ホタカボーイ来襲

テーマ:


ご~まるcc
やってくる


ますたーが手塩にかけて育て上げた

あのオトコが、、、



そう、


ご~まるcc

エレクトロマッサジャーホタカ!


NPKへ15ー

名木へ15-

ガレージ365へ15ー

コストコへ15ー


今回、超欲張りな遠征を企画するのは

秋田の誇るミニモトストックライダー

#15 ホタカボーイ (26)


以下、ホタカ君直筆の予定表です

---------------------------------------------------

東京遠征

3日22時くらいに秋田出発。
4日朝方NPK着、バイク乗る。コストコで買い物!(ピィー)さんちに泊まり。
5日NPKか名木でバイク乗る。秋田へ帰る。

こんな予定でどうでしょうか??(ピィー)のご都合、どうでしょうか?


---------------------------------------------------


さて、こんなに嬉しいことはないので

出来れば一緒に走行したいのですが、

都合の付く方いらっしゃいますでしょうか?

名木はいけるのかな?

やってるのかな?


できればコメント残していただければと思います。

フェイスブックとやらで、連絡していただけたら

楽なのでしょうが、、、やってない人もいると思うので。(俺だけか?)


ホタカ君最高ですよ、ここだけの話。

みんなで

NPKライドを 仕込みましょう。

来年のトップグループには

必ず#15が上がってくる!


もう一方ミニモトビギナーさんを

連れて来てくれるそうです。

関東は冷たいとか言われないように

ワイワイやりましょー


ちなみに12月30日は

NPKでおでんパーチぃーです

一人500円くらいですかね?

なっちゃん?


年末も年始も

ミニモトまみれな#365でしたっ


最後に、ホタカ君真面目に速いよ

関東のストックライダー

秋田の若手No1にチャレンジしてみませんか?

(敷居をあげておく俺)


AD

ELKA正規代理店から

アナウンスがありました。



ご~まるcc

CRF50用 ELKAサスペンション

本国で生産終了の模様。


ついにこの時が来てしまったかと言う感じです。

正直な話、こうなってしまっては

自分が薦めるサスペンションはFox一択になりました。

その、Foxでさえいつまで販売が続くか、、、


ミニモトを正統派スポーツとして考えた場合、

リヤショックはとても重要なパーツの一つなのです。

マーケットの縮小が原因ですかね、、、


ちなみに110用は今でも購入できるようですよ!


で、購入先は

決して安い買い物ではないので、アフターサービスを考えた上で

購入場所を選択するべきです。

基本的に価格優先で個人輸入されたサスペンションは

正規代理店ではOHを嫌がられることが多いようです。

確認はしていませんが、OH不可能ということもありえます。

目先の安さにとらわれず、正規代理店でサスペンションを買うということが

結局はトータルコストを抑える事につながります。


ついでに、もう購入不可能な50用ELKAのセッティングのクセなのですが、

Foxと比べた場合に、減衰力の設定で少々気をつけないといけない所があります。


Foxの減衰力を設定する場合、走行しなくても減衰力の効き方が

座っただけでも大体わかります(設定段階も少ないからいい所を出しやすい)、

走っても大体そのままでいけてしまいます。

しかしELKAの場合、座った状態で減衰力が効き始めたと思った所と

実際に走って安定する所にずれがあります。

必ず、実際走行をして減衰力の設定をしてみてください。

自分の場合は、座った状態であまり減衰力が効いてないかな?という所のほうが

安定して走れます。


ま、これは好みもありますが、

M☆TAさんは今まで良いと思っていたセッティングから

5クリック減衰力がかからない方向に戻しただけで、

ジャンプセクションが明らかに良いほうに変わりました。


そして最後に。

ELKA本家のHPからモトクロスバイクのサスペンションラインナップが消えました。

一体何が起こっているんでしょうね。。。

ミニモト用Foxも販売からアフターケアまでを前面に出しているショップは

知っている限り国内にはありません。

消耗品である以上、今の状態はあまり良いものではないです。


ミニモト普及を推し進める以上

自分が何か動かないといけませんね。







AD

110用ELKA。

テーマ:

12月24日、寒い夜の中

鈴の音と共にサンタ代理、別名「宅配業者」が小包をもってやってきた。


ダンボールをオルファのカッターで開けると

新聞紙で大事に包まれた

クリスマスカラーなあいつが、、、


ご~まるcc

お帰りELKA。


実は5年ほど使用したELKAがお漏らしをし始めたため

完璧放置されたブログのオーナー

修理をお願いしていたのです。

ありがとう0371さん!


前にも言ったように、仕事で「道具」を使うことの多い

私#365ですが、

「この構造だったら、ここの強度はこうあるべきだ」

「しかし、使う人間がプロではないならここは少し妥協してもよいかな。コストダウン優先で」

等、道具に関する知識は一般の人よりはあると思っています。


同じメーカー製の道具でも、プロ向けライン、ホームセンター向けライン

というものがありまして、

ホームセンター向けのラインでも、使えるか使えないかで言ったら

全く問題なく使えるのですが、

プロ用の道具は、見た目は似ていても使用感は全くの別物。

もちろんそこには耐久性の向上もあるのですが、「使用感」というのは

プロにとってとても重要な選択基準なのです。


コストダウンを求めて一番削られる可能性が高いのは

生産国の変更。日本→中国 等。

そして素材の変更、妥協。

そこから来る重量バランスの不適正化。

等がありますが、必ずしも悪いことではないのです。

道具を必要としている人たちが、必ずしもプロクオリティの道具を

求めているとは限らないからです。

目的を果たすことが出来れば、それで良い。

値段は安ければ安いほどよいのだ。

作業効率や、耐久性は二の次!

という方のために昔からホームセンターには

2980円クラスの電動工具が充実しているわけです。


これをミニモトのサスペンションに置き換えてみます。

純正の底付きが嫌だから、フニャフニャした乗り心地が嫌だから、

とりあえずサスペンションを交換したい。

そこを求めるオーナーに上記のELKAをお勧めしても

たぶん話がかみ合わないでしょう。

費用対効果が非常に悪くなります。


50用も110用も実際5年使った私が言いましょう

ELKAは本物です。プロの道具です。

形、素材、強度。

すべて計算され、

若干オーバースペック気味に作られています。

そこから生まれる余裕、

もう手放せません。


しかし、商売としてはi-shockのほうが一枚上手でした。

このあたりのバランスは非常に難しいのです。

本物を作れば業界が盛り上がるか?

そうでは無い様に思います。

かつてGMOブランドのショックが相当売れました。

しかし、ミニモト名鑑を作るにあたって調べてみると

あれだけ売れたはずのショックの装着率はゼロパーセントです。

DNMもしかり。

ミニモトはエンジンよりも先にショックが逝くのです。

安くても2万円はするショックを再購入する元気もなく

そのまま放置、そんなミニモトライダー結構いるんじゃないですかね。


ミニモトを盛り上げるためには

売ったら売りっぱなしというその場限りの商売ではなく、

壊れる前提のバイク(元々子供用だから当たり前)なのですから

アフターサービスが整った状況で、広めて行きたいですね。

私も、個人レベルではありますが

ショックの相談、修理の相談を受けることは出来ます。

業者ではないので、あくまでも相談という形になりますが、、、


今の所メール対応などは行っていませんが、

週末は大体埼玉のNPKにいるので、なんでも相談してみてください。















AD