最近の中国製品には
なんだかとてもワクワクさせられる。

それも日本企業が
自社の利益を出す為(コストダウンの為)に中国で生産したものではなく、
中国オリジナルの製品が特に面白い。

小型オーディオアンプ
各種LEDライト
バッテリー式エンジンスターター

そして今回の記事で紹介する



電球形 USB LEDライト USB LED電球 10W 簡単接続の電球形USB LEDライ.../Generic

¥価格不明
Amazon.co.jp

USB LED電球もそう。

今回購入したのは
上記で紹介したLED電球の
電球色バージョン。



中国からの発送なので
「発送しました」メールから
しばらくかかるのはご愛敬。


うるさく言ってきて利益だけを搾取する日本企業が関わっていない分
自由な商品開発ができるようになったのかもしれない。
前から言っているが、需要を確認してから商品開発をする
日本企業と
自分が作りたいものを作り需要さえ作り出してしまう中国企業。
この違いは大きい。

日本人お得意の消費者マーケティングから
大ヒット商品は生まれないだろう。
無難なものが世の中に蔓延し競争力も生まれず、
比べる基準は値段が高いか安いかだけ。
高くて無難なら
安くて無難なものを選ぶのが当たり前。

日本の企業は
見たこともない不特定多数の消費者の事なんかは忘れて
「自分が欲しいか欲しくないか」で
商品開発したらどうなのかな。

少なくとも自分が物を買う時は
高いか安いかではなく
どうしても買いたい、か いらないか
のどちらかなんだけど。

マキタの社員さんも
自社のADP05から取り出したUSB電源で
この電球を光らせてみてほしい。

いかに
大容量急速充電地×電球型照明が
「実用的かつ魅力的」であるかがわかると思う。

ただし、悲しいかな中国製品には
「質感と信頼性」というものがまるでない。
そこが勝負のしどころであるんだと思うけど。











AD

もう何年も前から個人的に希望していた

「コードレスLED電球」の商品化


パナソニックがやってくれましたね

Panasonic 乾電池エボルタ付きLEDランタン BF-AL05K-W/パナソニック(Panasonic)
¥価格不明
Amazon.co.jp

レビューを見ても


電球型ならではのデュフューズされた柔らかい光

暖色

コードレス


懐中電灯とは違う

電球型暖色LEDライトならではの「良さ」に気がついている人が多いようです。


メーカーの用意した写真も良いですね。

購入前に

こういう使い方もあるのか!と

色々想像する事ができます。


そしてこのライトを購入する人の頭の中に必ず浮かぶのは

「防災用途」としての利用価値。


私がいつも言うのは

防災用品は

普段から使い慣れているものにしたほうがよいということ。

これなら普段から使用でき、

停電したときも「電池の消費具合」や「この照度で出来る事」を

把握しながら光を操る事ができます。


ただ贅沢を言うと

パナソニックのこの商品

明るさが足りない。

普段使いは良くても停電時のメインライトにはならないでしょう。


電球100W相当の明かりで

一晩中点けっぱなしにしても

問題ない商品が


マキタ BL1830 リチウムイオンバッテリー 18V 純正【レビューを書いて100円引き】3...
¥9,610
楽天

を利用すれば

簡単に商品化できます。


マキタの掃除機、売れていますよね?

被災初日に掃除機使いますか?

満充電してあるバッテリーは

電球として使ったらいいんです。


電球の柔らかい明かりは皆さんなれているので

違和感を感じません。


私が電球型バッテリー照明を開発して欲しいと願うのには

意味があります。


確かにマキタのML801は災害時にも頼りになる傑作品です。

マキタ 充電式LEDワークライト ML801 本体のみ (バッテーリー別売)/マキタ
¥6,510
Amazon.co.jp

ただ、この照明で生活してみてください食事をしてみてください。

違和感ありまくりですよ。


緊急時にこそ

心安らぐ明かりが必要なのです。


パナソニックは

一足先に気がついたようですね。

暖色系電球型LEDコードレスライトの可能性に。


世の中のマキタバッテリーユーザーが

「絶対に欲しくなる」LEDライトを開発しましょうよ マキタさん


掃除機が大ヒットした時点で

工具以外の潜在需要にも目を向けるべきです


マキタのバッテリーシステムは防災の世界を変えますよ。







AD

きのう

何気なく実験したシステムが

気になって気になって


結局





ランタイムテスト始めちゃいました


BL1815バッテリーから

マキタの純正USBアダプター。


USBハブから






4つのLED電球へ。



LED作業灯も最近はなんだか価格設定が滅茶苦茶で

出力が大きければエラいというような流れになっている気がしますが

(主に中国製品)

完全に使い捨て覚悟の品質です。

こういうのを日本は真似してはダメですね。

大事なのはバランスです。


国内電機メーカーは

そろそろ光の「質」に目を向けてみませんか?

特にLEDは眩しい光源です。

マキタの

マキタ ML806 充電式LEDワークライト(本体のみ)/マキタ
¥8,200
Amazon.co.jp


も 理想の360度照明でリリースされましたが

私に言わせれば「十分な出力、おしい光質」となってしまっています。

乳白色の筒でデフューズされていますが

そのパワフルな出力から目に入るととても眩しい光源となってしまうのは

ユーザーであればご存知の事と思います。

ちなみにワット数で言うと

0.5W×20灯 で10W


かたや

電球形 USB LEDライト DENKI-U (電球色) USB端子に接続するだけで使える!お.../JTTオンライン限定商品
¥価格不明
Amazon.co.jp

ハブシステムで

4W×4灯=16W

合計ワット数が高いにもかかわらず

凄く優しい光である事が写真からもわかるはずです。



いや、わかんないか。

.

実際使ってみるとわかるんですけどね。。。

.

実は上記USB電球も完璧な光質とは言いがたいのが本音です。

この商品、目の付け所はとても良いのですが良くも悪くも中国製品。

電球色は雰囲気が出てますが

この電球色がウソっぽい。

私は日本の技術なら本当に心が安らぐ

電球色を開発する事ができると思うのです。

それを理解してくれるユーザーがどれだけいるのか?と問われれば

私は答えられません。

しかし、一見無駄と思える中国にはまったく興味の無いこのような研究こそが

使い捨て高出力中国製品に対抗できるLED界の希望なのではないでしょうか?

.

もしかしてすでに業務用、家庭用ではそのような流れがあるかもしれませんが

キャンプ用品、アウトドア用品、作業灯 には

眩しいだけのLED照明しかないですね。

.

私は職業柄、消費の二極化を実感しています。

企業がどちら側につくのか?舵取りが大事な時であるといえます。

.

インターネットのおかげで

アウトドア、キャンプもかなりこだわったアイテムを選択できるようになりました。

ホームセンター商品やコールマンに飽きてきたユーザーの

行き着く企業、メーカーがいまや日本のみならず世界中無数にあります。

.

しかし、残念ながら

今現在喉から手が出るほど欲しくなるような

アウトドア用バッテリー照明が存在しません。

.

眩しいだけのLEDランタンを

なんだったんだアレは

と 懐かしめるような 心に響くLEDバッテリー照明の企画を

どこかの企業がピックアップして開発、販売してくれないかな と思っています。

.

もうLEDの照度と低消費電力は十分なものです。

次のキーワードは所有感と安らぎではないでしょうか?

.

とうとう今年手に入れましたよ

.

扇風機 グリーンファン ジャパン

¥37,800
楽天
.

誰が買うんだこんな高い扇風機

ときっとここの社長は嫌と言うほど言われてきたでしょう。

私は風に「質」がある事をこの扇風機に教えられました。

そして日本の製造業に少しでも協力できた事を

誇りに思っています(恥ずかしげも無く)

.

.


同じように

誰が買うんだ安らぎの感じれるLED照明なんて

と言われるかもしれませんね。

しかしですね、眩しいだけのLED照明に疲れちゃった人、

いると思いますよ、私は。






AD