Take a lick the SETOUCHI!!!

めばじんぐ(メバルとアジ)・・・中心にライトゲームにすべてをかけてます。

愛用ロッドはブリーデンTRレオン's コンセプト

 。o.+゚。(´▽`o人)≡(人o´▽`)。o.+゚。♪ 現在遂に13兄弟(爆)

仕事でやってる汎用旋盤との2本立てです。


テーマ:
最近というか、かなり前からなんですが、色んな人に聞かれることで一番多いのが、

リールって何がいいの?

って言う質問です。


とりあえず、

小型スピニングリール、

としての僕の考える選び方を解説してみます、

先に断っておきます、かなり長くなりました・・・、お急ぎの方はスルーしてください。

間違い、勘違いもあるかもしれませんが、その際は優しく指摘してくださいm(_ _)m

IMG_20151217_214016255.jpg

※手持ちリールの一部


ほぼアジング、メバリングといったライトゲームで使うのでラインはPE0.5号位まで、

たまに、エギング、シーバスの真似事なんかもするのでPE0.6~1.5号位まで巻いたスプールがいくつかあります。


僕の場合はリールに対するこだわりが特にありません、

とりあえずメーカー最上位機種を選べば失敗しない、迷わなくて良いという考えです。

巻きの力強さ、ボディ剛性、ドラグ性能・・・少々重くなってもこれらを重視する際にはステラを、

巻きの軽さ、ボディの軽さ、軽さによる感度を重視するときにはイグジストを選択します。


現在手元にあるのは、

07ステラ#2500    2台
10ステラ#1000    1台
10ステラ#2500   2台
14ステラ#2500   1台
14ステラ#2500HG 1台
14ステラ#3000HG 1台

05イグジスト2000  1台
12イグジスト2000  2台
12イグジスト2500  1台
15イグジスト1000  1台

スプールは、
07ステラ2000、2000S、2500S、C3000、
10ステラ1000S、2500S×2、C3000S、F3、
14ステラ2500S、C3000S、3000HGM、F3、
05イグジスト2004×2
12イグジスト2004×2、2506、
15イグジスト2003C、

これらを組み合わせて使っています。

リールは基本的にノーマルギヤを好んで使っています。



最初に・・・、

リールの構成について考えたことありますか?

ローター、
ボディ、
ハンドル、
スプール、

これらを組み合わせて各番手がラインナップされています、

例えばシマノの2500Sというリールがあれば、
ローター・・・・・2500番
ボディ・・・・・・・2500番ギヤ比5.3
ハンドル・・・・・50mm I型ノブ
スプール・・・・ 2500S
こんな感じですね、

ダイワ2004なら、
ローター・・・・・1000番
ボディ・・・・・・・2500番ギヤ比4.8
ハンドル・・・・・45mm I型ノブ
スプール ・・・・2004
といった具合です。

シマノは便宜上#+4桁の数字で番手を分けてますね、
#1000、
#C2500、
#2500、
#4000って具合です。

※#C2500は今のところステラとバンキッシュのみにラインナップされていますが、#2500ボディと#C2500ローターの組み合わせリールになり、ダイワ2000番と似たような番手になりますが、2004と1003の互換性があるダイワと比べると2000S、C2500など互換性が限られるリールになります。


と、

ココまでは豆知識。


じゃぁどんなリールが良いのかって話し・・・。

釣種にあった竿を使う際には、当然ラインやリールの番手をそれに合った物を使いたいですよね、

もちろん、大きくても小さくても使えないわけでは無いですが、ある程度専用品ってことになると選ぶときにこんなところを少し注意されては?と思います。

ライトゲームの場合・・・、

最近は5フィート台の物も増えてますが、基本的には6フィート半位~8フィート半位までが多いと思います、

基本的にはシマノならC2000S、2500S、ダイワなら2004がベストサイズでは無いかと思います。

ちなみにスプール径ですが、

シマノ1000S   40mm(10ステラ1000S)
シマノC2000S  43mm(14ステラ1000S)
シマノ2500S    46.5mm
ダイワ2004    42.5mm
ダイワ2506     48mm

になります。

これと使用するライン、バットガイドとの位置関係やバットガイド径を加味して検討されると良いと思います、

例えば、ブリーデンの68ストレンジ、

バットガイドは比較的近めでガイドリング径は25サイズ、僕の場合はフロロの1~2.5lbを使います。

https://www.fujitackle.com/catalog/pdf/036.pdf

FujiのHPからSiCの25サイズは・・・、


J型で内径18.3mmです、

キャスト時にラインが気持ちよく抜けるのはやはりスプール径46.5mmのシマノ2500S位までで、スプール径48mmのダイワ2506はやや大きすぎる様に思います、特にフロロの3lb位でやや張りのある様な銘柄のラインになると劇的に飛距離が落ちたり、トラブルの元になります。

※スピニングキャスト時のバックラッシュ・・・、ガイド径に合っていないスプールサイズのリールでキャストしたり、下手なキャストでガイドを叩いて急失速する様なキャストをすると、本来放出されるはずだったラインが「フカフカ」のままスプール上に残ってしまう、これにラインを巻き上げてしまうと次キャストで「フカフカ」のラインを引き出してしまいライントラブルとなる・・・。
特にダイワリールを使ってる人でキャストが下手な人は心当たりがあるのではないでしょうか?


しかし、ストレンジはまだガイドが大きい方のロッドです、

多くのライトゲーム向けロッドは20サイズが標準で、6フィート前後のショートロッドは16サイズを使った物も結構有ります。

20サイズはSiCJ型が内径13.9mm、トルザイトR型が16.0mm、
16サイズはSiCJ型が内径10.6mm、トルザイトR型が12.3mm、

※SiCに比べればトルザイトは15%程大きくなりますがワンランク大きいSiC程ではありません。

16サイズになると43mmの14ステラ1000PGSスプールでもラインの抜けが悪くなって飛距離が落ちるようです、実際10ステラ1000S40mmと比べると明らかなようです。


16サイズは極端として、20サイズに合ったスプール径は?

ライトゲームロッドではココが重要では無いかと思います。

個人的に、大きくてもシマノC2000Sの43mm、出来ればダイワ2004の42.5mmやさらに小さい1003、40mmのシマノ1000Sが良いと思います。

※1003のスプール径・・・ご存じの方教えください。最大巻き上げ長からの逆計算で40mmでは無いかと推測しています。また、ローターが10003と2004で共通なのか?


ここまで来ればあとは予算に応じて選んでも良し、軽さを重視しても良し、好きなメーカー・好きなデザインで選んで良しと思います。



おっと・・・、

最大巻き上げ長の計算方法を少し、
スプール径×3.14×ギヤ比になります。

シマノ2500Sの場合、4.65×3.14×5.3=77cm、ですが46.5mmというのはスプールの最大直径です。実際そこまでラインを巻くことは無いですよね、シマノのカタログに寄ればこの93%ほどで71cm程になります。
ダイワ2506の場合は、4.8×3.14×4.8=72cm、ですがカタログ値は1cm少ないですね。実際はダイワリールもスプール目一杯巻かないのと、逆テーパーになっているのでシマノ同様93%程度で計算した方が良さそうです、その場合は67cm程になります。

シマノはスプール径が小さいがギヤ比を上げて巻き上げ長を稼いでいる、その分巻き感が重い、ダイワはスプール径が大きい分ギヤ比を低くして巻きの軽さを出している・・・、さらに巻き上げ長が1割ほど違うのでより軽く巻ける・・・そんな感じでしょうか。また、リールの分解が出来ないので知りませんが、ダイワのギヤの方がシマノよりも大きいから軽いという話しもよく聞きますね。

あとは機種毎にローターの形状、素材によって巻きの軽さ加減、慣性が変わります。


これもふまえてリールを選ばれると良いと思います。



個人的には、

20サイズガイドロッドは10ステラ1000Sが1台に対してイグジスト2003C、2004が計4台と主にイグジストがメインです、
25サイズガイドロッドはストレンジやエレクトロを使いますがステラ2500S、C3000Sを多用します、しかし、エレクトロなど7フィートオーバーのロッドには軽量なイグジストの方が合っている様に思います。

このことから、20サイズガイドロッドは200g以下のシマノ1000S、C2000S、ダイワ1003、2004といったリール、
25サイズロッドはやはり軽量な200g以下のC2000S、2004といったリールも良いですし、ある程度重みがあってロッドの持ち重り感を減らしてくれる250g位までのシマノ2500S、C3000S、ダイワ2506、2510PEといったリールも良いと思います。



ステラとイグジストじゃ分からんて方・・・・、

この二台のリールを系統で分けると、

メタルボディの高剛性リール、新素材ボディの軽量リールで分けられます。

高剛性リールはセルテート、ツインパワー、ストラディック、フリームス等
軽量リールはヴァンキッシュ、ルビアス、シマノCI4+系、カルディア、アルテグラ等

になります。

この高剛性リール・・・、

やはり重たいのが欠点・・・、あまりに重たい場合は一番手サイズを落とすのも良いかと、
その際に2004サイズが非常にありがたいサイズになると思います。

C2000Sは小さい、ハンドル短い・・・でも、2004サイズはボディが2500番と共通なのでリールの小ささをあまり感じません。セルテートで220gとバランスも取りやすいです。

と言う訳で、ダイワの2004はかなり使いやすい番手であると思います。
シマノはこのサイズをステラとヴァンキッシュにしか用意してないのが非常に残念・・・。


逆にリールの番手をあげたら?というケースも・・・、

それはダイワ2004H、シマノC2000HGSといったハイギヤを選択するケースです。

2004Hは75cm、C2000HGSは82cm巻きます、

2004を2506にすれば72cm、C2000Sを2500Sにすれば77cmとやや巻き上げ長は少ないのですが、ハンドルは45mmから50mmになるので実質的な巻き上げ力はあがり、磯やウィードエリアでの対デカメバルでもアドバンテージは高いと思います。

また、最大ドラグに関しても2004は2Kg、C2000Sは3Kg(実用2.5Kg)ですが、2506は3Kg、2500Sは4Kg(実用3Kg)になり実用域も高くなるので無意味にガチガチにする必要は無くなります。


なので、僕の場合は2500S、C3000Sという番手でステラを愛用しています。
ダイワ2506ではスプール径が大きすぎる、シマノ2500Sのラインナップ中では高剛性かつ軽量という位置づけ・・・、ローターの変形量が大きいといわれるヴァンキッシュは選択肢に入らず、ツインパワーも使ってるけど、やっぱり重たい・・・(^◇^;)



リール選びのお助けになればと・・・・m(_ _)m
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

もとくんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「タックル」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。