リコールと

ちょっとしたエンジンの不具合からディーラーに預けてあった

わが人生の相棒 スバルの軽トラック サンバーTT2

 

 

お帰り、サンバー。

 

二度と新車で手に入れる事の出来ないこの道具を

私は絶対に手放さない。

 

多くの日本人は軽トラックを、

農家のじいさんの足位にしか思っていないかもしれないが

私は決められたコスト、規格の中で

メーカーが最大限のアイデアを出して

作り上げるこの軽トラックは、

車メーカーの考えがわかる一つの指針であると思う。

 

エンジン、エンジン配置、足回り、ハンドリング、直進安定性

耐久性、デザイン、悪路走破性、収納、OEM

 

一般の方からは「軽トラ」とひとくくりに言われてしまう

軽トラックだが、面白いように各社別の乗り物となっている。

本音を言うと、日本のすべてのメーカーがオリジナルな軽トラで

競い合う時代がまた来て欲しいが、

トヨタや日産は、元から作っていないし

マツダやスバルはOEMへと移行した。

消費者としての勝手な意見を言わせていただければ、

選択する喜びをもう一度!だ。

 

現在、新車の軽トラックを買おうと考えると

各社OEM元であるスズキとダイハツの2択のみとなる。

あ、ホンダがあったか。

 

というほど、ホンダに関しては現在軽トラックのイメージが薄い。

もしホンダが素晴らしい軽トラを作っている自信があるのなら

販売戦略に失敗している、ということになる。

 

ダイハツの軽トラに関しては、さすがだなと思わせる

パッケージを含めた販売戦略だ。

体の大きい人用、女性用、カラー展開。

全く戦略に「漏れ」がない。メーカーで悩むのではなく、ダイハツの中で

楽しく悩むような状況を作る。

多くの人にマッチするように(低コストで)バリエーションを作る。

選んでいるように見えて実はベースは同じなのだ。

この無駄のなさは、トヨタの息がかかっているとしか思えない。

好きな人には申し訳ないが、デザインも

ターゲットの業種(乗る人)を考慮した、マーケティングから導かれた

物であると想像する。

デザインから数字が見えてしまう残念さ。

ビジネスとしては全く間違っていないけれど、

私的には、ビジネスモンスター トヨタと戦える、背比べではなく

全く逆方向から立ち向かう事の出来る小さくても強いメーカーが存在してほしい。

 

過去形になるが、それがスバルだった。

TT2はトヨタが逆立ちしても作れない(作ろうとしない)自動車なのである。

配達が終わった帰り道、空荷のワインディングロードは、秘かな楽しみだ。

法定速度内でも十分に楽しめる、ギヤ比のセッティング。

コーナーで3速、アクセルオンにした時のオンザレール感は

他の軽トラではなかなか味わえない。

体感速度が「速い」という事は、実速度は遅くてもスポーティー感が

楽しめるという事でもある。

軽トラはマニュアルトランスミッションのスポーティー感が最高に楽しい車だったのだ。

 

トヨタはまずこの面白さに興味を示さない。

スポーツカーはスポーツカー、軽トラは軽トラだ。

 

間違ってないし、トヨタにわかってくれなんて言わない。

わかって欲しいのは、ホンダとスバルに、だ。

今確実に言えるのは、軽トラ乗りにとって選択肢のない最悪の時代だという事。

 

薄利な軽トラックで儲ける事を考えるのではなく、

ぶっ飛んだ軽トラックで我々を虜にしてしまえばいい。

メーカー愛とはそういうものだと思う。

軽トラがあくまでセカンドカーであることを考えると、

あながち間違った戦略でもない。

 

好きなメーカーとは、好きな車種があるメーカーだということを

忘れてはならない。

サンバーがあったから、私はスバルが好きだったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

だまされたと思って

だまされて欲しいシリーズその1

 

この世で一番おいしいチョコレイト

 

仕事行く前に必ず冷蔵庫からパクるやつ

 

 

 

食べてしまったことを後悔するより

欲望が勝る、それがリンドール。

 

コストコ会員の方は、お得な価格で売っているので

店舗で探してみてください。

例えるなら、

だますつもりはないけれど

結果男を弄んでしまう自覚のない悪女、そんな味。

 

元が農家だからなのか、働きかたが周りと違う。

どうしてもキリがつくまで仕事がしたくなるので(家族全員)

結果、周りからは働きすぎだと本当によく言われます。

全然それを自慢したいわけではなく、

周りに合わせたほうが良いなと思う時もあるけれど

ごめんなさい。やっぱりキリつけたいんです。

 

真っ暗になってへとへとになって返ってきたら

冷蔵庫で待ってるのがこいつ

 

激務の後のコーラは最高だけど、

飲みすぎると飽きる。

コーラはちょと、、、でも炭酸は飲みたいぞ(ちなみにお酒ダメなんで)てな時に

伊藤園がこの世に送り出した傑作薄味炭酸をガブガブ飲むのが

私ら夫婦のデフォルトとなっております。

 

いつも箱買い。

だって、あまり人気がないのかいつも激安なんです。

 

 

レビューって本当にあてにならない例。

自分があのコーラを上回るほどの飲みたい欲にかられることのある

伊藤園の傑作が星1つだと?

 

薄くてすっっぱいからうまいんじゃい!

とかなぜか強気な私ですが

リンドールほどの自信はありません。

 

ガツンと来る飲み物より

フレーバーティー系が好きな方は、お試しいただければ。

伊藤園の社員さんが一生懸命働いて導き出した奇跡の味を

在庫処分とか、残念とか言わない方向で、、、

なんとか、かんとかですね

 

 

 

 

アマゾンの評価は高いんですってば!!

 

 

星1つ

在庫処分で

消えソーダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

中華鍋

テーマ:

高い道具だけが決して良い道具ではないことを

山田工業所の鉄打出片手中華鍋

教えてくれます。




もう5年ぐらい使ってるかな?

鉄鍋って重くて、焦げ付いて、錆びるっていうイメージありませんか?


まったくそんな事はありません。


道具の正しい使い方というのは

決して工具だけのものではないのです。

日々の料理でも道具の選択、扱い方で

料理のおいしさや

道具そのものの寿命が変わります。


テフロンのフライパン、便利ですよね。

便利な反面、寿命が短いと感じている方はいませんか?

テフロンのフライパンの寿命を短いと感じている

ほとんどの人がその使い方を間違えています。


テフロンのフライパンは

「強火厳禁」です。

よくレシピなんかでフライパンを強火で加熱し、、、

等とありますが、

そこでテフロンのフライパンを選択している時点で

間違っているのです。

テフロンは素材ではなくコーティングですので、

苦手な強火で空焼き等すれば、すぐに傷みます。

傷に強いテフロン加工のフライパンはありますが、

強火で使えるテフロン加工のフライパンはありません。


強火で使える

おすすめのフライパンは

山田工業所の鉄打出片手中華鍋 です。

実は中華鍋の中にも

使いやすい使いにくいがあるのですが、

この中華鍋は一級品です。

手に持った瞬間、きっとあなたは

道具の良さとは何なのかを感じることが出来ると思います。


この鍋でキャベツを炒めてみてください。

鍋から煙が出てしまうくらいの強火で。

アルミ製テフロン加工のフライパンでは

「絶対に」出せない味を出してくれます。

シンプルな料理ほど「道具による味の違い」がわかりますよ。


私は料理に関して素人です。

しかし一つだけ言わせてください。


大事な人においしい料理を作ってあげたいのなら

是非火の扱い方を覚えて欲しいのです。

多くの人は良い素材やレシピを勉強し美味しい物を作ろうとしますが、

素人料理と料理人の一番の大きな違いは

実は火、熱の扱い方なのです。










AD