欲とお金の話

テーマ:

まず、私の経済感覚から

お話しなくてはなりません。

一般的な多くの日本人の考え方とは違うかもしれないので。

 

私の師は祖母です。

祖母は若い頃、

昼夜関係なく寝る間を惜しんで

男顔負けの仕事をこなしていたそうです。

 

間違ってはいけないのが、ここで祖母が得た対価は

時間に対してのものではなく、結果に対したものであった

という点です。

 

パートやアルバイトが時間を増やして

稼ぐというものとは、同じ労働でも全く違うものです。

私の中に時給や日当で稼ぐという感覚がないのは、

この大きな違いを知っていたからだと思います。

 

仕事に対する「欲」というのは私にとって

働くための理由、エネルギー源となっていて

得られた対価の大小関わらず、

祖母の生き方を重ね合わせて

少し近づけたかな?と

今は亡き大好きな祖母を思い浮かべるんです。

 

祖母は、その自分で稼いだお金を貯金するようなことは

しませんでした。

プラス借金をしてでも土地を買うんです。

亡くなってしまった今となってはノウハウを聞く事ができませんが

祖母が買った土地は、かならず買った時より高く

売れたんだそうです。

人が買わない(買えない)時に買い、

人が欲しくなった(買えるようになったら)ら売る。

 

そこで初めて貯金をするわけです。

買い物も豪快でした。

今私たちが住んでいる物置も祖母が建ててくれたものです。

毛皮に指輪にロレックス、はたから見たら

贅沢三昧の祖母にも、想像を絶する過去の苦労と努力があったことを身内以外は知りません。

 

農家の後継ぎである、私にはよく話をしてくれましたが

他人に自分の苦労話をしているのを見たことはありませんでした。

何かのプライドがあったのでしょう。

 

私は祖母から、お金の貯め方以上に

使い方も教えてもらいました。(見てただけですが)

 

町の自転車屋で買う、国産最上級のママチャリ

大工の建てる家、物置

近所の個人スーパーでの豪快な買い物

車関係は多少高くても身内から。

 

今、大人になって考えると

祖母は事業者にとっていい客だったなという事です。

私にとって、経済を回すという事は

日本や世界を考えるような大きなものではなく、

祖母のような小さなコミュニティの中での

自分や相手にとって意味の感じれる循環です。

 

時代が違うと言われるかもしれませんが、

その時代を作り上げるのは紛れもなく

我々消費者です。

節約志向の脳から、豊かな経済活動が生まれるでしょうか?

 

節約、お金を使わない、ということは

働く側に立った時、売り上げが上がらない

給料が上がらないという事ですよ?

 

過度な節約思考で、本来お金を落とすべき人たちまでが

ため込んでいる可能性がありますし、

対価の価値観を育てる環境、現場が本当に少なくなっていると思います。

 

町の自転車屋が廃業し

自転車はほとんど中国製になり

大工職人の建てる家がなくなり

スーパーは誰が経営してるんだかわからない

大きなスーパーばかりになり

 

人の見えない(要するに誰でもいい)色のないビジネスに

私はウンザリです。

 

そんな祖母が、最後に大事にしていたのは

お金でもなく毛皮のコートでもなく

自分の人生を追った数冊のアルバムでした。

 

人は最後に何を残すかではなく

今まで何をしてきたか、

そして、それを誰に伝えられたかではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

甘いリスク管理

 

もう4月だから雪は降らない「だろう」

 

ここは「かもしれない」で

スタッドレスを履いたハイエースで来るべきでした。

 

平地ならまだいいんです。

軽井沢ICを降りた後、ノーマルタイヤでの山道は

生きた心地がしませんでした。

 

写真が撮れたのは積雪が少なく余裕のある場所。

ノーマルタイヤでの山道は想像以上に「やばい」です。

 

今日はリスク管理できてなかったけれど、

何気に大きく考えるとリスク対処はしていた?

 

空荷でトラクションのかかる

リヤエンジンのサンバーと

4WDじゃなかったら

ミッション完了してませんでした。

 

私の仕事ではこれがあるから

FRの2輪駆動車は怖くて買えません。

多少高くても

この一回だけで心と仕事が救われます。

 

自分の業務行動範囲の中に雪道、林道、畑、がある人は

できるだけ4WDを選択するというリスク対処の方法を

考えても良いかもしれませんね。

 

仕事中の車両スタックは

仕事が止まることを意味しますので。

 

雪の可能性がある地域に仕事で行く方は

天気予報をあてにするだけではなく、降るかもしれないという事を

頭に入れて行動しましょう。

行動範囲によりますが

まだ、スタッドレスははきかえないほうがよさそうです。

 

サンバー、ハイエース、エルフの3tダンプ

すべて無理して4WDにしましたが、

効果+リセールを考えると悪くない選択だと思っています。

 

日本車って新車買ってちゃんとメンテナンスしていれば

動かなくなるような故障はないし、

10年乗っても値段のつくような車に乗っていれば

その10年単位で車両含めた経営戦略を練れるし、

重機も車も車両トラブルがなければ

仕事はスムーズに進むというわけで。

 

仕事に人生をささげた人間というのは

客観的に見ると

利益とリスクの事ばかりを考えていて

面白みがないかもしれませんね。

 

 

まあ、でも本人は十分楽しんでるんですがね。

 

 

 

 

AD

前に紹介した

Rig N' Wrench ですが

 

現場で実際に使用してみました。

さすがに安全安全言ってるのに

いくら軽量枝の取り扱いと言っても

9mmクレモナロープはないだろってことで

12mmのリギングロープを持ち込みセットアップ。

 

結果から言うと

自分達の扱うレベルの「枝」では

抵抗がかかりすぎて全く対象物が落ちてくれませんでした。

 

Kevin Binghamさんのビデオでは

 

 

 

幹レベルのものを扱ってバランスが

ちょうどよくなっているようにみえます。

一見枝っぽいものもあるけれど、

木って意外と重いんです。

結論として、12mmのリギングロープでRig N' Wrenchを使いこなすには

かなりの経験値が必要であると考えます。

このサイズの木をどうやって切ったらどうやって動くかを

理解していない人は使うべきではないし危険でしょう。

自分含めてです。

 

 

確かにこれは日本では売りにくい、、、

売った先でどう扱われるかわからない商品を

無責任に売るような人じゃないからな、kさんは。

 

 

という事でまずは本当に人間が引き回せるくらいの

軽量枝限定で使用していきたいと思います。

 

まず、ちゃんとしたリギングロープを購入しました。

 

10mm

 

効率論はともかく理論的には、こんな小さなリギングシステム一式で

ちょこちょこやって

20mくらいの高木の枝を吊りながら幹状態にまですることが可能です。

 

細いロープだから操作性は

12mmのほうが確実に上だろうけど。

自分達の仕事の場合は、軽量枝が確実に落ち、

コントロールできる事が重要なんです。

 

クライミングに関してですが

最近、メインロープは樹上トップアクセス用で

たどり着いたら10mのCEランヤード両端2丁使いで縦横移動しています。

 

最大3本のロープで確保される安心感は

地上20m付近において絶大ですね。

 

嫁、妹、自分

CEランヤード10m × 3セット。

ピントプーリーで色分け

 

おっさん(自分)は

これ。

写真で見るよりいー感じです

 

これが樹上にあれば、

Rig N' Wrench の簡易的な引き上げシステムも

構築できる予定なんだけど

上手くいくかな?

 

興味のない人には

何言ってるかわからないですよね。

 

Rig N' Wrench 10mmロープ使用での

ライトリギングコントロールシステム。

まだ実際に運用はしていないので

使ったらまた報告します。

来週あたりまた現場に入る予定なので。

 

 

 

 

 

 

 

AD