知的財産と調査

知的財産、特許調査やニュースに関する雑感です。


テーマ:

特許庁のホームページに長官の年頭所感が、日本弁理士会のホームページに会長の新年の挨拶が掲載されました。

 

どちらも、第四次産業革命、グルーバル化、中小企業支援と、よく似た内容です。

弁理士会は特許庁の監督下にありますので、政策が似てくるのは致し方ない面もあります。

 

しかし、AIなど世の中でブームになっていることは、実はそれほど重要ではなく、皆が気が付かないところに、次世代の種があるのが世の常です。

 

ブーム、流行に踊らされることなく、物事や人間の本質を見極めて、政策を実行して欲しいと思っています。

 

弁理士会は、もっと弁理士の仕事を増やす、職域を拡げることに力を入れても良いのではないでしょうか。

 

http://www.jpo.go.jp/shoukai/choukan/2017newyear.htm

第一に、第四次産業革命を視野に入れた、新しい知財システムの構築に取り組みます。

 

第二に、グローバル化に対応した知財システムの確立に取り組みます。

 

第三に、地域・中小企業の知財活動の支援に取り組みます。

 

また、地方創生に関しては、政府の「まち・ひと・しごと創生本部」において、(独)工業所有権情報・研修館(INPIT(インピット))の近畿統括拠点(仮称)を、来年度、大阪市内に設置することが、決定されました。現在、開所に向け、具体的な検討を行っているところですが、近畿統括拠点には、専門家によるライセンシングやオープン&クローズ戦略、海外展開に関する指導・助言、弁理士会、よろず支援拠点、金融機関や大学等へのつなぎのほか、特許庁本体が行う出張面接審査やテレビ面接審査の場とすることを含め、知財活動に対する総合的な支援機能を担わせることとします。

 

http://www.jpaa.or.jp/?p=32174

(1) はじめに

 

(2) 地域知財活性化

 

(3) 国際活動

 

(4) 次世代知財システム

 

(5) 終わりに

 我々を取り巻く経済環境は、依然として厳しい状況が続いています。しかし、我々弁理士は、知財という国力の源泉を絶やすことがないように、常に意欲ある挑戦者を知財というツールでバックアップし、イノベーションの創出を推進することにより、世界経済の発展に大いに貢献していくという視点が大事であると思います。その結果として、弁理士業界の更なる活性化につながるのだと思います。本年度も残り3ヶ月ですが、会員の皆様のご理解とご協力を何とぞ宜しくお願い申し上げます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

INFOSTAの著作権セミナーを紹介します。

 

著作権制度の概要や改正内容、インフォプロが知っておくべきポイント、今後の動向などについて、わかりやすく解説するとのことです。

http://www.infosta.or.jp/seminars/semi20170303/

INFOSTA 研修会・セミナー

インフォプロのための著作権セミナー

大阪会場 2017年3月 3日(金)14:00 ~ 17:00
東京会場 2017年3月13日(月)14:00 ~ 17:00
 INFOSTAでは、4年ぶりの著作権セミナーです。
論文の利用やWebサイト・SNSでの発信において、引用や転載などの二次利用や、公共機関ではOKでも企業ではNGの行為など、日常業務で悩むことはありませんか?
 著作権制度の概要や改正内容、インフォプロが知っておくべきポイント、今後の動向などについて、本誌『情報の科学と技術』でも「インフォプロのための著作権入門」を連載され、過去のセミナーでも「わかりやすい」と評判の南亮一氏(国立国会図書館関西館)を講師にお迎えして解説していただきます。

開催場所

大阪会場
 大阪市中央公会堂(〒530-0005 大阪市北区中之島1丁目1番27号)
東京会場
 東京:連合会館(〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11)
 

講師

南 亮一氏(国立国会図書館関西館)

対象

図書館業務や情報専門職業務を担当している方
知財部や法務部で業務に従事している方
著作権管理団体との契約や、著作権の管理でお悩みの方
その他、情報関連部署等で著作権に興味をお持ちの方ならどなたでも

定員

大阪:60名  東京:90名

参加費

正会員・準会員:7,560円 維持会員:5,400円 特別会員:6,480円 
非会員:10,800円(いずれも消費税込)
* 開催7日前以降のキャンセルについては、参加費の全額を頂戴致します。

質問事前受付

この機会に、著作権に関する質問を、セミナー参加者から開催前にお受けします。
質問のある方は、申込フォームの通信欄に2月23日までにご記入ください。         
セミナーの中でなるべく多く、回答をご紹介できるようにします。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ジーサーチさんのホームページに、JDreamIIIを活用した分析例が掲載されています。

 

昨年8月のセミナー資料とのことです。

 

http://jdream3.com/guide/download/quotation_201608_02.pdf

 

JDreamⅢのタイトル、書誌情報、抄録、索引、著者IDを用いることで、特許情報と同様の分析が可能とのことです。

 

検索リストの取得に費用がかかるなど、問題点もありますが、パテントマップEXZ、ぱっとマイニングJPなど、既存の特許分析ツールで取り込み可能のようです。

 

なお、リスト取得時の料金については、ビジネス固定プランを用いることで抑えることが可能とのことです。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。