2人は無敵である。」と宣言。

試合は無制限ルールゆえにイス、テーブル、ラダー、画鋲も飛び出すスーパーマッチへ。最後はミラクルとマジカルがダブルでのスーパーキック、膝蹴りの連発から合体技で正規軍に完全勝利。マジカルとミラクルが熱い抱擁と箒でのエアギターを決めて興行は幕引き。

AD

PWF興行

プリキュアでプロレス団体を作ろう

DreamStars Weekend Night 2

 

 

Night1にてミラクルがまさかのマジカルとの再結託。メインイベントで連合軍とマジカル軍の大激突。他にもハッピー×ホイップのIC王座戦も。混沌たるNight2がスタートする。

 

 

DreamStars Attraction Match

○サクラ&キュアモフルン&キュアエコーwithシズク

(753秒片エビ固め)

キュアダイヤモンド&キュアベリー&紅林珠璃×

※スワントーンボム

劇場版映画からのゲストマッチ。キュアモフルンの場外SSPやエコーの雪崩式ツームストンで盛り立て、最後はサクラのスワントーンボムで勝利。

 

 

Special Single Match

○“Untouchable”キュアサンシャイン

(141秒片エビ固め)

The Beast”ミルキーローズ×

※ジャンピングスーパーヤクザキック

ローズのスープレックスシティ、サンシャインの蹴りの連打と剥き出しのハードヒットマッチ。最後はサンシャインのドラゴンスープレックス2連発から必殺のキックを叩き込み勝利。

 

 

Special 4WAY Tag Match

○キュアアクア&キュアミント

(1840秒体固め)

キュアエース&キュアロゼッタ

キュアメロディ&キュアビート

キュアフォーチュン&キュアソード×

※ロルングエルボー&殺人バックドロップコンボ

各ユニットの主力メンバーによる総力戦のタッグマッチ。最後はミントのローリングエルボーをソードに叩き込みアクアが殺人バックドロップでKO。素晴らしい試合。

 

 

Special Tag Match

Unbroken(キュアハート&キュアピーチ)×

(1632秒体固め)

Sodom&Gomorrah(キュアムーンライト&キュアスカーレット)

※ファイヤーサンダー

ストロングスタイル色が濃厚なハードヒットマッチ。最後はスカーレットとハートの一騎打ちから強烈なアッパーカットからファイヤーサンダーで勝利。互いにスポーツマンシップに乗っ取り握手をする。

 

 

 

AD

PWF興行

プリキュアでプロレス団体を作ろう

DreamStars Weekend Night 1

 

 

 

 

 

PWF-EXTERAM級王座戦~

○“Code Braker”キュアジェラート(ch)

(1511秒体固め)

Leathal Weapon”キュアマリン×

※コードブレーカーwithトラッシュ缶

ハードコアルールでの試合で、マリンが竹刀を持って乱れ撃ち。ジェラートも立てたイスの上へのパワーボムなど両者エゲツない技の応酬。最後はマリンの頭からトラッシュ缶を被せてのコードブレーカーでジェラートが王座防衛。

バックステージに戻ると先ほど王座挑戦を表明していたサニーが現れ両者睨み合い。

 

 

Special Eight Cure Match

○キュアハート&キュアピーチ&キュアラブリー&キュアパッション

(2139秒体固め)

キュアエース&キュアロゼッタ&キュアベリー&紅林珠璃×

※雪崩式プリキュアンデストロイヤー

熱量の高い攻防が続く中、最後はラブリーがベリーを雪崩式カナディアンデストロイヤーで3カウントを奪うというHoly Shitなエンディング。

 

 

PWF王座3WAYマッチ~

○“The Villain”キュアマジカル(ch)

(2419秒体固め)

Precuan Nightmare”キュアマカロン×

Spotlight”キュアショコラ

※ペディグリー

ゴング直後、マジカルが2人を挑発するとマカロンとショコラが怒涛の攻撃。ショコラのツームストンやマカロンのクロスローズなど王座交代を期待させる追い込みを見せる。しかし終盤に、ソードと亜美真美が乱入しマジカルに援護射撃。そこへミラクルが駆けつける。ソードと亜美真美が退散。ミラクルとマジカルが睨み合うが、次の瞬間、ミラクルが踵を返すとマカロンにVトリガー、さらにショコラをマジカルとの合体技で場外へ追いやる。観客が唖然とする中、ミラクルとマジカルがリング上で熱い抱擁。倒れたマカロンにミラクルが垂直落下式DDT、マジカルがペディグリーを決め王座防衛。

ミラクルがマジカルの防衛を称えると再び抱擁を交わしキスまでする事態に。観客の大歓声と大ブーイングが入り混じる混沌とした空間に。最後は2人が箒でエアギターを決めNight1が終了。

AD

PWF興行

プリキュアでプロレス団体を作ろう

DreamStars Weekend Night 1

 

 

今年から映画の名称が“ドリームスターズ”となるため、大会名も「DreamStars Weekend」に変更。2夜連続の興行となる。

1試合目は前回大会でキュアマカロンとキュアショコラが王座挑戦に名乗りを上げた。これにより第1試合は2人のよるNo.1コンデンター戦となる。

 

 

No.1コンデンターマッチ~

△“Precuan Nightmare”キュアマカロン

(1348秒両者リングアウト)

Spotlight”キュアショコラ△

試合はショコラの滞空式の雪崩式ブレーンバスター、マカロンのサブミッションと白熱の一進一退に。しかしソードとWinter Soldier2人の試合を妨害し、両者リングアウト引き分けに。ソードが本日の王座戦は中止だと宣言するも、オーナーのキャンディ氏はマジカル×マカロン×ショコラでの3WAYでの王座戦を行うと宣言。観客は大歓声。

 

 

3WAY Tag Match

Windy City Machineguns(キュアサニー&キュアマーチ)

(1158秒タップアウト)

Young Bucks(双海亜美&双海真美)×

Hanny&Pain(キュアハニー&キュアパイン)

※ルベルロック

最後は真美にサニーがルベルロックを決め勝利。サニーはEXTERAM級王座への挑戦を口にする。

 

 

Special Six Cure Match

○キュアフローラ&キュアミラクル&キュアサンシャイン&キュアピース

(1638秒片エビ固め)

キュアムーンライト&キュアスカーレット&キュアアクア&キュアミント×

※垂直落下式DDT

前回大会のリベンジに燃えるミラクルは終始怒涛のハードヒッティング。フローラに止められる場面も。最後はアクアにVトリガー3連撃から垂直落下式DDTを決め勝利。

 

 

Special Single Match

Starduat Deamon”キュアトゥインクル×

(157秒片エビ固め)

○“Merchant Of Death”キュアプリンセス

※ラストショット

キュアプリンセスは連勝街道をひた走る。トゥインクルのスターシップペインの体勢から串刺しドロップキックで叩き落し。ラストショットで勝利。

 

 

Special Eight Cure Match

○キュアメロディ&キュアビート&キュアドリーム&キュアハッピー

(1725秒片エビ固め)

キュアフォーチュン&キュアソード&ミルキーローズ&Winter Soldier×

※ドリームスタースプラッシュ

メロディとフォーチュンが怒涛の場外乱闘。メロディが鉄柵越えのダイブを炸裂させる。最後はドリームのSSPとハッピーのフェニックススプラッシュの共演である“ドリームスタースプラッシュ”で勝利。

 

 

Gradge Match

○“The Premiere”キュアホイップwithキュアカスタード

(1342秒片エビ固め)

Beatutiful Disaster”キュアビューティ×

※マイビジネス

ビューティが怒りのエクスプロイダー連発。ホイップがカスタードに助けを求めるもビューティが厳しい攻め。しかしカスタードがビューティに薄力粉攻撃で視界を塞ぎ、ホイップがフラットライナーで勝利。試合後、ホイップとカスタードがビューティを顔面に生クリーム攻めに。「無茶な闘いをしたプリキュアの無様な末路だ。」と罵倒すると、スマイルプリキュア興行で同じく無茶な闘いをしたキュアハッピーに矛先を変え、IC王座挑戦を表明。

 

 

 

PWF興行

プリキュアでプロレス団体を作ろう

Naruyoshi vs Chazelle

 

 

 

 

PWF-EXTERAM級王座戦~

Guitar Wolf Death Match

Real Rock’n Rolla”キュアビート(ch)×

(2052TKO)

○“Code Breaker”キュアジェラート

FACT OF LIFE

試合は前回同様、凶器仕様のギターが大量に投入される。ジェラートは終盤、低空の高速ジャーマンを連発。ギターショット3連発からクロスフェイスでビートを失神KOをし新王者になる。

そこへキュアマリンが登場し、早速挑戦宣言を行う。

 

 

Brand New War

○キュアマジカル&キュアプリンセス&キュアフォーチュン

(3224秒踏みつけ式体固め)

キュアハート&キュアピーチ&キュアラブリー

キュアメロディ&キュアドリーム&キュアハッピー

キュアフローラ&キュアミラクル&キュアサンシャイン×

※ペディグリー

豪華メンバーに6人タッグ4WAY戦となったメインは、途切れることのない一進一退の攻防へ。最後は不調ながらもマジカルへの復讐を狙うミラクルがマジカルとの一騎打ちに持ち込むも敢え無く返り討ち状態。最後はフォーチュンのスターバースト、プリンセスのラストショット、マジカルのペディグリーと波状攻撃の末、顔面を踏みつけられてのフォール負け。

マジカルが勝利宣言をしようとしたところに、キュアショコラがミラクルを救出に現れ、さらに王座挑戦をアピール、さらにキュアマカロンも登場しマジカルとショコラに間に割って入る。3人が睨み合い興行は幕引き。