株式会社 サンカ Sカン100mm

テーマ:

株式会社 サンカ 第2事業部の方がどう思っているのか私は知らないが



SUS304 ステンレス Sカンのヘビーユーザーとして

このSカンが多くの人にドラマを生み出した現実を

無視することは出来ない。

(写真右上は他メーカーの安物)


かつて サンカのステンレスSカンは


MADE IN JAPANであった。


100人いたら100人に

100円ショップで売ってるよと言われるようなこのような商品も

5個セット698円で救われる国内生産加工業者があるならと

私はジョイフルホンダ に行くと好んで購入していた。


それがいつの間にか値段は変わらないまま

生産国が

中国になってしまった。


「モノ」とは機械が勝手に作り出すものではない。

こんな小さな「道具」一つにも

何人もの人が関わっているのだ。

時代の流れか、、、と本当は使いたくないが、他に代わりが無いので

一つ100円以上する、中国製の高級Sカンを 納得できないまま使用していた。


増えすぎた道具を整理する時、スペースは横にではなく

縦に有効活用するといい。


とにかく吊るす。



鋸と替え刃は同じ場所に吊るせば

いちいち探す手間が省ける。




軽いヘルメットから








STIHLの重量級刈り払い機FS240






刈り払い機は場所をとってしょうがないので

とにかく吊るす







いくらあっても足りない

中国製の高級(涙)Sカン






7キロあるチェンソーも

吊るす



今までは日本の中小企業のためにと

5個で698円もするSUS304ステンレス高級Sカンを

己の志を突き通すために少し無理をして買っていたが、

もう最近ちょっと心が折れかけていた。

株式会社 サンカの選択(中国生産)が納得できない。


他を探そうか?

そう思った時、ステンレス高級Sカンに大きな変化が起こった。


いつの間にか

生産国が

ベトナムに移っていた。


中国企業と付き合ったことのある人間なら

ある程度は想像できるストーリーだ。

やりとりは当事者ではないので全くわからないのだが、

1年もたたないで生産国が中国からベトナムに変わった、

というのは紛れも無い事実である。


ここ数年間で株式会社 サンカの社員、国内生産加工業者

中国生産加工業者、ベトナム生産加工業者

これだけの人が こんな小さなパーツ一つに関わっていて

中には涙を流した人もいたかもしれない。


100円ショップを選ばず

こんなに高いSカンを買う人間は、

価格以外の「モノ」に対する考えが自分の中にあるのだと、

私は考える。


これはどんな道具やモノにも言えることなのだが、

利益を上げる為にコストをカットするというやり方では

一瞬何かが良くなったように見えても、

いつまでたっても「国内」産業は発展しない。


コストがかかるのなら、かかった分を正直に上乗せしたらいい。

私はたとえステンレスSカンが200円アップしたとしても、

自分の志を変えなかった。


しかし、同額中国生産になってしまった時点で

私は サンカのステンレスSカンに執着する意味がゼロになったのだ。


私のような変わり者の為に、企業が動く事が無い事はわかっている。

そして、企業が利益を追い求めるのは当たり前だという事も知っている。

ただ、株式会社 サンカの 高価格帯Sカンを

生産国を含めた企業方針から心から賛同、信頼し

こうやっていくつも購入し続け、

総額数百万円の仕事道具を安心して吊っていたユーザーがいた事も忘れないでほしい。





AD

林業を楽しむ?

テーマ:

林業は


きつい

きたない

きけん

きゅうりょう安い?


ええ

間違っちゃいませんよ

少なくとも私が見聞きした世界では。


このままでは確実に林業は衰退します。

仕事が無い、というよりも

仕事出来る人間が育つ環境がないという事のほうが深刻。

人材不足から崩壊していくでしょう。


東京で林業をやりたいと関係各所(民間以外)を回っても

たらいまわしにされ、結局何も情報は得られず、

やる気のある人間が「仕事にありつけない」国(東京都?)のシステム。

かたや勝手に師匠だと思っている 自分の売込みで繋がった

木登りマスターは

こんな未熟者にでも仕事をくれる。

だから現場が岐阜でも福井でも京都でも迷わずに行くのです。


きつくたって

汚くたって

危険だって

給料安くたって

気持ちが繋がる人と仕事をしたい。

最近はただそれだけですね。


仕事はきついけど

ミニモトレースに比べたらどっこいどっこいだし

(林業はレースとアドレナリンの出方が似ている)

汚れるのは元々農家で慣れているし

危険は予備知識、予備対策で減少させる事が可能だし

給料は元々農業だけでは食べていけなかったわけで

頂けるだけでありがたいのです。


で、最近じゃ林業遠征を楽しみにしちゃってます。

本業の方からしたら「なめている」と思われるかもしれませんが

毎回システム構築で頭を悩ませ、それを楽しんでいます。


林業で一番きついのは、作業よりも

作業現場へたどり着くまでの「登山」です。

その登山も道があるような山ではないので想像を絶するきつさで、

登りきったらその日の仕事は半分終ったようなもの

(と思ってしまうくらい)

なのです。


チェンソーを手に持ちながら現場へ移動しようものなら

口から魂が抜けそうになります。(先輩達は普通にやってますが)

次回の現場では40ccクラスのチェンソーがメインになるので

普通に持って登ったら普通じゃなくなっている自分が容易に想像できましたので


こんなものを購入してみました。


重いものは背負うと楽なんですよね。

これ、当たり前でしたっけ?

今の暮らしの中ではそういう感覚も薄れてきていました。

「極限」を経験する事が少なくなったからでしょうか?

小型で軽量、すべてにおいて便利な世の中は

「背負う」という合理的だったはずの行動を

非合理とみなしました。


重さの無い「データ」は合理的主義の究極でしょう。

データは背負わなくて良いのです。


あれ、全く何の話をしてるのか

わからなくなってしまったぞ



わかりますか?



ザックにチェンソー専用の



ポケット?がついているのです。


DAKINE の 珍品?逸品?


このまま山の斜面にザックを下ろすじゃないですか


そしたら



背面(背中にあたる部分)から

荷室にアクセスできるんです。


ここに混合燃料、チェンソーオイル、握り飯、お茶を入れて

山に登るわけですよ。


携帯?電波なんか入らないもんで

車に置き去りです。

山に入ると人間は弱者になります。

人間は決して植物、動物の上に立つような存在じゃない。


データから開放されたとき

動物として、

本来の美しさ、弱さ、強さ、儚さ

そういうものが感じ取れるんだと思います。


同じ風の音でも

恐怖の音、感動の音があるということに気がつけたのなら

もうこちら側の人間です。







AD
今回、車(ハイエース)がマイホームとなり

計10日間弱の林業遠征が終ったわけですが

私、やらかしちゃいました。


仕事場は携帯電波の無い山奥なのですが、

仕事中に電話するような事もなく、まったく困らないどころか

どこかほっとしたような感もありました。


ひたすら鋸を挽く毎日。

「何も無い」が新しく、たのしかった。


矛盾しているようですが、

宿泊している道の駅に帰ってくると

やはりデジタル機器のお世話になってしまいます。

いまやモバイルバッテリーは

旅する人間にとって必須アイテムとなっていますが

実際に運用してみると、色々な事がわかってきます。


今一番欲しいのは

【スマホエントリーでポイント10倍!18日10時~25日9時59分】マキタ リチウムイオンバッ...
¥11,340
楽天

AC100Vの無い環境で暮らしていると

バッテリーの急速充電、微電力使用が

いかに効率良いかがわかります。

発電機で携帯電話やスマートフォンを充電するほど

効率の悪い電気の使い方はないのです。


上記充電器でBL1830をシガーソケット経由で走行充電し、

エンジンを止めた状態で電気(USB出力)を使用する。


1時間の充電で

一晩中の照明、

そして1日分以上の通信機器の電力が得られるのです。


エンジンをかける必要はありません。

無音で電力を供給し続けます。

電池が空になったらまた小一時間ドライブすればよいのです。

車旅において1時間スパンの充電ドライブは

非常に現実的といえるでしょう。


うわ

話が全然違う方向に行ってしまいました。


ある日仕事から帰ってきて車に乗り込もうと

キーレスエントリーを作動させるも反応なし。

いやな予感、、、

鍵でドアロックを解除し

キーを車に差込み右に回すも始動反応なし。


力なくエンジンの何かが微かに反応。

明らかにバッテリー上がりの症状。


電波は繋がらない山奥だし

半径数キロ圏内にいるのは動物と私と仕事仲間一人とハイエースのみ。

電波が入る場所まで歩いたら2時間はかかる距離、、、

最悪な事に先に山を下っていったまた別の仕事仲間と

夕食を食べる事になっていました。

仕事仲間というか元請と下請けのような関係であり

ちょっとマズイ状況。いやちょっとじゃないかも。


何をどうやっても

2時間以上取引先に何の連絡もせずに待たせる事になってしまう。


これが無かったら

私に明るい未来は無かったのでした。



V12マルチチャージャー 超小型携帯ジャンプスターター バッテリーチャージャー マルチチャージ...
¥12,800
楽天

少し前、都内バッテリー上がり事件があってから

心配で買っておいた モバイルバッテリー の

エンジンスターター。

普段はUSB出力モバイルバッテリーとして使用できますが、

こいつの凄い所は

この小ささ、値段で

2.5Lディーゼルエンジンのハイエース、

しかも完全バッテリー上がりの状態にもかかわらず、

4回目のイグニッション操作で無事エンジンが始動!!!

(さすがに余裕という感じではなかった)

なにこれ。

電気に詳しい人ほどこの商品の存在価値を

認めざるを得ないでしょう。


結果的に12.800円が

仕事を繋げてくれました。


2.5Lディーゼル 200系ハイエースの

エンジン始動実績 確認しましたよ。

(確実に始動するかは、バッテリーの状態、

環境により変わると思います。参考程度にとどめておいてください)


そして、また走行中に

シガーソケット経由で

マルチチャージャーを満充電にしておきます。


単独脱出という意味では

バッテリーケーブルより

よっぽど実用的な商品です。

バッテリーケーブルが世の中からなくなることは無いと思いますが、

バッテリーケーブル+モバイルスターターというのが

これから車載装備の常識になっていくと思われます。












AD