今週のエコノミスト2017年1/17号に、 「2017 12技術103銘柄」という特集があり、購入してみました。

証券アナリスト等が、注目技術、注目銘柄を解説するということで期待していましたが、ややがっかりの内容でした。

 

以下のダイジェストにもあるように、表面的、流行的な内容で、お金を払ってまで読む記事ではないと感じました。

 

もっとも、証券アナリストは非常に勉強する方々と思いますが、技術者ではありませんので、表面的な解説になってしまうのも、やむを得ないのかもしれません。

2017年の株式市場で急上昇する銘柄は──。

 

結論から言えば、IoT(モノのインターネット)分野のクレスコ、「フィンテック(金融とITの融合)」分野のラクス、自動運転分野のパスコ、「アグテック(農業のIT化)」分野の井関農機など、技術銘柄が“大化け”する潜在能力を秘めていそうだ。

 

アベノミクス以降の国内株式市場では、13年に再生医療、14年に水素、15年にウエアラブル端末、16年に第5世代(5G)通信など新技術がすかさず投資テーマに祭り上げられ、株価は上昇した。17年は、ここで選んだ12技術領域で例年以上に革新的な進歩が期待される。

 

今年の“大化け”銘柄はどれか。

 

今回の特集では、17年に事業化への道筋が付きそうな新技術を拾い上げた。人工知能(AI)やロボット、半導体、バイオ薬、ゲノム編集、宇宙など12の技術領域で、延べ103銘柄に上る。こうした技術銘柄は、独自技術に裏打ちされた底力がある。

 

株式市場は、ドナルド・トランプ氏が米大統領選挙で勝利して以降、日米欧で16年の年初来高値を更新するなど「トランプ相場」に沸くが、期待先行で急騰した反動から、急落リスクもはらんでいる。この銘柄群は、茫洋(ぼうよう)とした期待がいつはじけるか分からない「トランプ・リスク」への耐久力があるとも言える。

 

また、前述の4銘柄は、米国大統領選後の値上がり幅が、日経平均株価の値上がり幅より小さい。つまり、「トランプ相場の出遅れ銘柄」と言えるだろう。4銘柄だけでなく、新素材の開発を進める内装材大手の住江(すみのえ)織物、バイオ薬分野で新薬開発が順調なタカラバイオ、建設・インフラ分野で有望なライト工業も出遅れ銘柄に入る。(了)

AD

日本知的財産仲裁センターのシンポジウムです。

 

事業適合性判定とは、提携する調査会社が製品の侵害予防調査を行い、その結果を弁護士と弁理士が協働して判定するというスキームです。

 

コンセプトは良いのですが、調査会社、弁護士、弁理士の三者が関係するため、コストが高く、利用は伸び悩んでいるようです。

 

私も事業適合性判定の判定人になっていますが、5年間で1度も依頼がありません。

弊所の場合、自ら調査と判断が出来ますので、コスト高のスキームを活用する必要はないとも言えます。

 

http://www.ip-adr.gr.jp/news/2017/01/symposium170223.php

第19回シンポジウム(2017年2月23日開催予定)

「事業の弱みを消し、強みを増す、知財戦略の要諦」

~事業競争力を高める「事業適合性判定」と「事業に対する特許の貢献度評価」の効果的活用~

主催: 日本知的財産仲裁センター、日本弁護士連合会、日本弁理士会
後援: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構、一般社団法人日本知的財産協会

当センターでは、1999年3月から毎年1回、知的財産に関するテーマを定めて公開シンポジウムを開催してきました。

今回開催する第19回シンポジウムは、「事業の弱みを消し、強みを増す、知財戦略の要諦~事業競争力を高める「事業適合性判定」と「事業に対する特許の貢献度評価」の効果的活用~」と題して開催いたします。

日時2017年2月23日(木) 13時~17時
会場灘尾ホール(東京・虎ノ門) (会場地図)
住所: 東京都千代田区霞が関3丁目3番2号
  地下鉄銀座線「虎ノ門駅」11番出口
  千代田線/丸の内線/日比谷線「霞ヶ関駅」A13番出口
  千代田線/丸の内線「国会議事堂前駅」3番出口
参加費等

参加無料、事前申込制(FAX又はインターネット)、定員300名(先着順)

【チラシはこちらをご覧ください。】

FAXの場合

添付のチラシの申込欄に必要事項を記載の上、お申込みください。
後日入場券をファクシミリでお送りしますので,御持参ください。

チラシ兼申込書 (PDFファイル)

インターネットの場合

【インターネットでのお申込みはこちら】
申し込みフォームに必要事項を入力の上,送信ボタンを押してください。入力いただいたメールアドレス宛に入場券が送信されますので印刷して御持参ください。

内容
(予定)

挨拶 13時00分~13時05分

神原 貞昭(弁理士・日本知的財産仲裁センターセンター長)

基調講演1 13時05分~13時35分

第四次産業革命と知財システム
  ~オープン/クローズ/データの複合戦略化と知的財産政策の方向性~

小宮 義則氏(特許庁長官)

基調講演2 13時35分~14時25分

経営(事業)戦略に参画する戦略的知財実践活動
  ~実践活動に効果的に組み込む第三者機関の判定・評価機能~

丸島 儀一(弁理士・日本知的財産仲裁センター 第5部会部会長)

センター事業の解説 14時25分~15時05分

「事業適合性判定」と「事業に対する特許の貢献度評価(貢献度評価)」の概要
森 泰比古(弁理士・日本知的財産仲裁センター 専門委員)

パネルディスカッション 15時20分~16時50分

事業競争力を高める「事業適合性判定」と「貢献度評価」の効果的活用

モデレーター
  伊達 智子氏
    (弁護士、ユアサハラ法律特許事務所)

パネリスト
  天野 斉氏
    (国立研究開発法人日本医療研究開発機構知的財産部長)
  久慈 直登氏
    (一般社団法人日本知的財産協会専務理事)
  藤田 友之氏
    (技術研究組合光電子融合基盤技術研究所契約コンサルタント
    (前専務理事))
  松本 好史
    (弁護士、日本知的財産仲裁センター第5部会副部会長)
  丸島 儀一
    (弁理士、日本知的財産仲裁センター第5部会部会長)

日本知的財産仲裁センターの紹介 16時50分~17時00分

  神原 貞昭(弁理士・日本知的財産仲裁センターセンター長)

AD