薪(枝)が自由に入手できる仕事柄、

今まで数多くのクッキング系薪ストーブを入手し

使用してきましたが

モキ製作所のMD30KCほど日常の実用性に優れた薪ストーブはありませんでした。


実は最近流行のロケットストーブ系の

少燃費薪ストーブも3つほど所有しましたが、

私とはとても「相性の悪い」物でした。


ロケットストーブの利点が

私にとっては欠点、

というか燃焼特性が

あまりにも優等生的でいくら燃やしても

なにか心が満たされないのです。


ロケットストーブ系の

薪ストーブについてはまた後ほど記事に。




MD30KCと2時間ほどの調理に使用する薪(枝)の量




かなり適当なセッティングで

安定燃焼までもっていけます。


一番下から

ダンボール


ダンボールは点火材

竹は薪への優れた着火材となります。


火から学べる事は多いです。

小さな事の積み重ねがあってはじめて

「結果」が生まれます。




今日のメニューは

いつも作っているインドカレー。



使用する鍋はステンレスの多層鍋 ビタクラフトです。

写真でみてもらえばわかるように

薪ストーブ上部の蓋は閉めたまま。

つまり天板調理という事です。


強火禁止のビタクラフトを薪ストーブの直火にあてるような事は

しませんが、

天板の上ならOKだろうというテスト。


オリーブオイルを熱し

ニンニクを炒める


→加熱が緩やかなのであわてないで調理できました。




鍋から湯気は出るが

ストーブからの煙はほぼ無し


「かまど」ではまずありえません。




↑トマトの水分だけ。


これを


↓このようなペースト状にするためには




それなりに加熱が必要。


薪を足せば単純に

天板の温度が上がります。



天板温度



223度


鍋の水分が沸騰し

こんなに天板が高温になっていても

本体に近い取っ手部分は



53度。


一番熱い所で53度なので

もち手の所は熱さを感じません。




ペースト状にした後に

水を足し沸騰を連続させて煮込みます。




グツグツ

グツグツ


薪をくべながら調理をしていると

時間が過ぎるのは本当にあっという間ですね。


MD30KC×ビタクラフト調理の利点は

お互いの蓄熱性を活かした省力安定調理。


日常使用最大の利点は

なべ底に「煤」がつかない事。

薪ストーブクッキングをしたことがある方ならわかると思いますが

この事は日常使用においてとても大きな利点だと思います。


煮込み料理なら

直火にあてる必要は全くありません。

実際ガスで作ったときと同じ

美味しさで食べられました。


これだけ魅力のある商品なのに

ネット上ではいくらさがしても情報が見つからない、、、

メーカーに発信力さえあれば

定番本格アウトドアクッキングストーブとして

永年愛される逸品になるのではないでしょうか?

実際使ってみるとわかりますが、

1年や2年で壊れるような作りはしていません。

物の良さとは

長く使って初めて体感できるものだと思っています。

見た目の購入価格でその価値を判断してはいけません。


メーカー情報や写真では伝わりませんが

「キャスター」が驚くほど便利です。

そのキャスターもしっかり日本製なんです。

変な所でコストダウンしないモキ製作所の

モノづくりの考え方に賛同します。


晴れた日には

MD30KCを物置から外に転がり出して

音楽を聴きながら

野外で煮込み料理。


煙の少ない

MOKIストーブならではの

贅沢な時間です。


【送料無料】モキ製作所 無煙 薪ストーブ MD30KC【代引不可】
¥149,040
楽天
私はキャンプだけがアウトドアの楽しみ方ではないと思っています。

ちょっとしたお気に入りのスペースで火を楽しむ文化がもっとあっても良いのではないでしょうか?

MD30KCなら土の上でもアスファルトの上でも自由に

移動でき、

周りにダメージを与えずに「火」をゆったりと楽しむことが可能です。



AD