ふと気が付くと

いつも携帯にぶらさげている

車両脱出ツールの「レスキューミー」が

なくなっているではないですか。

 

えらいこっちゃ

えらいこっちゃ

 

普段から、絶対に身に着けておきたいものが

なくなると不安なものです。

 

防災用品も、脱出ツールも

必要な時に使えなかったら

文字通り「意味がない」ですから。

 

 

 

 

 この映像を見て思ったんですけど、

実在する道具を題材にしたアニメーションや

漫画って潜在需要があるんじゃないかと。

危機管理や防災知識を描くうえで

私がいつも気になっているのは、

「暗い」「重い」「平常時は誰も関心がない」

という事なんですが

ジャパニメーションが化学変化を起こしてくれそうな気がしないでもない。

 

描く側にとっては、新たなビジネスになりえるし

販売側にも新しい広告手法が生まれるわけで。

 

実在する道具と

有効な防災知識を漫画化することで

老若男女における

危機管理能力の向上が見込めるのではないかと。

 

知識は何も、難しい書籍や

私のようなお堅いブログから得なくてもよいってことです。

危機管理意識は子供の頃から持たせておいたほうが良いのは確実。

危険から遠ざけることだけを安全対策だと思ってはいけません。

危機管理意識、危機対応能力を持たないまま大人になってしまうと、

何を言っても「聞かない」ようになってしまう。

大人になる前の体験、教育が

いかに大切か周りの人達を見て感じています。

(悪い意味で)

 

漫画家の方、フィクションの中に

実在する道具をうまく織り交ぜることで

新たなビジネスを開拓できませんか?

 

別に屈強な男がサバイバルするマンガじゃなくてよいんです。

 

美少女もの

タイムトラベルもの

ダメ男が実はヒーローだったもの

 

漫画なら伝えられると思うんですよ

今の時代だからこそ。

 

残念ながら中国製の偽物が

多数販売されています。

アメリカ製の本物はこれです。

偽物では命が助かりません。

 

 

 

私もここで買っています。

 

道具が本物か偽物か見極められる能力も

危機管理能力の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

北ミサイル発射時の対応について

内閣官房のウェブサイト「国民保護ポータルサイト」に

大変参考になる情報が掲載されました。

 

私には関係ない、ではなく

必ず目を通しておいてください。

知識が必ず自分や人を助ける時が来ます。

 

---------------------------------------------------

 

 

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A
 
 
問1 ミサイルは発射から何分位で日本に飛んでくるのでしょうか。

 

(答) 北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する場合、極めて短時 間で日本に飛来することが予想されます。 例えば、平成28年2月7日に北朝鮮西岸の東倉里(トンチャンリ)付 近から発射された弾道ミサイルは、約10分後に、発射場所から 約1,600km離れた沖縄県先島諸島上空を通過しています。 なお、弾道ミサイルの種類や発射の方法、発射場所などにより日本へ飛 来するまでの時間は異なります。
 
問2 なぜ頑丈な建物や地下街などへ避難するのですか。

 

(答) ミサイル着弾時の爆風や破片などによる被害を避けるためには屋内(で きれば頑丈な建物)や地下街など(地下街や地下駅舎などの地下施設)へ の避難が有効だからです。
 
問3 自宅(木造住宅)にいる場合はどうしたらよいでしょうか。

 

(答) すぐに避難できるところに頑丈な建物や地下街などがあれば直ちにそ ちらに避難してください。それができない場合は、できるだけ窓から離れ、 できれば窓のない部屋へ移動してください。
 
問4 建物内に避難してから気を付けることはありますか。

 

(答) 爆風で壊れた窓ガラスなどで被害を受けないよう、できるだけ窓から離 れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

 

問5 弾道ミサイルの情報が伝達されたとき、自動車の車内にいる場合はどう すればよいですか。

 

(答) 車は燃料のガソリンなどに引火するおそれがあります。 車を止めて頑丈な建物や地下街などに避難してください。周囲に避難で きる頑丈な建物や地下街などがない場合、車から離れて地面に伏せ、頭部 を守ってください。
 
問6 車から出ると危険な場合はどうしたらよいですか。

 

(答) 高速道路を通行している時など、車から出ると危険な場合には、車を安 全な場所に止め、車内で姿勢を低くして、行政からの指示があるまで待機 してください。
 
問7 ミサイルが着弾した後は何をすればいいですか。

 

(答) 弾頭の種類に応じて被害の様相や対応が大きく異なります。 そのため、テレビ、ラジオ、インターネットなどを通じて情報収集に努 めてください。また、行政からの指示があればそれに従って、落ち着いて 行動してください。
 
問8 近くにミサイルが着弾した時はどうすればいいですか。

 

(答) 弾頭の種類に応じて被害の及ぶ範囲などが異なりますが、次のように行 動してください。 ・ 屋外にいる場合は、口と鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ち に離れ、密閉性の高い屋内の部屋または風上に避難してください。 ・ 屋内にいる場合は、換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を 密閉してください。

 

-----------------------------------------------------

 

 

 

ミサイルが直撃したらどうせ死ぬんだから

知識や対策は意味がないと思っている方がいたら、それは間違いです。

 

残念ながら、確かに直撃すればどんな対策も意味がありません。

ただ言い換えると、政府が公開したミサイル対策は

「直撃しなかった場合」の最善策という事になります。

 

意味がない事を政府は発表しません。

国民の生存率を上げるために

この様な発表をしているのです。

上記対策は意味のある行動です。

 

政府は言及していませんが、

もしミサイルが発射された場合、直接的な1次被害の後

2次被害が必ず起こります。

 

ライフラインの寸断。

電気水道ガス流通が止まります。

 

道路や鉄道が破壊されると、流通網がマヒし

次いつやってくるかわからないミサイルにおびえ

「仕事」どころではなくなることが予想されます。

直接、ミサイル攻撃を受けた地域以外でも

水は貴重なものになり、

夜の明かりもなくなります。

人はトイレをトイレとして使えない

恐ろしさを身をもって感じる事でしょう。

 

停電している地域にとって電池はとても貴重なものになるので、

情報はスマホやテレビではなく、

消費電力の少ないラジオから得るようにします。

 

今一番必要なのは知識。

家族を守ることが出来るのは国ではなく

あなたの知識と行動のみです。

 

とにかくガラスの飛散に気を付けてください。

ガラスで怪我をすると人間はその運動能力の

ほとんどが失われます。

室内でも靴を履きましょう。

 

水は貴重になるのがわかっているんだから用意をしておくこと。

 

トイレが使えなくなった時のシュミレーションを必ずしておくこと。

 

停電になっても困らないように省電力であるラジオと

大容量充電池を満充電にしておくこと。

 

照明やラジオなどに使いまわせる

マキタの充電池を用意しておくこと。

 

こういった災害シュミレーションは大切ですよ。

 

普段は掃除機に使用

 

 

停電したら

 

 

ML801

 

情報はUSB電源も同時にとれる

 

マキタのラジオ MR108

 

スマホの充電などに

 

上記すべてで同じバッテリーで使用できます。

 

 

こういった道具は、何かあってから買おうとしても

買えないのは、東日本大震災で経験済み。

 

普段から使える防災用品というのが

とても重要なんです。

本番で使えるかわからない中国製品満載の

防災セットを用意しておくより、

普段から防災用と意識せず使い慣れておくことが大切です。

 

日本人は法律で決めないとヘルメット

すらかぶれないような危機管理意識の低い民族性です。

 

事故の可能性があるならヘルメットをかぶる

 

ミサイルが撃ち込まれる可能性があるなら

可能な限り対策を考えておく

 

どちらも命を守るために、必要な行動でしょう?

ミサイル防衛も国が法律で決めないと動かないの?

 

核攻撃に関しての防衛策等を

かなり実践的に書いてある良書です。

 

 

得た知識が無駄になる事はありません。

買えるうちにどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

震災が起こるたびにトイレと水の重要性が

これだけ色々な所で叫ばれていて、

絶対1人1人の耳に入っているはずなのに、

なぜ、毎回同じような事を繰り返すのでしょうか?


震災時トイレは必ず足りなくなります。

必ずです。

家族単位で携帯トイレの備蓄や対策を。


今回は水問題に絞って記事を書かせていただきます。





「水」に関して熊本地震のニュースからわかった事。



完全断水は大震災で必ず起こる → ペットボトルの水を数箇所で備蓄(家屋の倒壊対策)


断続的な断水がある → ちょろちょろでも出しておけば水を溜めておける


水道が復旧しても水が濁る → 飲み水として適さない


意外と井戸や湧き水は枯れないし川からも水が汲める → 水道以外の給水地を把握しておく


給水車は自主避難地域までなかなか行き渡らない → 給水車が来たとしても「量の制限」がある



携帯トイレを備蓄しておけば、

「貴重な水」を「トイレを流す」ために使用しなくてすみます。


もし真夏の大震災であったら、

トイレを流すためのバケツ一杯の水が

「命の水」になる可能性だってありえるのです。



震災時の飲料水問題は、

震災前のたった一つの準備によって

生死を分ける状況になるかもしれない事を覚えて置いてください。



ペットボトルの水を備蓄するのは間違いではないです。

風呂に水を溜めっぱなしにする事も有効です。

川で水を汲める水タンクは必ず用意してください。

バケツでもよいですが、バケツは運んでいる時に必ず水がこぼれます。


ここまでは、過去の経験から

普段から気にして生活している方は多いと思います。

しかし、震災が現実になった時

後一つ絶対に必要なものがあるのです。

ほとんどの人が備えていない

そんな防災用品の中で後回しになっている

とても重要なものとは?


浄水器、です。


浄水器と言っても色々ありすぎて、

ほとんどの人が何を買ったらいいのかわからないのではないでしょうか?

教えてくれる人がいないから、何を買ったら良いかわからない。

そんなこんなで後回しになってしまう。


ですが、後回しにするべきではないのです。

震災時の家族単位における飲料水の確保は「最優先事項」

と言っても過言ではありません。


震災時の避難生活で

実際に生活の中心となる浄水器を紹介します。


購入者を迷わせないために、

あえて一つの製品に絞り込みました。


それが

【正規品】【送料無料】アウトドア 浄水器 災害 非常用 おすすめ シーガルフォー 浄水機 本体...
¥19,315
楽天



シーガルフォー ファーストニード XLE エリート


です。



この商品を選択した理由は、


歴史のあるメーカーなのでカートリッジが供給不良になる心配が無い。

浄水器はカートリッジが命です。


ストロー式浄水器や直飲み式浄水器は

大量に調理用水を作るには不向き。

ストロー式に限っては不可能。


ペットボトルを接続し

落下方式で使用すれば、カートリッジが使える限り何回でも

綺麗な水を半自動で作れる。

ペットボトルで浄水を管理すれば調理用水として使いやすい。


浄水能力の信頼性が高い。

(実際にシーガルフォーの浄水器を家庭で使用しています)

風呂の水、川の水、井戸の水、濁った水道水の水が

安心して飲めるようになる。


期限が過ぎたペットボトルの飲料水も

飲めるようになる。

(シーガルフォーでは公式に発表していませんが、

理論的に水が腐ったのなら浄水は可能だと思う)

長期保管で外部から吸った匂いや

プラスチック臭等は除去できないかも?

個人的には腹を壊さなければOKです。


価格もライフラインが途絶え、飲料水がゼロになる恐怖を考えたら

何とかしようと思える金額。

被災時はお金がいくらあっても水が金で手に入ることはありません。

(よほどの人で無い限り?)


はっきり言えるのは

今だから悩めるんです。

被災した後では

「綺麗な水」を手に入れることが

どれほど難しいことなのか、

わかった時にはもう遅いのです。


私の家には井戸があり、

散水設備の為に貯水してあります。

それを震災時に活かす為に

【送料無料】A&AT(エィアンドエィティー) 携行用浄水器911型 レスキューアクア911 P...
¥158,000
楽天

レスキューアクア911

の購入を検討しています。


価格はそれなりですが

逆浸透膜浄水方式は、より安心できる飲料水を

作り出すことが出来ます。

井戸水に農薬が染み出していても除去が可能です。

















AD