今週のエコノミスト2017年1/17号に、 「2017 12技術103銘柄」という特集があり、購入してみました。

証券アナリスト等が、注目技術、注目銘柄を解説するということで期待していましたが、ややがっかりの内容でした。

 

以下のダイジェストにもあるように、表面的、流行的な内容で、お金を払ってまで読む記事ではないと感じました。

 

もっとも、証券アナリストは非常に勉強する方々と思いますが、技術者ではありませんので、表面的な解説になってしまうのも、やむを得ないのかもしれません。

2017年の株式市場で急上昇する銘柄は──。

 

結論から言えば、IoT(モノのインターネット)分野のクレスコ、「フィンテック(金融とITの融合)」分野のラクス、自動運転分野のパスコ、「アグテック(農業のIT化)」分野の井関農機など、技術銘柄が“大化け”する潜在能力を秘めていそうだ。

 

アベノミクス以降の国内株式市場では、13年に再生医療、14年に水素、15年にウエアラブル端末、16年に第5世代(5G)通信など新技術がすかさず投資テーマに祭り上げられ、株価は上昇した。17年は、ここで選んだ12技術領域で例年以上に革新的な進歩が期待される。

 

今年の“大化け”銘柄はどれか。

 

今回の特集では、17年に事業化への道筋が付きそうな新技術を拾い上げた。人工知能(AI)やロボット、半導体、バイオ薬、ゲノム編集、宇宙など12の技術領域で、延べ103銘柄に上る。こうした技術銘柄は、独自技術に裏打ちされた底力がある。

 

株式市場は、ドナルド・トランプ氏が米大統領選挙で勝利して以降、日米欧で16年の年初来高値を更新するなど「トランプ相場」に沸くが、期待先行で急騰した反動から、急落リスクもはらんでいる。この銘柄群は、茫洋(ぼうよう)とした期待がいつはじけるか分からない「トランプ・リスク」への耐久力があるとも言える。

 

また、前述の4銘柄は、米国大統領選後の値上がり幅が、日経平均株価の値上がり幅より小さい。つまり、「トランプ相場の出遅れ銘柄」と言えるだろう。4銘柄だけでなく、新素材の開発を進める内装材大手の住江(すみのえ)織物、バイオ薬分野で新薬開発が順調なタカラバイオ、建設・インフラ分野で有望なライト工業も出遅れ銘柄に入る。(了)

AD