日本弁理士会が、新業務の探索を模索しているという報道がありました。SankeiBizの生かせ!知財ビジネスです。

 

この報道によれば、新周辺業務は、「知財翻訳」「年金管理」「知財流通」とのこと。しかし、年金管理は特許事務所が普通に行っているサービスです。

自ら翻訳を行っている弁理士、特許技術者、特許事務員も少なくありません。

 

年金管理で収益を上げようとすれば、日本だけでなく、主要国に事務所の支店を作り、海外の年金納付対応を可能にするなど、かなりの基盤整備が必要になります。

 

弁理士会は、本当にこのような発表を行ったのでしょうか?

 

そもそも、「弁理士の専権業務である特許出願・権利化業務の1人当たり仕事量は今や10年前の半分を割った。」というのが、単なる割り算にすぎません。

 

この10年間で、(資格を持たない)特許技術者から弁理士試験に合格した方が数千人います。特許技術者が弁理士資格を取っても、事務所の仕事量が減る訳ではありません。

自分も10年前は大手特許事務所の無資格特許サーチャーでした。

 

そして、自ら出願代理業務を行わない企業内弁理士は2000人を超えています。

上記のような割り算が、それほど意味を持たないのは明らかです。

 

昨年、日経知財Awarenessが終了しました。次に終了するのは、どこなのでしょうか。

 

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/170421/cpd1704210500005-n1.htm

 弁理士の収益源となる新業務とは何か-。日本弁理士会は新設した「知的財産経営センター」では、これまで開発してきた知財価値評価や知財コンサルティング、知的資産経営報告書作成などの弁理士周辺業務分野を深耕する。特に、利用者ニーズと弁理士の10年先の姿を見据え、弁理士が関与を深める可能性がある新規業務分野を探索し、ビジネスモデルのあり方や普及、人材育成方法などについて研究していく。

 背景の一つには「特許事務所間のサービス価格競争が激化した」(都内弁理士)ことがある。国内特許出願件数が減少を続ける半面、登録弁理士数は増え続け、弁理士の専権業務である特許出願・権利化業務の1人当たり仕事量は今や10年前の半分を割った。収益構造を見直し、経営基盤を改善することは重要課題となっている。

 

 弁理士周辺の知財関連ビジネスでは、「知財翻訳」「年金管理」「知財流通」などが候補。知財翻訳は企業が海外展開をする際に特許明細書や知財関連契約書類を外国語に訳す。年金は特許権者が権利維持のために各国特許庁へ納める特許料のことで、年金管理は企業の依頼で特許料の納付・管理を代行する業務だ。知財流通は特許や技術などの価値を評価して企業間や大学・企業間で売買やライセンスを成立させる仲介業務である。

 

先週の生かせ!知財ビジネスでは、知的財産経営センターの概要が採り上げられています。

http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/170414/cpd1704140500004-n1.htm

 日本弁理士会(東京都千代田区)は20日、「知的財産経営センター」の運用を開始する。知的財産経営の視点から弁理士会の既存組織の機能と役割を統合、調整して、企業向けの知財経営支援、弁理士への経営支援教育、弁理士が担うべき新しい業務の研究-などをワンストップで可能にする総合センターを目指している。

AD

知的財産法 改正法解説書

テーマ:

昨日、日曜日に自宅にあった改正法解説書を、車で事務所へ運びました。

 

工業所有権法・産業財産権法については、平成5年から23年まで、不競法は平成21年、23・24年改正です。これらの多くは受験生時代に購入したものです。

 

 

かつては有斐閣から、特許法等の改正法解説書が出版されていましたが、旧実用新案制度を知るために古本で購入したものです。

 

他に、事務所を開業してから買った、平成26年、27年の改正本、新注解シリーズ、青本と一緒に並べてみました、

 

 

自分は今まで、知的財産法の勉強が大変だったと思ったことはないです。

条文とその制度・趣旨こそが知財の基本です。

知財の基本は戦略・戦術でもなければ、マーケティングでもありません。

 

知財業界の、昨今の法文軽視の傾向には危惧を覚えます。

 

逐条解説第20版もまもなく購入予定です。

 

AD

日本弁理士会の会長が、4/1より交代しました。

現在は会長の任期が2年のため、2年ぶりの交代となります。

 

就任のご挨拶として、政策が書かれています。

 

結構、総花的で、全てできるのかなという気もしますが、「(1) 知的創造サイクルの活性化と、弁理士の業務環境の改善」を最初に挙げています。

弁理士や知財業界の仕事を増やす取り組みは、評価して良いと思っています。

 

就任のご挨拶

就任のご挨拶
〜元気な知財を取りもどそう〜
会長 渡邉敬介

1.はじめに
IoT、ビッグデータ、人工知能に代表されるデジタル・ネットワーク分野の技術革新の波に押されて第4次産業革命が進行しつつあります。
しかしながら、このような変革の時代に、我が国の知財の活力は低下傾向にあります。出願件数の低下にみられるように、知的創造活動は低迷しており、我が国の知的創造サイクルの流れは先細り傾向にあります。これでは変革の時代に乗り遅れてしまいます。
これからの時代を乗り切るためには、知的創造サイクルを活性化させることが必要です。知的創造サイクルの活性化は、近年悪化している弁理士の業務環境の改善にもつながります。そこで、知的創造サイクルを活性化させ、併せて弁理士の業務環境の改善を図ることを主眼に、以下の施策を実施します。

 

2.重点政策

(1) 知的創造サイクルの活性化と、弁理士の業務環境の改善
(2) 会員のための施策の充実
(3) 中小企業への知財支援と知財普及活動の強化
(4) 施策の実施に適した日本弁理士会の組織の改革


3.具体的施策
(1) 知的創造サイクルの活性化と、弁理士の業務環境の改善
① 弁理士のコア業務の量的拡大
② 弁理士の周辺業務の量的拡大
③ 弁理士に係わる環境の維持

(2) 会員のための施策の充実
① 業務に即した研修の一層の充実
② グローバル知財人材の育成
③ 会員に必要な情報の提供
④ 事業承継システムの充実
⑤ 日本弁理士会の財務環境の検証
⑥ 企業内弁理士の研修プログラムの充実

(3) 中小企業への知財支援と知財普及活動の強化
① 中小企業への知財支援
② 知財の普及活動の強化及び弁理士の知名度向上

(4) 施策の実施に適した日本弁理士会の組織の改革
① 委員会の適正化
② 中長期的な課題の検討組織の設置と活用
③ 本会と支部との間及び各支部間の情報の共有化の促進
④ 支部の役割の充実


(5) その他
① 弁理士法改正
② INPITの近畿統括拠点への協力
③ 東京オリンピック及びパラリンピックへの対応
④ 弁理士制度120周年記念事業の開催準備

AD

今月の弁理士会パテント誌に、拙稿「外国の特許に見る高齢化社会を支える技術」が掲載されいました。

 

これは、編集員からテーマを頂いて執筆した記事で、年末年始の限られた時間で米欧中特許の分析を行い、結果をまとめたというものです。

 

テーマとして、電動車椅子、歯科インプラント、アンチエイジング技術を採り上げています。

 

それほど大した内容ではないのですが、一番目に掲載されていて、驚きました。

 

昨晩は大阪で開催された、西日本弁理士クラブ新旧役員慰労激励会に出席していました。

お昼の東海協議会慰労激励会と、この西日本弁理士クラブ慰労激励会の出席は4回目になります。


なだ万のたこ焼と土手焼きも頂きました。






大阪の夜景。
昨日のお昼は、日本弁理士会東海協議会主催の、新旧役員慰労激励会に出席していました。

会場は名古屋駅のホテル。


現正副会長の方々。1年間お疲れ様でした。


次年度正副会長の方々。


行きの新幹線から富士山が良く見えました。


その後、大阪へ向かいました。

大阪の帰り

テーマ:
弁理士会派の懇親会で大阪へ行っていましたが、現在は新幹線で東京へ戻る途中です。

Harukas300の展望台に登ってみました。国内ではスカイツリー展望台の次に高いそうです。














お好み焼きを食べ、お土産も買いました。








日本弁理士会が、「元弁理士によるPPAP等の商標登録出願について」と題して、以下の声明を発表しました。

 

この人物は約3年前、弁理士会会費の滞納により退会処分となった事実がありますが、以下の声明では「日本弁理士会の秩序又は信用を害するおそれのある会員」で退会になったと書かれています。

 

当時、弁理士会による何らかの処分案件が進行しており、それに不服があって、会費を支払わなかった可能性もあります。

 

http://www.jpaa.or.jp/?p=32575

 一部報道にもありましたとおり、ピコ太郎さんの大ヒット曲「PPAP」や「ペンパイナッポーアッポーペン」といった言葉が、ピコ太郎さんや所属するエイベックス社とは無関係の企業から商標登録出願され、世間の大きな関心を集めました。この企業を経営する人物は、3年ほど前に「日本弁理士会の秩序又は信用を害するおそれのある会員」であるとして、日本弁理士会を退会処分となっております。

  日本弁理士会では、商標登録出願を含む知的財産に関するご相談を広く受け付けております。

 全国9か所に無料の相談室も設けておりますので、お困りのことがございましたら知的財産に関する専門家である弁理士にお気軽にご相談ください。

 ●常設知的財産相談室 http://www.jpaa.or.jp/?cat=774

 

 

退会理由が何であれ、世間の誤解が多いようですので、弁理士会としてはもう少し積極的な声明や、「PPAP」商標登録出願がどのように取り扱われるのか、アナウンスしても良いのではないでしょうか。

 

昨日も書きましたが、ネット上には、ベストライセンス社の出願は4条1項10号や15号で拒絶される、ピコ太郎には先使用権が発生する、ピコ太郎には著作権があるのでB社の商標権の抗弁権となるなど、誤った見解が溢れています。

 

いずれも商標の使用について理解していないことが原因です。

「商標としての使用」(商標的使用)という概念は、「自他商品識別機能ないし出所表示機能を有する態様で使用する行為」と解釈されています。

https://www.iip.or.jp/summary/pdf/detail09j/21_16.pdf

 

書籍の題号や歌の曲名は、商標の使用に該当しませんので、ピコ太郎が歌唱しても商標権侵害とならず、ピコ太郎が先使用権を有することもありません。

先使用権が発生しないということは、ベストフレンド社の出願は4条1項10号の拒絶理由にも該当しません。過去の審決例、裁判例に倣えば、公序良俗違反4条1項7号で拒絶されるはずです。

 

昨晩は、平成29年度 日本弁理士会・弁理士政治連盟 新年賀詞交換会に出席していました。

要するに、弁理士会の新年会です。場所は今年もホテルオークラでした。

 

2011年から毎年出席しているので、7年連続出席になります。

 

今年も政治家の先生方、特許庁長官、知財高裁所長、内閣官房知的財産戦略推進事務局長など、来賓のご挨拶がありました。

 

伊丹会長と民進党古川衆院議員

公明党赤羽衆院議員と自民党甘利衆院議員

小宮特許庁長官と設楽知財高裁所長

井内知的財産戦略推進事務局長

連写機能で、鏡開きの瞬間が撮れました。

久兵衛のお寿司と、ローストビーフ。毎年、料理も楽しみにしています。

 

弁理士会臨時総会へ出席

テーマ:

一昨日、水曜日は午後から日本弁理士会の臨時総会に出席していました。

稲門弁理士クラブを代表し、議決権の受任者として出席でした。

 

結果として執行部より提案された議案は全て承認されましたが、反対意見が出たものもありました。また、質問者が一部の方に偏っており、活発な議論がされたとは言えない状況でした。

 

毎回のことですが、重箱の隅をつつくような質問も出ました。今回は特に多かったように感じます。平日昼間にクライアントや所員を放って、重要ではない議論をしている場合なのでしょうか。

 

もっとも、議案に関係のあることであれば、重箱の隅をつつくような質問も良いでしょう。

しかしながら、議案と直接関係のない質問をして、議長や会長に制止されている方もいました。3月の臨時総会で議案に関係のない質問した方と同一人物です。

 

高齢のため、質問が上手くできなくなっているのでしょう。ですが、そのような方にクライアントの対応が出来るのか疑問も感じます。

 

弁理士の欠格事由の一つに、成年被後見人、被保佐人になった場合があります。

これに加えて、クライアントと意思疎通ができなくなった場合も、欠格事由として良いのではないでしょうか。

 

運転免許証でも、70歳以上の方には高齢者講習があります。

弁理士は人の命は預かりませんが、権利を代理する重い仕事です。

 

判断能力の低下には個人差があります。弁理士登録にも運転免許証の高齢者講習のようなものを取り入れても良いのではと感じました。