ブレーメンスイーツ

横浜にあるブレーメンの音楽隊で月に5日ほどひらかれるケーキの講座です。レッスンで取り上げるお菓子を中心にご紹介していこうと思います。


テーマ:

9月11日に恒例の篁流かすてら会の秋の品評会が開催されました。

今回の品評会は第6代名人位戦の第一回戦を兼ねております。

今回と来年の春の品評会、来年秋の品評会、計3回の評価(総ポイント数)で晴れて第6代名人が選出されます。

・・・・先が長いヨ。

 

ちなみに、初代名人位という一番取りやすい時期に名人位を獲得してしまった私は、作品を台上に名前を明記され、恥をさらしております。(審査対象外)

私のかすてらの前に並んでいる25番のかすてらが今回私が1推しした作品です。

見事です。

審査のポイントは気泡の上がり具合(肌理がつぶれず揃いながら、下から徐々に大きくなっていること)、表面の焼き色と美しさ、切断面が美しいか。目視でだいたいのところはわかりますが、試食して確認。最上のかすてらは水無しでも食べられる、というのが基準です。口に入れてモソモソしないで、さっと溶けるような味わいで、かつ後味がすっきりしているのが理想です。会員は3点持ち、各名人たちは8点、私は「衣」冠のタイトルホルダーでもあるので、倍の16点を投票します。(名誉会長は20点保持)点の配分は自由です。

結果は僅差で25番は第2位で、私が次に推していた8番のかすてらが1位でした。

1位と2位とのポイント数はわずか10ポイント!あと2回の品評会でどうひっくり返るかわからないし、下克上もあり得る展開です。

 

授賞式のあとは楽しくみんなで懇談。前日に先生の指導の下、MさんとMさん(あれ?二人とも頭文字がMさんだった~)が作ってくださっていたケーキがワインとともにふるまわれました。

これはレモンのさわやかなケーキでした周りのピスタチオが良いアクセントになってます。

 

ザッハトルテより軽いチョコレートケーキ。名前は何だたっけ?グランマルニエがたっぷりしみこませてあるしっとりとしたケーキでした。

 

生徒への指導に加え、準備から講評まで、先生は本当にお疲れになったご様子。かすてら会の主だったメンバーが残り、残ったワインで打ち上げをしている最中に先生は居眠りされてしまいました。

少人数の会ながら実力伯仲、良い意味での緊張感が常にあります。この会があるから、会員たちの実力がさらに磨かれているのだと思います。先生、本当にありがとうございました。

 

さて、そしてその翌日、私の展示作品は8個にカットされ、職場のおやつとなりました。

クリームや果物で飾るわけでもなく、材料も卵と砂糖、水あめ、小麦粉というとても限られたものなのに、この美味しさ、佇まいの美しさ。かすてらってすごいよね、と改めて思います。

次回、春の品評会は名人戦の第2戦目になります。私も負けられないなぁ~。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

にっきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。