WWE Summer Slam 2016


フィン・ベイラー×セス・ロリンズ;WWEユニバーサル王座戦


ベイラーは序盤で肩を負傷してしまうアクシデントがありセスがペースを落としヒールプレイ。終盤まで派手な攻防は厳しい状況だったのか?それでもセスの新日本オマージュ技やインディ時代の技の繋ぎにニヤリ。☆3.5

ex)ここからはブログのみ

WWEが攻防のリミットをある程度外したことにある受難的な部分もあります。ベイラーは負傷してしまうアクシデントはありましたが、セスがハイフライフローにレインメーカー未遂、ゴッズラストギフトなど何とかサービス精神を見せたのは良しとしたいです。☆3.5

 


AJスタイルズ×ジョン・シナ


前回の試合からグレードアップさせることとエース級の一騎打ちのスペクタクル性を出すために大技の惜しげもない投入とキックアウト、そしてダメージによる疲弊をうまく表現。シナの技のレパートリーのサプライズと関節合戦は見物。真夏の決闘に相応しき好勝負。☆4

ex)ここからはブログのみ

MITB2016AJスタイルズとシナの試合は互いに探り合った場面も多く楽しさの面は弱かったですが、今回は互いに団体のトップランナーであるがゆえの一騎打ちとしての面白さが大技を出し合ってプライドで勝つという構図が冴えていました。スタイルズは早い段階でスタイルズクラッシュ、シナもクイック式でアティチュードアジャストメントの投入、さらにAJはエプロンでブレーンバスターと、この一騎打ちに対して四天王プロレス的な切り口で勝負をします。シナもパワフルさをアピールするショルダースルーとAJのダイナミックなバンプ、STFとカーフクラッシャーの掛け合いという楽しさ溢れる攻防の妙、シナが技のバリエーションでAJに追いつこうとする気の使いどころも良かったです。シナがまさか本家のビッグEの技を彼以上にアレンジしてしまう珍シーンもあるなんてね・・・。

最後は雪崩式アティチュードアジャストメントまでキックアウトさせるサマスラだからこその大盤振る舞いの中でAJが勝利。正直、その前のシナがボロボロで立ち上がろうとするシナに冷静な眼差しで狙いを定める視線・目力にキュンキュンしてしまいました。好勝負。☆4


ブロック・レスナー×ランディ・オートン


レスナーは野性的な体格と肉体美、オートンはしなやかな肉体美とフォーム。つまり2人はプロレスラーとしてはイケメンなのです。イケメンは動いているだけで人を魅了します。ゆえに肉体的イケメンは対決するだけで絵になるのです。☆2

ex)ここからはブログのみ

上記で肉体的イケメンの話をしましたが、プロレスの結末としてレスナーの獰猛生を描くのであれば凄惨なエルボーやパンチでの流血などプロレスというファンタジックワールドの中のリアルとして目を見張るモノがあったと感じます。それがサマスラというビッグマッチのメインとあればそれは怒る人も多いことでしょう。しかし私は楽しめたかなと感じました。それがプロレスラーの肉体的なイケメンにより発生しているものなので、乱雑に投げ、乱雑に投げるだけである程度の楽しさは存在していると思います。そこにあの結末。もしこれが暗黒時代の新日本みたいにその他の対戦カードも終わっている・・・状況ならば激しい怒りを催すと思いますが、今はWWEもカードの有効打性が際立つ今なので、かつての小川直也のような胸くそ悪い肉体的イケメンレスラーの傍若無人性が充実したWWEで拝めるのだからいいんじゃないのかね・・・と思いました。☆2

 

AD

WWE NXT Takeover Brooklyn

中邑真輔×サモア・ジョー;NXT王座戦


入場のおもてなしがピーク。コンタクトはどうしても鈍重になりがちなジョーのヘビー級性に対して中邑ののらくらりな受動からの解放姿勢がハマることなく進行。ジョーのお祭りモードな技が出ましたが、全体としてエピカルな試合でなかった。☆3.25

ex)ここからはブログのみ

期待値ジェット気流の会場内のファン。暗転しスポットライトが当たるはバイオリン奏者。奏でる音色は中邑のお入場曲である。その背後の入場ゲートから華やかさを纏い観客に迎えられ、自身の王者への道を思い描くかのように舞を見せる中邑。優雅である。ただ優雅である。ここまでおもてなし精神溢れるエンターテイメントたる入場に感嘆の意を隠しきれない。対するはサモア・ジョー。巨体をズシリズシリとリングに向かう眼差しは野性的。互いに向かい合い運命のときを待つ。中邑はショーの主役に成りあがるべきお辞儀をし挑発と畏敬の念を述べる。ジョーは野性の本能を解き放つか?しかして・・・

ジョーが武藤オマージュとして、さらに日本リスペクトとしてのフラッシングエルボーがフラッシュポイントだったか、互いにコンタクトは鈍重。特に終盤に向かい徐々にペースダウンしていく様に面白みは感じられなかった。エンターテイメントレスリングのプライドを大いに見せつけた入場が最大風速であり、上陸した中邑ジョー台風は勢力を弱め温帯低気圧に変わるのであった。☆3.25

AD

WWE NXT Takeover Brooklyn

スコット・ドーソン&ダッシュ・ワイルダー×ジョニー・ガルガーノ&トマソ・チャンパ;NXTタッグ王座戦


あざとさ、巧さ、確実さをテンポ良く見せるリバイバル。このタッグ王座の存在感と対極にはブロマンス要素を秘めたエモーションなガルガノ&チャンパ。最後までアイデアフルな好勝負。☆4.25

ex)ここからはブログのみ

ゴングなってから決着の瞬間まで、見ている者の期待値の1.5倍のポイントをチャリんチャリんと稼いでくるタッグ王座戦。リバイバルの2人はテンポ良いタッグワークの中で不意に入る間の抜け方の楽しさが最後までアイデアフルで驚きです。対するタッグチームにインディ代表のガルガノとチャンパ。CWCの試合も記憶に新しい中、そこで生まれたブロマンス的な信頼性のあるエモーショナルなタッグとなっている。試合自体タイトな印象のあるシーンもいくつかあるものの、そこで!そこで!と思える期待値を1.5倍のセンス。特に最後の畳み掛けるような脚攻めは必見でした。好勝負。☆4.25



 

WWE NXT Takeover The End

スコット・ドーソン&ダッシュ・ワイルダー×チャド・ケーブル&ジェイソン・ジョーダン;NXTタッグ王座戦


正統派にして正統派のWWE育成のタッグチームによる凝縮されたタッグ王座戦。ケチをつけるならば、ハイスタッカート的なテンポの速さが、コンタクトの威力伝達の弱さか。好勝負。☆4

ex)ここからはブログのみ

WWEのいわばプロレス専門学校的なパフォーマンスの教授を受けた2チームは理想的かつ彼らの独自色をもって昇華されたlことが大変喜ばしいです。躍動に次ぐ躍動、そして狭いところにクッと入り込んでくる攻防が楽しかったです。しかしながら攻防のテンポが速く、さらに技と技に対してのフェイズ性でない平等性のあるチョイスゆえに総括したときのエネルギーは感じられますが、個々のフラッシュポイントは感じにくい仕様です。決着の流れは鮮やかなのですが、精度を優先してエンターテイメントとして弱さは感じました。好勝負。☆4

AD

WWE CWCトーナメント2回戦

ザック・セイバーJr×ドリュー・グラック


泥臭さとスタイリッシュが織りなすテクニカルの華麗なるRACE。流れる川のようにそのフローを、インディがメジャーに見せつけるような集中力ある冒頭から互いに息切れして動きが止まるまで動と静のノンストップと緊張感が楽しい。好勝負。☆4.25

ex)ここからはブログのみ

オリンピックの感動冷めやらぬ中で、世界に羽ばたかんとする、世界に見せつけようとするインディレスリングのプライドの躍動がゴングとともにヨーイ、ドンッ!で加速する冒頭の優位性の取り合いから急流のように流れの中で繰り広げられるレスリングと技の掛け合いが素晴らしいですね。泥臭さとスタイリッシュの紙一重性溢れるヨーロピアンレスリングがWWEという冠の下で躍動するのだから気合い漲る2人の攻防が疲労により別れるまでの緊張感がドキドキものでした。ここからアンクルホールドに?このスピードでスカルエンドに?この流で関節を返すの?と驚き桃の木レスリングの世界の楽しさを覗き見れる喜びがたまらない10分超。好勝負。☆4.25

 


WWE CWCトーナメント2回戦

戸澤陽×ジャック・ギャラガー


ギャラガーの飄々とした振る舞いをしながら相手を手玉に取る気持ち良さ、それに呼応する戸澤の手玉に取られる滑稽さのマッチング。チャップリンのようなコメディックなギャラガーの変化球に対しての戸澤の直球的な振る舞いの返しが面白い。好試合。☆3.75

ex)ここからはブログのみ

駆け出し芸人のお披露目会、チャンスを掴むオーディション番組のようになっているCWC、もしくはインディ層がメジャー層を脅かして楽しんでいるCWC。そこに現れた飄々たるコメディアンたるジャック・ギャラガー。洒落気から巧さを意表の付き方がある種の格好良さを誇っています。そこに手玉に取られる側の戸澤のやられっぷりが引き出すコメディタッチな楽しさです。これはプロレスという舞台に滑稽さをエンターテイメントの場で見せられたのは嬉しい限りです。ギャラガー×ザック・セイバーJrよりも滑稽さに焦点をおいた戸澤×ギャラガーのチャップリン映画のような楽しさがカチッとハマったんおだと思う。好試合。☆3.75

 


WWE CWCトーナメント2回戦

飯伏幸太×セドリック・アレキザンダー


とにかくフラッシュポイントの豪華さ、楽しさが際立った試合。どちらも身体能力と奇想天外性に富んでいるため、フッと加速してガッと技が炸裂する瞬間の高揚感が素晴らしい。クライマックスの技とカウント2.5のつるべ打ちの格好良さ。好勝負。☆4

ex)ここからはブログのみ

かつて飯伏がK-1ワールドマックスだったでしょうか?デビュー戦の相手がボビー・オロゴンの弟のアンディ・オロゴンと闘う予定ながらアンディの怪我により流れてしまいましたが、今回は飯伏の狂人的な身体能力とトリガーハッピー的なプロレス思想を受け止める黒人レスラーと闘える滅多にないチャンスです。ゆえに技のフラッシュポイントの存在が明確にくっきりと描かれて、その加速性と楽しさもミックスがロックミュージックのように歓声に後押しされガンガン響くことにメインの高揚感を感じる試合でした。クライマックスのつるべ打ち式の技の畳み掛け含め、狂人飯伏の世界征服の旅から目が離せないと思うわけです。好勝負。☆4

PWF興行

プリキュアでプロレス団体を作ろう

P-1 CLIMAX 2016 ~夏と修羅~」Night3

 

 

~トーナメント準決勝~

Captain Precure”キュアピーチ×

(1437秒体固め)

○“Rising Witch”キュアミラクル

Vトリガー

サンシャイン戦で消耗したミラクルだったが、ピーチをスタミナ合戦となり、ピーチの垂直落下式デスバレーを耐えるとミラクルの牛殺し、爆殺シューター、最後はVトリガーニーアタックで勝利。

 


~トーナメント準決勝~

○“Snow White Nightmare”キュアホワイト

(152秒タップアウト)

The Best Ever”神崎美月×

※ミスティカ式クロスフェイス

ホワイトが腕を、神崎が脚に照準を定め攻め込む。神崎がロコモーション式ジャーマンからクイックパイルドライバーで畳み掛けるもホワイトがバックドロップ連発から執念のクロスフェイスで神崎をタップさせる。

 


Special Six Cure Tag Match

○蓮城寺べる&星宮いちご&星井美希

(1555秒片エビ固め)

キュアトゥインクル&キュアスカーレット&キュアダイヤモンド×

※ベルクラッシュ

最後は星宮がスカーレットにシットダウン式ラストライド、星井がキンシャサ、最後はべる様がベルクラッシュで勝利。

 


PWF-IC王座戦4WAY

○“The Fortune”キュアフォーチュン

(1722秒片エビ固め)

Red Evil”キュアエース(ch)

Dr.Death”キュアアクア

Texas Cure Browler”キュアラブリー×

※雪崩式垂直落下ブレーンバスター

前日復帰したばかりのフォーチュンがソードとともに登場。IC王座戦を要求。これに4WAY戦でIC王座戦がアナウンスされる。

フォーチュンが最後はラブリーを沈め王座交代。これに不服なエースはリマッチを要求し、フォーチュンと睨み合う。

そこへ次回大会でデビュー予定のキュアフェリーチェが登場。フォーチュンのユニットに所属すると宣言すると、フォーチュンに代わってエースとデビュー戦をすると宣言。

 


Special Match

Red Evil”キュアエース×

(449)

○キュアフェリーチェ

※昇天

エースは序盤からローリングエルボーを多用し、イス攻撃をしようとするもソードがトラースキックで援護。そこからフェリーチェが抱え込み式のバックドロップから昇天でエースから3カウントを奪う。

 


~トーナメント決勝~

○“Rising Witch”キュアミラクル

(2515秒体固め)

Snow White Nightmare”キュアホワイト×

※垂直落下式DDT

ミラクルはマジカルと、ホワイトは1人で入場。ホワイトは徹底してミラクルの腕を攻める。ホワイトは場外でミラクルをエプロン上へのパワーボム、さらに実況席へのパイルドライバーを決める。しかしマジカルの声援を受けると、蹴りを連発、Vトリガーニーアタックを後頭部、側頭部、正面と乱打。スープレックス合戦となり、最後はシャイニングウィザード、ムーンサルト、さいらに膝蹴り連打から垂直落下式DDTと畳み掛け3カウント奪取。P-1 CLIMAX 2016はキュアミラクルが制す。

 


試合後、表彰式が行われ、マジカルはミラクルを祝福。フローラらも駆けつけ祝福ムード。ミラクルにPWF王座挑戦権が与えられると現王者の神崎と対面する。リングサイドにはホワイト含めGSも面々。神崎が引き上げると再びミラクルを祝福し幕引き。