経済は循環だ

テーマ:

を実証すべく

稼げない時であっても色々お金を使い続けてきたわけですが

※過去記事もろもろ参照

 

もちろん使う先には

自分なりの考えや利得を考え

したたかに散財という名の投資を積み重ねてきました。

そしてそれがあながち間違いでもなかったぞ と

確認できた2017年。

 

初めて新車の重機を一括で買えました。

稼げてる人は中小企業向けの優遇税制制度があるので

色々調べてみてね。

わかりやすく書いてある参考ページ

 

 

本日納車。

 

上がるバケットの高さが

 

流した汗と涙の量 

ということで

 

コマツのPC01から始まり

 

CATの017CR(クボタOEM)

 

日立建機のザクシスZX30U

 

と、無い頭で良くここまできたもんだと

勘違いも繰り返せば自信につながるんだと

まあ、そう思うわけであります。

 

本当は違う重機を買う予定だったんですが、色々戦略の

変更がありまして。

これはこれでさらに稼ぎを増やしてくれる予定です。

アタッチメントで勝負をするなら下手に1.7tにお金をかけずに

3tのほうがマルチに活躍してくれそうだったので。

レンタル機でできない事をするのが重機所有のメリットであり

勝算です。

借りたバイクで本気のレースなんか出られません。という事で。

 

最近、日立に傾倒しかけてる気がしますが

たぶん気のせいではなく、

ユーザーてのはメーカーに一回愛着を持てれば

その気持ちは続くってことなんだと思います。

メーカーはファンづくりをなめちゃいけないってことではないでしょうか。

 

あ。

日立工機はもう日立じゃないんでしたっけ。

 

残念です。

生き残るために必要な選択だったのかもしれませんが、

ブランドというユーザーと共に積み上げた歴史を

捨てなくてはならなかった、その選択肢しかなかった事が

非常に残念です。

 

 

ユーザーあってこそのメーカーです。

でもメーカーはユーザーに媚びちゃいけない。

 

メーカーの溢れんばかりの自信に

ユーザーが惚れるってこともあるんですから。

 

ビジネスとはつまり

価値と欲のコントロールという所でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

リンク式電動ダンプのダンプアップ能力が全く分からなかったので

購入前は不安でしたが、最大積載量350kgはもちろん余裕。

 

650kgでも問題なく上がりました。(公道走行は不可)

土なんか畑の中で運ぶと、すぐに350kgを超えてしまうので

こういった情報は参考になるのではないでしょうか。

 

ダイハツのPTO式軽トラダンプも購入候補でしたが

うちの仕事ではこれくらい上がれば十分。

PTO式は操作が複雑で女性陣には扱えなかったかもしれませんし

重量物は3tダンプで運べば問題なし。

 

道具は能力内で使ってあげれば、長持ちするもんです。

その匙加減もまあ難しいのですが。

 

ついでに言うと

自分の能力限界値もそろそろかなって思ってるんで

これ以上事業拡大するのは無し。

器てのはそう簡単に大きくはならんのです。

 

細々と人の為、緑の為、土の為に生きていきます。

 

 

AD

明日使うんで

整備しようとしたら、、、

 

 

カイワレみたいな

植物の芽が出ていて驚いた。

隙間に残っていた雑草の種から

発芽したらしい。

うまれる場所間違えたね完全に。

 

長期入っていた開墾現場

 

終了したので

 

溜まっていた他の仕事をこれから

終わらせていく感じです。

 

ここから

 

1.7tのミニショベルメインでよくやったと思います。が

 

効率は決して良くはなくて

利益を出さなくてはならない「仕事」において

何を重視すべきなのかを根本から考えさせられた貴重な体験、現場でした。

 

私達のような個人事業主が会社組織より優位に立てる点といえば、、、

判断、決定のスピードと

誰にも邪魔されない自身のこだわり、そしてそれらの正当化。です

 

思いついたらすぐやってみよう♪

ということで

3tミニショベル新車でご購入♪

 

大丈夫 あってるあってる

 

     人生は続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD