効率(コスト)優先の、今の世の中
もし自分が勤め人だったと考えるとゾッとする。
毎日いらない事ばかりをしているから。

無理に薪ストーブなんか導入して
1日中会社の隅で薪でも割ってようものなら
みんなから白い目でみられて、いづらいだろうなあ

割り切れる人はいいけれど、
自分の信念(やりたい事、方針)を曲げて、会社や上司の言いなりにならざるをえない
生活をしている人は、そりゃ心の病にかかりますよね。

同じ頑張っているんでも
自分の信念に向かって頑張っているんじゃなくて、
信念を曲げる事を頑張ってる。
自分は自分が正しいと思っているのに。
ん、そりゃ頑張ってるんじゃなくて耐えてるだけだな。

確かに耐えることは、
人生の中で必要なことかもしれないけれど。
耐えることに頑張らなくていいんだよ。

頑張るという力は
自分のために使ったほうがいい。



こんな作業でも、自分の中に葛藤がある。
ほとんどに土が付着してしまっている枝、
チェンソーの刃にはあまりよくない状態。

新しい刃で手早く片付け後で研ぐか、
ちょうど使い古しの刃がついてたので、
ここで最後に使ってから廃棄するか。

私は後者を選んだ

き、き、切れネー

無駄な力が必要になり、時間も無駄にかかってしまった。
1時間ちょっとだけれど、
適材適所でチェンソーを使い分ければ3、40分で終るだろう。
その後20分かけて研げば、無駄な力も必要ないし
結果早い。

横着は結局結果が出せないな。

しかし究極の効率論は
薪を使わず
電気暖房や灯油暖房を使う事。

効率(人件費増、作業コスト増)を考えたら、こんな事やらなくていい。

ただね、人がやらなくていいと思っていることをやるから
その人に個性が生まれるわけだし、
認めてくれる人も中にはいるわけであります。

無駄こそ
人生を豊かにするキーワードだとすると、
効率論は人の心の豊かさを奪っていっているのかもしれません。








AD
冬の作業場暖房用薪の準備。
今年の分はもう十分あるので、
来年用かな?



今週中には、切って割っておきたいけれど
やる気が生まれてこない。暑いからかな?
どこにあるんだ俺のやる気スイッチ。

暖房用枝↑を運ぶのを手伝ってくれた嫁さんに
ご褒美。



チェーン店にお勤めのみなさんには
怒られてしまうかもしれませんが、

飲食店は個人店が面白いですよ。
適当に料理を作って、ボロ儲けできる時代ではありません。
それぞれ対価を得るため、厨房から見える顔は優しくても
日々戦っています。

私は100%の人達を60点で満足させるチェーン店よりも、
50%の人達を90点で満足させる個人オーナー店のほうが
好きです。

私は何に対しても色で語りたがります。

例えば、黒い企業は他の色を必要としません。
色を持った人達は
黒い色の中で色は出せないし必要ないのです。

色を統一化したいチェーン店。
決められた塗り絵の中を、同じ色で塗りつぶすのが仕事です。
はみ出すことは許されませんが、塗り方は変えられます。
上手くなればなるほどその線を越えて描きたくなるのです。

個人店。
真っ白い紙の中に自分の手で小さな絵を描きます。
たとえ小さくても自分だけの力で絵を描けるのです。
塗りつぶしたい色は、自分の成長とともに変わる事でしょう。
書き足した絵は、いくつにも重なり
一冊の本となります。

私は経営者の方とよく話をするのですが、
大作を作ろうと努力をした、という人よりも
努力をしていたら大作が出来てしまった。
という人のほうが多い気がします。
(大企業の事は全く分かりません。中小とはそもそも仕組みが違うような?)

事業なんてものは狙って簡単に成功するものではありません。
目標は必要ですが、大事なのは日々の行い、
つまり、失敗、対策、努力なのだと
多くの経営者の方から学びました。
(なんだか、いい意味の?不真面目さも一種のスパイスのような気がする)
私はまだまだ、その方たちの足元にも及びませんが
やっと白い紙とペンを手に入れたかなという所です。

話がまただいぶ飛んでしまいましたが、

味の中に歴史があるのが個人店。
私はつまり、料理というより
その人の歴史に対価を払う。

チェーン店の味の中にあるのは、
100%の人を60点で満足させるための
計算されたレシピと門外不出のマニュアル。
自分の考えでは、
マニュアルに対価を払っているという事になる。

私は、目の前にいるその人に
自分が汗水垂らして働いたお金を
使っていきたいと考えているのです。


AD

植物図鑑

テーマ:


植物図鑑HP.....植物図鑑 (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥741
Amazon.co.jp

私はまだ見ていないんですが、
みなさんはどうでしょう?

原作を見てから映画を見るか
映画を見てから原作を見るか

人知れず映画好きな私に物申させていただければ
映画とは監督ありきです。
正直、キャストありきな日本映画界の「売り方」には
ほとほとウンザリしているわけですが、
植物図鑑は自分の信念をひん曲げて
映画館に見に行ってみようかと企んでいます。

原作を超える映画はなかなか難しいとしか
言えません。
それは植物図鑑に限った話ではなく、です。
理由の一つとして原作本の中では
読者である自分の頭の中で最高のキャストが
話、動き、間を作り、物語を生み出しているわけであり
一切他人の趣味、嗜好に邪魔をされない世界で話が完結します。

映画はどうでしょうか?
キャスティングは一方通行であり
こちらの想像力など一切必要としません。
しかし、役者の演技力が自分の幼稚な想像力を超えた時
それは映像の力となり、文字だけの世界からは得られない
深いストーリーを生み出します。

ビジュアル的に外しようのないこの二人を
三木康一郎監督はどのように
「植物図鑑」の世界に溶け込ませたのか。

客観的に見て終わるか
誰かに感情移入して時がたつのを忘れるかは
実際に見てみないとわかりませんね。

え?あまり見たくなさそう?
そ、そんなことないです 汗
実は関わっているのです、植物図鑑に。

チョメチョメなシーンで使われているあれやこれやの植物を
泥まみれになりながら用意したのは何を隠そう私と嫁です。
「ホラっこれが ヘ ク ソ カ ズ ラ」
とかリアルでやってました。リアル植物図鑑。
(あの高品質ヘクソカズラは私が用意したものではありません)
あれは別のプロの仕事だな クソッ

不可能を可能にする事はできなかったけれど
プロとして出来るだけのことはやったつもりです。
エンドロールに名前も載らないような仕事だったけれど
誇れる仕事でした。

よし、原作を見ずに
先に映画を見よう。
キャスティング最高だよね
おっさんキュンキュンするわ

あれ?












AD