NPK コース補修しました

テーマ:

仕事が忙しくなかなかコース補修に行くことが出来ませんでしたが、

本日数ヶ月ぶりに補修を行いました。


まだまだ荒れている所があるので完全補修というわけではありませんが、

今回は特にジャンプの飛び出し、ランディング部分を整地しました。


特に中盤ジャンプの飛び出しは、すぐに荒れてしまうため

手補修前提で土を高めに盛ってあります。

中級者ならランディングまで無理なく届きますが

ビギナーライダーは無理をするとフラット落ちになり危険です。

自分のレベルを把握し無理せず抑えた走りをするのも

技術のうちだと考えます。


では誰でも走れる簡単にコースにすればよいか?

勘違いされている方が多いと思いますが

NPKはどちらかというと上級者コースです。

初心者も走れるが、それはただ「走れる」というだけで

本当に攻略するにはいくつものテクニックが必要なのです。


テクニックを上手に習得するには

チャレンジ精神、

ライバルという存在、

そしてプロライダーへの憧れがとても大きいです。


アドバイスというのは

ほんの一握りのスパイスのようなもので

とても重要ではあるが

メインの料理にはならないのです。

コショウの振りすぎには注意ですよ!


ですので、、、

NPKにはチャレンジセクションをどうしても設置しておきたいのです。

フープスをひとつとっても

あんなに走りにくいフープスはフルサイズコースでもなかなかありません。

しかし、考え、チャレンジすることによって

まるで何もないかのように走るライダーが育っている事も事実。


うまく走れなくて悩んでいるビギナーライダーのみなさん

安心してください。

NPKは上手に走るにはとても難しいコースなのです。


ひとつアドバイスできるとすれば

NPKを攻略するのに必要なのは

パワーではなく

繋がり意識です。

コースの繋がりを意識してみてください。

コースの繋がりが読めれば

コース上の土を掘り起こしてしまうような

過剰なパワーは必要ありません。


いつも人知れず汗を流してコース整備をしてくれている

ライダー、キッズライダーのお父さんに

心から感謝!!










AD