絵的にあまりかっこいい組み合わせでは

ありませんが


ご~まるcc

ビタクラフトという鍋をご存知ですか?

無水調理鍋として有名ですが、特筆すべきはその優れた熱伝導率と

一度温められたら中々冷めない保温性です。


普通、ステンレス製の鍋は熱源が1点に集中するとまず焦げます。

ビタクラフトはアルミやステンレスの多層構造から作られているので、

理屈は分かりませんが点の熱源を面に変換することができるのです。


写真のカセットコンロはイワタニ製でかなりカロリーの高い機種ですが、

実は、ビタクラフトに強火は禁物です。

いつも弱火で使っているので、あまりこの機種を買った意味がないのですが

野外での風に非常に強いので愛用しています。


災害と聞くとどうしてもサバイバル的でハードな状況を思い浮かべがちですが、

現実に「多くの人たち」が経験するのは、電気やガス、水、ライフラインの寸断によって

「便利さ」を失うことではないでしょうか。

オール電化ももう当たり前になってきていますが、電気がないとオール何もできない

ということを必ず頭に入れておくべきです。

せめてカセットガスコンロ位は用意しておきましょう。

普段経験しているならともかく、慣れない人が焚き火の直火で調理なんてまず無理です。


カセットガスコンロ選択について。

安物買いの銭失い。カセットガスコンロほどこれが当てはまるものも無いでしょう。

TOHOやイワタニなら心配はありませんが、他の安いものの中には

微妙な火加減調節ができないものもあります。

1000円の差をケチって使えないものを買うより、

少しでも良い物を買って普段から積極的に使っていくほうが絶対良いです。


では、なぜビタクラフトなのか?

いくらカセットガスが保存に適した燃料といえど

ストックしておくにも限りはあるし、燃料をなるべく使わないに越したことはありませんね。

ビタクラフトは点熱源に強い上に、調理時には弱火が基本なんです。

一般的な家庭用ガスコンロの機種によっては最弱火でも焦げ付いてしまうくらい

中火、強火は苦手です。

カセットガスコンロは家庭用ガスコンロに比べて


点熱源である。


強火は苦手だが、極弱火にできる(うちで使用しているのはイワタニ製)


容易に移動ができる。


ガスが安い。(熱効率の良い鍋と組み合わせると更に燃料消費量を減らせる)


ビタクラフトと一緒に使うと

欠点が全てなくなるのです。

緊急時のみならず、風対策さえすればアウトドア料理でも使用可能であることを考えると

このセットは本当に便利です。

キャンプはアウトドア用鍋でないといけない

なんてことはありません。

ビタクラフトでパスタをゆでると

パスタを食べにチェーン店に行くということがなくなりますよ。

うちのほうがおいしくなってしまうから。


他メリット。


野菜をゆでるのに水が必要ありません。

水が貴重な災害時にはとても有効ではないでしょうか。


水を沸騰状態にさせておくには弱火でも十分。

パスタをゆでる際は火を止めても大丈夫。


味噌汁やスープも火を止めてから数十分置いておいても

全く冷めない。


うちには炊飯器がありません。鍋でご飯を炊くのが難しいと思っている方

ビタクラフトに限っては全くそんなことはありません。

米のランクが上がったような味がしますよ。


モノには

安いものには安い理由

高いものには高い理由


が必ずあります。

仕事で「道具」を使う人には分かっていただけると思いますが

どんな物でも目先の金額ではなく

トータルで考えてみてください。


使用頻度が上がれば上がるほど

少し高いものでも、自分をごまかすことができますよ 笑


みなさま良いお年を。










AD

まちがいさがし

テーマ:


ご~まるcc

ヒント☆


フレーム。。。


。。。



おくちなおしに



ご~まるcc

ヒント


無いはずの傷。



しかしまあ


ご~まるcc

こんなちっちゃなピストンで

みなさんあんなに

ばかっぱやいんだから

たいしたものです。


自分もあまりエンジンには詳しくないですが


キャブレターで気化された燃料が

プラグの火花によって着火

爆発!!

の力をこのピストンによって

駆動力に変えてるんですねー


この小さなピストンが

鉄のシリンダー(これがおさまる筒の中)を行ったり来たりしているわけです。


その潤滑に必要なのがオイル。

オイルで摩擦を減らしているのです。

オイルが無いと焼き付いちゃいますね!



結局折れたフレームは

修理に出しました。

パイプの中に鉄柱を入れてもらい

強化することにしました。


ケツトラクションの欠点ですね、、、

ちなみにステップトラクション派のますたーは

ペグ折ったらしーですけど!


ピストンはビルマ氏の。

詳しい方に質問!

これくらいの縦傷は

結構やばいものですか?



AD

50ccのライン考

テーマ:

昨日のNPK。


模擬レース映像から読み取る


ライン取りの考え方、意味。




他人の走っている映像を


ただ漠然と見るだけでは


何も面白くはありません。


しかし、目的を持ってみると


違った見え方をしてくるものです。




映像手前一番左、なめこちゃん


スタート反応良いがバランス崩しワンテンポ遅れる。


それでも先頭を走れたため、後ろから逃げ切るためにも多少のオーバースピードで


コーナーに侵入、よってイン-インをとれず若干アウトに膨らむ。


もしくは、アウトのバンクからきた♯366車に乗った♯365をブロック狙い のラインか。


そしてアウトに膨らんで開いてしまった所にタカシェル君が入り込む。




映像手前一番右、♯366車に乗った♯365。


超ショートセッティングのギヤのおかげか前に出る。


大潟で身に付けたノーブレーキバンクのおかげでスピードにのりトップで1.2コーナーを通過。


自分で作っておきながらなんですが、366号車は速い。


(エンジン、給排気はどノーマルです)





前列♯931カタカタ氏。


反応よいがなめこちゃんの前に出られず、やはりコーナーでアウトにふくらみ


タカシェル君にインを譲る形に。




前列♯32M☆TA氏


スタート安定しています。カタカタさんとほぼ同じスタート、同じシフトタイミングだが


ひとつ違う所が。


2速に上げる際にまだ右足がステップに乗っておらず、


2速のパワーが前に進む力ではなく、ウィリーのような上への力になってしまっている。


バンク選択はやむをえないがよそ見が多い 笑


ヘルメットの位置に注目。ほぼ同じラインを走っていた前走者のカタカタ氏、


リズムセクションでヘルメットの上下がありません。


M☆TAさんは山の凸凹と一緒に上下してしまっています。


油断するとすぐシッティングになる癖を直しましょう。


一個目の谷はスタンディングフロントアップでこなせます。




前列♯840 50up氏


スタート反応遅れています 笑


第2グループになってしまうのは仕方がないですね。


しかし、気をつけて欲しいことがひとつ。


バンクを終えた後にスピードに乗りすぎ


前走者にぶつかりそうになってブレーキングしたのかバランスを崩していますね。


ステップから両足を離してシートだけでバイクに乗るのは


一番安定しません。


体重が高い位置にあるシートに集中するのでバランスをとろうとして


実は更にバランスを崩しています。


これはマディ走行の初心者にありがちな状態ですね。


足がステップにさえ乗っていれば、重心は低くなり安定します。


前に人がいて自分の実力が出せず、何が起こるかわからないときには


シッティングではなくスタンディングで対応すべきです。


ヘルメットの位置に注目。やはり上下に動いていますね。


スタンディングすることによりバイクだけが上下し、頭はずーっと水平に


動かすことが可能です。カタカタ氏参照。


入りはシッティングで一緒ですが


一個目の谷で膝を使いバイクを谷に落としています。


(頭の位置は変わらない)




後列真ん中 植木屋2号様


やはり反応遅れていますが、模擬レースだからわざとかな?


タイトコーナーの荷重OK。タカシェル君以上に曲がっていますね。


(タカシェル君はまた違った狙いがあるのですが)


しかしその後、やはりシッティングで体も上下しています。


あそこでスタンディングをすることで


落ち着きのあるライディングに見えるようになると思います。




後列右 ♯201ビルマ氏


スタートの反応良すぎ。 2列目ですから 笑


いきなり突っ込みそうになりバランスを崩していますね。


ラインの読みなどはレース向きだと思います。


あそこから前へ出られるのはセンスではないでしょうか。


しかし体が重い。実際重いのですが、もう少しリラックスすると


スタミナも長く持つかと思いますよ。




後列左 タカシェル君


フロントも極力浮かせない、プロフェッショナルなスタート。


1コーナーはインの更にインをとる実践的なテクニック


オーバースピードでは回れないコーナーを


1こ目の山の段差をバンクとして使用し、減速せずに


なめこちゃんをパス。


若干暴れるが、体を使ってリカバリー。






というように


ライバルよりちょっと遅い理由、暴れる理由、速い理由、安定している理由、


必ず走りには理由があるのです。


理由が無いのに暴れるがわけありません。




カタカタ奥さんの撮ってくれたビデオは


とても重要な資料になります。


ただ、あー走ってるねーと見るのではなく


目的を持って見ると何通りも楽しむことができます。

















AD