ライフネット生命の熱さ。

テーマ:

今日は、ライフネット生命のセミナーに参加した。


ライフネット生命

http://www.lifenet-seimei.co.jp/



セミナーのタイトルは、「MBAファイナンスから見た保険」。


結論からいうと、非常に意義があった。


意義のあった点は2つ。


1.保険業界(市場構造や収益構造など)について大まかに理解できた。

2.ファイナンス(EBITDAなど)について再確認することが出来た。


保険業界については、死亡率の数値設定の同一基準化など

聞いていて旧態然な部分がある印象を受けた。


市場規模が多く、ネットをはじめとする販売チャネルが増えていけば、

今後、さまざまな要望が増えてくるのだろう。


それが、制約が取り払われるきっかけとなり、

やがて、潜在ニーズを吸い上げた、カスタマイズ商品の開発競争が激化するのだろうか。(異業種を含め)



それにして、ライフネット生命のサービス・クオリティは勉強になる。


サービス・クオリティ研究で有名なパラスラマンによると、

サービス・クオリティは以下の5つの側面をもつ。


1.可視性

2.信頼性

3.対応

4.安心感

5.共感


「信頼性」については、創業まもないため、一般消費者から得るのは時間が掛かるかもしれない。

また、「可視性」「安心感」についても、ネットを主としたインターフェースのため、心理的障壁が高いかもしれない。



しかし、


「対応」と「共感」


については、大きな武器だと思った。


コールセンターの充実(土曜も対応など)といった対応もそうだが、

大きな志が従業員から感じられる(ベンチャー特有の熱さかも)。



そこに、共感がもてる。



今は、年齢的にも保険加入という考えが具体的に浮かばないが、

今後の保険に加入するとしたら、まず第一に「ライフネット保険」を考えるだろう。



なぜなら、「価格の安さ」といったサービスだけではなく、

パラダイムシフトを起こす胎動を感じ、そこに「共感」するからだ。



う~ん。



自分がビジネスマンだからだろうか・・・




AD