クロッシェ 21

行動する保守運動を推進 参加しています! 
せと弘幸さん 村田春樹さん 鈴木信行さん
桜井 誠さん 坂元倫孝さん を応援しています!
ケムトレイルの散布を観察しています!



 







  

 

 


テーマ:
4月14日、安倍晋三首相が、歴代総理で初めて、硫黄島に訪問。滑走路へ土下座したことの裏話について解説。官邸が300億円の予算を負担し、今後10年間をかけて、大東亜戦争で亡くなった日本兵の遺骨収容作業を進める考え。

青山繁晴が語る安倍晋三首相が
硫黄島で土下座の裏話
http://www.youtube.com/watch?v=_lWROh2LVd8&feature=share&list=LLseRg9YjS6LU17GyLe-wyCQ


青山繁晴・水道橋博士 ニッポンを考えナイト 6/16放送分より引用
画像:http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushr...


$クロッシェ 21


『安倍総理は硫黄島を訪れました。』

http://ameblo.jp/pigghosyu/entry-11512475083.html

戦没者の慰霊祭を参拝した後、遺骨収集の現場を訪れ現状の視察を行いました。今後は、残されたご遺骨の最後の一体まで 官邸が先頭に立って早期遺骨収集をを行う考えを示しました。



硫黄島の話

http://nipponbanzai.at.webry.info/200912/article_5.html

●●さんの日記(全員に公開)

みなさんに御願がございます。
まずこれを読んでください。

「硫黄島の話。

硫黄島は「いおうとう」が正しい読み方である。「いおうじま」という読み方は、日系のアメリカ兵がその読みの音を知らず、「いおうじま」と読んだことがきっかけだったそうで、つまり、「いおうじま」はアメリカ側の読み方だ。 したがって、日本人は「いおうとう」と読むべきなのであろう。

硫黄島は東京都小笠原村にある。 つまり、日本の島だ。 しかし、なぜか一般の日本人は硫黄島に行くことができない。

それなのに、映画「硫黄島からの手紙」の撮影ためにクリント・イーストウッドらは硫黄島に入ることができた。 その理由を防衛省は、「アメリカの国務省が要請してきたから」だと言う。 しかし、日本の領土にアメリカは関係ないはずだ。

先の戦争時、硫黄島には日本人兵士2万1千人が派兵された。 この時戦争は末期だったため、ほとんどの人が職業軍人ではなく、元は一般の方々だった。  その2万1千人のうち、無事生還出来た者はたったの1033人。 お骨として帰って来た者は8千人ちょっと。 残りの1万人以上の日本人の骨がまだ埋まったままだ。 しかも、彼らは今の多くの日本人に忘れられている。

アメリカ軍は硫黄島を占領した後、たくさんの日本兵の遺体の上にそのままコンクリートを流し、滑走路を敷いた。 戦後から23年後、アメリカから返還された硫黄島は自衛隊が管理することになり、埋もれた彼らの骨を拾うためその滑走路は、ずらされた。 しかし、完全にずらしたわけではなく、元の位置と大部分が重なるため、まだたくさんの骨がそのままである。 自衛隊機や硫黄島に来る飛行機は、今でも彼らの骨の上で離着陸をおこなっているということだ。

硫黄島には、日本兵たちが掘った地下壕がある。 その地下壕は、手のひらの長さぐらいの大きさしかないトンカチなようなもので掘られた。 1日に1メートルしか掘り進めなかったそうだ。 しかも、硫黄島は地熱や島の位置などから、時には気温が60℃を超える。連続した作業は5分も続かなかったそうだ。

その壕は入り口から奥までは狭いが、奥の空間はちゃんと人が立てるぐらいの広さがある。
奥までの狭い通路は曲がっていたり、側面には穴がいくつか掘られている。 これは米軍の攻撃が壕の奥にまで届かないようにするためだ。 側面の穴は火炎放射器の火炎の抜け道になる。

栗林中将(映画「硫黄島からの手紙」で渡辺兼氏が演じた役)は、部下たちに「自決」と「万歳突撃」の禁止を命じた。 これには部下たちから批判が続出した。 なぜなら、硫黄島が陥落されることは、みんな分かっていた。 であれば、潔く最期を遂げるのが、日本兵の武士道ならではの習わしだったからだ。 特に捕虜になることは恥ずべきとされていたからである。

しかし、栗林中将には考えがあっての命令であった。 硫黄島はアメリカの軍事戦略上、重要な島であった。 なぜなら、アメリカにとって、硫黄島は日本への本土爆撃のための拠点として必要だったからである。とすれば、硫黄島の陥落が一日伸びれば、一日爆撃が遅れる。爆撃が一日遅れれば、その一日分、日本国民の命が救われる。 したがって、潔く死なずにできるだけ粘る方が良い。

栗林中将はみんなをそう説得し、日本国民を護るために戦っている日本兵は納得した。

そして、硫黄島の陥落をアメリカは5日間を予定していたが、日本軍の奮闘で36日間もかかった。 31日分の日本人の命が救われた。 その救われた命は誰の命だろう。

陥落されると分かっていながら、灼熱の60℃の中で地下壕を堀り、蒸し風呂状態の壕の中でじっと耐え、武器を持って、強力なアメリカ軍に立ちはだかった。 これは生半可な気持ちでできるわけがない。 なんのために、日本兵はここまでしたのか。 それは決まっている。 本土にいる女・子供のため、我々の未来のため、つまり私たちのためにやったのだ。

その彼らが命を懸けて護った日本は今どうなっているのか。 親が子を殺し、子が親を殺し、仲間をいじめて自殺に追い込み、連日のように異常な犯罪ニュースが流れ、大した事件でも何も感じなくなってはいまいか。 個人主義がはびこり、自分にしか興味がなく、自分の為にしか生きていない。

硫黄島で散った兵士たちは我々をどう見ているだろうか。 我々がこの日本をどんな国にするのか。 我々がやらなければならない。

アメリカ兵の遺族は国費で慰霊のために硫黄島を訪れることができる。 また遺骨のほとんどがアメリカに帰ることができたそうだ。 しかし、日本の遺族は硫黄島まで自費で行くか、ボランティアの援助しかなく、多くの遺骨が埋まったままだ。

クリント・イーストウッドは、「硫黄島からの手紙」の撮影の際、日本人スタッフらに硫黄島での戦いについて尋ねた。ところが、日本人スタッフは誰もその実態を知らなかった。
クリント・イーストウッドは大変驚いたそうだ。

硫黄島の戦いは、日本が圧倒的に不利でありながら、日米間でもっとも激しい戦いで、唯一米軍の損害が日本の損害を上回った戦いだった。 そんな戦いをした栗林中将にアメリカは尊敬をしていたからだ。 そのため硫黄島はアメリカにとって日米戦の勝利の象徴になっていた。 硫黄島から生還された方に、金井啓さんと言う方がおられる。今年83歳の元海軍下士官だ。その金井さんに、独立総合研究所の青山繁春氏がこんな質問をした。

「日本は悪者だったと教えられたため、日本人はみんな無関心になってしまったのでしょうか?」 すると、戦後多くをずっと語らずにいたという金井さんが、

「その通りだよ!俺達のどこが悪者なんだ。あなた方を守るために私たちは闘い、みんなは死んだんだ!」そうして、次のように語った。

「帰って来てから水のことが忘れられない。地下壕でじっとしている間、タンクにある水だけが頼りだった。仲間が死ぬ寸前、水をくれというので、水と言っても60℃ぐらいありますから熱湯です。その水を末期(まつご)の水として、仲間の口にあててやるんです。そうすると熱湯だから唇が腫れるんです。だから、今はキンキンに冷やした水を仏壇に供えてやっているんです」

栗林中将は戦闘で斃れる間際このような短歌を詠った。

『国の為 重きつとめを 果たし得で 

矢弾尽き果て 散るぞ悲しき』

金井さんは青山氏と別れるとき、小さく海軍式の敬礼をした。 」

どうか、みなさんこれを見てください。

$クロッシェ 21


国益を考える講演会 平成21年3月22日 長良川国際会議場 ※動画はすべて著作権承諾済です。 ※無断での商用利用を固く禁じます。 ※動画は個人利用の範囲内でご利用下さい。 http://kokueki.cool-biz.net/【検索用タグ】国益を考える講演会 菅沼光弘 志方俊之 青山繁晴 田母神俊雄 大東亜戦争 東京裁判 真実を知ってほしい ソプラノ 石田祐華利 司会 田代直子 公安調査庁 自衛隊 陸上 海上 航空 国防 防衛 戦争 紛争 日本軍 国家 君が代 靖国 硫黄島 対日政策 反日 拉致問題 村山談話 慰安婦問題

国益を考える講演会 後編(1/8)【著作権承諾済】 (20:00) #sm6679288 http://nico.ms/sm6679288









どうか最後まで見てください…みてくれた方で関心を持ってくれた方が一人でもいたら、御水を南に捧げて祈ってください!そして、民主党に「硫黄島の遺骨収集はどうなったんだ?」とメール送ってください!私はもう送りました。

これは右でも左でもありません。「人間として感謝できるかできないか」の話です。感性の問題です。どうか何卒よろしくお願い申し上げます。

私の硫黄島のブログ。
http://d.hatena.ne.jp/hyuga226/20090830

この記事の中でも触れている「硫黄島からの手紙」という映画の中で、「一番よいのは、この島を海に沈めてしまうことだ」という台詞がありました。硫黄島を占領されるということは、日本に対する空爆の拠点を米軍に与えてしまうことになります。玉砕を禁止し、一日でも長く硫黄島を守り続ければ、それだけ日本人が多く生き延びられることになる。そして、守備隊の英霊達が一日でも長く守ってくれたお陰で、今の私の存在があるのかも知れません。

この記事を読んではじめて知ったのですが、硫黄島へ行くのは困難なんですね。今年の皆既日食のとき、NHKが硫黄島から中継していましたが、そのときの硫黄島の風景が忘れられません。砲撃で破壊された船舶の残骸が、いまだ残されたまま・・・。(GoogleEarthでも確認出来ます)日本の領土だというのに、なぜなんでしょうか。もし行くことができるのならば、英霊達に感謝の祈りをささげたいと思います。

「硫黄島からの手紙」と「父親達の星条旗」を見ましたか?この二つの映画は、日本とアメリカ両方の視点から描かれた映画ですが、多少の脚色はあるものの、非常に良く出来た映画だと思います。映画「パールハーバー」のような侮日映画ではなく、お互いの視点から正しく描かれた秀逸な作品です。クリント・イーストウッドの映画は以前から好きなのですが、この作品は特にお勧めです。(次点はスペースカウボーイかな ) 戦前世代の方々にお願いがあります。

「その通りだよ!俺達のどこが悪者なんだ。あなた方を守るために私たちは闘い、みんなは死んだんだ!」

上の一文ですが、多くの日本人が英霊達は悪者だと教え込まれています。子供や孫にもっと語ってください。私の父も戦前世代なのですが、当時のことを語ってくれたことはあまりありません。
恐らく、眞相箱などのGHQによる嘘の宣伝の影響だとは思いますが、本当の当時を語れるのは、経験者である「戦前世代」の方々だと思います。若輩者である私が偉そうなことを言っていますが、このまま誤解されたままでよいですか?是非誤解を解いてください。

$クロッシェ 21


『20万従軍慰安婦の嘘
外国人記者クラブ』


http://amba.to/11sDyQ3 

日本の兵隊さん達は 
武士道で戦っていたんです!


【速報・参拝きたー!】21日夜、麻生副総理が靖国参拝

 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013042100228

$クロッシェ 21



『新藤総務相が靖国神社参拝を明言 OKでしょ』

http://ameblo.jp/ginka-618/entry-11515065668.html


$クロッシェ 21


$クロッシェ 21


『青山さんもお怒りです
(麻生発言撤回の必要なかった)』
http://amba.to/18TsuPF


一日一善 護国活動の口コミ 情報拡散をお願いします 

(ツイッター[なう]、ブログ、メール、

SNS、FC いずれも効果あります)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村に参加しています

一日1回 ぽちっとお願いします (^_-)-☆

AD
いいね!(23)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。