業務用機器購入においてメーカー選択より大切な事


それは、、、


「販売店選び」です。


これに失敗すると

いらないストレスをずっと持ち続けることになり、

大げさではなく、無駄な体力とお金を消費する事になります。


こんな事がありました。

販売店を名指しで攻撃するような事はしたくはないので

特定されるような情報は伏せますが、

ある、あまり取り扱いの無いメーカーの商品が欲しかったので

付き合いの無かった業務用機器販売店に足を運ぶようになりました。


そこで紹介されたメーカーイベントで

業務仕様の展示、型落ち新古刈り払い機を激安で購入したのです。

これは本当に助かりました。

販売店さんの情報提供力は

私達ユーザーとの交流の中でとても大事な部分だと

実感しました。


問題はここからです。

購入した刈り払い機は理想を超えた使い心地でした。


肩掛式刈払機 RM1027-GTD 25.4cc ジュラルミンパイプ ツーグリップハンドル
¥55,800
楽天

私は開墾のような荒地で使用することが多いので、

軽いだけではダメですし(パワーが犠牲になっている)

かと言ってこのようなタイプ(ストレート)の刈り払い機は

常に重さが両手に掛かります。

あまりベルトで楽をするような使い方はしないので

軽いに越した事はありません。


新ダイワのRM1027は荒れた傾斜地で使用するのにベストで、

排気量、アクセルコントロール方法、バランス、始動方法

すべて私の好みでした。


若干吸気音が独特で、

凄く「気持ちいい」エンジンだなと思いながら

慣らし的な感じでサブとして

去年数回使用して、そろそろメンテだな。と思って

エアクリーナーボックスを開けると

無くてはならないものが入っていない。


購入してから1年程たちますが

ほこりの立つような現場では使っていなかったので、

今までの経験からまだ機能が落ちるほどエアフィルターは

汚れていないはずでした。

しかし入っていなかったとなると話は別です。


購入後すぐに確認しなかった自分も悪いのですが、

まさか販売店動作確認済みの新古刈り払い機に

エアフィルターが入っていないとは。


新ダイワの刈り払い機は初めてなので

エアクリーナーの開け方もスポンジ形状も知らない状況での

初メンテでしたし、私以外の誰かがメンテナンスできる状況では

ありませんでした。


すぐに販売店に連絡し

「エアフィルター」が入っていなかった旨を伝えると

「それは絶対にありえない」という

悲しい返事を頂きました。


何で悲しいかというと、

「あなたがミス、嘘をついているんじゃないですか」

と言われているように感じたからです。

販売店側では始動テストをしたしそれはありえないと言いますが、

エンジンは掛かるんです。普通に使えるのです。

大事なのは「エアフィルターが入っていたかいないか確認」したか

と言う事なんです。


販売店はメーカーから送られてくる時に組み立てますから

確認しないはずが無い、と言いますが

エアフィルターは別包装なのかな?と疑問に思い

新ダイワの刈り払い機をもう1台インターネットで買ってみました。

届いて確認すると確かに組み立ては必要ですが、

エアフィルターは新品状態でエンジンにセットしてあったのです。


新古品の刈り払い機を組み立てる時、

付属品に「エアフィルター」が無ければ

セットしてあると勘違いしてしまう事もありえるのです。

1年前の事ですし、販売店側の「絶対」と言う言葉に

不信感を覚えました。


今回のこの商品、販売店には利益の出ない仕組みのようでしたので

販売店にしてみれば、

私はただのクレーマーだったのかもしれません。

しかし、もし私が何らかのミスでエアフィルターを紛失していたとしても

私のミス以外の可能性も探って欲しかった。


今回、目で見えるトラブルの元は

「エアフィルター」にあるのですが、

本質にあるのは

販売店と私との間に信頼関係が築けていなかったという事なのです。


長く付き合いのある販売店なら、

私が「嘘」をつくような人間ではない事をわかってくれていますし、

こんな嫌な気分になることも無かったでしょう。


今日、販売店に入荷したと言うエアフィルターを

取りに行って来ました。

無料で良いそうです。

無愛想で渡されながらも

私は今回の件で申し訳ないと思い、ある道具を購入しようと

在庫を聞いても「ないですね」と冷たいロボットのような対応。


ならば、とずっと欲しかった



STIHLの水分計を購入。


使い方は難しくないですか?

と聞いたら

「簡単なんじゃないですか、挿すだけだから」


もし、自分が客商売を始めたら

絶対にこんな対応はしないようにしようと

心から思いました。


それでも欲しかった道具だったので

家に帰る道中ウキウキしながら

スイッチオン。

あれ、電源入らない、、、


裏蓋あけてみると



電池遮断用フィルムが入っているじゃないですか、

そうかそうかそういう事か


で済めばよかったんですが

写真で見えるかな?


電池が液漏れしています。


なんかまたクレーマー扱いされそうで

面倒だから販売店には行かない事にしました。


無料対応で溜まるストレスよりも



400円の出費を選んだのです。


販売店が店で使用方法説明してくれれば

液漏れもチェックできたのにね、、、


こんなに楽しくない買い物は久しぶりです。


業務用機器はアフターサービスが前提だと思ってください。

買ったらそれっきりと言う道具はまずありません。

少々購入金額が高くても、優良な販売店であれば利益は

サービスに回ります。


いくらインターネットで安売りする店が出来たとしても

業務用機器販売店がなくなる事は無いでしょう。

私達が欲しいのは「商品」ではなく

「信頼関係」なのですから。




これがトラブルの元 エアフィルター


独特だと思っていた

なんだか聞いたことのある

新ダイワの刈り払い機の吸気音、

何で気がつかなかったのかな、、、、


そう、高校生の頃から聞きなれていたはずの

「直キャブ」の音でした。


うん、これははじめから

エアフィルター入ってない。


でも「絶対」と言うのはやめよう

あの人と同じになってしまうから。











AD

冬の作業に効く道具

テーマ:

暖冬だといった言葉ももう過去のもの。


いや、本当に寒いですね、

備えていなかった分

寒さが身に染みます。



雪の中の作業、水の中の作業

農家だとどうしても「寒いからやらない」というわけにはいかない仕事が

数多くあります。


手がかじかむと

思い通りに動かなくなり、

作業効率も悪くなります。


根性のある人にありがちな

手袋を使わず、かじかんだ手で

我慢しながら仕事している俺カッコイイ そんな感覚。

わからなくも無いんですが

手袋はめて

かじかまない手で仕事してもらったほうが

作業も早く進んでありがたいんですが、、、


話はちょっと変わりますが、

作業用手袋と聞いて皆さん思い浮かべるのは

どんなものですか?

たぶん多くの方が「軍手」と答えるでしょう。


確かに軍手は万能ですが、

万能というメリット以外

実はあまり優れた道具ではありません。

では、どんな手袋が優れているのか?


「適材適所」


これが作業用手袋選びの答えです。



つらい真冬の野外作業、

雪仕事水仕事はこれで解決します。



SHOWAグローブの


防寒テムレス

ショーワグローブ 【防寒手袋】No282防寒テムレス Mサイズ 1双/ショーワグローブ
¥1,628
Amazon.co.jp

寒さ対策に悩んで無駄なお金を使う前に

まず、この手袋を使ってみてください。

作業用手袋はその性能と

価格のバランスがとても大事です。

趣味ではないので高すぎてもいけません。


真冬の水仕事において

これほど性能と価格のバランスが良い防寒手袋は無いと言い切れます。

(ただし細かい作業をする手袋ではありません)








真冬の野外では体を温めることも大事です。

屋外では薪ストーブよりも

こんな道具が役に立ちます。



私の大好きなMOKI製作所の



無煙バーベキューコンロです。




廃棄物の剪定枝が燃料。


ペール缶や

一斗缶で十分という方も出てくるでしょう。

それはそれでよいのですが、

この無煙バーベキューコンロ、

薪遊びマニアの私が酷使して使っていますが

もう7年?

シンプルで壊れるところがありません。

そして使えばわかりますが、

燃え方が「普通じゃない」のです。


「MOKI」無煙焚火コンロ MK-30SS 【smtb-s】
¥11,058
楽天


MOKI製作所はこの先、会社を大きくし

デザインにも力を入れていくようですが、

私は見てくれだけのデザイン力アップよりも

MOKI製作所のストーブが生み出す

「暮らしの豊かさ、美しさ」を理解できるユーザーを育て、大事にするべき

だと思っています。


実際、私の生活の中に

海外製高級薪ストーブが入ってきても

「役に」たちません。

逆にモキストーブが無かったら

「困る」のです。


私はMOKI製作所の製品が

海外製薪ストーブと張り合う必要はないと考えています。

今、MOKI製作所に足りないものがあるとすれば、それは

自社製品と

モキ製作所の製品じゃないと「困る」

私のようなユーザーとを


「繋げる力」ではないでしょうか?


モキストーブの特性を考えると

需要は国内にとどまらないのではと私は考えます。


「なんでも高温でよく燃える焼却炉」

一部のインターネットユーザーからは

皮肉たっぷりにモキストーブの悪評が書かれていますが、

私はこれを褒め言葉だと捉えます。


「なんでも高温でよく燃える焼却炉ストーブ」が

欲しかったんですから。


















AD

夢を見た

テーマ:
びっくり
ハッと
起きてそれが夢だとわかったとき
まるで精神科医のように
自分の心の中が読めた。

夢の内容はこうだ

ヤフーのトップニュースに

バカほど道具に頼る

というリンクがあって
クリックをすると
見慣れたblogにたどり着いた。

その名は

ご~まるcc

毎回誰のために書いてるんだろうなー
とは思う。
ただ、私の中では確実にこの
blogは日記ではなく、
会ったことも見たこともない人達を
考え想いながら、書いている。

自分でも道具に踊らされてる
痛々しい中年だとは思う反面、
誰の意見も参考にしない
本当に使っている人間の情報は
貴重だよな、とも思っている。

その気持ちが
ヤフーという巨大検索エンジンと
バカ云々の記事に表れたのではないか。

私のblogは、誰にとっても有用な情報では
無いかもしれないが
たった一人にでも、私の考えだけではなく
メーカーや製作者の想いが伝わればそれでいい。

今日は



マキタのmr106で
jazzプレイリストを聴きながら
MOKI製作所の焚き火どんどんで
剪定枝の処理。
こんなのは仕事だと思ってやったら
全く「合う」作業じゃない。

暖をとり
火を楽しみ
音楽を聴きながら
ブログを書くのだ。

今日の想いは
遠くスウェーデンの職人。

去年から導入した
グレンフォシュの薪割り斧とクサビ




クサビは斧ではびくともしない
乾燥した樫の木も
簡単に割ってくれる

スマホのカメラでは
到底伝えられない
道具から発せられる美


刃から伝わる





研ぎ澄まされた
プライドの塊のようなその刃先



自らの重さで



薪に
食らい付く



私は現代人が
まるで日常的な挨拶のように使う
「コスパ」という言葉が
大嫌いだ。
右見ても
左見てもコスパコスパ

グレンフォシュの斧とクサビ、
この様なものが
愛され続ける世の中になる事を
私は強く願う。

今の費用対効果という
全くつまらない
ものの価値、判断基準の中に

美しさから得られる
心を満たされたという効果が
日本人の中で生まれ育つ世の中は
一体いつになるのだろうか。





どんなに人類が進化しても
炎を美しいと感じる心は変わらない

そういったものを
心に持ち続けられるような
生き方でありたい。




MOKI製作所の焚き火どんどん
ステンレスが赤くなるような高温で燃やしても
ビクともしない。
ドラム缶ではこうはいかない。

うちに来てから
もう7.8年か
人の考え方は様々であるが
私にとって、MOKI製作所の焚き火どんどんは
費用対効果が高い道具 となる。

焚き火をしながら
食べるチョコレートが美味しい
さて、この夢もそろそろ終わりだ。










AD