ソニー関係者には

マキタのバッテリーシステムを使用した事のある方はいませんか?


昔からソニーはリチウムイオン電池、特に急速充電性能、スタミナが

他社より数段優れていました。

業務用のビデオカメラで電池残量の心配をした事がありません。

予備を持っていっても使わなくて済むことがほとんどでした。


元々独自規格でユーザーを囲い込むビジネスが得意だったソニーが

なぜ、このバッテリーシステムの囲い込み商法に食指を伸ばさないのか?

私の考えでは、いくら中国企業が安くてそれなりの家電製品を

作ることが出来たとしても、それらを動かすバッテリーは

そう簡単には出来ないと思っています。

いや、正確に言うとバッテリーは作れますが、

信頼性の高いものが作れません。


脅威と感じていた、中国家電との価格競争ですが

商品コンセプトでユーザーを絞り込むことが出来てしまえば

頭を悩ませる必要はありません。


例えば、ガソリンエンジンはガソリンとオイルがなければ

動力として機能することはありません。

いくらエンジンが高性能でも、ガソリンとオイルが低品質だと

その能力を100パーセント発揮できないばかりか、

エンジンを壊してしまうのです。

モータースポーツを経験したことのある方なら簡単にわかる事でも、

エンジンに対して何も興味が無い一般の方には

意外と理解していただけていないエンジンの常識です。


安価な中国製オイルが家電製品のようにかまわず日本に入ってくれば

大混乱が起きる事でしょう。

品質はどうでも良く安ければいい、と考える人は必ず存在しますから。

ではなぜ混乱が起きないのか?

日本の誰かがガソリンとオイルの販売をルール化しているからです。

詳しく調べてはいませんが、これだけ市場ガソリン、オイル品質の一定化が行われているとすれば

何らかの力が動いていると考えて間違いないでしょう。

もちろんビジネスとして、多額の金銭も流れています。


ただ、私達はそれで混乱が避けられているわけですし

商品代金の中に「安全、信頼」があるのだとすれば、

消費者にとって無意味な出費では無いのです。


そこでバッテリーの話になりますが、

現在バッテリーの品質はガソリンやオイルほどルール化されておらず

すぐにゴミとなってしまうようなものも多数販売されています。

趣味で使うのなら自己責任でどうぞ、となるのですが


業務

防災

毎日使うもの


に関しては

その価格よりも、生み出す価値に比重を置くべきだと思っています。

これからバッテリーは購入価格ではなく

「耐久性、信頼性、長期保証」で選ぶ時代が必ず来ます。


長かった 「乾電池」 規格 に変わる

新しい統一された電池規格が必要な時代になったと私は考えます。


そのひとつが 「マキタ」 です。

マキタの18Vカードリッジ式バッテリー、

これはもう電池の一つの規格として「通称」になっても良いのではないでしょうか?

これは私が、もう数年前から考えていた事ですし、実際うちのデジタル環境は

ほぼマキタのバッテリーで作動可能です。

しかし、工具メーカーであるマキタでは、ラインナップに限界がありますし

株式会社 マキタ自体 が私の提案に乗ってくるような企業では無いという事が

数年間ブログをやっていて感じ取れました。(工具会社なので当たり前ですが)

資本提携したシャープにも期待したのですが、今それどころではないですね。


そこで私が目に付けたのはソニーです。

実際ビデオカメラ用のNPリチウムイオンバッテリーシリーズは

ソニー以外の機器でもソニーハウジングが搭載され

使いまわすことが出来るようになっていました。

これは公認非公認関わらず、ソニーは把握していたと思います。

いわゆる「統一規格バッテリー需要」の把握と言った意味で

ゼロ発進ではないと言う事です。


そして次世代バッテリーにおける一番大事な要素


「バッテリー保証の確保」


ソニーは最近保険でも業績を伸ばしています。そのノウハウは必ず

バッテリーの保証においても活きてきます。

メーカーは信頼できる電池を作り、保証リスクを減らす。

ユーザーは高額バッテリーが使えなくなるリスクを考え長期保証に加入する。


ガソリンやオイルのような高等ビジネスモデルが

1企業1ユーザーの間で完結するわけです。


電池規格が統一されれば

ユーザーはこれ以上邪魔なACアダプターやバッテリー充電器を

機器ごとに増やさなくて良くなります。

メーカーは魅力的な商品でバッテリーを一つでも売ってしまえば

囲い込み完了です。


ソニー関係者の皆様

是非一度マキタの18V3Ah 22分急速充電バッテリーシステムを

体験してみてください。

ソニー防災システムの核になるかもしれません。

日ごろから充電池満充電の生活スタイルを作り出しましょう。


思いがけない所に未来があります。








AD

何がお金を生み出すのか?


それを考えた時

100人いれば100通りの答えが出る事でしょう。


時間

スピード

技術

能力

信頼

手間

センス

社交性

タイミング


世界の仕事は、これら無数の組み合わせとバランスで成り立っています。



今回のタイトルでもある

STIHL 36Vバッテリーツールが生み出すのは

スピード

信頼性

そして静粛性。


手道具より圧倒的で

エンジンほどパワーがなくても

スターターロープを引くことなく即作業開始できるメリット、作業スピード。

エンジン、キャブレタートラブルのような機械的故障は今の所皆無

と言う信頼性。


そしてもう、見て見ぬふりする事のできなくなってきた市街地域での「エンジン騒音問題」


数年前から

仕事の一つの選択肢として

「バッテリーツール」を使用して来ました。

ここで大事なのは、バッテリーツールはエンジンの代わりではないと言う事。

エンジンにはエンジンにしか出来ない仕事

バッテリーツールにはバッテリーツールにしか出来ない仕事があります。


私はエンジン作業機械のメリットとして

雨の中の作業、と言うのがありました。

少しでも雨が降りそうな現場は、バッテリーツールで事足りてしまうような作業でも

エンジンを持ち込んでいたんです。

バッテリーツールは雨天使用禁止だと思っていたからです。


しかし、2017 STIHLカタログの中で

小さい文字ながらとても大きな発表がありました。


今まで発売された

STIHL 36Vバッテリーツールのほとんどが


「雨天使用可能」となったのです。


現在使用している

バッテリーツール達











雨天使用可能となれば

あくまで私の使い方でですが、

個人邸であれば、もうエンジン機器を車に積んでいくことは

考えなくても良くなった。といえます。


伐採などではやはりパワーが無いと仕事にならない場面もありますが、

バッテリーツールのもたらす静かなる伐採。

職人が思っているよりも顧客の潜在需要は大きいかと思われます。


STIHLのバッテリー、バッテリーツールは

防水、防滴構造となっているとは思えませんが、

メーカーが雨天対応を謳うからには

「濡れても大丈夫」なような設計がされているのでしょう。


注意書きに、すべての条件に対応しているわけではないと書いてあるので

無理は出来ませんが、

さすがに土砂降りの中仕事をする気にはなれません。

小雨に濡れても大丈夫とわかっただけでも

バッテリーツールの出番は確実に増えます。


雨の中不安になって使っていたSTIHLバッテリーツールユーザーの皆様

今年のカタログを見てください。

雨天使用可能であれば、バッテリーツールの弱点と思っていたものが

一つ消えた事になります。


しかし、メーカーも私も雨天使用を推奨しているわけではないので

その点だけ注意していただければと思います。


STIHLも小型バッテリーシリーズを出してくるようですよ。

需要があるから勝負を仕掛けてくるんです。

今回STIHLはカジュアルユーザー向けですが

マキタの18Vシリーズの造園関係プロ機に期待です。





AD

同じ会社でも

お国柄?


国によってそれぞれ違うラインナップ、という所から

その国民性が見えてくる。


グローバル化したマキタにとって

自社を生み出したこの日本は

それほど重要なマーケットではないのかもしれない。


探していたものが

海外にあったときの悲しさ



日本未発売18V2Ahの軽量バッテリー


理想は3Ahだが

商品コンセプトには共感する。

STIHL36Vバッテリーについているバッテリー残量メーター、

これは一度使ったらやめられない。

よく搭載してくれた


MAKITA USAの



バッテリー3年保証。

高い純正バッテリーを購入する最大の理由になる。


ちゃんと確認できていないが

この保証、日本では未実施?






先日のブログ記事でも書いた

USB電源需要。

MAKITA USAは ユーザーのUSB電源需要をよく把握している




ML806?


いやいや




LEDランタン+USB電源





これ一つ持っているだけで

どれだけ震災被災時の夜に希望が持てるか。


海外のマキタはもう既に

「職人需要」から

「マキタシステムの構築」へとシフトしている。


職人向けの道具開発はもちろんの事だが

今、マキタのバッテリーシステムを使って

色々な角度から活用しているユーザーが現れはじめた。


幸いな事に

必要とあらば一つ1万円以上する高額バッテリーに

費用対効果を見出せるユーザー層だ。


この時点で、マキタは客層を絞る事に成功している。

後はどれだけ魅力的な商品を

マキタがリリースできるか?それだけだ。


罠(バッテリーシステム)にハマった我々を生かすも殺すも

マキタの商品開発次第だと言う事を

MAKITA JAPANには認識していただきたい。


これが職人の為に開発されたのなら




私の考えは

大きく間違っている。


その時はこの頭を誰よりも深く

下げる事にしよう。

たとえなんでもありの個人ブログでも

発言とは責任なのだ、と考えている。






AD