北ミサイル発射時の対応について

内閣官房のウェブサイト「国民保護ポータルサイト」に

大変参考になる情報が掲載されました。

 

私には関係ない、ではなく

必ず目を通しておいてください。

知識が必ず自分や人を助ける時が来ます。

 

---------------------------------------------------

 

 

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A
 
 
問1 ミサイルは発射から何分位で日本に飛んでくるのでしょうか。

 

(答) 北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する場合、極めて短時 間で日本に飛来することが予想されます。 例えば、平成28年2月7日に北朝鮮西岸の東倉里(トンチャンリ)付 近から発射された弾道ミサイルは、約10分後に、発射場所から 約1,600km離れた沖縄県先島諸島上空を通過しています。 なお、弾道ミサイルの種類や発射の方法、発射場所などにより日本へ飛 来するまでの時間は異なります。
 
問2 なぜ頑丈な建物や地下街などへ避難するのですか。

 

(答) ミサイル着弾時の爆風や破片などによる被害を避けるためには屋内(で きれば頑丈な建物)や地下街など(地下街や地下駅舎などの地下施設)へ の避難が有効だからです。
 
問3 自宅(木造住宅)にいる場合はどうしたらよいでしょうか。

 

(答) すぐに避難できるところに頑丈な建物や地下街などがあれば直ちにそ ちらに避難してください。それができない場合は、できるだけ窓から離れ、 できれば窓のない部屋へ移動してください。
 
問4 建物内に避難してから気を付けることはありますか。

 

(答) 爆風で壊れた窓ガラスなどで被害を受けないよう、できるだけ窓から離 れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

 

問5 弾道ミサイルの情報が伝達されたとき、自動車の車内にいる場合はどう すればよいですか。

 

(答) 車は燃料のガソリンなどに引火するおそれがあります。 車を止めて頑丈な建物や地下街などに避難してください。周囲に避難で きる頑丈な建物や地下街などがない場合、車から離れて地面に伏せ、頭部 を守ってください。
 
問6 車から出ると危険な場合はどうしたらよいですか。

 

(答) 高速道路を通行している時など、車から出ると危険な場合には、車を安 全な場所に止め、車内で姿勢を低くして、行政からの指示があるまで待機 してください。
 
問7 ミサイルが着弾した後は何をすればいいですか。

 

(答) 弾頭の種類に応じて被害の様相や対応が大きく異なります。 そのため、テレビ、ラジオ、インターネットなどを通じて情報収集に努 めてください。また、行政からの指示があればそれに従って、落ち着いて 行動してください。
 
問8 近くにミサイルが着弾した時はどうすればいいですか。

 

(答) 弾頭の種類に応じて被害の及ぶ範囲などが異なりますが、次のように行 動してください。 ・ 屋外にいる場合は、口と鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ち に離れ、密閉性の高い屋内の部屋または風上に避難してください。 ・ 屋内にいる場合は、換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を 密閉してください。

 

-----------------------------------------------------

 

 

 

ミサイルが直撃したらどうせ死ぬんだから

知識や対策は意味がないと思っている方がいたら、それは間違いです。

 

残念ながら、確かに直撃すればどんな対策も意味がありません。

ただ言い換えると、政府が公開したミサイル対策は

「直撃しなかった場合」の最善策という事になります。

 

意味がない事を政府は発表しません。

国民の生存率を上げるために

この様な発表をしているのです。

上記対策は意味のある行動です。

 

政府は言及していませんが、

もしミサイルが発射された場合、直接的な1次被害の後

2次被害が必ず起こります。

 

ライフラインの寸断。

電気水道ガス流通が止まります。

 

道路や鉄道が破壊されると、流通網がマヒし

次いつやってくるかわからないミサイルにおびえ

「仕事」どころではなくなることが予想されます。

直接、ミサイル攻撃を受けた地域以外でも

水は貴重なものになり、

夜の明かりもなくなります。

人はトイレをトイレとして使えない

恐ろしさを身をもって感じる事でしょう。

 

停電している地域にとって電池はとても貴重なものになるので、

情報はスマホやテレビではなく、

消費電力の少ないラジオから得るようにします。

 

今一番必要なのは知識。

家族を守ることが出来るのは国ではなく

あなたの知識と行動のみです。

 

とにかくガラスの飛散に気を付けてください。

ガラスで怪我をすると人間はその運動能力の

ほとんどが失われます。

室内でも靴を履きましょう。

 

水は貴重になるのがわかっているんだから用意をしておくこと。

 

トイレが使えなくなった時のシュミレーションを必ずしておくこと。

 

停電になっても困らないように省電力であるラジオと

大容量充電池を満充電にしておくこと。

 

照明やラジオなどに使いまわせる

マキタの充電池を用意しておくこと。

 

こういった災害シュミレーションは大切ですよ。

 

普段は掃除機に使用

 

 

停電したら

 

 

ML801

 

情報はUSB電源も同時にとれる

 

マキタのラジオ MR108

 

スマホの充電などに

 

上記すべてで同じバッテリーで使用できます。

 

 

こういった道具は、何かあってから買おうとしても

買えないのは、東日本大震災で経験済み。

 

普段から使える防災用品というのが

とても重要なんです。

本番で使えるかわからない中国製品満載の

防災セットを用意しておくより、

普段から防災用と意識せず使い慣れておくことが大切です。

 

日本人は法律で決めないとヘルメット

すらかぶれないような危機管理意識の低い民族性です。

 

事故の可能性があるならヘルメットをかぶる

 

ミサイルが撃ち込まれる可能性があるなら

可能な限り対策を考えておく

 

どちらも命を守るために、必要な行動でしょう?

ミサイル防衛も国が法律で決めないと動かないの?

 

核攻撃に関しての防衛策等を

かなり実践的に書いてある良書です。

 

 

得た知識が無駄になる事はありません。

買えるうちにどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD