とても便利な

ヤフオク マキタUSBアダプターですが

重大な欠点があります。


使用していない時は

バッテリーをアダプターから外さないといけないのです。

(説明書に記載)

自信はありませんがアダプタ、バッテリー接続中は

USB機器を繋げていなくてもバッテリー電力を

少しづつ消費している様子。(アダプターがほんのり熱いし、バッテリーも減る)


なもんで

欠点解消いたしました。


数日間の車中泊の旅なら

もう場所を取る大きなサブバッテリーは必要ないのでは?

今時はUSB出力さえあれば、ほとんど生活に困る事はないし

充電が無くなったら、また

シガーソケット用充電器で充電すればよいのです。




USB専用のLED電球を2灯で使用。

普通に生活(暗くなったら寝る)しているだけなら

BL1830バッテリーで車中泊の旅なら

一週間くらいは追加充電ナシで大丈夫。


私のハイエースは内装がないバンタイプなので

マグネットフックがどこにでも付け放題。

LED電球の移動、設置が容易です。これ本当に便利。

車中泊は好きだけど、キャンピングカーには興味が無いんですよね。

今も昔も小汚い野宿スタイル。





このシステム

取り説に習って消灯時は

バッテリーをいちいち外さなくてはいけないのですが




主電源スイッチを追加しました




BL1830 もう工具だけのバッテリーではなくなりました。

これさえあれば

電源の無い

外出先でスマートフォンの充電を気にしなくても大丈夫。

非常に頼もしいアイテム、システムなのです。


車のエンジンを停止していても

スマートフォンが充電できる。

必ず旅の途中で役に立ちます。


私はエネループのモバイルバッテリーもよく使用するのですが

充電時間が長すぎます。

そこで電気の効率は悪いでしょうが

時間の効率を有効に使える使い方を紹介。


エネループを充電したい、しかし

もう家を出なくてはならない。

そこででBL1830を15分(訂正です。BL1830の充電時間は22分)で急速充電します。

そしたらいつでもどこでも

USBアダプタ経由でモバイルバッテリーを満充電にする事ができるんです。


小型モバイルバッテリーの小ささが助かる事もありますよね。

たったの15分(訂正です。BL1830の充電時間は22分)あれば

外出先、行動中に小型モバイルバッテリーを充電するための

「移動電力」が得られるのです。


GOALZERO 純正 Guide10 Plus Recharger 太陽光をエネループへ 乾.../GOALZERO
¥5,122
Amazon.co.jp

実用的かどうかはわかりませんが

これがあればBL1830からUSB経由でエネループ4本一気に充電できます。

持っているので今度やってみますね。


USB経由の充電だと8~10時間ていうのが

若干気になりますが、、、

単三電池が使いたい時もありますからね

色々試してみます。


ソーラー充電系はいくつも購入しましたが

実際運用すると色々問題点も出てくるので

やっぱり急速充電可能な大容量バッテリー母艦システムが

旅では一番実用的です。


マキタのBL1830リチウムイオンバッテリーシステム

いよいよ現場だけのものではなくなってきました。




AD
今回、車(ハイエース)がマイホームとなり

計10日間弱の林業遠征が終ったわけですが

私、やらかしちゃいました。


仕事場は携帯電波の無い山奥なのですが、

仕事中に電話するような事もなく、まったく困らないどころか

どこかほっとしたような感もありました。


ひたすら鋸を挽く毎日。

「何も無い」が新しく、たのしかった。


矛盾しているようですが、

宿泊している道の駅に帰ってくると

やはりデジタル機器のお世話になってしまいます。

いまやモバイルバッテリーは

旅する人間にとって必須アイテムとなっていますが

実際に運用してみると、色々な事がわかってきます。


今一番欲しいのは

【スマホエントリーでポイント10倍!18日10時~25日9時59分】マキタ リチウムイオンバッ...
¥11,340
楽天

AC100Vの無い環境で暮らしていると

バッテリーの急速充電、微電力使用が

いかに効率良いかがわかります。

発電機で携帯電話やスマートフォンを充電するほど

効率の悪い電気の使い方はないのです。


上記充電器でBL1830をシガーソケット経由で走行充電し、

エンジンを止めた状態で電気(USB出力)を使用する。


1時間の充電で

一晩中の照明、

そして1日分以上の通信機器の電力が得られるのです。


エンジンをかける必要はありません。

無音で電力を供給し続けます。

電池が空になったらまた小一時間ドライブすればよいのです。

車旅において1時間スパンの充電ドライブは

非常に現実的といえるでしょう。


うわ

話が全然違う方向に行ってしまいました。


ある日仕事から帰ってきて車に乗り込もうと

キーレスエントリーを作動させるも反応なし。

いやな予感、、、

鍵でドアロックを解除し

キーを車に差込み右に回すも始動反応なし。


力なくエンジンの何かが微かに反応。

明らかにバッテリー上がりの症状。


電波は繋がらない山奥だし

半径数キロ圏内にいるのは動物と私と仕事仲間一人とハイエースのみ。

電波が入る場所まで歩いたら2時間はかかる距離、、、

最悪な事に先に山を下っていったまた別の仕事仲間と

夕食を食べる事になっていました。

仕事仲間というか元請と下請けのような関係であり

ちょっとマズイ状況。いやちょっとじゃないかも。


何をどうやっても

2時間以上取引先に何の連絡もせずに待たせる事になってしまう。


これが無かったら

私に明るい未来は無かったのでした。



V12マルチチャージャー 超小型携帯ジャンプスターター バッテリーチャージャー マルチチャージ...
¥12,800
楽天

少し前、都内バッテリー上がり事件があってから

心配で買っておいた モバイルバッテリー の

エンジンスターター。

普段はUSB出力モバイルバッテリーとして使用できますが、

こいつの凄い所は

この小ささ、値段で

2.5Lディーゼルエンジンのハイエース、

しかも完全バッテリー上がりの状態にもかかわらず、

4回目のイグニッション操作で無事エンジンが始動!!!

(さすがに余裕という感じではなかった)

なにこれ。

電気に詳しい人ほどこの商品の存在価値を

認めざるを得ないでしょう。


結果的に12.800円が

仕事を繋げてくれました。


2.5Lディーゼル 200系ハイエースの

エンジン始動実績 確認しましたよ。

(確実に始動するかは、バッテリーの状態、

環境により変わると思います。参考程度にとどめておいてください)


そして、また走行中に

シガーソケット経由で

マルチチャージャーを満充電にしておきます。


単独脱出という意味では

バッテリーケーブルより

よっぽど実用的な商品です。

バッテリーケーブルが世の中からなくなることは無いと思いますが、

バッテリーケーブル+モバイルスターターというのが

これから車載装備の常識になっていくと思われます。












AD
マキタの工具用バッテリーを
今回の旅でフル活用しています

基本的に車のバッテリーは
エンジンをかけるためのものと考えているので
バッ直で電源をとるようなことはしません。

かといって単3電池タイプのusb充電機器は
緊急用にはその汎用性から助かることも
多いのですが、
電源が大量に必要な旅においては
役不足と感じます。
使うことがわかっているのなら
大容量バッテリーを用意しておくのが
デジタル野宿旅を楽しむコツです。

具体的には
ML801が車中泊でとても重宝します。
雰囲気を楽しむのでなければ
もうランタンは必要ありません。

一番使っているのが
マキタ非純正のヤフオクUSBアダプターです。
旅に出てもう五日ほどたちますが、
追加充電なしで二台のスマートフォンを
稼働させ続けています。
仕事中は電源落としてますけどね。

今はまだもっていないのですが
マキタのシガーソケットバッテリー充電器を
購入しようかと思っています。
詳細は家に帰って特集したいと思いますが
車中泊の旅と
マキタのBL1830バッテリーシステムの相性は
なぜ誰も気がつかない?
というほど最高です。

絶対にこのバッテリで動く
空気入れがあったらいい。
何度も必要になっています。
USBアダプターの件もそうですが
あったら便利なものは
どんどんマキタもリリースしたほうがよい。

あ洗濯物乾燥終了

福井県の某
コインランドリーにて
AD