はさめ!たため!てらせ!

テーマ:

人は様々な楽しみを持つ事ができます。


楽しむと能力が生まれ

それはその人の人生をも左右し得る

凄い力になります。



これなんだかわかりますか?


ご~まるcc

本当昔っから

「多機能」とか

「たためる」とか

「コンパクト」とかいうフレーズに弱い私365。


この画像だけでわかった人は

同じにおいがしますよ!

ま、普通はわからなくて当然です。

これはこう使うんです



ご~まるcc
びよーん

危ない奴ではないですよ!

剪定ばさみです。

たためる剪定ばさみって凄くないですか?

レザーマンというアメリカの多機能ツールブランドの物です。

色はオモチャのようですが切れ味、動作は本物です。

仕事で毎日使うようなシチュエーションには向いていませんが

ポケットの片隅にでも入れておけば

いつでもどこでも植木の手入れが出来ます。


そして


ご~まるcc

これがビフォアー、アフターで言う

アフターの画像。


こうやってペンチや鋏になるんです。

これらもオモチャではありません。

個々のツールは専用品のように使いやすいものではありませんが

しっかり実用になるレベルでつくられています。


しかし、普段から工具箱を持ち歩いている自分は

全く使いません!


様々なトラブルを想定して

購入するのですが

トラブルが起こらないトラブルが発生し

彼らは今だ日の目を見れていないのが現状です。



さて次はご存知マグライト
ご~まるcc
上 LED

中 タカシェル君のLED

下 非LED(旧ミニマグライト)


一番下のミニマグライトは製造時期もモデルも違うんですが

上と中は一緒の時期に買ったものです。

何か気づきませんか?

私の買った黒いミニマグライトには無いものが

他の2つにはあります、、、

それは
ご~まるcc
キーリング用の穴。

えーそんなことってあるんですか?

同じ時期にコストコで買った商品です。

前からLEDバージョンにはキーリング用の穴が無かったので

あったらいいなーと思っていたんですが

今日タカシェル君がミニモトの夜間作業しているときに腰からぶら下げていたので

ビックリ!

ロットで違いがあるんだね。

これから買う方はチェックしてみてください。


LEDミニマグライトには

SOSのモールス信号機能がついています。

あなたの緊急時には頼もしい見方になってくれるでしょう。


この機能

この間タカシェル君と車でバイバイする時に一回使いました。

100m先で彼もSOSのモールス信号で答えてくれました。

暗号の内容とは裏腹に

ポカポカとあったかいきもちになりました。








AD

妻の恩返し

テーマ:

むか~しむかし

東京のはずれに366という妻がおりました。

366は自分の身からアクスルシャフトを取り外し

365右衛門にそのアクスルシャフトを与えたのです。


彼女はこんな姿になってしまいました


ご~まるcc

無事に6人の侍たちと遊んだ365右衛門は

それから一週間仕事に明け暮れた、、、フリをして

近所のYAMAHAに行き


ご~まるcc
を購入。

純正部品は1~2日で届きますよ。


開封したらまず比較


ご~まるcc
あれ?スイングアームのシャフトの色が違いますね。

そして、アクスルシャフト


ご~まるcc

ご~まるcc
へえ~

同じ部品だけど

年式によって作りが変わってるんですね。

見た目以外にも強度とか変わってるのかな?


50ccって

そりゃあでかいバイクに比べれば

貧弱な足回り、サスペンションシステムなのですが

好きなんだな~この機械感。


ご~まるcc
サスペンションに

調整ダイヤルなんか付いてると

そりゃもう最高です。

しばらくこの角度で眺めながら

ボ~っとしてしまいました。


で、無事完成


ご~まるcc
これから仕事が忙しくなって

なかなか乗ってあげられないけど

またよろしくお願いします。366号さん。

最近日が伸びてきたから

仕事上がってからちょっと乗れるかな。


それと

実は今までなんとなくリアタイヤは2.75入れてたんですが

(フロントは2.50)

ちょっと在庫があったんで2.50入れてみました。

この間ちょっと走った感じだと

そんなにデメリットがないように感じましたので、

バネ下重量の軽減策としてこれからも2.50で行ってみようと思います。


ちなみにTT-R50の標準空気圧は1キロです。

こんなオモチャのようなバイクでも空気圧は走行にかなり影響します。

自分も最初は「空気なんて入ってりゃいいや~」位だったんですが、

速さを求めていくと避けては通れない調整部分でした。


いろんなパーツをつけるのも

楽しいんですが

こういった意外と見逃してしまう当たり前のような事でも

真面目に考えると面白くなってきますよ

(んー俺だけかも 笑)


話は戻りますが

そして二人は喧嘩しぃーしぃー

仲良くやっていくのでした。


更に話は変わりますが

昨日の夜エレベータを降りると右側にキジがいました。

左には犬が、、、

そこで俺は勢いよく振り向きながら「そこにはサルだろ!」と

エレベーターの上を指さすと、いたんです。サルが。

どうやら桃太郎になった夢を見たようです。

して、たぶん

このような入りになってしまったのだと。


あなたは昨夜

どんな夢を見ましたか?

33歳で桃太郎はないだろ!






AD

A氏B氏に協力してもらい(未許可 笑)


フープスについて考えていきたいと思います。


まずは映像をご覧ください



-----疲れない見方------


4画面ありますが


比較したい2画面以外は


手や紙などで隠します。



2-2を比べるとA氏B氏同タイムです。


(秒数以下の数字は映像用の数字です。タイムではありませんが


速さの参考にはなります。)


というのも


2-2で飛ぶという事はある程度決まった速度(速すぎても遅すぎてもいけない)


なのでタイムはあまり個人差がないのかと考えました。


エンジンの力というよりも


着地の力→ジャンプの力を利用するといった感じでしょうか。



かたやアクセルを開けていくフープス。


これは自分が思うにサスセッティング(またか 笑)が非常に重要なのではないかと考えました。


A氏の後半3つの山ですが加速しているように見えませんか?


2-2が惰性の力で飛んでいるのに対して


A氏のライディングは前へ前へ進んでいるように見えます。


そして2-2よりもタイムは出ているんです。



A氏の硬すぎると思っていたフロントサスペンションも


フープスに限ってはきちんとストロークしているのが確認できました。


正直この二人は次元が違いすぎて、真似など出来ませんが


2-2が飛べたから速いというわけではなさそうです。


危なく勘違いするところでした。



と、またやりすぎてしまいましたね!


こんな話全く根拠がないので


どうか話半分で聞いてください。


そして、寝ます。




AD