中華鍋

テーマ:

高い道具だけが決して良い道具ではないことを

山田工業所の鉄打出片手中華鍋

教えてくれます。




もう5年ぐらい使ってるかな?

鉄鍋って重くて、焦げ付いて、錆びるっていうイメージありませんか?


まったくそんな事はありません。


道具の正しい使い方というのは

決して工具だけのものではないのです。

日々の料理でも道具の選択、扱い方で

料理のおいしさや

道具そのものの寿命が変わります。


テフロンのフライパン、便利ですよね。

便利な反面、寿命が短いと感じている方はいませんか?

テフロンのフライパンの寿命を短いと感じている

ほとんどの人がその使い方を間違えています。


テフロンのフライパンは

「強火厳禁」です。

よくレシピなんかでフライパンを強火で加熱し、、、

等とありますが、

そこでテフロンのフライパンを選択している時点で

間違っているのです。

テフロンは素材ではなくコーティングですので、

苦手な強火で空焼き等すれば、すぐに傷みます。

傷に強いテフロン加工のフライパンはありますが、

強火で使えるテフロン加工のフライパンはありません。


強火で使える

おすすめのフライパンは

山田工業所の鉄打出片手中華鍋 です。

実は中華鍋の中にも

使いやすい使いにくいがあるのですが、

この中華鍋は一級品です。

手に持った瞬間、きっとあなたは

道具の良さとは何なのかを感じることが出来ると思います。


この鍋でキャベツを炒めてみてください。

鍋から煙が出てしまうくらいの強火で。

アルミ製テフロン加工のフライパンでは

「絶対に」出せない味を出してくれます。

シンプルな料理ほど「道具による味の違い」がわかりますよ。


私は料理に関して素人です。

しかし一つだけ言わせてください。


大事な人においしい料理を作ってあげたいのなら

是非火の扱い方を覚えて欲しいのです。

多くの人は良い素材やレシピを勉強し美味しい物を作ろうとしますが、

素人料理と料理人の一番の大きな違いは

実は火、熱の扱い方なのです。










AD




亀の子束子。



普通、あまり気にしたことが無いかもしれないけれど

一つ数百円の亀の子束子を100年以上も作り続けてきた会社 があります。


亀の子束子といえば、

一家に一つはあっても良い万能清掃用具ですよね。

使い方は無限大ですが

ここではその使用用途よりも

束子マーケットに焦点を当ててみたいと思います。


残念なことに、

本当に残念なことに

ほとんどの人の脳裏に浮かぶ言葉は

「100円ショップで買えるよね」

だと思います。


私は日本人が知らず知らずのうちに身に着けてしまった

この感覚を変えていきたいのです。

質が違うのは当たり前ですが、一番大事なのはそこではないと思います。(大事だけれど)


不景気だ不景気だ言われて

節約志向に走る気持ちはわかりますが、

たった一時の「節約」という行為の為に

一度買えば数年は持つ束子を

数百円の違いでアジアからの輸入製品を選んでしまう、、、


もちろんそれは個人の自由なのですが、

例えばこんなことは無いと思いますが

みんながみんな国産束子に価値を見出すことができずに

輸入格安亀の子束子しか購入しなくなったら

亀の子束子を100年作り続けてきた会社の歴史は終わってしまうわけです。


我々消費者というのは

会社の存続すら左右してしまう

恐ろしい存在です。

不景気は、自分たちが作り出してしまっているのかもしれないという可能性に

気がつくまで日本人は変わることができないでしょう。

私は関係ない、節約してこの不況を乗り越えてみせる というのは間違いです。


企業を救えるのは

我々消費者に他ならないのですよ。


お店で

日本製の亀の子束子を手にとってみてください。

質の良さと職人の心、

100年の歴史を感じとれたら

そのままレジへ運んでいただけませんか?


企業が変わるのではなく

まず消費者から変わるのです。

不況脱出の第一歩はまずそこからです。























AD

EDOHAT & LEGO

テーマ:

どちらも歴史は古いが色褪せない



ご~まるcc

最近どうしても帽子が欲しくなり

インターネットを物色してみた。

あるわあるわいろいろな形の帽子が。


しかしイマイチ自分がかぶっているところを想像できないので

実店舗で購入することにした。


仕事を何とか早く切り上げて向かったのは

東京都町田市の帽子専門SHOP


REPression


お目当ては

EDO HAT の小ツバパナマ帽


ちなみに、EDO HATは1918年創業の日本老舗帽子メーカーである。


そしてLEGOは

1916年にデンマークのビルンに開いた木工所で、

地域の農家向けに家と家具を作って生活していたオーレ・キアク・クリスチャンセンが

後に成長した息子と共に始めた家族経営の会社だ。


私の目の前にある

EDO HAT と LEGOは

遠い異国の地で、まさに同じ時代に創業し、

そして今 日本人男性(37) をトリコにさせている。


すぐにモノが色褪せていくデジタル世界の中で

失ってはいけないものがある。

会社だ。

私からしたら吸収合併クソクラエなのだが

頭のよい人たちとは考えがどうやら違うらしい。

吸収合併のメリットの影で

寂しく消えていった歴史に私は涙を流そう。


例えばエネループを生み出した

サンヨー。

今はもう無いのだが

パナソニックがサンヨーの歴史を引き継げるのか?

いや、無理だろう。


スバル360を生み出したスバルが

今販売する軽自動車はダイハツのOEM車である。

もうそこにスバルマインドは 無い。


大切なものを見失わないで欲しい。

たった一人の農民が閲覧数の少ないこんなブログで何を言っても

世の中は変わらないだろう。

しかし、意味が無いとも思わない。


気持ちの入ったものを買おう。

たったそれだけのことで

世の中は良い方向に向かっていくと思う。


最後に。

こんなに気持ちの良い買い物は久しぶりだった。

REPression

老舗メーカーのマインドを引き継ぐ

マインドショップである。

サイズ調整の無い帽子のサイズ調整から

クリーニング、リペアまでしてくれる。

最高の接客をありがとう

私はこの店をずっと続けていって欲しいと思った。















AD