一つはっきりしているのは

今まで出来なかったことが

「出来るようになった」という事実を、

余りに多くの人が知らない事。

 

我々は、日々更新される技術革新の間に存在していながら

それを活かしきれていない。

 

今まで出来なかった事が出来るようになっているのだから、

そこにビジネスチャンスは確実に存在しているはずなのに

異業種間の協力関係を良しとしない社会の風潮から、

生まれるべきものも生まれなくなっている。

 

私に言わせれば、

18V工具用バッテリーは、ビデオテープ並みの規格戦争を

起こせる優れた逸材だ。

私の中には、日立工機がマキタのバッテリーシェアを奪う

シナリオがすでに出来上がっている。

 

マキタに恨みはないけれど、今までマキタのバッテリーツールを

ブログで売り込んできて、生まれたものもない。

常に一方通行という状態に、やりがいを見失ったというのが
私の本音だ。
 
さて日立工機はどうだろう。
私が第3の営業となり、働こうではないか。
 
工具用バッテリーを電源とする
日立工機 USBアダプタ BSL18UA を使用し
今回 組んだのは、
 
 
屋外用大音量スピーカーシステム。
 
18V6Ahバッテリーで
(USBアダプターを使用するので出力は12V2A)
どこまで大音量が出せるのか?を試してみた。
 
 
スピーカーはYAMAHAの
MAX250Wのモニタースピーカー。
はじめはアンプに合わせて小さめのスピーカーのほうが
鳴らしきるか?と他の小さいスピーカーをセットしてみたが、
音量は出ても音の迫力感が全く出なかった。
 
ライブハウス通いしていた私にとって
音の良さとは、その音で踊れるか踊れないか。
(自分は踊れないんだけど、気分の問題)
クラシック系のオーディオマニアとは、音の嗜好も違う。
 
それでも、こんな小さなシステムで
「この音」が出せるなんて、マニアでもマニアでなくても
普通に驚くはずだ。
マキタのブルートゥーススピーカー「MR200」は、まさに
踊れる音作りなんだけれども、
各種イベントには役不足であり
私が目指したのは、数十人規模のイベントで
十分実用的な音量が出せるスピーカーシステムである。
 
使用したアンプは、これ。

 

 

アンプが

何のことだかわからない、工具用バッテリーメーカーの方達には

ぜひ知っていただきたい。

日立工機 18V6Ahバッテリー もしくは

USBアダプタ BSL18UA は

すごい勢いで進化している、小型デジタルアンプをドライブする

能力を備えている、という事。

これが可能性。

 

スマホ→アンプ→スピーカー 接続では

繊細で綺麗な音になるが、迫力に欠けた。

目指していた踊れる音とは程遠い。

 

そこで、所有している

audio-technica ポータブルヘッドホンアンプ AT-PHA10

をスマホとアンプの間に通してみた。

 

 

 

音「質」は、このシステムにおいて向上することはなかったが、

(むしろ雑味が増える)

迫力に関しては、別物になった。

 

アンプのボリュームも下げられるので

バッテリーの消費量も抑えられる。

(ボリューム12時付近)

 

ボリューム半分で、

こんな小さなバッテリーを電源として出しているとは

「信じられない」

音のコシと、ヌケと、圧力。

野外で踊れる音作りをするなら、質よりも量感が大事だと

再認識。単純に音量だけでもない。

豊かな「量感」だ。

 

ちなみに、このシステムは軽トラごと移動するので

日陰に移動するのも楽。

どこでもDJ。

 

だったはずが、この後移動中スピーカーが

軽トラックから落ちて、機材一式が宙に舞った。

 

スピーカーは必ずコードを外し、倒して運搬。これが今日の教訓。

 

さて、こんなマニアックなシステムに

本当に需要があるのか?

 

私は常に防災を意識して、

リチウムイオンバッテリーツールの可能性を考えていて、

このシステムも例に漏れる事がない。

 

もちろん野外ライブの小型PAシステムに流用できるし、

小さなDJイベントでは、必ず「盛り上げてくれる」

ツールになる事は間違いないのだが、

ビジネスとしての魅力は低い。

 

私が狙うのは、全国各地にある小中学校である。

災害被災時には、小中学校が避難所になる。

 

人が集まったら、人をまとめなくてはいけない。

大声を張り上げて、数百人の人間に

「意思」「情報」を伝えるなど、まず無理だ。

そして、道具が開発されたのだが

よくあるラッパ型の拡声器は声が聞き取りづらいことこの上ない。

誰が聞いても聞き取りやすいことが重要なのである。

しかし、電源のない停電時に声を増幅させる方法は、今までこれしか無かった。

 

私の構築したシステムならどうだろう?

上記システムにミキサーをつなげば

十分実用簡易PAシステムとなりえる。

 

私は、こういった自作システムを推奨しているのではなく

実際、パーツを組み合わせれば道具として実用レベルに

達することをメーカーの方たちに伝えたいのだ。

 

企業の朝礼、ミーティング

地域の催し、祭り、防災対策(避難所)

屋外大音量PAシステムを必要とする場所は

想像以上にあるはずだ。

 

コードは本体とスピーカーをつなぐだけのコードが一本。

誰でも使える仕様にするのが

普及のカギとなるであろう。

バッテリーの充電は問題ない。

小、中学校なら掃除に掃除機を導入し

各クラスにひとつづつ、黒板消しの要領で

充電器の定位置を決める。使ったら必ず充電器へ。

 

緊急時は、そのバッテリーが

情報供給のためのラジオの電源、

夜間のLED照明の電源、

避難所のPAシステムの電源となるわけだ。

 

防災用の電池は「保管する」から

「普段から積極的に使用する」というのが

これからの常識になっていく。

 

最後に、私の考えを。

自社ですべてのバッテリーツールを生み出す方式は

多様なニーズにこたえられないし、

顧客層を絞ることが出来ない。

実際、日立工機は今価格競争に巻き込まれていると言わざるを得ない。

安いから買う。でついた客は

他で安くものを出したらそちらへ行ってしまう。

 

私は、優れた日立工機のバッテリーを世に広める方法として

日立工機バッテリーシステムの

規格、ライセンス商法を提案したい。

マキタが二の足踏んでいる今がチャンスだ。

 

バッテリーシステム(心臓部)の提供を受けたい企業は

かなりあるはず。

用途を特化した専門機器メーカーでも

コストをかけて、いつまで生産できるかわからない

機種と専用電池を1から考える体力のある企業は、

そうはない。

餅は餅屋だ。

ライセンス料にコストがかかっても

結局トータル的なコストカットにつながる。

 

ユーザー側の意見としても

バッテリーは使いまわしたいというのが本音であり、

ライセンス契約した機器に限り2年保証が

そのまま受けられるのであれば

決して日立工機の18V6Ahバッテリーは高くはない。

18V6Ahバッテリーの充電時間がわずか30分とは

驚異的だ。

これだけでも日立工機を選択する理由になる。

 

 

 

ただやはり、バッテリーツールの

ヒット商品を、自社から出そうとあがくよりも

日立工機のバッテリーライセンス業務をヒットさせたほうが

ビジネスとしては効率的であろう。

 

最近新発売した

これが、売れたら考えを改めるが。。

 

 

マキタに比べ

日立工機には欲しくなるバッテリーツールが少ないのも

要改善事項。

 

安く数を出すよりも、

専門性のある道具を

適正価格で売り上げ利益を出すほうが

日立工機の未来を作り出すと考える。

異業種との情報共有を。

 

私の放った

キラーボールに意味がある事を願う。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

AD

日立工機 USBアダプタ BSL18UAの

 

 

12V出力を徹底的に活躍させようじゃないかというこのシリーズ

第2回目です。

 

マキタとは違いUSB出力以外に

12V出力が備わっているのが、日立USBアダプター

最大の特徴。

 

メーカーから特に接続コードは販売されていませんので

別途、接続対象機器に合わせたコードとジャックが必要ですが

私はこの変換ジャックセットを使用しています。

 

 

 

とても便利なセットで、

この後出てくる電球の接続に重要なコードが

含まれています。

 

これだけあれば、

ACアダプターを使用する

ほとんどの12V機器との物理接続が可能。

(機器が使える使えないかはまた別)

 

前回の記事

バルミューダ Greenfan2との接続に使える

ジャックも入っています。

 

手前の2本がそれ。

 

12V電球の接続には

 

E26用の防水ソケットアダプターと

 

 

セットに入っている

片側配線むき出しのコードを使用します。

 

こんな感じで。

 

 

比較までに

マキタのUSBアダプターと5V仕様のLED電球を用意しました。

 

左 マキタ 18V6Ah + 5V10W

 

右 日立工機 18V6Ah + 12V20W

 

写真だとあまりわかりませんが

確実に照度は12Vが上です。

 

で、気になるランタイムテスト。

 

バッテリーはマキタも日立工機も18V6Ah

 

 

4時間経過時点でまだ点灯

 

4時間3分30秒時点で

 

 

 

マキタ 5V LED電球のほうは

 

残りバッテリー

まだまだ余裕。

 

日立12V 20WLED電球

 

 

残量表示なし。

 

12V 20W LED電球は

確かに照度は大きいですが、

電球の持つ熱と

電池の消費が想像以上に大きい模様。

 

 

 

比較用 5V LED電球の詳細はこちら

 

 

玩具みたいな作りですが

裏を返せば超軽量。

発熱も12V 20W電球よりも少ないです。

 

 

 

12V 20W電球の詳細はこちら

 

 

消費電力、発熱とも確かに大きいですが

作りはがっしりしているし、明るさがあります。

 

 

 

災害緊急時など、電力に限りがある場合は

低消費電力である5V LED電球が良いと思われますが、

 

日常、特に「業務」での使用となると

5Vの明るさは ただ照らすだけの明かりであり

作業に適したものとはいいがたいです。

やはり、ランタイムが短かったとしても

業務用途には12V LED電球が正解でしょう。

感覚的には

家庭用の100V100W相当LED電球よりも明るいです。

 

例えば、ちょっとした小規模屋外夜間工事作業、

電気線の引いていない屋内作業、

電球型は光の質、照射角共に便利ですが

5V電球での業務用途は厳しいのが現実です。

 

私はマキタ、日立 共に

ランタイムは短くても、簡単な夜間作業が出来る

このような電球型バッテリーライトシステムが

企画、開発されたら かなり実用的ではないかと

感じています。

 

実際、素人の私でも部品を組み合わせれば

家庭用100W相当以上のモバイル夜間作業灯が

作れるわけですから、

メーカーが本気になれば、もっとスマートかつ

低消費電力、高照度、広範囲照射の

モバイル18V電球型ライトが生まれるのではないでしょうか?

 

電球型のメリットは全方面発光であり、

吊るして使え、

置いても使え、

仕込んで使える。

 

電球型は使い慣れている光源なので

違和感も少ないんです。

 

ランタイムテスト

5時間27分経過。

まだ両方とも点灯中。

 

所用で外出してしまい

帰ってきたら12V20Wのほうが消えていました

 

6時間53分。

 

5V10Wのバッテリー残量は

まだ目盛り三つも点灯しています。

これはこれで凄いですね。

緊急時には十分な明るさですし、

通常使用でも

特に「作業」に明るさを求めないのであれば

5V10W運用でもまったく問題なさそうです。

 

ただ、やはり12V20Wの明るさを知ってしまったら

5Vには限界があるんだな、とわかります。

 

5V10Wですが

11時間26分を過ぎても点灯し続けています。

 

バッテリー残量は

 

さすがに残り1。

 

5V10Wが12V20Wに比べて暗いと言っても、

生活が出来てしまうくらいの明るさが

こんな小さなバッテリー一つで、

日立に限って言えばたった30分の充電で可能になるのです。

 

インバーター発電機や

輪番停電時の電力供給時を有効活用すれば

災害時に暗闇におびえることはなくなりますね。

30分充電で

丸一日一部屋全体を明るくしてくれるんですから。

しかも見慣れた電球そのままの明かりです。

 

これからの夜間防災対策は

懐中電灯だけではなく、

夜間生活用の電球型バッテリー式ライトの常備も

必須になりますよ。

なにより、見慣れた明かりというのが

一番重要な事です。

光の堅い投光器や懐中電灯では

疲れて心も休まりません。

 

乾電池式のランタンは

乾電池使用期限の問題

液漏れの問題

ランニングコストの問題

暗さの問題

乾電池の入手性の問題

から私はあまり防災用品に適しているとは思いません。

 

工具用充電池のUSB出力活用を

広めていきたいと考えています。

少々暗くても長い時間使いたい場合は

単純にW数の少ないUSB LED電球を選べばよいです。

 

 

これなら小さなバッテリーでも

長い時間使えますよ。

(発光色 白 電球色 2色ありますので注意)

 

日立工機 USBアダプタ BSL18UAなら

2灯同時点灯も可能です。

 

 

----------追記-------------

 

日立工機のUSBアダプタを使用し、

「5V10W」のLED電球を2灯同時に使用したところ

安全装置が作動してしまい、点灯させることはできませんでした。

マキタのUSBアダプターは同環境で

問題なく2灯使用出来るので、この条件では

マキタのUSBアダプターに軍配が上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

最初に断っておきますが

これはあくまでも個人的な実験であり、

確実な動作を保証するものではありません。

(機器故障の恐れもあります。すべて自己責任で)

 

目的は、メーカーに向けた新商品企画開発の「きっかけ」作りです。

 

ブログを読んで気分を害する方が出るかもしれません。

しかし、本音で話をしないと伝わる事も伝わらないので

素直に自分の考えていることを書きます。

 

過去小さいながらも色々な事業(と呼べないものも含め)

を起こしてきました。

私自身は何も変わらないのに、最近やっと

食べられるようになってきたのは、

決して自分が昔に比べて2倍3倍と働くようになったわけでは

ありません。

 

体は一つですし、体力的には衰え始めています。

では何が変わったのか?

 

凄く単純ですが、とても難しい事です。

なぜなら

この方法ではすべての人がハッピーになれないのですから。

 

ここ数年で何が変わったのか?

答えは、「取引先」つまりお客様です。

 

同じ仕事内容、仕事量でも取引先が変わるだけで

収益、利益が変わるんです。

取引先を

勤め先に置き換えることもできますね

 

インターネットで「高すぎる扇風機」で話題の

BALMUDA GreenFanシリーズ。

 

扇風機に2万も3万も出すなんて「あり得ない」

というのが一般的な意見。

 

 

特殊形状の羽根が生み出す風の心地よさ。

 

この普通の扇風機との違いに

「価値」を見いだせない消費者は

初めからターゲットにないのです。

一般的な消費者の意見に媚びた

総合家電メーカーからは生まれようのない製品でした。

 

低消費電力が売りであるDC扇風機はバッテリー駆動の

相性が良いので、バルミューダも純正オプションとして

バッテリーキットを用意しています。

 

バッテリー×DC扇風機 の有用性がこれだけ

認知されているにも関わらず、

 

マキタは、資本提携がなされたシャープとの関係がありながら

バッテリー式低消費電力DC扇風機を絶好のタイミングで

開発、発売をすることが出来ませんでした。

 

今発売されているマキタのバッテリー式産業扇は、

騒音、高消費電力で 用途が限られてしまいます。

 

 

確かに、ユーザーターゲットを絞ったという点では納得がいくのですが、

マキタ自身がマキタバッテリーの可能性を放棄していると

私は感じてしまうのです。

 

マキタのバッテリーシリーズ購入層は、

プロ用工具をのぞいて

家庭での汎用性を求め

災害時の活躍を期待し

アウトドア、キャンプでの使用も

もちろん想定しています。

 

もうターゲット、コンセプトが

工具のおまけではなくなってきているのです。

 

私は、家庭で日常使用できる

超急速充電バッテリー式DC扇風機を提案する上で

市販品を用い、システムを組んでみました。

(日立工機バッテリーユーザーになりました)

 

日立工機のUSBアダプタ BSL18UAは

12V出力が可能です。

 

 

 

 

変換可能なDCジャックを用い

BALMUDA GreenFan2と接続します。

 

30分超急速充電、低消費電力扇風機の出来上がり。

 

 

風量を上げていっても問題は発生しませんでしたが

 

点灯4つの最大風量+首振りは

バッテリー出力(電流)の上限を超えてしまいそうなので

テストはしませんでした。

 

この扇風機で最大で使う事は

私はまずありませんが。

 

エアコン併用の場合は最弱でも十分です。

 

最新のgreenfan japanも使用していますが

DCジャックの入り口が特殊形状の為、

汎用ジャックでは使用できません

(物理的にジャックが入らない構造)

 

私がテストに使用したのは

過去モデルの

greenfan2です。

 

作動はしますが、コードやアダプターが邪魔で

日常使う気にはなれません。

 

日本製にこだわる必要はありませんが、

工具メーカーは

低消費電力DCモーター + 工具用バッテリー

の実用扇風機の開発をお願いしたいと思います。

 

どういう客層が

どういう商品を求めているのか?

どうやったら利益を出せるのか?

 

本当に職人需要だけで自社のバッテリーシステムを

広げていくことが出来るのか?

アウトドア需要、災害需要、家庭需要はないのか?

 

価格競争に巻き込まれ

ひどい経験をした私だから感じれることがあります。

日立工機は今一度、自身の売りを確認してください。

微力ですが応援します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD