夢のタネ

無意識に入り込んでいる刷り込み「洗脳情報」から自由になるために
TVやマスコミでは流されない色んな情報を探して掲載します。&時々雑談・・。


テーマ:

少し時間が経過してしまいましたが、、
先日、STAP細胞でさんざんこきおろされた、というよりも嵌められて貶められたのだろうと思われる、見ていても本当に痛々しかった小保方さんが博士号がはく奪されるというニュースがありましたね。

そのニュースに関連してマイミクさんが教えてくれたサイトがありまして、その時にまとめようとしていたのですが、なんだかんだと今になってしまったのですが、注目すべき記事も含まれていると思うので取り上げます。
ちょと長くなりましたが、サラっと読めると思います。


----------

■「STAP論文が潰された真の理由」(EJ第4122号)
http://electronic-journal.seesaa.net/article/426170096.html
2015年09月17日 Electronic Journal より転載

(※一部私が強調や改行位置を見やすい意図で変更しています。)

-------

 2015年5月7日から約5ヶ月にわたって書いてきた今回のテーマ「STAP細胞事件」は来週25日で終了します。書くべきことはすべて書いたし、STAP細胞はそれが出現しては困る勢力によって抹殺されたことが明らかになったからです。

なぜ、STAP細胞は抹殺されなければならなかったのでしょうか。これまで述べてきたことをまとめると、次の3つになると思います。

──────────────
1.STAP細胞の研究を進めると、従来の生物学や医学の常識をことごとく覆すことになり兼ねない。

2.STAP細胞はがんの治療に革命的効果をもたらすが、それは既得利権をすべて破壊する力を持つ。

3.STAP細胞の研究を認めると、iPS細胞は影が薄くなり、その世界的利権を失う可能性が高い。
──────────────

STAP論文そのものは、論文としては未熟であることは確かです。そのため、STAP論文はそこから攻め崩されたのです。潰す方としては、それが一番簡単だからです。
 
しかし、重要なのは論文のできではなく、論文の中身です。当初、理研が本人によるSTAP細胞の追試を渋ったのは、それをやらせると、それが論文の正当性を認めることになり兼ねないからです。小保方氏は自身の会見で「公開でやってもよい」ともとれる発言をしています。もし、本人が公開で実験し、STAP細胞が本当にできたら、誰も否定できなくなります。

それと生物学界や医学界が恐れたのは、STAP細胞の研究を認めると、必ず千島学説が出てくることです。千島喜久男博士は多くの論文を書いていますが、千島論文のできはSTAP論文と違ってほぼ完璧であり、どんな学者もそれを否定できなかったといいます。

九州大学が学位論文として提出された千島学説を10年間も店晒しにしたのは、論文の訴えていることが核心を衝いていることと、論文そのものがきわめてよくできていたからです。
 そのため、もし千島学説が登場すると、それは従来の生物学や医学の常識をことごとく覆すことにつながる恐れがあるのです。

したがって、潰しやすいSTAP論文の段階でを集中的に潰したのです。これが「1」です。
 小保方氏は、2014年1月28日のSTAP細胞の記者会見で、しめくくりとしてこう述べています。

──────────────────

従来想定できなかったような新規の医療技術の開発に貢献できると思っています。例えば、これまでだと生体外で組織をつくり移植するという方法が考えられておりますが、生体内での臓器再生能の獲得が将来的に可能になるかもしれないし、がんの抑制技術にも結びつくかもしれない。一度分化した細胞が赤ちゃん細胞のように若返ることを示しており、夢の若返りも目指していける
のではないか
と考えております。      ──小保方晴子氏
            ──毎日新聞科学環境部/須田桃子著
       『捏造の科学者/STAP細胞事件』/文藝春秋
──────────────────

既に指摘しているように、現代医療は単なる「老化」を病気として認定し、莫大な医療費を収奪しています。小保方氏は、STAP細胞によって「夢の若返りも目指していける」といっています。これが製薬業界を含む医療側としては、どれほど脅威か計り知れないものがあると思います。

さらに小保方氏は、「がんの抑制技術」にも言及しています。このインパクトはメガトン級です。医療側が小保方氏に対して恐怖を抱いたとしても不思議ではないのです。なぜなら、現代医療で一番儲かるのは、がん治療であるからです。STAP細胞はそれを根こそぎ変えるパワーを持っています。がん治療には、次の3大療法があります。

────────────────────────
        1.   手術
        2. 抗がん剤
        3.放射線治療
────────────────────────

岡山大学のインターンが付属病院の医療統計を調べたところ、80%がこの3大療法で死亡していることがわかったのです。そこで、これを論文に書いたところ、それは握り潰されてしまったという話があります。
 年間のがん利権はどのくらいかご存知ですか。15兆円です。国防費の3倍です。しかも、年々増える傾向にあります。

抗がん剤にいたっては0・1グラムが7万円もするのです。それで治るのでしょうか。治らないのです。巻末の「画像および関連情報」の立花隆氏の記事を読んでください。国(厚労省)、製薬会社、マスコミが組んで何かわるだくみをやっているのです。
 「世界の真実の姿を求めて」というサイトに次のような記事が出ていたので、ご紹介します。

─────────────────

厚生労働省にガンの専門技官て(いうのが)いるんです。技官ていうのは医師免許持ってるんです。要するにプロ中のプロですよ、日本の厚生行政の。そこに聞いたんですよ。「ズバリ聞きます。抗がん剤はガン治せるんですか?」。そしたら、「お答えします。抗がん剤がガン治せないのは常識ですよ」って、はっきり言った。               http://bit.ly/1O8uc6y

──────────────────

既得権団体はがん利権は絶対に離さないでしょう。彼らにとって、死活問題になるからです。しかし、STAP細胞が実用化されると、がんの治療法自体が変化する可能性があります。実際に千島学説によって、がんの治療法を変えている医師も出てきているからです。これが「2」です。「3」については、明日のEJで述べます。       ── [STAP細胞事件/095]


≪画像および関連情報≫
 ●『がん/生と死の謎に挑む』/立花隆著


──────────────────

・僕自身(立花隆)ががんになって癌関係のシンポジウムに招かれたときのことです。それは朝日新聞の主催で開かれた一般市民向けの大きなシンポジウムだった。

僕以外の演者はすべて、大学や大学病院のそうそうたる名医ばかりが集まっていた。
昼休みだったとき、控え室でみなが雑談的にいろんな話をしていた。いつの間にか話題が抗癌剤の事になっていた。抗癌剤がどれほど効かないかの話を一人がしだすと、皆が具体的な抗癌剤の名前をあげて、次から次にそれがどれほど効かないかを争うかのように、話し始めました。

「結局、抗癌剤で治る癌なんて、実際にはありゃせんのですよ」と議論をまとめるように大御所の先生が言い出すと、皆そのとおりだという表情でうなずきました。僕はそれまで効く抗癌剤が少しでもあるのではと思っていましたが。

それじゃ「患者よがんと闘うな」の著者の近藤誠さんの言っていたことが正しかったと言う事になるじゃありませんか?」と問うと、大御所の先生はあっさりと「そうですよ、そんなことみんな知ってますよ」と言いました。私(立花隆)が近藤理論が基本的に正しいのだと、認識が大きく変わったのはあの瞬間でした。 

──立花隆著/NHKスペシャル取材班『がん/生と死の謎に挑む』/文藝春秋刊
http://bit.ly/1O8uc6y




―――――転載おわり

(管理人)

ということでした。

先日、帰省していたときに、家の人から、私の調子が悪いのは規則正しい食事を3食定時に取らないからだとか、こちら関東のほうで癌が増えているというけれど、癌は出来てからそれが癌だとして認識されるまで成長するには何十年もかかるわけだから、放射能のせいではない!などとしたり顔で言っていました。

福島の方では子どもさんの甲状腺がんの発生率が何倍にも増加しているという厳然たる事実があるにもかかわらず、テレビを見ているとそういった、現在まで言われている御用学者的な知識だけで決め込んでしまい、それ以上のこと、それ以外のことを見る視点を持つことが出来なくなっている。ってこと・・・ありますよね。

こちら(関東)に住んでおらず、災害も原発事故も身近に感じることなく放射能の恐怖などをリアルに感じていないところではそのあたりの認識となってしまう人も多いのだと思います。
それは致し方ないのかもしれませんが・・・

そして、さらに正しい3度の食事のことを切々と説かれましたが、、それに対しても反論はしませんでした(面倒で)しかし実際、今殆どの人が信じて聞かされてきた常識というもののほとんどが、経済至上主義的な利益を生むことを元にした基準で教えこまれ、信じ込まされてきたと言えると思います。

しかし、本当に食事は3度3度、お腹が空いていなくても時間が来たら規則正しくとることが正しいのでしょうか?この考え方で、戦後、多くの日本人が過ごしてきているわけで、その通りにしてこの考えが正しいとするならば、国民病である癌や糖尿病なども減少して然るべきではないのだろうか??

しかし実際には癌も年々増加し、糖尿病に至ってはこの50年で50倍という統計が出ているという事実をどうとらえるべきなのか?

根本的に日本人には合わない欧米化したカロリー過多の食事も手伝い、加えて3度、3度とる食事スタイルに疑問が出てきます。

身体を形成しているのは食事なのだから、その食事自体に問題があるからこそ病気になっているということは、根本的に今信じられている常識を見直してみるという事も必要では?と思うんですよね。この世界のほとんどすべての常識とされているものも、経済的理由から言われてきたことが多い(消費励行)ことは確実なので、その根本的なところに疑問を持つべきだと思います。



―――――

そして、上記転載記事で出てきた、この千島学説とはどういうものなのか?
それについてもサイトがありましたのでご参考に。

■千島学説研究会サイトより一部転載
http://www.chishima-gakusetu.com/introduce.html


千島学説とは、生物学者 千島喜久男博士が、
1963年から提唱した学説です。

千島学説の特徴として、現代医学の常識とは全く異なる
学説であります。

そのため、千島喜久男博士の考え方を容認すると、
現代医学が成り立たなくなってしまうため、
学会からは黙殺・敬遠・タブーとされてきました。



■千島学説の考え方の一例

・血液は小腸の絨毛で造られる説。
(現代医学では、血液は骨髄から造られるという考え)

・細胞は、赤血球が変化したものという説
(現代医学では、細胞は同じ細胞からできるという考え)

・輸血は危ない
(輸血の恐ろしさは、医者が一番良く知っている。どんなに適合性を調べて輸血しても、死亡率50%の溶血反応が起こる可能性がある。また、輸血にまつわる感染もなくなる。)

・骨髄移植は危ない
(移植の際、患者はさまざまな危険な処置をされる。また、移植後、他の病状が出たり再発したりしている。)

・ガンは摘出するべきではない
(ガン細胞は赤血球からできている。摘出しても根本を解決しないと転移する。)

などです。



千島学説は当時も、2011年の今でも、現代医学からは受け入れられておりません。
しかし、東洋医学を学ぶ人間から少しずつ支持されてきています。

なぜ東洋医学を学ぶ人間が支持するのでしょうか?
それは、千島学説の理論が実際の治療とずばり一致しているからです。



千島学説は、生命・医学の革新的8大原理を基礎として成り立っています。
この原理のすべてが、現代医学で教えていることと違っています。


■千島学説の8つの原理■

第1原理‥赤血球分化説
第2原理‥赤血球と各種細胞や組織との間の可逆的分化説
第3原理‥バクテリア(細菌)やウイルスの自然発生説
第4原理‥細胞新生説
第5原理‥腸造血説
第6原理‥遺伝学の盲点
第7原理‥進化論の盲点
第8原理‥科学研究の方法論としての心身一如の生命弁証法



■千島学説の

「病気」とは一体何なのでしょうか。


多く病気は、肺炎、肝炎、気管支炎、胃腸炎、腎炎、膀胱炎、アトピー性皮膚炎など殆んどの臓器や組織の病気は炎症を伴ないます。炎症の特徴は、紅くなる、腫れる、熱をもつ、痛みと機能障害の五大特性があげられます。

これは血液が汚れ・滞り、つまり、過度に不要物・老廃物が蓄積されると、身体は生命維持機能の必要上、生体の防御反応として血液をそこに集中させる。そこで先の五大症状を伴う炎症が発症するのです。

炎症とは、血液の汚れ・滞り、腐敗物を燃焼させ、炎症部位の機能回復を促し、生命を維持するための必要から起こるのです。炎症は、からだを修復しようとする治癒現象とらえるべきです。病気は敵視するものでも、悪でもありません。


■では、癌とは何なのか?

4.ガンによる死亡者は年間34万人を数えるに至りました。ガンと宣告されると、多くの人は、凄まじい痛みを伴い、死病と思っています。

ガンは如何なる病気なのでしょうか。また、どのような療法を取れば治癒できるのでしょうか。


現代医学は、ガンは正常な細胞が突然ガン細胞に変異し、限りなく活発な細胞分裂を繰り返し増殖し、ガン腫を形成し、死に至ると考えます。

千島学説では、血液が汚れ、体が病的状態のとき、悪化した赤血球が集まり溶け合ってガン細胞に変わっていったととらえます。全身の血液が汚れ、それを一箇所に集めたものがガン腫です。汚れた血液を一箇所に集め、そこから排泄しようとする、いわば血液の浄化装置というものです。ガンも生体の治癒現象です。分かりやすくいえば、少々治りの遅いオデキに過ぎないのです。

千島学説に関する書籍を読んで頂ければ、ガンに対するイメージが一変します。末期ガンならいざ知らず、ガンは痛みが伴うものでも、死病でもないのです。恐れる必要もありません。

ガンを治癒するには、血液の浄化(きれい)に尽きます。ガンも『氣(心・精神)血(食)動(運動)』の不調和より生じたものです。とりわけ、食生活の欧米化。肉、卵、乳製品、白砂糖などの過剰摂取。食品添加物(化学剤)、農薬などの過剰摂取が原因です。いわば複合汚染により生じたのです。

食生活に関していえば、穀物・菜食・海藻類を基本的な食事としますが、大事なことは、

①食事の3S主義。自然の菜食(S)、少食(S)、咀嚼(S)を励行すること。
②体質の陰陽、病気の陰陽、食物の陰陽

この判断を間違えないことです。
ここでは、字数の関係で、陰陽についての詳細な説明は省きます。

また、『病は氣から』といわれるように、心のあり方、精神の持ちようも大切です。心の在りようが自律神経に大いに影響します。自律神経の調和=交感神経と副交感神経の調和をはかることも大切です。


5.ガンと診断されると、余命まで告げられことも多いのですが、医師はどうして余命がわかるのでしょうか。

人の余命などというものは分からないものです。その人の病気の進行度、体質、食生活、生き方、克己心、精神の安定度など考慮してみないと分からないものです。
では、なぜ、医師は余命を判断できるのでしょうか。

平成二年九月、米国議会技術評価局ガン問題調査委員会(OTA)が、画期的なガン・リポートを発表しました。その内容は、ガンの通常療法である、ガン摘出手術、抗ガン剤投与、放射線照射の三大療法が如何に誤りであるかを指摘し、自然治癒の数々の成果を紹介している。

OTAは743人の第四期の肺がんの患者を対象に、次の三つの抗がん剤治療を実施しました。

①三種類の抗がん剤を同時に投与。
②二種類の抗がん剤を組み合わせて投与。
③どれか一種類の抗がん剤を投与。

如何なる結果をもたらしたか。ガン縮小ということに限っていえば、予想した通り、①が一番縮小しており、次いで②、③の順でした。

然しだ、①の副作用もそれだけひどく、身体の抵抗力の低下、感染症、悪性貧血で死亡という副作用死も、①、②の順で、なんと③の7~10倍も出たのでした。

生存期間は、①の場合で、22、7週、対して③は31,7週でした。

実験リポートは、ガン腫の縮小という抗がん効果は、

①が最大であったが、生存期間は短い。
②縮小という制ガン効果が半分にもみたなかった。
③が逆に一番長生きしたのには驚かされという。

いずれにしても、どの抗癌剤も患者の命を長らえる上で効果的であったといえるものではないとも述べています。また、腫瘍が再悪化するまでの期間も、患者の生存期間も長かったのは、それまでに放射線治療を受けていなかった患者たちであったということも明らかにしています。抗がん剤ばかりでなく、放射線治療も新たなガンを発症させることも指摘しています。

一般的に、ガンの進行度の状況により

・0期
・1期…早期ガン
・2期…リンパ節に転移
・3期…進行ガン
・4期…末期ガン、と分類しています。

医師が、がん患者の余命がある程度、推測できるのは、ガンの進行度と先のOTA報告にあるように、抗がん剤の組み合わせに照らし合わせた結果、経験的に知っているからです。

残念なことですが、医師の指導により、抗がん剤療法、放射線療法を最後まで付き合わされた患者の治癒は不可能です。これも、病気は悪いもの、ガンは悪で、恐ろしいもの、だから、強力な化学薬剤や抗癌剤、放射線で殺すという西洋医学的発想が根本的に間違っているからに他ないからです。

以上、さらに詳細については↓

■千島学説研究会
http://www.chishima-gakusetu.com/question.html



――――― 転載おわり 追記

以前紹介した、このサイトの体験談にあるサナトリウムなども、この千島学説を基にしているのでは?と思われますね・・。

■世にも美しいガンの治し方
http://murakiterumi.com/cancer


世界は経済至上主義で動いているがゆえに、単純なものをわざと複雑化、難解なものにして、お金を流通させ儲ける手段としている人があまりに多いのでしょう。
そのようにしてしかこの資本主義社会は成り立たない。

こういった話を聞いていますと、素人ながら、何も知らない無知な人々を惑わせ、不要なモノ、こと、医療薬なども多用されているのではないか?という風に疑問が沸いてきます。

※なお、どの記事にも言えることですが、一つの説、情報として参考にしてください。




AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

ビタミンZさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。