震災が起こるたびにトイレと水の重要性が

これだけ色々な所で叫ばれていて、

絶対1人1人の耳に入っているはずなのに、

なぜ、毎回同じような事を繰り返すのでしょうか?


震災時トイレは必ず足りなくなります。

必ずです。

家族単位で携帯トイレの備蓄や対策を。


今回は水問題に絞って記事を書かせていただきます。





「水」に関して熊本地震のニュースからわかった事。



完全断水は大震災で必ず起こる → ペットボトルの水を数箇所で備蓄(家屋の倒壊対策)


断続的な断水がある → ちょろちょろでも出しておけば水を溜めておける


水道が復旧しても水が濁る → 飲み水として適さない


意外と井戸や湧き水は枯れないし川からも水が汲める → 水道以外の給水地を把握しておく


給水車は自主避難地域までなかなか行き渡らない → 給水車が来たとしても「量の制限」がある



携帯トイレを備蓄しておけば、

「貴重な水」を「トイレを流す」ために使用しなくてすみます。


もし真夏の大震災であったら、

トイレを流すためのバケツ一杯の水が

「命の水」になる可能性だってありえるのです。



震災時の飲料水問題は、

震災前のたった一つの準備によって

生死を分ける状況になるかもしれない事を覚えて置いてください。



ペットボトルの水を備蓄するのは間違いではないです。

風呂に水を溜めっぱなしにする事も有効です。

川で水を汲める水タンクは必ず用意してください。

バケツでもよいですが、バケツは運んでいる時に必ず水がこぼれます。


ここまでは、過去の経験から

普段から気にして生活している方は多いと思います。

しかし、震災が現実になった時

後一つ絶対に必要なものがあるのです。

ほとんどの人が備えていない

そんな防災用品の中で後回しになっている

とても重要なものとは?


浄水器、です。


浄水器と言っても色々ありすぎて、

ほとんどの人が何を買ったらいいのかわからないのではないでしょうか?

教えてくれる人がいないから、何を買ったら良いかわからない。

そんなこんなで後回しになってしまう。


ですが、後回しにするべきではないのです。

震災時の家族単位における飲料水の確保は「最優先事項」

と言っても過言ではありません。


震災時の避難生活で

実際に生活の中心となる浄水器を紹介します。


購入者を迷わせないために、

あえて一つの製品に絞り込みました。


それが

【正規品】【送料無料】アウトドア 浄水器 災害 非常用 おすすめ シーガルフォー 浄水機 本体...
¥19,315
楽天



シーガルフォー ファーストニード XLE エリート


です。



この商品を選択した理由は、


歴史のあるメーカーなのでカートリッジが供給不良になる心配が無い。

浄水器はカートリッジが命です。


ストロー式浄水器や直飲み式浄水器は

大量に調理用水を作るには不向き。

ストロー式に限っては不可能。


ペットボトルを接続し

落下方式で使用すれば、カートリッジが使える限り何回でも

綺麗な水を半自動で作れる。

ペットボトルで浄水を管理すれば調理用水として使いやすい。


浄水能力の信頼性が高い。

(実際にシーガルフォーの浄水器を家庭で使用しています)

風呂の水、川の水、井戸の水、濁った水道水の水が

安心して飲めるようになる。


期限が過ぎたペットボトルの飲料水も

飲めるようになる。

(シーガルフォーでは公式に発表していませんが、

理論的に水が腐ったのなら浄水は可能だと思う)

長期保管で外部から吸った匂いや

プラスチック臭等は除去できないかも?

個人的には腹を壊さなければOKです。


価格もライフラインが途絶え、飲料水がゼロになる恐怖を考えたら

何とかしようと思える金額。

被災時はお金がいくらあっても水が金で手に入ることはありません。

(よほどの人で無い限り?)


はっきり言えるのは

今だから悩めるんです。

被災した後では

「綺麗な水」を手に入れることが

どれほど難しいことなのか、

わかった時にはもう遅いのです。


私の家には井戸があり、

散水設備の為に貯水してあります。

それを震災時に活かす為に

【送料無料】A&AT(エィアンドエィティー) 携行用浄水器911型 レスキューアクア911 P...
¥158,000
楽天

レスキューアクア911

の購入を検討しています。


価格はそれなりですが

逆浸透膜浄水方式は、より安心できる飲料水を

作り出すことが出来ます。

井戸水に農薬が染み出していても除去が可能です。

















AD

前回に引き続き

現実的な震災対策について

私が考える事を書かせていただきます。

今、我々が行っているのは

「事後対応」です。

皆さんが募金をするのも、物資を送るのも

行政に文句を言うのも、事が起こった後の行動であり

これ以上被害が大きくなる事はあっても

少なくなる事は決してありません。

亡くなった方は生き返りませんし、

負傷した方が明日急に元気になるということは

ないのです。


前回に引き続き

明後日の方向を向いてしまっているかもしれませんが、

自分の考えを記します。

当たり前の事ですが、耐震、免震構造の家は

倒壊率が低い。これだけで生存率は上がります。

睡眠時の部屋には倒れてくるようなものを置かない。

これで、倒れてきたもので死亡、負傷する事はなくなります。

そんな事誰だってわかると思いますか?

では、どんな人が今回

家屋の倒壊や家財で圧死、負傷しているのでしょうか?

皆が皆様々な理由で、耐震化、免震化できないにせよ

対策されていない家屋は

対策されている家屋より倒壊圧死率は高いと言う事実を

認識するべきです。


例えば、国の予算で全国の家屋の

基本構造骨格からおおよその耐震レベルを算出し点数をつける。

そして所有者にその倒壊リスクを認識させる方法はどうでしょうか?

実際の所、自分の家がどのくらいの震度まで耐えられるか

全く知らないで皆生活していると思います。

国の政策として、一定の耐震基準が満たされない家屋には

耐震化工事優遇金利政策と共に

死のリスクを理解してもらうように指導をする。

その為には低コストで行える

画期的な耐震化工事工法の確立が急務でしょう。


私としては、事後対応の募金にあれだけ

国民の関心があるのなら、

何かしらの方法で防災関連税の徴収も

可能なのではないかと思うのです。

震災生存率を上げるための税金。

事が起こった後ではなく、起こる前の募金と考えれば

どうでしょう?


これだけ震災に見舞われる日本では国防と同等レベルの

総理大臣直下の震災対策専門プロフェッショナルチームが存在してもおかしくないのではないでしょうか。

ニュースを見ればわかりますが、震災から数日たった現場で本当に必要なのは

指揮者、情報、連携 であり

実際、学校組織が地域住民と素晴らしい連携で避難生活が送れているのは

学校にはそもそも上記要素が備わっているからです。


同じ集団の中に指揮者が何人もいたらどうでしょう?

必ず意見は割れるものです。


今回 指揮、情報、連携があってはじめて

「救援物資」が活きて来る事を改めて再認識しました。


物資が届かないのは道路だけでの問題ではないと思います。

情報の道ができていないのが問題で、

情報の道が出来ていないのは各拠点に指揮者が不在だからです。

特にまとめ役のいない自主避難場所でこの現象が顕著に現れているような

気がします。


情報は1箇所に集約するべきですが、

現在の国の組織では、震災時に

公的機関と民間の連携がスムーズでないため

個人はSNSに頼らざるを得ません。

そして個人の要望では役所は動けないので、

物資の停滞が起こるべくして起こります。


現実的に考えて、被災者がすべて指定避難所に避難する事はありません。

そこでプッシュ型の救援物資は避難所だけではなく、

地域のスーパーに送る取り決めにしておけば、被災者も迷わず

取りに行く事ができると思います。

特にスーパーは近所の人口を考えて出店しているので、

人が住むところには必ずあるし、駐車場は車を立ち入り禁止にすれば

広場になり

情報収集の拠点にもなりえるのではないでしょうか。

拠点のリーダーは店長か、災害時に店舗にこれる店長代理。

(店長には申し訳ないですが、住民が一番納得するかと。

統率力があるから店長になったわけですし)

リーダーは役所に情報を提供し、その情報を元に

役所に在籍する災害対策プロフェッショナルが

他地域の災害対策プロフェッショナルと連携をとる。


つまり災害が起きたら

一番最初に行うのが災害の起きていない場所からの

プロフェッショナルチームの人員輸送。(応援要員)

日本全国で同時に震災は起きない事を利用。

地域スーパーの把握、現地指導。


あくまでスーパーは情報収集、救援物資供給先であり

避難場所ではありません。


馬鹿みたいですが

大真面目に考えてます。

何かの病気ですかね?


私は仕事柄、怪我、死のリスクと隣り合わせです。

そのリスクは確実に減らすことが出来ます。

それをわかっているだけに、対策を放棄する事の

悲しさに胸が痛むのです。
















AD

不謹慎だと思われるかもしれませんが、

私は現状を憂い嘆き、発言を自粛する事よりも

情報を整理し、このタイミングだからこそ

人々に伝えられる事があるのではないかと感じています。


この考えを不快に感じられる方は、

ここで読むのをやめていただければ。


私は生まれながらの農家なので、一般の方よりも大自然の怖さを

肌で感じていますし、対策がいかに重要な事なのかを知っています。


日本に住んでいる以上、大震災はいつ自分の身に降りかかってもおかしくは無いと

考えるべきです。

生きたいのなら対策を放棄するような事を考えてはいけません。

対策を行政任せにすると言う対策も

熊本を見る限り正しいとは思えません。

あくまで個人レベルでの意識改革が必要です。


水、食料、トイレ、電気

普段全く意識しなかったものが

供給、使用できなくなると

体だけではなく、精神的にもやられます。


これらの備蓄対策は、現代人の頭の中にあるはずなのですが

行動に移せる人はわずかなのは、

ニュースを見ればわかるでしょう。



住居が狭いので備蓄は不可能

残念ながら現在の日本における一番の問題点ではないでしょうか。

備蓄対策の放棄です。

普通に考えれば、市区町村の施設だけで

住民×数日分の水、食料を維持管理することは不可能です。

ライフラインが寸断されれば外部からの補給経路も断たれます。


私の考えでは、被災者の中に強者と弱者を生まない為にも、

被災時には大型スーパーの一般販売を中止し、

行政指導による、飲食物配布システムの統一化を行えば

備蓄食品の保管、維持管理の省力化を図れるのではないかと

思います。

スーパーには常に在庫があり緊急時には広場となる駐車場もある、物品配布ではなく

炊き出しと言う形態をとれば、

1日2日なら地域住民を空腹から開放できるのではないでしょうか?

何より最寄のスーパーなら行きなれていて、わかりやすい。


企業なら、普段から行政管理、行政指導も行いやすいし

何より企業のイメージアップにも繋がる。

国や都道府県による大型スーパー飲食物備蓄予算や

商品の補償があれば、お互いにとって「利益」が生まれるし、

被災者は正直そんな金の話より、今食べるものが必要なわけで。


今回の震災でわかったことは、

個々に危機管理意識を持たすことは「不可能」だと言う事。

役所も住民も、

シュミレーションが出来ていないから、すべてが行き当たりばったりの行動になってしまう。

実際の所、平常時に避難経路や避難場所を

シュミレートするのは相当防災意識の高い人しかいないでしょう。

実は私もやっていません。


ここで肝心なのは、不可能を可能にする努力ではなく

「発想の転換」です。

平常時に興味の持てない、やる気の無い人達が防災訓練をするくらいなら、

意識の高い人間だけで(業務として)

指揮系統ラジオ局の開設を行えばいい。

住民にはラジオの携帯だけを徹底すれば良いのです。


震災初期、つまり現在問題になっているのは、地域の指揮者不在、情報の伝達不足

ではないでしょうか?

地域ごとに周波数を設置し、自分の地域の情報を得られるラジオ局を

開局するのです。役所主導で。

被災者ボランティアもここで募集をしたらいい。

やらなくてはいけないことは腐るほどあるはずです。


そして指揮系統で大切なのは

プロの存在です。地域の何とか会では無理です。

国はそういった災害対策マニュアルに沿って動ける

プロフェッショナルを、育成し、役所に在籍させる。

役所の職員にやらせるのではなく、

自衛隊や民間企業、政府、警察、消防、病院とも意思疎通のできる

ネットやラジオと連動した地域性災害対策本部を各市区町村に置くのです。

災害対策は地域によって

大きく変わることを理解しなければなりません。




今、被災された方たちは一日一日を生きるのに精一杯なはず。

冷静になって「次」をよみ

行動することが私達のやるべきことです。











AD