どノーマル宣言 2

テーマ:

モータースポーツ好きの方なら

聞いたことがあるかもしれません


「クランクの芯出し」


という言葉を。

実はずっと憧れていました。


昔からむやみなボアアップ、

むやみなターボのブーストアップ

というものが余り好みじゃありませんでした。


馬力を出した「だけ」の車やバイクがいかに

スポーツ走行において無意味か

若い頃に少しやっていた車のジムカーナで自ら体験してきました。


モトクロスとは少し違いますが考え方としてはこうです。

いくら上手な人が運転していても

タイヤがダメだと全くタイムが出ません。


サスペンションに関しては


ビギナードライバーが、良いタイヤ、良いサス(セッティングもある程度決まった)で走ると

実力以上の走りができるでしょう。


しかし、上手な人がたとえノーマルサスでも車体とコースに適したタイヤが入っている

車を操れば

上記のドライバーよりも良いタイムが出ます。

テクニックがサスを上まるのです。


足が決まってない車にパワーだけを乗せるのは

「速さ」を手に入れた答えにはならない。

足周りとパワーと技術というのは絶妙に絡み合っていて

どれか一つ飛び出してもトータルバランスは崩れるのです。

ただ唯一、技術が飛び出していれば他はカバーできる可能性はあります。


ミニモト ストック車両も同じ考えで、

あの車体、構造にむやみなパワーは似合わない。

当たり前のことを当たり前にこなすエンジンと

体重と技術に合った足周りがあれば速く楽しく走れるはず。

「遅いバイクを速く走らせる楽しさ」

それがミニモトストックの楽しみ方だと思っています。


クランクの芯出しは

エンジンが当たり前の動きをするための

基本的な部分の修正。

正直あまりエンジンについては詳しくわからないのですが

1/100以内まで追い込んでいただいたようです。

新車を買うよりもこのエンジンを乗せたバイクに乗る事がとても楽しみです。ご~まるcc

パワー感の向上についてはあまり重要視していません。

「欠点がないエンジン」

というのが今回追い求めているいる理想です。

ヤマハTT-R50のエンジン内部のパーツは

仕上げが甘いらしいです。

コストを掛けてゴーサインが出るような車両ではないので

しょうがないといえばしょうがないですね。



AD

といっても

子供用のまま乗るわけではナイ。


エンジン、吸排気(エアクリ、マフラー)、キャブレターには手を加えず

これから足回りだけで勝負します。


まあ、今までと何も変わらないんですがね!!!

ただ少しこだわって行きたいのは、エンジンの組み上げ精度。

同じパーツを使っても組み上げる人間によって

仕上がりが変わってしまうのは工業製品なら当たり前の事でしょう。

具体的に言うとやれた消耗部品の交換、各部ガタの確認、クランクの芯だし、組み上げを

ミニモトを始めた初期の頃からお世話になっている

garage TAKA さんにお願いしました。


お願いした内容は、、、

あくまでノーマルエンジンであること。

本来チューナーであるTAKAさんにとって物足りない

注文、お客であることは間違いない。

しかし、最高の「どノーマルエンジン」を組み上げられるのは

そういった、ギリギリのエンジンを作れるノウハウがあるからこそ

なのだ(たぶん)


早速TAKAさんからTEL

だーみだーこりゃー(音声は変えてあります)


ご~まるcc

シリンダー中ほどにイヤーな線が。

クランクロッドの一部にも「かじり」を発見。

オイル管理不足か?

ウォーーーコリャ一体いくらかかるんだ!!


つづく



AD

ミニモトの重心で愛をさけぶ

テーマ:

ないな。


今日は「ミニモト基本重心探り出し」の巻です。


基本ストック状態のステップ位置は

子供が乗っても大人が乗ってもスタンディングをすれば

ニュートラルなトラクションがかかるような位置に設定されているはず。

スタンディングに関してはまた複雑なので今回ははしょりますが、

一部の大人用ステップ、バーに交換すると若干後ろにオフセットされます。

ということはステップに立つと若干の後ろ加重に変更されるわけです。


経験上、大人ミニモト(50ccストック車両)は基本リヤ加重で操ります。

フルサイズモトクロッサーのようにコーナーで前に座ることもあまり無く

(前に座る走り方もあるかもね、自分も昔はそうでした)

この辺りは8の字を練習すると、ああなるほど とわかっていただけると思います。


すべての基本は8の字からといってよいです。

地味ですが効果的な練習方法ですから

次回みんなで集まったときにやってみようかな。


以下マディーコンディションでの

上り坂フォーム集です。

ここは凄く滑るので、リヤタイヤをグリップさせて

駆動力をいかに使いきるか、というのがポイントでしょう


マディ職人katakata氏。彼をお手本で行きます。


ご~まるcc

大体イメージで体の重心がバイクのどこの部分に

かかっているかわかりますよね。

彼の場合、一目見ただけでリヤタイヤに集中しているのがわかります



次はBANさん

ロンスイ入って雰囲気は違いますが

フォームがkatakataさんと全く一緒ということに気が付きましたでしょうか。
ご~まるcc
前からBANさんが素人っぽくなかったのは

この加重コントロールを体で理解しているからでしょう。




タフネスみっちゃん
ご~まるcc

明らかに上記二人と違います

どの辺りに重心があるでしょう?

こういう所を修正していくだけで

また数秒速くなってしまうわけですね!


スノーボーダーなっちゃん?
ご~まるcc

リヤタイヤに重心が乗っかってますね

さすが雪の上で飛んでいるだけあって

体が自然に反応しているようです。

ただ若干どっしりと座っている感があり

このまま飛んでしまったらまくれそうですよね


katakataさん、BANさんの二人は頭部の重さを使い

タイヤにトラクションを残しつつ

バランスを取っているように見えます。


と また勝手な分析をしました。

全く役に立たないかもしれないし

もしかして何かの役に立つかもしれません。


oni-rin君が言ってたけれど

ミニモトブログで今、頻繁に更新しているのはここだけだそうです。

まずいな。。

ここは一部の練習好きが楽しむブログなので

「ミニモト」で検索してきた人が

ミニモトから遠ざかりそうで怖い。

本当まずいな。


ワイワイ系ミニモトブロガーの方

がんばってください~





AD