知財管理 2017年3月号 目次

テーマ:

本日、知財管理誌2017年3月号 目次が公表されました。

 

今号は知財の法律系特集なのでしょうか、特許実務に関する記事は数件です。

著作権、商標、ライセンス契約など、純法律系の内容が大半です。

 

会誌ではない知財管理誌にしては、珍しいですね。

 

http://www.jipa.or.jp/kikansi/chizaikanri/mokuji/mokujinew.html

論説

画像検索エンジンをめぐる著作権侵害問題とフランスにおける強制許諾制度の導入  橋口 瑞希 281

 

いわゆる残留情報条項(Residuals Clause)についての考察  南部 朋子 293

 

GCC統一商標法概要  ラシャ アル アルダー/岸本 力 307

 

欧州における中間対応実務の解説-EQEの事例問題を通して-  都祭 正則 319

 

事業者名表示に代わる登録商標の表示  石下 雅樹/江 間 由実子 333

 

多国間取引における特許権行使:合衆国法典35巻271条(a)の「譲渡」「譲渡の申し出」  ライオネル・ラヴェニュー/北岡 久美子 343

 

技術契約交渉におけるミッションマネジメント  ライセンス第2委員会 第2小委員会 354

 

判例と実務:No.468
技術的思想の創作が自然法則を利用したと判断される分岐点  西井 志織 365

 

海外注目判決:No.24

[米国]パテントエージェントの秘匿特権とその適用範囲に関するCAFCの許可が与える影響   浅地 正吾/伊藤 晴國 381

 

資 料

中南米での不競法・著作権の活用-模倣品対策として-  カラペト・ホベルト 393


中国,韓国及び台湾におけるマルチマルチクレームの取り扱い  長野 篤史 405


今更聞けないシリーズ:No.116
商標実務における類似商品・役務類似群の取り扱いについて  橋本 千賀子 413

AD