はやっ

昨日注文して本日購入店舗に届きました。

引き取りに行ってびっくり




日本製でした。


どういうことだ?

インターネットで誤った情報を流すわけには行かないので

メーカーに電話をしてみました。


答えは

間違いなく マルヤマ 人力噴霧器 MHD15P は

日本製ということでした。

詳しくはわかりませんが、

箱に書いてあるように

操作フィーリングの良さはダイヤフラムポンプ採用だからなのかな?


昨日紹介したものは

同じマルヤマ製作所のものですが、

よくよく見るとMHDの後の型番が違いました



【送料無料】(株)丸山製作所 マルヤマ 人力噴霧機 MHD10A MHD10A 1台【481-...
¥13,647
楽天

10と15の違いは

容量のことなのですがその後の

PとAで製造国が違うようです。


Pが日本製造

Aがタイ製造?


よくよく見ると型番違いで散布ノズルが違います。

本体は写真で見る限り一緒のようですが

カバーの部分が若干違うようです

ノズルだけタイで製造しているんでしょうか?でタイ製産品?

似ていますがやはり違うラインの製品みたいです


こんなことを気にするのは

私くらいかもしれませんが、

今まで永く愛用してきた仕事の道具が

同品質で再度購入する事ができて

とても嬉しかったです。


ちなみに丸山製作所サポートセンターに電話した時に

日本製造がんばってくださいと伝えましたが、

滅茶苦茶反応薄かったです。

個人の想いは電話じゃ伝わらないですね、窓口のおじさんで

想いはストップしてしまうんですから。


ブログは違います。

関係者の目に届く可能性が数パーセントでも上がるなら

私は発信し続けます。


丸山製作所さま、これからも良い道具の提供をお願いいたします。


株式会社 工進さま

エンジン噴霧器を長年愛用しています。

信頼できる道具の提供を心からお願いいたします。


参考までに破損箇所(液漏れ箇所)を公開しておきます



この商品の



ここの回転部分です。

接続部のトルク不足やパッキン不良ではありません。

ねじれ防止回転部分の不良です。


早速今日は丸山の噴霧機で作業予定。

気持ちよく、当たり前のことが当たり前に行える。

これが仕事道具の最も重要な条件だと思っています。








AD

噴霧器とは薬剤散布の際に

薬剤を霧状にして散布する機械のことですが、

農家なら必ず持っているのではないでしょうか?


業務用=エンジン というわけでもなく

私はエンジン式の噴霧器も持っていますが、

メインで使うのはホームセンターで買える人力(手動)の10リットルタンクのものです。


確かにエンジン式は効率がよいのですが

出先でのエンジントラブル、燃料の確保

用意するめんどくささ等があり

さっとやってさっと終らせたい時は大体

人力噴霧器で薬剤散布をしてしまいます。

一度覚えてしまえば女性にも出来ますから。


ここ最近の話ですが

近所のホームセンターからお気に入りメーカーのものが消え

コーシンというメーカーのものに入れ替わってしまいました。

値段は数千円しか違いませんが、お気に入りメーカーのものは日本製で

コーシンは中国製です(もちろん中国製のほうが安い)。

わざわざ仕事道具で中国製を買いたくは無かったのですが、

お気に入りメーカーのものが壊れてしまい(5年くらいは使えました)

急ぎだったので仕方なくコーシンの中国製噴霧器を購入しました。


背中にパッドが入っていたり

ショルダーベルトやウエストベルトも付いており

見た感じ豪華な仕様になっているんです。

しかし、肝心の薬剤を入れてポンプを動作させたその一瞬で

あ、中国クオリティだこれは と感じました。

去年購入した後、今まで嫌々使用してきたのですが

とうとうホースの回転部分から薬剤が滲むようにもれはじめました。

漏れた薬剤は服の袖から入り込み体を濡らします。


基本的に毒性の強い薬剤は扱いませんが、

体が薬剤まみれになるのは非常に不快です。


メーカー(コーシン)が中国製造に踏み切ったのは

コストダウン(利益重視)のためでしょうが、

コストダウンのリスクをコーシンはどの程度理解しているのでしょうか?

私のように日本製ポンプと中国製ポンプとの

フィーリングの違いに気が付く人間は少ないでしょうが、

故障率はどのユーザーでも認識するはずです。


私だけかな?と思いましたが

コーシン人力噴霧器のチャイナクオリティ(品質の悪さ)は

店側の関係者も認識していました。


本日、コーシン人力噴霧器を買ったお店で

お気に入りメーカーの人力噴霧器を注文してきました。

店に置いてなくても購入できるんですね?

はじめから使い慣れたものを購入すればよかった。


写真を見ると若干変わっているので

製造国が変わっていなければ良いのですが。

業務使用で5年間故障知らず。

特に特長は無いが安心できる動作フィーリング

仕事において能力と同じくらい大事なのが

使用時のフィーリングです。


コーシン人力噴霧器のフィーリングは最低でした。


ホームセンターでの取り扱い数を見ると

相当な営業力があるであろうコーシンですが、

肝心な道具がこれでは数は出ても後々お客は離れていきますよ。


ここで、私が考える中国生産には向いていないもの。


食べ物。

素材(鉄、アルミ)が大事な製品。

仕事の道具 (見せ掛けのスペックは国産と同等でも、フィーリングはごまかせない)

エンジン、ポンプ。


家電製品、デジタル製品

の中国生産メリットは理解できます。

しかし、ユーザーの信頼を裏切りかねない「道具」に関しては

もっと慎重になったほうが良いと私は思っています。


残念ながらもう二度とコーシンの人力噴霧器を買う事はないでしょう。


私が再度購入したのは


【送料無料】(株)丸山製作所 マルヤマ 人力噴霧機 MHD10A MHD10A 1台【481-...
¥13,647
楽天
あれ!!!丸山製作所は今まで信頼の日本製だったのに

今リンク先を見たらなんと「タイ製」になっていました。


コーシンの値段に対抗するためなのか、

メーカー側がどうしても1万円台前半で出したかったのか、、

牛丼の安売り合戦じゃないんだから。


とりあえず注文してしまったので使いますが、

例えば3~4年もってくれて

日本製の安心できる動作感があれば

例え15000円をオーバーしても決して我々は無駄な出費だとは思わないんです。

10リットルの噴霧器なんて一般の方はなかなか買いませんよ?

業務で使用する機器を中国産かタイ産で選べって、、、


でもですね

想像だけでものを言うのは嫌いなので

実際使ってみて「タイ産」の実力を試してみたいと思います。

わかってます。間違ってるのはメーカーではなく

安いものしか買わなくなった我々消費者なんですよね。







AD

昨日テンション上がって書いた記事

マキタの18V真空ポンプ発売ですが

よくよく調べたら、もう既に他社から発売されているものだったんですね。


タスコというメーカーからMAXのバッテリーを使って

ずいぶん前から発売されていました。

充電式草刈り機も確か日立が先行していたと思います。


特に調べていませんが

もしかしてマキタにはオリジナルアイデア商品がとても少ないのでは?


ユーザーとして一つのバッテリーで多くの機器が使えるのは

とても便利ですが、

そのどれもが他社のアイデアから得たものであるという事になると

小さいながらも事業をしている私としては、両手を上げて喜べるものではありません。


確かに、既存製品の真似をする事で

ある程度市場の動向は把握できていますし、販売時のリスクは激減しますが

あまりにもビジネス色が強いと気持ちが冷めてしまうのも事実です。

トヨタを思い起こさせます。


私はハイエースに乗っていますが

トヨタが好きではありません。


事業として成功していても

私はちっともトヨタが好きになれないのです。

それでも車の選択はハイエースしか思い浮かばない。

これがビジネス成功の法則なのかもしれません。


マキタも安定的な黒字経営を行ってきていますが

この先、持っているバッテリーがマキタだから

好きじゃないけれど仕方なくバッテリーツールはマキタで揃える、

そんな人が多く増えるかもしれません。


ビジネスとしては成功ですね?


それ、どうなんですかね?


マキタという会社をネットで検索してみると

内部事情に関していろいろ語られている掲示板を見つけました。

あまり良くない事が書いてありましたが真実はどうなんでしょうか。


マキタの社内には、真似ではなくもっと自由に

オリジナルバッテリーツールを開発したい方がいるのではないでしょうか?

マキタはそういう人間を育てようとはしないのでしょうか?

ユーザーの心を動かすオリジナルツールの開発、期待しています。

社員の方がんばってください。


18Vツールには無限の可能性があります。






















AD