耕作放棄地、畑に戻します。

テーマ:


耕作放棄地としては
まだまだかわいいレベル。
耕作放棄1年生といったところでしょうか



私の仕事が増えるという事は、
新しく農業をやりたい人達が増えているという事。

ここには自分が農家だからこそ、感じられる喜びがあります。

これから農業を目指す方に、
一言言わせてください。

農業は「仕事」ではなく
生き方だと思っています。

失敗したら、
次、成功させてください。
会社のように叱ってくれる人はいません。

収入面で不安な時期もあると思いますが、
必ず自分のこだわりを理解してくれる人達が現れます。
そういう人達を見逃さない事が
食っていけるかいけないかの分かれ道です。

現在、農業だけで経営が成り立っている農家をみると
労働に対する適正な対価を得られている方が多い。
(都市農業において。郊外の大規模農業は全く分かりません)
何の仕事においてもそうですが、
実績作りが一番大事な事なのではないでしょうか。
次に、タイミング、つまりビジネスチャンスを逃さないこと。

そういった営業系が苦手な
不器用な(悪い意味じゃない)農家のために、
農家のビジネスチャンスを広げる、繋げる、
いわゆる
顧客のニーズと、各農家の特色をマッチングさせる
ビジネスもこの先、農業界において需要が増えていくかもしれません。

イメージとしては
野菜を出荷する市場ではなく
農家の特色をセリにかける市場。
(あまりいいイメージではないですが)

繋がった場合は、手数料を頂く。
もちろんお互いからの登録料も発生している。

ビジネスチャンス!

農業に限ったことではないですが、
顧客が求めているのは「価格の安さ」だけではないですよ。
確かにオープン化された情報社会では、
消費者の「低価格志向」が目につきますが。
こんな時代に勝負ができるのは、直立不動の大企業ではなく
フットワークの軽い中小企業
もっと言うと個人事業主です。

個人の能力を活かした
特化型事業の時代がやってきますよ。
がんばって大企業に勤めても、上司に認めてもらう前に
時代が変わっちゃいますから。


AD
効率(コスト)優先の、今の世の中
もし自分が勤め人だったと考えるとゾッとする。
毎日いらない事ばかりをしているから。

無理に薪ストーブなんか導入して
1日中会社の隅で薪でも割ってようものなら
みんなから白い目でみられて、いづらいだろうなあ

割り切れる人はいいけれど、
自分の信念(やりたい事、方針)を曲げて、会社や上司の言いなりにならざるをえない
生活をしている人は、そりゃ心の病にかかりますよね。

同じ頑張っているんでも
自分の信念に向かって頑張っているんじゃなくて、
信念を曲げる事を頑張ってる。
自分は自分が正しいと思っているのに。
ん、そりゃ頑張ってるんじゃなくて耐えてるだけだな。

確かに耐えることは、
人生の中で必要なことかもしれないけれど。
耐えることに頑張らなくていいんだよ。

頑張るという力は
自分のために使ったほうがいい。



こんな作業でも、自分の中に葛藤がある。
ほとんどに土が付着してしまっている枝、
チェンソーの刃にはあまりよくない状態。

新しい刃で手早く片付け後で研ぐか、
ちょうど使い古しの刃がついてたので、
ここで最後に使ってから廃棄するか。

私は後者を選んだ

き、き、切れネー

無駄な力が必要になり、時間も無駄にかかってしまった。
1時間ちょっとだけれど、
適材適所でチェンソーを使い分ければ3、40分で終るだろう。
その後20分かけて研げば、無駄な力も必要ないし
結果早い。

横着は結局結果が出せないな。

しかし究極の効率論は
薪を使わず
電気暖房や灯油暖房を使う事。

効率(人件費増、作業コスト増)を考えたら、こんな事やらなくていい。

ただね、人がやらなくていいと思っていることをやるから
その人に個性が生まれるわけだし、
認めてくれる人も中にはいるわけであります。

無駄こそ
人生を豊かにするキーワードだとすると、
効率論は人の心の豊かさを奪っていっているのかもしれません。








AD