著作権の歴史に関する近刊です。

 

著作権の発祥はフランス地のことです。

知りませんでした。

 

王より与えられる特権から、著作者の「もっとも神聖な所有権」へ。

現在も世界著作権界で相対立する
アングロサクソン的概念とラテン的概念の違いは
精神的著作物を商品としてだけ見るか
人格権も渾然として尊重するかの差である。

今日、アングロサクソン的な思想が支配的になりつつあるのは
ときの流れであるといえないこともない。

しかし、このようなときであるからこそあえて、
著作権の発祥地であるフランスにおいて
その思想と制度がどのように誕生し、
発展していったかについてふりかえり、
著作権の原点に立ち戻ってみたいと思う。

AD