平成28年 弁理士論文式合格発表

テーマ:

本日、平成28年度の弁理士論文式合格発表がありました。

http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/h28_ronbun_goukaku.htm

 

合格者は288名と、論文受験者1103名のほぼ1/4でした。

この15年間では最小と思います。

 

合格された方、口述試験まで数週間ですが、頑張って下さい。

論文試験終了後、口述の準備をしてきた方にとって、口述試験は世間で言われるほどの難関ではないと思います。

 

口述試験の難しさをことさら強調される方もいますが、真に実力があれば、短答、論文で問われる内容を、確実に答えれば大丈夫です。

 

 

なお、以下のように、今年の論文式試験で不正をした人がいたそうです。

 

ちょっと信じがたい話ですが、自己所有の四法対照か、スマフォアプリの法文集を持ち込んで、受験したのでしょうか。

 

試験開始前に、うっかり机に置いたままであれば、通常、試験官が注意すると思います。状況が良く理解できません。

 

http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/h28_fusei.htm

平成28年9月28日 工業所有権審議会

 

平成28年7月3日に実施した弁理士試験論文式筆記試験において、机上に置くことのできない法令集を置いて受験し、不正の手段により弁理士試験を受けた者がおりました。

このため、この者に対し、弁理士法第14条第1項に基づく平成28年度弁理士試験の受験禁止並びに同条第2項に基づく平成29年度及び平成30年度弁理士試験の受験禁止とする処分を行いました。

AD