需要のある所に対価あり

テーマ:

行き来する金額の話になっちゃうと

それはもう、稼がれてる皆さんに比べたら

恥ずかしいくらいのレベルの低い話なんですが、

自分の考え、働きがそのままお金になるというのは

想像以上に楽しいものです。

 

 

耕作放棄され、荒れに荒れてしまっている画像中ほどの

「元畑」を 畑に戻す。

そんなお仕事をしています。

 

 

歩くことさえできなかった篠竹ゾーン

刈ってみれば驚くほど広い土地が現れました。

 

篠竹の根っこを丁寧に除去していきます。

 

この間買ったミニショベル、キャタピラーの017CR

かなり愛着がわいてきました。

コマツのPC01はこのサイズの仕事には不向きなので

お留守番。

 

実は、この広さになってしまうと

017CRでもきついのですが

これしか持ってないし。

 

とりあえず1.7tクラスのミニショベルで

どの程度の仕事ができるか、

試してデータを取りたかったというのもあって。

結果、工期を短縮して利益を出すなら

3tミニショベルかな。

 

それ以上の重機は個人事業主向けではないし

投資したところで、回収は難しい。

ただ、人を雇う事を考えたら

重機のローン代は安いものだし

軽く数人分の働きをするんです。

 

 

こんな仕事を、女性二人を含む4人でやっています。

 

今日、この現場で作業をしていたら

お隣からも仕事をもらえました。

これ、現場が下請け仕事だったりすると

せっかくの仕事を受けられなかったりするんですよね。

自由って素晴らしい。

 

ちなみにこのような平地で

ブッシュに突っ込んでいくような作業の時は

 

 

 

 

 

STIHLのFS240

30ccオーバーの

大排気量エンジンで

 

木でも竹でもかったぎって進んでいきます。

 

自分がパワーのある刈り払い機で二人分の仕事をして

女性陣には片づけをお願いする。

無理に嫁や妹に刈り払い機をやってもらうより

うちではそのほうが効率がいいんです。

 

年明けに大きい仕事も決まったし

女性作業員だから何かしらデメリットになる、という事は

うちでは全くありません。

どんどんこういう業界でも女性が活躍していってほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

完全に自分の器を超えてしまった。

仕事が独り歩きしている状態。

人脈とハッタリでいいポジションについたつもりが、

こりゃ破滅への道のりだ。

 

仕事と共に増えるストレス、

一番望んでいなかった生き方じゃないか。

家族で笑いあいながら、炭や薪で肉を焼いて

食べていたのはたった数年前なのに、

それがずいぶん昔の事のように感じる。

本当にお金はなかったけれど、

一番自分らしく生きていた気がする。

 

今じゃ企業の真似事をして、

見積書の作成や下請けさんとのやりとり。

みえない「責任感」に縛られて、このままじゃ

必ず自分を見失う。

 

家族(チーム)でやり切れるだけの仕事をしたい。

たったそれだけの望みが、かなわない。

仕事のバランスがこんなに難しいとは思わなかった。

 

 

 

 

 

海外からの買い物が届いた。

 

日本人

特に中小企業、個人事業主はもっと「特化型事業」に目を向けたらどうだろう。

こんな原価計算のできてしまいそうな商品でも

欲しい物は欲しい。

 

要はアイデアと実行力と

「購買力のある消費者」の見極めか。

 

 

 

ロープを永遠にすごい力で引っ張れる道具、

安いクレモナロープでも動作を確認。

 

 

こりゃ、アイデア次第で

良い仕事してくれそうだわ。

 

上記二つで5~6万て所?

いらない人にはいらないけれど、

必要な人には必要とされる道具、仕事。

 

規模が小さい企業や個人事業主にこそ

特化型事業の勝算があるのでは、と思うんだけれど。

 

大企業のように人が多くなればなるほど、

スペシャルであり続けることは難しいのだから。

 

 

 

 

 

 

 

AD

いつからだったかな?

物事に集中すると必ずと言っていいほどやってくる

偏頭痛。

 

大体奴がやってくる時には「わかる」んですが、

来たらもう最後。

今までは耐えるしかありませんでした。

私の場合は

とんでもない痛みの後に吐き気が必ずやってくるのです。

耐えて耐えて

長く寝ると起きた時には何とか治っている、の繰り返しでした。

 

頭痛に耐えながらの仕事というのは

全く作業がはかどらない上に、

集中力がなくなり危険度の高い仕事などでは

ケガや失敗の原因にもなります。

頭痛中はとにかくイライラするので対人関係にもヒビが、、、

嫁との関係にも亀裂が、、、

 

しかし、最近あるものを「飲む」ことにより

100%偏頭痛を治す(痛さを感じなくさせる)方法を発見したのです。

今までマッサージ、ツボ押しなどを試してきましたが

どれも気がまぎれるくらいの物でした。

100%です。

私の片頭痛の場合

100%15分以内にあの激痛と吐き気を伴う偏頭痛から解放されます。

痛さが和らぐのではなく、

全く痛くなくなるのが凄いんです。

 

20代の頃かなり偏頭痛で苦しんだので、あの頃の自分や

現在偏頭痛で苦しんでいる人にこの方法を伝えたい。

いや、伝えなきゃならないのだ。

 

、、、随分引っ張りましたが、120円でわかった方も多いのでは?

そうです。

どこにでも売っている、コーヒーのショート缶↓

 

真面目に、偏頭痛持ちの救世主。

別にBOSSじゃなくても、無糖でも微糖でもなんでもOK。

自分の場合、本格的なコーヒーより

こういう安っぽいコーヒーのほうが「偏頭痛」には効くと感じます。

 

自分の体の事だから、

これはよくわかるんですが、

これは勘違いやプラシーボの類ではなく

カフェインか何かが体の何かに作用していることが

その結果から実感できます。

 

出先で偏頭痛になる事が多いので、

どこにでも売っているこのショート缶には本当に助けられています。

偏頭痛持ちの方、これからは耐える必要も

薬を買う必要もございません。

 

今の日本なら、よほどの場所でもない限り

自動販売機かコンビニを見つけるのに5分。

コーヒーを飲んで10分~で効果、

すなわち

あの地獄のような頭痛から

約20分とたった120円で

解放されるというわけです。

 

今回は刈り込みに集中しすぎて

偏頭痛に。

 

無事仕事をこなして

鼻歌交じりに道具をメンテできるのも

ショート缶のおかげです。

 

あ、なんか最近

あれだけ売り込んでもこなかった仕事が

向こうからやってくるようになってきました。

同じ所をぐるぐる回っていると思っていたけれど、

円と縁が重なりだしたようなのです。

 

AD