STIHL HSA25 VS MAKITA MUH263

テーマ:

私は秋冬に植木屋さんのお手伝いをしているのですが、

なくてはならない道具の中に

ミニバリカンというものがあります。

 

私が使用しているのはマキタの

 

 

MUH263DRF

↑これはバッテリーと充電器のセット。

 

バッテリーと充電器をお持ちの方は

本体のみ購入でOK

 

 

これがあるとないのとでは

仕事の効率が大きく変わります。

個人邸では

ミニバリカンだけの刈り込みってことはなかなかないので

BL1830バッテリー一つで

十分一日作業が出来ます。

とにかくバッテリー切れの心配をしなくてよいほど

電池の持ちが良いのです。

 

ひとつ、使っていて気になる点があると言えば

ホームユーザー向けの質感、品質であるという点。

1代目はモーターが壊れて、現在2代目。

プラスチッキーで中国製、ということで

マキタの本業 プロ用電動工具とは

全く違う考えで作られていると感じます。

 

しかし、「使える」道具なのも事実。

プロ仕様の2万円台モデルが出ても

プロなら十分費用対効果のある道具ではないでしょうか。

 

そんなミニバリカンがドイツのチェンソーメーカーである

STIHLから発売されるという情報を入手したのが去年の夏。

予定よりだいぶ遅れて、ついこの間発売されました。

 

 

「プロ仕様」を期待して購入。

 

 

私は仕事道具、特に刃物は

「中国製品」を使用しません。

中国製品も確かに良くはなって来ていますが、

たぶんプロを納得させる「刃物」を

中国では作れないでしょう。

ドイツ、スイス、日本

刃物は民族の「気質」から生まれるものだと

私は考えています。

ただ、日本が他国にかなわない部分もあり

中国が他国より優れている部分もあるのです。

コストをきちんとかけた中国製品は

やはりそれなりに良いものになります。

 

ちなみにSTIHLのHSA25は

ドイツ製。

 

キャリングバックと

 

充電池、充電器は

 

中国製です。

 

驚いたのはHSA25の販売価格。

本体+充電器+充電池で

2万円を切ってしまうんです。

これは売れてしまうのでは?

と、買いやすい価格の喜びと同時に

STIHL HSA25までもがホームユーザー向けミニバリカンなのでは

という不安感。

 

自分的には必要ない安っぽいキャリングケース

セットに含まれる

芝刈りアタッチメントと

バリカンアタッチメントは

素早く簡単に交換可能。

(工具の必要なし)

 

ではマキタのMUH263と比べてみましょう。

 

まずはバッテリーから

大きさも重さも全然違う。

 

ちなみに電圧も違います。

STIHL 10.8V

MAKITA 18V

 

電流はもはや選び放題なので

使用時間はマキタの圧勝。

軽さはSTIHL.。

 

 

ややSTIHLのほうが刃が短い

 

 

小回りがききそうだけれど

グリップの角度の設定が

吉と出るか凶と出るか

 

 

重量バランス。

 

マキタはスイッチ部にバランス点

 

バランスが良い道具は使っていて疲れない。

 

こちらはSTIHL

バッテリーが軽いので

かなりのフロントヘビー。

 

ではSTIHLが使いづらいのかと言ったら

全くそんなことはなく

 

1キロを切る製品重量では

フロントヘビーも全く気になりません。

 

刃のサイズ、受け刃の構造、考え方は

両社違うようなので

実践投入でどうなるか

 

明日は朝早いので

中途半端に切り上げますが、

実際に使用したら

また使用感などを記事にしたいと思います。

 

なお、一般の方でもSTIHL製品を購入することが出来ます。

STIHL製品は購入できる店舗が限られていて

対面販売が基本です。

 

STIHL製品購入可能店舗検索のリンクを張っておきますので

活用してください。

http://www.stihl.co.jp/dealer-locator.aspx

 

最近STIHLにカジュアルユーザー向け商品も増えてきました。

これまで以上に販売方法を考えないと、

狙ったユーザーに自慢の商品が届かなくなると思います。

普通の人には

専門ショップは「プロしか行ってはいけない場所」だと思われていますよ。

もしくは行きづらいんです。

 

機械の事を何も知らないお客さんの対応は

正直大変な仕事になるかと思われますが、

STIHLが対面販売を徹底する以上

カジュアルユーザーの購入窓口は

プロショップである販売店さんしかないわけで、、、

 

買う側の立場で述べさせていただきますと

販売店さんの対応次第で

同じ「モノ」でも

道具への愛情がまったく変わります。

 

気持ちの良い買い物をした後は、

その道具を見るたびに気分が良くなりますし

残念ながらまたその逆もあります。

 

ユーザーは販売店の思想や努力を、

販売店はユーザーの気持ちを

お互いに思いやって、

「価格」だけではない

長いお付き合いを実現させていただきたいと

考えています。

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

AD
あまりにも自分の中で
マキタのバッテリー式スピーカーMR200の存在が大きすぎて、
連日それネタになってしまいそうだったのですが
1年越しで書きたかった記事が書けそうなので
今日は刈り払い機ネタです。

本日のお仕事道具


マキタの分割式18Vバッテリー刈り払い機
マキタ 充電式草刈機 18V 3.0Ah (本体のみ) [2014年 草刈正雄テレビCM商品].../マキタ

¥29,400
Amazon.co.jp





カルマーProを装着した
新ダイワのRM2130

です。

砂利が敷いてある駐車場の草刈りだったので
石はねを極力避けるため
ナイロンコード以外の機種をセレクトしました。

住宅地、朝7時からの作業という事もあり
マキタのバッテリー式を選択。

バッテリーのほうは、定期管理作業という事もあり
パワーコントロールは最小で十分。


たまにレビューで、力がない、電池が持たないと書いていらしゃる方がいますが
決してこの機種が悪いのではなく、用途違いの作業にこの機種を選んでしまったのが
不満の原因です。
この機種の長所はパワーは無いが、涼しい早朝に静かにかるーく作業ができる事。
木みたいに大きくしてから、パワー全開にしてバッテリーがもたん!
そんな無茶言うからメーカーは新機種をパワー重視で開発してしまうのです。

私は、今でも自分で使っている初期型のバッテリー刈り払い機に魅力を感じています。
とにかく軽いし、小さいバッテリー一つで動くし
「鎌」代わりに、使うかわからない時にも軽トラに放り込みます。
手軽に使えるんだから、まだ草丈が小さいうちに使えばよい。
パワーが欲しいならエンジン刈り払い機を選びます。

カルマーは草刈りを仕事にしている方なら
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
「挟んで草を切る」ので砂利や石などを吹き飛ばさないのが魅力の
エンジン刈り払い機に後付するアタッチメントです。





実際今日使用してみて、非常に有用性のあるツールであることを確認しました。
交通量の多い道路でも、石跳ねを気にせず一人で作業ができます。
私は嫁さんとチームを組んで仕事をしているのですが、いつもなら
石跳ね防止のネットを持ってもらうシーンでも、カルマーのおかげで
刈った草の片付けに回ってもらえました。
仕事が半分の時間で終わってしまうわけです。
石跳ねを気にしないプロの方もいますが、
気にしていても必ずやってしまうのが石跳ねです。
石跳ねでトラブルを起こすリスクを減らすには

砂利、小石のある所ではナイロンコードを使用しない。

地面すれすれで刈らない。

コンパネやネットで小石の飛散を防ぐ。

カルマーを使う。

趣味ならどれでも良いのですが
一番効率よく仕事をするにはどうしたらよいかを考えた結果、
カルマーとなったわけです。

しかしカルマーは、刈り払い機を選ぶ。
これが最大の壁です。
とりあえず動くだけならどんな刈り払い機にも装着できるのですが、
「効率よく、快適に」となると
今持っている刈り払い機に、というわけにはいかないのが現実です。

まずはバランスの問題。
カルマー自身の重さからかなりのフロントローに。
ストレートハンドルやループハンドルでフロントを持ち上げながらの使用は
まず現実的ではありません。
地面を滑らせながらの使用という前提で考えると、一番相性が良いのは
一般的なUハンドルタイプの刈り払い機でしょう。
いくら滑らせながら使用といっても、エンジンとカルマーのバランスをとらないと
使いずらくてしょうがない。
軽すぎるエンジンだと、カルマーとのバランスをとるために
吊り支点をかなりフロント側にセットしなくてはならなくなります。
とても使いづらそうな画が想像できますでしょうか?

完ぺきなバランスのためには、ある程度エンジンの重さも必要になる、という事です。
そして重いエンジンはもう一つのメリットを生み出します。
排気量、つまりエンジンパワー。実はカルマー、快適に使うための
第一条件は大排気量がもたらす余裕のパワー、トルクなんです。
アクセル全開にしなくてもカルマーが使用できれば
それはそれは疲れ方が全然違うんです。

私が選んだ刈り払い機は




【SHINDAIWA/新ダイワ】肩掛け式刈払機RM2130-2TD[刈払機/草刈機/草刈り機/...

¥57,457
楽天


ベストバランス。

飛散物防止ネット要員や
器物損壊のリスクを考えれば、
決して無駄な投資ではないと私は考えます。

最後に、このセットを
たすき掛けの1本ストラップで使用して
重くて使えねーじゃねーか と言ってしまうのが日本人。
カルマーに不満な人のほとんどが
解決できることを解決していない方だと思われます。






STIHLのフォレストリーハーネス「アドバンス」

これさえあればどんな重量級刈り払い機でも
重くて辛くなることはありません。
ただし、使う人の体に合わせたセッティングが必要です。
嘘のように軽くなるポジションがあるのですが、
また日本人はこういうの苦手なんだよな。。。。
めんどくせーってなっちゃうのが目に見える。

カルマーProを快適に使うなら



ハンドル形状と
吊り点のバランス
エンジンの排気量と
重さを感じさせないハーネスが
ポイントです。

私が考える道具の価値は、
金額の大小ではなく、
いかに自分の理想通りの働きをしてくれるかです。
たとえこのセットが10万円しても、
10万円以上の働きをしてくれれば
それで十分価値があると判断します。

手元に10万円あったとしましょう
節約をして、お金を残すのも人生ですが
10万出して20万稼ぐのも人生。

道具ばかりを買って馬鹿な奴だと思われるでしょうが、
道具を売って家族を養っている人達がいる限り
金の流れは断ち切っちゃいけない、
そう思っています。

買う人がいるから
売る人が買える人になる理屈で考えると
小消費世界の未来は?
節約行為は巡り巡って自分の首を絞めているのでは?

消費とは血液と似たようなもの

日本よ

そんな青っ白い顔で
元気出せったって そりゃ 無 理 だ


そんな私の
投資先









【送料無料】アイデック 刈払機アタッチメント スーパーカルマーPRO【ASK-R23】【smt...

¥19,800
楽天

AD


トラクターはクボタのKB21。
21馬力の後輪クローラー仕様です。

広大な畑の耕耘仕事を効率良く行うには
少々サイズも馬力も物足りないのですが、
そこが勝負のしどころでした。

もちろん大きいトラクターが買えないという
懐事情が一番大きかったのですが
(トラクターは大体1馬力10万円という目安がある)
耕耘委託事業を視野に入れた時、
広大な農地は大きいトラクターを持っている人のほうが
早く安く耕耘することができる。
小さい農地は近所の農家が格安で
耕耘をしてしまう。
普通に考えて
トラクターを新車で買うだけの事業として成り立ちませんでした。

人と同じ事をしていたら
価格競争に巻き込まれて「終わり」
というのは今も昔もどの業界を見ても明らかです。

数年前に亡くなった大好きな祖母が言っていました。
「人が寝ている間に働け」
当時の私は働く時間の事を言っているのかと
思っていました。
しかし、最近になってその言葉の本質が分かったような気がするんです。

時間という事だけで考えると、
人が休んでいる時に働けよ という事なのですが、
投資家で頭のキレた祖母は
この言葉の中にもう一つの意味を持たせていたんです。

日本人があまり表に出さない
「金」の話。
要するに、
人が節約してお金を使わない時にこそ
投資しろ

という事なのです。 (強引な解釈ではありますが 笑)

どう?あってる?>ばあちゃん

こんな時代ですから、銀行も農協もお金を借りてほしいわけで
現金が用意できない私でも、数十年間金融機関と真面目に付き合っておけば
まとまった金額を貸していただくことが可能です。
で、今回の勝負となるわけですが、

正直な話、特殊分野に絞ったといえども
耕耘だけでトラクター購入代を回収できる事業は不可能です。
自分の家には畑もありませんし、、、

しかしカルイのトラクターPTO接続式のチッパーを接続できれば
話は別です。

先に言っておくと
このチッパーが購入できなかったら
トラクターの購入自体が事業として大失敗になってました。
(稼働率が低すぎ)

クボタトラクターKB21+カルイPTO-1500N
の組み合わせは
軽トラックが入れる場所であればどこでも突っ込んでいけるし、
軽トラックが入れないような斜面もどんどん降りれる登れる。
狭小地の開墾を仕事にした私にはぴったりというか
なくてはならない存在になりました。





処理能力は、
かなりわかりづらい写真なんですが
ほとんどばらしていない奥に山になっている「伐採枝」が
2時間ちょっとで処理できました。
少なく見えるんですが、実際見てみるとげっそりする量です。
枝の全長は3メートル程、枝の股はそのまま残してありますが
そのまま入っていきます。
それをきれいに積み重ねてある山なので
結構あります。
2tロング1.5~2台分くらいかな。

手前の袋にめいっぱい入ると人力では持ち上がりません。
こういう時にフロントローダーが役に立つ。

出来上がるチップが上質すぎて
ちょっと困ったことが起きています。
通常、伐採時には伐採枝の処分費をいただくのですが
(チップにしない場合は処分場でお金がかかるので)
今の所100%の人が畑に置いていってくれと言うんです。
防草材やたい肥として使用するのでしょう。
それほど細かく上質なチップです。
お客さんからしてみれば、処分費が浮いたんだから
「安く」して欲しいと思われるかもしれません。
(実際言われたことはないのですが)

この状況にはとても頭を悩ませます。
今までになかった悩みです。

最大処理径は150mmですが
作業スピードを重視する現場では
100mm位までを現場処理
それ以上は枝葉で廃棄処分するのが
スマートかなと思います。
うちでは薪にしますが。

チッパー作業時の枝払いには
バッテリーチェンソーが便利です。
エンジンの再始動の必要がありませんし
女性でも問題なく扱えます。








エンジンを持って行ってもなかなか使ってもらえないので
グランドはすべてバッテリーにしました。
STIHLのMSA160でストレスなく切れるサイズが
ちょうどチッパーの最大処理径付近なので
とても使いやすいのです。
AD