本日、特許出願等統計速報 平成29年3月分が公表されました。

 

今年3月の特許実用新案出願数は、42,022件と前年3月比で2.7%増加しています。

意匠も3,160件で前年3月比5.3%増、商標は19,343件と前年3月比13.8%増です。

特・意・商の内外国際出願も増加が続いています。

 

2月も特実、商標が、前年2月比で増加していましたので、出願数の減少は、下げ止まったといって良いと思います。

 

特許異議の申立ては、2月が137件、3月が134件と順調に増加しています。

異議申立ての利用が低迷しているというのは、単なる風説でしょう。

 

http://www.jpo.go.jp/shiryou/toukei/syutugan_toukei_sokuho.htm

特許出願等統計速報

特許庁では、我が国の産業財産権の出願等の状況について、基本的なデータを提供することを目的として、毎年、特許行政年次報告書<資料・統計編>を作成し公表しておりますが、この度、本報告書のもととなる月別の速報値について、公表することといたしました。

本統計速報値は、特許、実用新案、意匠及び商標に係る出願、登録及び審判の件数、特許及び商標に係る国際出願の件数並びに特許出願審査請求の件数について、特許庁の統計処理用データをもとに、暫定的に集計したものです。

今後、詳細に集計を行っていく中で、件数に変動が生じる場合がありますので、あらかじめ御了承ください。

なお、特許出願件数その他の統計に関する確定値については、「特許行政年次報告書<資料・統計編>」を御覧ください。(現在、2016年版(2015年の確定値)まで掲載しています。)

平成29年3月分(平成29年5月23日)作成)